茜 さん プロフィール

  •  
茜さん: 頑張りすぎないで、大丈夫だよ
ハンドル名茜 さん
ブログタイトル頑張りすぎないで、大丈夫だよ
ブログURLhttp://ameblo.jp/reiko0000/
サイト紹介文OSHO禅タロット占いと心屋式カウンセラーで男子二人母の日常。星野源さんのあれこれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供417回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2009/02/21 23:54

茜 さんのブログ記事

  • 看板を遠慮なく使う! / だって、自慢だもん?
  • 27日は、久しぶりのイベント出店でした。 何をやってる人か聴かれると、「心屋式カウンセリングとタロット占いと、数秘も見ますよ〜」と言ってます。 自己紹介タイムが長めにあるときは「心屋仁之助師匠の最後の弟子のひとりです!」と、必ず言います。 だって、自慢なんです? 何年経っても。 「心屋」を知っている人には伝わりやすいし、「テレビに出てた人ですよね」とか「講演会、行きました!」とか「本、読んだことあり [続きを読む]
  • ラスト恒例和縁大手筋イベント、ありがとうございました♪
  • 昨日は2年半の恒例イベント最終日に出店させて頂きました!代表の上原さんと、山本さんと、ちょっと固まり気味な私(^^;;左下のは自分にご褒美の、組み紐ピアス〜? 和物好き?去年の8月と10月以来、お久しぶりの出店でしたが、優しく声を掛けて下さって、嬉しかったです。・°・(ノД`)・°・朝から気持ち良く晴れて、たくさんの方が来場されました。お写真は、出店者さんとお客さんが混じってます♪出店メニュー、長らく変 [続きを読む]
  • 海老フライで体力ゲージ0 / 手作りにこだわった理由
  • 海老フライで体力ゲージ0になった、昨夜でした。olz 海老の下処理に思ったより時間がかかってあせるし、揚げている途中で丸まってきたり(あーん、全部に切り目入れたのに)、衣がはがれてきたりで。15尾だからって、甘く見てました〜。 次回は、時間に余裕を見て。キッチンに立ったままじゃなく、椅子に座って下処理しよ。そろそろフライパンも新しいのに替える時期か。 疲れてるときに、ひとりで延々と作業してると、泣きたく [続きを読む]
  • 「フランケンシュタインの恋」第9話(ネタバレ注意)
  • 主要なセリフのみ、書き起こし。 冒頭は第7話ラスト。「僕の本当の名前は、山部呼六といいます」「これから話すことは、僕が怪物になる前の話です」「清水事務長!あなたは患者と僕と、どっちが大事ですか」「それでも患者はいるんです!病気に苦しみながら懸命に生きているんです。生きていくには新鮮な野菜が必要です。私は、患者の命を救いたいだけです」 思えばあの時、僕は恋をしたのだと思います。 「だったら、患者さんの [続きを読む]
  • 病や死を悪者にしないで / 存在しているだけで素晴らしいという光
  • 闘病実らず、って、私の中では随分と違和感のある言葉。 大きなくくりで同病だった私ですが。病気は闘うものではなく、自分を守るための強制終了。あるいは、生まれる前に、自分で書いたシナリオ上の出来事。敵じゃない。 そして、生まれた瞬間から、死に向かっているのは、誰でもみんな同じ。何年生きたら、実ったことになるのか?その例え、本当に受け付けない。 彼女のブログに、たくさんの人が励まされたり、心を打たれたり。 [続きを読む]
  • オープンカウンセリングの感想をいただきました(Mちゃん)
  • 昨日はありがとうございました。ギリギリまで迷っていたのですが、思いきって参加させてもらい本当に良かったです気持ちが全然違います。悩みを相談していて、悩まなくて良いことに、いちいち悩んでいるのに気がつきました。何でも自分を責める材料にしているんだ、と自分のことを客観的に見ることがてきました。 毎日自分で自分の容量を越える予定ややることを詰め込んで、こなそうと、全力で向かって焦って、でも出来なくて自分 [続きを読む]
