yzal-jule さん プロフィール

  •  
yzal-juleさん: 兵どもが、夢のあと・・・
ハンドル名yzal-jule さん
ブログタイトル兵どもが、夢のあと・・・
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/th0828jp
サイト紹介文素人ながらの私見を交えて史跡(特に城・城跡)を訪問しています。
自由文そのほか、野球で監督兼選手として革命を起こしたいと思っています
そして、その疲れを癒すがごとく、南国の水中を彷徨う・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/02/22 10:37

yzal-jule さんのブログ記事

  • 20.山陰本線特急『スーパーおき』(4)
  • 2017年3月26から27日にかけて、2018年春に廃線が決定した『三江線』を攻略。広島県三次から島根県の江津を結ぶ最後にした陰陽連絡線。最後に完成したにもかかわらず、最初に廃線という悲しい状態。。小田原にから新幹線で岡山、岡山から伯備線で出雲市を経由し、山陰本線を江津。江津から三江線で三次、三次から芸備線で広島に出て宿泊、翌日ゆっくりと芸備線をすべて制圧し、新見から伯備線と新幹線で戻る、というのが当初の予定 [続きを読む]
  • 1. 伯備線特急 『やくも』(3)
  • 2017年3月26から27日にかけて、2018年春に廃線が決定した『三江線』を攻略。広島県三次から島根県の江津を結ぶ最後にした陰陽連絡線。最後に完成したにもかかわらず、最初に廃線という悲しい状態。。小田原にから新幹線で岡山、岡山から伯備線で出雲市を経由し、山陰本線を江津。江津から三江線で三次、三次から芸備線で広島に出て宿泊、翌日ゆっくりと芸備線をすべて制圧し、新見から伯備線と新幹線で戻る、というのが当初の予定 [続きを読む]
  • 32.小田急電鉄(1) 30000系 EXEα 
  • 2017年3月26から27日にかけて、2018年春に廃線が決定した『三江線』を攻略。広島県三次から島根県の江津を結ぶ最後にした陰陽連絡線。最後に完成したにもかかわらず、最初に廃線という悲しい状態。。小田原にから新幹線で岡山、岡山から伯備線で出雲市を経由し、山陰本線を江津。江津から三江線で三次、三次から芸備線で広島に出て宿泊、翌日ゆっくりと芸備線をすべて制圧し、新見から伯備線と新幹線で戻る、というのが当初の予定 [続きを読む]
  • 16.東海道・山陽新幹線 『のぞみ』、『ひかり』、『こだま』(4)
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り広島城、芸備線・福塩線を経由して福山城で帰路に着く。西日本の山陽新幹線では『こだま』に500系が運用。乗車はしていないが、いまだ人気が高く、個人的にも一番好きな車両。まずは、行きに何気に岡山で発見。夜の福山駅。下りに山陽新幹線の『ひかりレールスター』。『のぞみ』待っていたら500系『こだま』が。。思わず先頭まで行ってしまいました。こ [続きを読む]
  • 312.福山城跡 〜 幕末の老中・阿部正弘の居城
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、芸備線・福塩線を経由して福山城跡。備後は広島県福山市丸之内にあった平城、別名・久松城、葦陽城(いようじょう)。一国一城令発布後に、西日本の有力外様大名に対する抑えとして譜代の水野勝成が築城。芦田川や吉津川に囲まれた湿地帯での築城は困難を極めたが、この周辺の本城であった神辺城や江戸幕府より下賜された伏見城の遺材が用いられた。伏見 [続きを読む]
  • 31.福塩線 塩町〜福山
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、2016年のGWにスルーしていた広島城へ。芸備線で三次を経由し、福塩線で福山まで、締めに福山城というコース。三次から府中、府中から福山まで『福塩線』。塩町発着はなく、基本は三次発着となり、塩町〜府中は非電化ローカル線、一方、府中〜福山は電化された都市近郊線になっている。府中を境にがらりと変化する路線。出発の三次駅から。車両はキハ12 [続きを読む]
  • 30.芸備線(1) 広島〜三次
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、2016年のGWにスルーしていた広島城へ。芸備線で三次を経由し、福塩線で福山まで、締めに福山城というコース。その前半部、広島から三次、塩町まで『芸備線』の西区間を。広島から三次を経由し、木次線と接続の備後落合を経て、備中神代まで。東の起点は備中神代だがすべて新見発着。西区間は非電化ではあるが広島の近郊線として機能している。出発の広 [続きを読む]
  • 30.芸備線(1) 広島〜三次
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、2016年のGWにスルーしていた広島城へ。芸備線で三次を経由し、福塩線で福山まで、締めに福山城というコース。その前半部、広島から三次、塩町まで『芸備線』の西区間を。広島から三次を経由し、木次線と接続の備後落合を経て、備中神代まで。東の起点は備中神代だがすべて新見発着。西区間は非電化ではあるが広島の近郊線として機能している。出発の広 [続きを読む]
  • 311.広島城跡(1) 〜 毛利輝元期に吉田郡山より移転
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、2016年のGWにスルーしていた広島城跡。安芸はの広島県広島市中区基町にあった平城、別名・鯉城、在間城、当麻城。毛利輝元が太田川河口のデルタ地帯に築いた平城。1589年(天正17年)、穂井田元清と二宮就辰を普請奉行として築城を開始。城の構造は大坂城を参考に、縄張は聚楽第に範としているといわれ、慶長・文禄の役の拠点・名護屋城との中継点の意味 [続きを読む]
  • 311.広島城跡(1) 〜 毛利輝元期に吉田郡山より移転
