八犬伝 さん プロフィール

  •  
八犬伝さん: 一瞬の情景
ハンドル名八犬伝 さん
ブログタイトル一瞬の情景
ブログURLhttp://hakkenden.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文街写真が好きです。生活の匂いが少しでも滲み出ていれば良いのですが、これがなかなか難しいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/02/22 20:39

八犬伝 さんのブログ記事

  • 京島・昭和の佇まい2
  • ああ〜懐かしき昭和の街並み青いトタン板の家電気メーターがアナログ式のスマートメーターに変えられていますね。立派な現役の家です。この街には、共産党と公明党のポスターが多いですね。なんとも懐かしき国民党のポスターもありますね。そして京島の街を無粋なスカイツリーが見下ろす。空き地も、ぼちぼちと目立ち始めてきた街・京島。洗濯物がぶら下がり、自転車の街・京島。戦前の区画ゆえ、狭い路地が続く街ここには、人々の [続きを読む]
  • 京島・昭和の佇まい1
  • この街にスカイツリーは似合わない3月11日、墨田区の京島を訪れました。2年ぶりの訪問となりました。昭和が残る街・京島を新シリーズにてお届けします。肉屋さんの店先買い物をする人の声が聞こえてきます。墨田区京島この町は、家内工業も多く残る街です。昔ながらの区画が残された街・京島曲がりくねった道を曲がっていきます。おおっ、この家健在だ。凄いのですよね、この家木に覆われてしまっているのです。東京スカイツリ [続きを読む]
  • 春到来-3
  • 最後になって晴れたよお世話をする人にとっても、お母さんとしてもいい子と書かれてありました。マザー牧場の羊舎沢山の母子羊がいます。こちらは、子羊だけの囲い可愛いですね。お母さんにぴったりと寄り添う子羊たまらなく可愛いですね。沢山いるのですよ。春のマザー牧場菜の花だけでなく、羊の誕生も楽しめます。東京へと戻る際に久しぶりに海ほたるへと寄りました。夕暮れ時を迎えようとしています。そして、太陽の陽が出てき [続きを読む]
  • 春到来-2
  • 春は羊の誕生の時でもあるのだマザー牧場を歩いています。菜の花の斜面香りも、良いのですよ。うう〜ん、春だね。菜の花の上には、みかんの木がありますね。 菜の花の散歩道とても良い雰囲気なのです。こちらは、梅ですね。この斜面が、またいいんだあ。さて、馬の牧場へとやってきました。餌を与えているようですね。今度は、羊の牧場へとやってきました。黒い顔の羊、可愛いですね。羊舎の中には沢山の母娘羊が。こちらは、 [続きを読む]
  • 春到来-1
  • 菜の花は元気をくれる色2月27日、千葉県はマザー牧場に春を訪ねました。この日は残念ながらの曇り空。真っ青な空に黄色この光景は見れなかったけどやはり、菜の花の黄色は元気をくれる色ですね。そして菜の花の匂いが、また良いのです。春の匂いです。斜面いっぱいに菜の花。いいなあ、この味わい。春が間違いなく近づいてきていますね。やはり、この光景は毎年見たいよな。おおっ、菜の花の中に若者たち。自撮り棒登場ですね。菜 [続きを読む]
  • 横浜・街の灯り5
  • 花嫁が駆けていく横浜ナイト横浜中華街散歩を続けています。三浦投手、引退してしまいましたね。杜記刀削麺の店ですね。この看板が良いのだよな。美味いのでしょうね。いつも列が出来ています。煙草屋さんの店先です。いいよなあ、この人形。中華饅頭屋さん、混雑していますね。それにしても見事に煙草が並べられていますね。食事も終え、駐車場に戻ろうとニューグランドの脇を通っていたらなんと純白のウエディングドレスを着た花 [続きを読む]
  • 横浜・街の灯り4
  • 横浜関帝廟の灯り横浜中華街、まさにここは華僑の街角と思わせる関帝廟沢山の人が訪れていました。1862年に一人の中国人が関羽の木造を抱いて祠を建てたのが始まりだそうです。まさに、日本とは異なる光景ですね。ひと息茶屋レトロな看板ですね。おしるこに、みたらしだんごですか。路地裏に灯りが見えますね。徳記ひっそりと中華料理店が佇んでいました。ほぅ〜、料理教室ですか。入会金0円ですって。こちらは、民芸品 [続きを読む]
  • 横浜・街の灯り3
  • 混んでるよね海員閣は横浜中華街歩きを続けています。大通りを離れ、横丁に入るとこんなに静かなのですよ。こちらは、香港路かなりの人出が出ています。海員閣中華街の人気店この店は、相変わらずの行列でした。小さい店なのですがね・・・いつでも、行列が出来ています。中華街の薬屋さんやはり、漢方薬が並べられていますね。海南飯店外に置かれたディスプレーを、じっと眺めるおじさんがいました。中華街も安い店がしのぎを削っ [続きを読む]