  • 茜の日常ゴト・20170623
  • 昨日はコウノドリ続編の話題でもちきりでしたね〜白衣に眼鏡の源さん好きとしても、嬉しい限りです。 そして昨日は数秘5と6にご縁のある日でした。今日はFacebookで投稿してきた、日常ゴトをまとめました。 「歯がグラグラしてきたから、抜こっかな」って、なにその男前なセリフ!(6月3日) 「イオン×アサヒ飲料共同企画ハッピーメモリーキャンペーン」Cコースの商品券2,000円分当選した〜\(^o^)/ 700名のひとり♪ありがた [続きを読む]
  • 星野源さん J-WAVE音楽賞で「ARTIST OF THE YEAR」コメント2013年3月
  • 星野源さん「J-WAVE McDonald's TOKIO HOT 100 CHART OF THE YEAR」で「ARTIST OF THE YEAR」受賞 星野源、J-WAVE音楽賞セレモニーで「ただいま」2013年3月1日音楽ナタリーより、一部引用 星野は、2012年の「TOKIO HOT 100」年間チャート内で最もたくさんの曲がエントリーされ、順位がもっとも上位だったアーティストに贈られる「ARTIST OF THE YEAR」に選ばれてステージに登壇。クリスから「おかえりなさい」と言葉をかけられると [続きを読む]
  • オープンカウンセリングの感想をいただきました(Jちゃん)
  • 先日はオープンカウンセリングをありがとうございました。 オープンカウンセリングは初めての経験でした。今まで20年以上カウンセリングやコーチングを受け続けてきましたが、ほとんどが1対1(たまに先生が2名)でしたので、複数名のクライアントがいるのは新鮮でした。 私は自分のことを人に伝えるのが苦手で、しかもトップバッターで緊張してしまい、一番困っていることを伝えることができませんでした。 話していてもモヤモヤ [続きを読む]
  • ③あなたを、助けさせて
  • 「①“聞き分けのいい子”から、“都合のいい人”へ」「②“自分の我慢=相手の喜び” ⇒ “自分の喜び=相手の喜び”」続きです。 申し訳ないとか、相手にわるいとか、迷惑じゃないか?とか。 日本人の美徳でもあるんだけど。これも、程度問題。 いい人って、自分の気持ちや望みをずーっと後回しにして、人のご機嫌をとってきた人。 「こんなに気にしてあげてるんだから、嫌わないで」⇒“気を配らない私は、嫌われる”という前提 [続きを読む]
  • ②“自分の我慢=相手の喜び” ⇒ “自分の喜び=相手の喜び”
  • 「①“聞き分けのいい子”から、“都合のいい人”へ」続きです。 “都合のいい人”の根っこにあるのは、「自分が我慢することで、人を喜ばせた / 助けることができた」という、経験だったりする。 例えば弟妹がいる場合。先に選ばせてあげることで、お母さんに「いい子だね」「えらいね」って褒められたり。 学校で係を決める時に、「私は後でいいから。残ったので大丈夫だよ」と言って、友達に「譲ってくれてありがとう!」っ [続きを読む]
  • ①“聞き分けのいい子”から、“都合のいい人”へ
  • 今日から3回連続記事をお届けします。 裏庭の落ち葉を集めながら思ったこと。“聞き分けのいい子”が、その後“都合のいい人”になるケース、多いと思う。 その大元にあったのは、「お母さんを助けたかった・喜ばせたかったから」。(お母さんに近い存在の人を含む) 例えば注射が恐くて泣きそうだった時に。「泣かれたら困るわー。泣かないでね」と言われたら。本当は恐い気持ちを押し殺して、お母さんを困らせないように、精一 [続きを読む]
  • 「フランケンシュタインの恋」第8話(ネタバレ注意)
  • 主要なセリフのみ、書き起こし。 冒頭は第7話ラスト。稲庭先輩「研さん、人間じゃないのは、俺なんだよ」 「矛盾を抱えているのは、人間だけではありません。怪物の僕も、矛盾を抱えていました。自分のことをわかってほしいと思いながらも、本当の自分を隠していました。稲庭先輩が本当のことを話してくれたんです。僕も本当のことを話します」 「僕は人に触れないんです。怒ってもいけなければ、嘆いてもいけないんです。そうす [続きを読む]