  • 2017年の初陣、ローカル線と安芸・備後の天守持ちを攻略。早朝から広島に入り、2016年のGWにスルーしていた広島城跡。安芸はの広島県広島市中区基町にあった平城、別名・鯉城、在間城、当麻城。毛利輝元が太田川河口のデルタ地帯に築いた平城。1589年(天正17年)、穂井田元清と二宮就辰を普請奉行として築城を開始。城の構造は大坂城を参考に、縄張は聚楽第に範としているといわれ、慶長・文禄の役の拠点・名護屋城との中継点の意味 [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(3)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。最後の『小和田』。最も停車時間が長く、製茶工場跡や [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(3)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。最後の『小和田』。最も停車時間が長く、製茶工場跡や [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(2)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。3駅目は『田本』。豊川寄りに見下ろせるポイントあり [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(2)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。3駅目は『田本』。豊川寄りに見下ろせるポイントあり [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(1)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。まずは飯田駅にて専用ヘッドマークも。乗車すると乗車 [続きを読む]
  • 29.飯田線臨時急行『飯田線秘境駅号』(1)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後の11/19、『飯田線秘境駅号』に挑戦。『伊那路』JR東海の373系がそのままの折り返し。従来は秋のみの運行だったようだが、2016年から春の運行も開始しているとの運転士情報。また、雨による行動の制限を警戒したが、逆に霧を生み、幻想的な画に。まずは飯田駅にて専用ヘッドマークも。乗車すると乗車 [続きを読む]
  • 29.飯田線特急『伊那路』(2)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後、『飯田線秘境駅号』の運行に乗っかる。11/19は豊橋から飯田へは前回運休の目にあった『伊那路』で。JR東海の373系での運用。優等席はないが、BOX席がある。ちなみに飯田線方面は名鉄と同じホーム。豊橋での『伊那路』。車室内。ほどほどの乗車率。ちなみに豊川にて『飯田線秘境駅号』下りを抜く。 [続きを読む]
  • 29.飯田線特急『伊那路』(2)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後、『飯田線秘境駅号』の運行に乗っかる。11/19は豊橋から飯田へは前回運休の目にあった『伊那路』で。JR東海の373系での運用。優等席はないが、BOX席がある。ちなみに飯田線方面は名鉄と同じホーム。豊橋での『伊那路』。車室内。ほどほどの乗車率。ちなみに豊川にて『飯田線秘境駅号』下りを抜く。 [続きを読む]
  • 16.東海道・山陽新幹線 『のぞみ』、『ひかり』、『こだま』(3)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後に『飯田線秘境駅号』の運行に乗っかる。11/19は豊橋に出て飯田に行きそのまま戻ってくる形式。豊橋までは東海道新幹線の『こだま』に乗車。。おそらく丸亀・高松攻略時の岡山から新大阪以来かと。『のぞみ』『ひかり』はN700、N700A化されているので、純粋な700系は久しぶり。喫煙エリアでなく喫煙 [続きを読む]
  • 16.東海道・山陽新幹線 『のぞみ』、『ひかり』、『こだま』(3)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。遅れの経験はあったが、運休は初体験。その飯田線南区間のリベンジはわずか2週間後に『飯田線秘境駅号』の運行に乗っかる。11/19は豊橋に出て飯田に行きそのまま戻ってくる形式。豊橋までは東海道新幹線の『こだま』に乗車。。おそらく丸亀・高松攻略時の岡山から新大阪以来かと。『のぞみ』『ひかり』はN700、N700A化されているので、純粋な700系は久しぶり。喫煙エリアでなく喫煙 [続きを読む]
  • 29.飯田線特急『伊那路』(1)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。中央本線・岡谷から南下し、豊橋に抜け新幹線で戻るルート。飯田からの戻りは豊橋を目指し、『伊那路』。この区間は乗車券のみ。飯田で『飯田城跡』攻略後、『伊那路』で豊橋に抜け、帰る予定。。だった。。さて飯田駅に戻ると予想外の混雑。おかしな雰囲気の原因は倒木による中井侍-小和田間の不通。列車は入線していない。。駐機状態の373系。動く気配は全くなし。。。1時間ほど様 [続きを読む]
  • 29.飯田線特急『伊那路』(1)
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3は飯田線制圧の旅。中央本線・岡谷から南下し、豊橋に抜け新幹線で戻るルート。飯田からの戻りは豊橋を目指し、『伊那路』。この区間は乗車券のみ。飯田で『飯田城跡』攻略後、『伊那路』で豊橋に抜け、帰る予定。。だった。。さて飯田駅に戻ると予想外の混雑。おかしな雰囲気の原因は倒木による中井侍-小和田間の不通。列車は入線していない。。駐機状態の373系。動く気配は全くなし。。。1時間ほど様 [続きを読む]
  • 49.飯田城跡(2) 〜 再戦・武田家伊那最前線の城
  • 2016年の秋の陣第3陣、11/3の飯田線制圧、中央本線の岡谷から南下、2007年4月27日以来の再攻略飯田城跡。信濃は長野県飯田市にあった平山城。別名・長姫城。前回は北側・南側の川沿いをかなり歩くも遺構は発見できず。それよりも東の長姫神社に遺構があったのは全くの落ち度であったため、今回はその奥地へ。坂西氏による築城と伝わり、戦国時代は武田信玄の配下で伊奈郡代となった秋山信友が治め、強固な城へ改修された。武田氏 [続きを読む]