ホース山田 さん プロフィール

  •  
ホース山田さん: カビと日々戦ってます!-防カビ・カビ対策日記-
ハンドル名ホース山田 さん
ブログタイトルカビと日々戦ってます!-防カビ・カビ対策日記-
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kabistop_com
サイト紹介文カビは防止出来ます。部屋や床下など様々な場所に発生するカビ対策・防カビ工事を分かり易く説明します。
自由文カビが発生して困る!リフォームしたがカビが発生してしまった!カビで健康を害した。
そんな事例が沢山あります。
洋服やバック、家具などがカビてしまったら買い換えれば良いでしょうが、カビが原因で健康を害したらそれこそ大変です。
カビが発生したら「カビ対策専門業者」にお気軽に相談下さい。
カビは家や建物、住む人・働く人の健康を害します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2009/02/21 11:08

ホース山田 さんのブログ記事

  • コンクリート住宅はカビ臭くなりやすい
  • コンクリート住宅はカビ臭くなりやすい。特に、地下室があるコンクリート住宅はカビ臭いと思います。空調の問題もあると思いますが、コンクリート自体が打設した当初は強アルカリ性なのですが、時間の経過と共に劣化して来ますので酸性化して来るとカビが発生し易くなるのですが、これを止めることは出来ません。コンクリート住宅はカビ臭くなりやすいカビ臭くなったコンクリートの壁天井などに塗装したり珪藻土や漆喰を塗ってもカ [続きを読む]
  • マンション漏水事故は広めに解体し防カビ工事を
  • マンション漏水事故後の防カビ工事を東京都渋谷区で今日と明日の2日間行っています。マンションの漏水事故は規模にもよりますが、基本は大きく解体し一気に水分を蒸発させ、防カビ工事するのが基本だと思っています。マンション漏水事故は大きく解体し防カビ工事を(過去事例写真)小さく解体し、見えない場所に防カビ工事するのは効果的ではありません。今日のお客様も最初は小さく解体して済ませたい!と話されていました。それを [続きを読む]
  • 地下室収納はやっぱりカビ易い
  • 地下室収納はやっぱりカビ易い。地下室収納のある戸建は特に注意して下さい。据え置き型除湿機などで除湿しても限界があります。地下室のある施主様は、据え置き型除湿機をフル稼働して下さいね。電気代をケチケチしてはいけません。戸建地下室収納のカビ収納に使われている建材にもよりますが、まちがいなくあらゆる建材がカビ易くなります。それでも、カビ対策はしていません。湿気対策だけやっているのが現状です。カビ対策って [続きを読む]
  • 押入れやクローゼット内に珪藻土を塗るとカビます
  • 押入れやクローゼット内に珪藻土を塗るとカビます。それも高い確率でカビます。マンションクローゼット内珪藻土のカビ押入れやクローゼット内に湿気取りを置いていて水が直ぐに溜まるようだと困ります。そんな時、珪藻土を塗ったら?と思うのは早計です。本当にカビますから。珪藻土がカビると、その後の対処が大変です。お金も時間もかかります。二度手間になります。皆さんはそれでも良いですか?もし、リフォーム会社などに相談 [続きを読む]
  • 壁紙張替に伴う防カビ工事でのお願い
  • 防カビ工事専門業者プレモは、壁紙張替に伴う防カビ工事を得意としています。壁紙の壁天井に発生したカビマンション・団地・戸建のカビで一番多いのが壁紙のカビです。その壁紙ですが、仕上がりと機能性を考えてプレモでは指定製品でお願いしています。色は白系、機能性壁紙で壁紙下地を拾い難く、ジョイント(合わせ目)が分かり難い製品をお勧めしています。お客様の中には壁紙の柄などにこだわる方がいます。壁紙の中でも中級品(100 [続きを読む]
  • 地下室収納内の激しいカビ臭
  • 地下室のカビ臭現場下見を2件行いました。梅雨と言うこともあり、地下室のカビ臭が気になるほど酷くなりやすい季節になりました。地下室は世界共通でカビ易い場所として知られています。日本は湿気が他国と違い多く、梅雨や秋の長雨や台風シーズンがあるにも関わらずカビ対策と呼べない工事で対応しているのが現状です。珪藻土を塗っても、珪藻土パネル(焼成パネル)を貼っても漆喰を塗っても、珪藻土壁紙を張ってもカビ対策にはな [続きを読む]
  • プレモの防カビ工事はエコリフォーム
  • プレモの防カビ工事はエコリフォーム。これは、主に壁紙について言えることです。壁紙自体は交換しなければダメなケースが実に多い。そして、壁紙下地にカビが発生して交換することを勧めるのが一般の建築会社やリフォーム会社だったりします。※壁紙下地石膏ボードの交換でカビ対策と言うのは一時しのぎで場当たり的な対応方法と言えます。プレモでは、壁紙下地石膏ボードの交換率がかなり低い。だから、プレモの防カビ工事がエコ [続きを読む]
  • 自分勝手なカビ対策は危険
  • 自分勝手なカビ対策は危険です。ここ1カ月ほど下見を続けていて感じる本音です。消毒用エタノール、カビキ〇ー、カビハイ〇ーを利用してカビ取りしている人が多いですね。以前から書いているように、カビキ〇ーやカビハイ〇ーは殺菌効果もありますが、どちらかというと脱色漂白効果が強い製品だったりします。そして持続時間が比較的短い。使う場所は浴室なら良いのですが、室内では危険なのですがカビが酷い室内の状況の場合、建 [続きを読む]
  • 中古住宅カビ予防のためのクローゼット防カビ工事
  • カビ予防のためのクローゼット防カビ工事を行いました。中古住宅を購入されたお客様からのご依頼でした。(有難うございます)カビ予防のためのクローゼット防カビ工事中引っ越し前に防カビ工事しておくと安心です。荷物を収納してからカビを心配するよりも良いですね。今日はクローゼットと言っても数がありました。間口が広いものから普通サイズまで、6箇所行いました。今日の天候なので乾きが悪く困りましたが、そこはじっくり防 [続きを読む]
  • その床下カビ対策間違っていませんか?