  • 星野源さん SCHOOL OF LOCK!2012年3月22日
  • 本日の星野源さんは、SCHOOL OF LOCK!2012年3月22日『星野源NIGHT with 星野源リターンズ』初主演舞台「テキサス」東京公演後、生放送に来たそうです。前回は、初来校にも関わらず、生放送授業終了後もずっと生徒と電話で話し続けてくれた源先生。(↑わー!優しさの固まりか!(ノω・、)by茜) 以下、HPの文章を引用しています。(一部は省略) ♪ 落下 / 星野源やしろ教頭「源先生って、人が嫌いな人ですか?」源先生「人は [続きを読む]
  • ”よくやってるよ〜。”
  • 心屋塾マスターコース59期(なずマス)受講中のみねちゃんが、オープンカウンセリングの感想をブログに書いてくれました♪以下、私のコメント。 3. リンクありがとうございますお仕事、お疲れさまです♪>「わたしって偉いなぁ。よくがんばってるなぁ。」>って思うようになりました。これ、めちゃいいっ!この言葉が自然に出たら、花マル〜 o(^▽^)oそして、いつかがんばってない自分、ダラダラしちゃう自分も、OKにできたらいいね [続きを読む]
  • 自分軸って作るの?見つけるの?持つの? / 心屋塾と数秘で茜式解釈
  • 自分軸とは何か?をネット検索。明確に「これである」という定義は出てこなかったので。「自分」+「軸」という、現時点ではあいまいなものだと理解しました。NLPとかコーチング関連でも出てくるワードみたいですね。 茜の疑問。あのー、自分軸って。作るの?見つけるの?持つの?育てるの?そもそも、見たことないもんね。 私が思う、自分軸は、①他人軸とのセットで語るもの。自分を後回しにしすぎて、周りの人のことばかり [続きを読む]
  • ”DNAに仕掛けられた?2つのプログラム”
  • 今日は心屋塾の前者後者論から、一歩先のお話です。まずは向江さんの記事を読んで、戻ってきてね。 最初に読んだとき、「この情報が必要な人が、必ずいる!」と確信して、すぐ手帳にメモしました。 前者の「理想郷建設プログラム」後者の「限界可能性追求プログラム」…おそろしいけど、本当にそうかも。 前者目線で言うと、「理想郷建設プログラム」、正にそんな感じ! 「みんなの幸せのために、個人的なあれこれは、多少の我慢を [続きを読む]
  • 心屋オープンカウンセリング滋賀、開催しました
  • 先月をお休みにしたので、茜主催としては2ヵ月ぶり。6割の方が初めてのご参加でした。 この日も、共通するテーマやシンクロがあり、「ひとりじゃないんだ」を噛み締めた時間でした。 「こんな自分で、いいか〜」というのは、「自分ひとりぼっちで我慢して、頑張らなければ!」という縛りから抜けて、宇宙規模の大きな存在に明け渡してみること。 肩の力を抜いて、ただ水の表に浮いてみるイメージ。 「こんな自分」を、許して、緩 [続きを読む]
  • 自分にとって、イラッとする言動を紐解いてみる
  • ある人の言動に、「なんでそんなこと?!信じられない!」と、激しく反応することがあります。その人を非常識、あり得ないと切り捨てて、嫌いな人に分類してしまえば終わりかというと…。また違うとき、違う人に、同じような思いをすることになります。 あるいは、その前の段階で、「人を嫌うなんて、よくないことだ」と、イラッとしたこと自体を打ち消してしまうと。感じるセンサーが働かなくなって、自分の感情がわからなくなり [続きを読む]
  • 「フランケンシュタインの恋」第7話(ネタバレ注意)
  • 主要なセリフのみ、書き起こし。 冒頭は第6話ラスト。稲庭先輩「助けるにはどうしてもこれが必要なんです」 「あの人は、僕がしたことをむなしいと言いました。ラジオの敵だと言いました。僕はそれがイヤだったんです。そしたら、あんなことに」「プライドだよ、それは。人間が誰でも持ってるものだ。なくちゃいけないもの。そのプライドを傷つけられたら、誰だって怒るんだよ」「だけど深志さんは、どんなことがあっても怒っては [続きを読む]