  • 横浜・街の灯り2
  • このダックは凄いのだ横浜・中華街歩きを続けています。占いの店多いですね。しかも、流行っているのです。こちらは、漢字を装飾というかデザインしたものを売るおじさん。暇そうでした。出たああ〜〜凄いのですよ。北京ダックの店なのですが日本で、この光景は珍しいですね。香港あたりだと、当たり前の光景ですが。こう見ると、ちょいと不気味ですね。似顔絵屋の細い道こちらは、饅頭を売ってましたね。この店の佇まい、好きなん [続きを読む]
  • 横浜・街の灯り1
  • ニューグランドの庭いいね横浜マリンタワーとても寒かった2月4日(土)久しぶりに横浜に出掛けました。数回の新シリーズにてお届けします。マリンタワーの建物の外もイルミネーションが輝いていました。ひっそりとしていて、良い雰囲気でした。ぶらぶらと裏道を歩いているとなんと、ホテル・ニューグランドのイルミネーションが見えました。中に入ってみましょう。ははあ、ここはニューグランド本館の中庭なのですね。これは綺 [続きを読む]
  • 【街角激写団】9-日本橋・清澄白河編
  • 東京三大煮込みの店清澄白河を歩いています。NO KNITING,NO LIFEですか。森下に向かって歩いています。華やかな灯りですね。でも私は、こちらのラーメン屋の灯りの方が好きだな。なんか、哀愁すら漂っていますもの。鳥椿大衆酒場という表記が良いですね。BELLA NAPOLI森下の「のらくろ商店街」まで、やってきました。森下には、田川水泡さんの美術館があるのだそうです。うん、何を作っているのだろう?尾張屋なるほど、鰻屋さんで [続きを読む]
  • 【街角激写団】8-日本橋・清澄白河編
  • 古き中に新しさあり清住白河の街歩きを続けています。昔懐かしき煙草屋さんですね。おっ、なかに小町もいらっしゃるようですね。風鈴ですね。これを撮影したのは9月。夏も終わってしまったのにね。豆腐屋さんですね、なんだか懐かしいですね。今じゃ、豆腐はスーパーで買う時代になってしまいましたものね。深川江戸資料館通り商店街を外れるとこんなお洒落な店もありましたよ。おおっ、あった。fukadaso解体寸前であった風呂なし [続きを読む]
  • 【街角激写団】7-日本橋・清澄白河編
  • 道端に案山子がさあて、水上バスを降りましょう。カワセミ号を、両国で降りました。日本橋を出航し80分の旅でした。なかなか楽しかったですよ。両国の発着場は、こんなに小さいのですよ。 両国発着場を出ると、すぐに国技館がありました。9月場所の真っ最中でしたよ。両国から地下鉄に乗り、清澄白河までやってきました。佃煮屋さんですね。いい佇まいです。深川資料館通りを歩きます。お地蔵さんが雨に濡れ、綺麗でした [続きを読む]
  • 【街角激写団】6-日本橋・清澄白河編
  • なんとも不格好なビルだね東京の川めぐりを続けています。東京の川の上は、無粋な首都高が覆っています。操舵室を覗いてみました。おおっ、凄いのが追っかけてきたぞ。かなりのスピードが出ているのですよ。気分良いでしょうね。小学生が描いた壁画が見えました。ヒミコです。松本零士さんがデザインしたそうですね。屋形船が停泊しています。そして、奥の方にはうっすらとスカイツリーが姿を見せています。浅草が近づいてきました [続きを読む]
  • 【街角激写団】5-日本橋・清澄白河編
  • 築地、使おうよ改修してさ川めぐりを続けます。佃島の鳥居が見えてきました。佃大橋水上バスの横を、波しぶきをあげて高速艇が走っていきます。築地市場が見えてきました。勝鬨橋真ん中の橋が上がったのですよね、大きな船を通す為に。幼稚園児だった頃、母に連れられてこの橋が上に上がるのを見に行った記憶があります。さあ、市場の中が見えてきました。ターレが見えますね。majyoさんの記事で読んだのですが豊洲って、ターレ使 [続きを読む]
  • 【街角激写団】4-日本橋・清澄白河編
  • 橋めぐりも楽しいね日本橋の麒麟像首都高をわざわざ、ここの上を通さなくても良かったのにね。64年の東京オリンピックで、日本橋の景観がずたずたにされましたね。今度のオリンピックでは、何が犠牲となってしまうのでしょうかね?いらないんだけどね、オリンピック。日本橋発着場日本橋川を走る船。日本橋から船に乗り込みます。江戸橋の下を通り抜けていきます。さあ、日本橋川が隅田川と合流しました。東京の川、海運として昔 [続きを読む]
  • 【街角激写団】3-日本橋・清澄白河編