  • 床下のカビ対策を行います!という看板が目につくようになりました。(そういう季節なんですね)今ではシロアリ駆除業者さんも積極的に行えるように看板に打ち出しているんですね。(苦笑)でも、その床下カビ対策間違っていませんか?とは誰も思わないのが凄く不思議なのです。シロアリと一緒にカビも何とかしてくれる!と思っているんでしょうね。(笑)床下のカビ対策で一番の肝は防カビ工事です。防カビ工事でも殺菌消毒がとても重要 [続きを読む]
  • 腰壁防カビ工事
  • 腰壁防カビ工事を行いましたのでご紹介します。冬から春にかけて、腰窓の結露で激しく濡れ易い腰壁です。カビが発生して当然なのですが、皆さんのお住まいの腰壁は如何でしょうか?腰壁防カビ工事前腰壁下地防カビ工事後腰壁防カビ工事後カビも酷く発生していると時間も費用もかかります。カビ発生状況が酷くなる前に防カビ工事することをお勧めします。プレモでは壁紙張替に伴う防カビ工事に力を入れています。腰壁のカビでお困り [続きを読む]
  • 床下基礎内断熱工法と床暖房の組合せはカビ易い
  • 千葉県柏市にて行っていたマンションの防カビ工事は無事終えることが出来ました。施主様やご家族の皆さまには大変お世話になりました。有難うございました。話は変わりますが、新築の戸建床下のカビが止まりません。特に注文住宅で地元工務店が建てているような場合は要注意だと思います。床下に凝った造りをしているケースが少なくなく、お客様の要望も重なりとんでもない床下になることがあるからです。その代表的なものが床下基 [続きを読む]
  • カビ臭のする押入れ収納壁紙防カビ工事
  • 千葉県松戸市のマンションにてカビ臭のする押入れ収納壁紙防カビ工事を行いました。量がありましたが段取り良く防カビ工事を進めたのは良いのですが、ちょっと目が痛かった。(汗)防カビ工事を行う者として言わせて頂ければ、カビ相手はやっぱり危険ですね。(苦笑)ちなみに、押入れ収納や床下防カビ工事をすると体に負担が来ますね。(笑えませんが)カビ臭い押入れ防カビ工事中カビ臭は臭気ですから感じ方に個人差があります。これが [続きを読む]
  • 腰窓の結露によるモルタル下地の防カビ工事
  • 千葉県柏市にて防カビ工事を行っています。冬から春にかけて腰窓の結露で下壁にカビが発生するケースは少なくと思います。特に、団地やマンションなどの集合住宅では良く見られる現象。決して対岸の火事では無いのです。壁紙下地が石膏ボードならリフォーム会社などは交換を勧めて来ますが、モルタル下地(砂+セメント+水で出来ている建築材料)の場合は交換出来ませんので、そういう時は防カビ工事の出番となります。※石膏ボードで [続きを読む]
  • 地下居室のカビ臭は収納内が原因
  • 地下居室のカビ臭が気になる季節です。地下居室があるお住まいはそれほど多くないと思いますが地下室を積極的に造る建築会社もあるようなので、増えているのでしょうか?地下居室はカビが発生して当たり前です。特に6月から膝下に位置にカビが発生し易く、家庭で出来るカビ対策を行ってもなかなか改善するのが難しいと感じる時があります。さらに…地下居室に収納があると、収納内が非常にカビ易いので注意が必要です。地下居室の [続きを読む]
  • 千葉県内の防カビ工事が続いています。
  • 千葉県内の防カビ工事が続いています。明日も千葉県市川市内にて防カビ工事です。そして今週はまさしく千葉県weekとなりそうです。市川市柏市松戸市そして市川市千葉県内の防カビ工事が続きます。声をかけて下さったお客様に深く感謝です。有難うございました。千葉県習志野市の防カビ工事現場写真今後は、埼玉県内の防カビ工事実績も増やしていきたいと考えています。埼玉県内のカビでお困りの方がいましたら、プレモの防カビ工事 [続きを読む]
  • 出窓両側壁防カビ工事(東京都葛飾区編)
  • 東京都葛飾区内にてマンションの壁紙張替に伴う防カビ工事を昨日と今日の2日間行っています。マンションに良くある出窓の両側壁の壁紙下地である石膏ボードのカビが気になっていたのですが(どこでもよくある光景です)壁紙表面からでは大きなカビ発生は認められなくてもカビが発生していることがあります。出窓両側壁の壁紙下地石膏ボード厚紙裏のカビまだ良いほうでしょう。石膏ボードにもカビが出始めていたので良い機会でした。 [続きを読む]
  • 床下のカビ対策は間違っていませんか?
  • 床下のカビ対策間違っていませんか?この時期、床下土間の白カビで床下業者さんから勧められるカビ対策があると言われていませんか?古い床下換気扇があるのに土間に広がる白カビ床下換気扇防湿シート&調湿材(調湿シート)は床下土間の白カビ(木材のカビ含む)には効果がありません。仮に、土間の表面を鋤取ってもカビは再発します。間違いありません。何せ、カビは土から発生するのですから。施主様が考えているような、手早く安く [続きを読む]
  • カビが酷い壁紙を剥がしたままにしてはいけない
  • カビが酷い壁紙を剥がして下地剥き出し状態のままで放置し続けてはいけません。カビが酷い壁紙を剥がしたまま状態はダメ壁紙下地に目に見えるカビが発生していなくても、やがてカビは大量発生して来ます。市販の糊付壁紙を張ってもダメ。下地からカビが出て来ます。浴室用カビ取り剤でカビ取りしてもいたちごっこ。カビ取り剤の薬品臭でお客様やご家族が参ってしまう。※建物も激しく傷みますしね。結局、浴室用カビ取り剤の薬品臭 [続きを読む]
  • 手ごわい住宅のカビ
  • 梅雨入り前からの下見で、住宅の手ごわいカビと遭遇しています。防カビ工事オンリーならば良いのですが、それ以外の造作工事などが絡むと職人さんである大工さんと組まなければいけません。これは以前から気になっていたことですが、カビに対しての認識が非常に甘いのでは?と思っていました。室内だけでなく床下でもそうです。大量のカビには注意しながら対応しなければなりません。マスクも必要です。最低でもN95のマスクは必要 [続きを読む]
  • 梅雨入り後のカビ臭さは健康に良くない
  • 関東は明日梅雨入りしそうだと天気予報では言っていました。梅雨入りすれば、二回目のカビ繁殖時期がやって来ます。ちなみに…一回目は、冬から春にかけての結露の時期二回目が、梅雨と5月下旬からの気温上昇の時期三回目が、夏本番〜残暑となる7月〜9月の時期四回目が、秋の長雨の季節である9月中旬から10月にかけて如何ですか?カビ発生の時期は多いと思いませんか?TV局などでは、梅雨がカビ発生の本番と考えていますがそれ [続きを読む]
  • 和室柱のカビ
  • 和室柱のカビに遭遇しました。これが難敵なのです。和室柱のカビ削る訳にもいきませんし、灰汁洗いをしてもカビ防止にはならないし、単板(たんぱん)と呼ばれる貼物を利用してもカビ防止にはならない。塗装(柿渋も含め)しても大きな効果は期待出来ない。やっぱり防カビ工事しかないのです。ですが、カビ跡が沢山あると強いカビ取り剤は利用不可。白っぽくなりますので使える薬剤は限定されます。和室柱のカビ跡は多少残りますが、カ [続きを読む]
  • カビは健康上の大敵
  • カビは健康上の大敵です。住まいの様々な場所に発生するカビは健康上の大敵。最近は、日々のブログでも書き続けていますが今日もカビが原因で肺炎に罹られた方のご家族からの問合せがありました。段々と住まいのカビで喘息や気管支炎肺炎にまで罹る方が増えて来ていると実感する毎日を送っています。生活の仕方が良くないカビを軽視しているこの2点が問題ではないか?と思う次第です。カビだらけの部屋に住み続けるのは良くありま [続きを読む]
  • 壁紙のカビを自分で何とかしようとしてはいけない
  • 壁紙にカビが発生することが良くあります。マンションや団地、戸建でも半地下や地下室には良く発生します。壁紙にカビが発生した際、自分でカビ取りを行う方がいますが十分な服装や薬剤、対応方法を間違えないことが大切です。かなり本格的な対応をしないとカビはまた再発して来ます。カビ取りを行って喘息や気管支炎、肺炎になることもあります。カビ取りを軽視してはいけません。また、壁紙を剥がして終わりにするとか、市販の糊 [続きを読む]
  • 床下防カビ工事がし易い環境とは
  • 床下のカビが気になる方からの問合せが増えています。季節柄、シロアリも出没し易い時期ですのでシロアリ駆除業者さんに言われたのかな?と思える方からの問合せが多いのです。床下のカビが気になる!と言うことで遠方地域に行っても無駄足になることがあります。それは、床下防カビ工事がし易い環境をご存じないから。床下防カビ工事を行うには大きな2つの条件があります。1)床下高が35cm以上必要。ご自宅の床下高がどれほどか [続きを読む]