  • 200年前の日本橋が蘇る暫くは、撮影に行けませんので昨年6月撮影の【街角激写団】日本橋・清澄白河編を、再開します。時季外れとなりますがご容赦ください。人形町から日本橋に移動したのですが外は、土砂降りの雨そこで、三越前の地下通路を歩いていると「凞代勝覧」絵巻なるものがありました。11代徳川家斉時代の文化2年の日本橋を描いたものだそうで1671人の老若男女に犬20匹、馬13頭、牛4頭、猿1匹、鷹2羽が [続きを読む]
  • 【街角激写団】6-銀座・築地・汐留編
  • 青の誘惑そして・・・カレッタ汐留のイルミネーション、一気に行きます。ツリーの色にご注目ください。ほら、変わっていくのですよ。 今度は、赤に変わりました。そして、すべて赤に。階下に降りてきました。青の中の赤輝いています。青いツリーツリーの中の模様が浮かび上がってきました。青から赤に。また、変化して。こうして、カレッタ汐留のイルミネーションは色の変化を楽しめるのです。【街角激写団】銀座・築地・汐 [続きを読む]
  • 【街角激写団】5-銀座・築地・汐留編
  • 狸もメリークリスマス午後4時近くの築地場内市場、市場に働く人達向けの食品店の前で店のおばちゃんと話し込む人がいます。とても落ち着いた光景です。時がゆっくりと流れる築地、はじめて見ました。いやあ、本当に静かだな。誰もいない。いつもなら行列が出来るあたりも人っ子一人いない。人がいない築地ここが、築地とは思えません。やっと、人と遭遇。静かな築地これも、またとても良い光景でした。しかし豊洲に移転する必 [続きを読む]
  • 【街角激写団】4-銀座・築地・汐留編
  • 昼下がりの築地市場午後3時半を過ぎた築地場外市場を歩いています。ところどころ、人が集まっている店があります。まぐろのぶつ切りを売ってますね。こちらは豆屋さんですね。左側に、すりに御用心と貼ってありますね。波除稲荷神社築地市場に隣接した神社です。吉野家が奉納したようですね。牛丼の吉野家は築地が創業の地なのですよ。手水の水が冷たかったですよ。陽も傾きかけてきましたね。銀杏の葉が輝いていましたよ。ほら、 [続きを読む]
  • 【街角激写団】3-銀座・築地・汐留編
  • 移転しません!日比谷と銀座を繋ぐガード下にやってきました。まんぷく食堂モーニングサービス、カレーうどんですって。朝からは、きついな。このガード下は独特の光景なんだよな左側の壁には、古い映画のポスターが貼ってあってね。いいですなあ、デートですか。オロナミンCの琺瑯看板、懐かしいですね。日比谷から地下鉄に乗り、築地へとやってきました。本願寺の前では、ポーズを取る中国人がいましたよ。中に入ってみました。 [続きを読む]
  • 【街角激写団】2-銀座・築地・汐留編
  • 太陽光線が美しい銀座の街LOUIS VUITTON銀座歩きを続けましょう。新橋方向に太陽がありとても柔らかい光を作り出してくれました。いいでしょう、この光。TIFFANY花飾りが綺麗ですね。4℃ブライダル店から出てきた二人。女性の顔が輝いていました。いい光です。影も長く伸びています。Cartieこう見ると、パリの街角のようです。華やかだよね、銀座の街角は。MIKIMOTOお洒落なショーウインドーですね。プランタン銀座最期の勇姿です [続きを読む]
  • 迎春
  • 落陽それは、始まりの時                                   京都・伊根2017年、新しい年が始まりました。昨年、ずっと行きたいと思っていた京都の伊根を訪れました。舟屋が並ぶ独特の景観の中それはそれは美しい落陽を見ました。陽が沈む時それは、新しい一日の瞬間を待つ沈黙の時でもあります。どうしようもない政権によって、この国が翻弄されています。英国がEUから離脱、どうなる英国そ [続きを読む]
  • 【街角激写団】1-銀座・築地・汐留編
  • 銀座は華やかだね12月10日に【街角激写団】撮影会を行いました。新シリーズにて、その模様をお届けします。集合は三越のライオン前でした。ここで、待ち合わせする人多いのですね。三越を下から見上げてみました。水色のショーウインドーが目を引くな。お父さんとお子供が佇む様子微笑ましかったな。雨後の筍のように増殖するL'OCITANEあちこちにありますな。ちょうど外人の女の子が通ってくれて、絵になりました。tyotyouFURL [続きを読む]
  • 松本・この街が好きだ7
  • なまこ壁の角を曲がる楽しさ竹風堂小布施に本店がある栗菓子の店です。布屋旅館中町通りには旅館もあるのです。どうやら、外人さんの利用が多いようですよ。SIDE CAR蔵造りのバーです。渋いですね。どうです、この景観。見事でしょ、中町通り。なまこ壁が、とても美しいのです。ちきりや工芸店お子さんを連れたお母さんお買い物ですね。こんなところにJAの直売所が出来たのですね。陶方木工芸品の店です。ハイセンスな実用品が並 [続きを読む]