JiGA+D / ジガディ さん プロフィール

  •  
JiGA+D / ジガディさん: ジュンタロウとゴルフとそのあいだのこと
ハンドル名JiGA+D / ジガディ さん
ブログタイトルジュンタロウとゴルフとそのあいだのこと
ブログURLhttp://jiga-d.com/blog/
サイト紹介文ゴルフスイングに個性は必要ない!プロゴルフコーチ今井純太郎->>米国にて独自のゴルフスイング理論を確立
自由文「ゴルフのスイングに個性はない」あるとき純太郎が言い放ったことば。すこしばかり慎重にこの意味をとらえる必要はあるとは思うのだけど、おおむね言葉とおりの意味なのだと思う。彼の思考は至ってシンプルだ。無機的なシンプルさではなく有機的なシンプルさといったものだ。そんな彼が提唱するゴルフスウィング理論。プロアマ問わず知るべきゴルフ理論のひとつである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/02/23 13:25

JiGA+D / ジガディ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • インパクト時の右足のイメージ - 動画ゴルフレッスン
  • インパクト時の右足のイメージはベタ足がオススメです。実際はフルスイングになれば左の腰の回転に引っ張られ結果的には上がりますが、イメージ的には右足は地面にべったりとくっついていることをお勧めします。ショートアイアンやアプローチなどは特に意識すると良いでしょう。動画レッスンはこちらから     ↓「インパクト時の右足のイメージ」 [続きを読む]
  • 腰痛にならないアドレス-動画レッスン-
  • ゴルフで腰痛になってしまう人の多くは腰に負担のかからない回転方向に対して、クラブや腕を縦方向に振ってしまっています。 これをアドレスで修正することが出来れば腰痛の人でももっと多くのボールが打てるようになります。また、腰痛の改善に繋がると思います。一度試して頂けると嬉しく思います。動画レッスンはこちらを→ してください→ 『腰痛にならないアドレス』 [続きを読む]
  • 回転運動と横運動は同時に出来ない
  • 今日は「回転運動と横運動は同時に出来ない」という動画をご紹介したいと思います。こちらを→「回転運動と横運動は同時に出来ない」 してください。動画が始まります。その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページのこちらを でご覧いただけます。 → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集 [続きを読む]
  • コ?ルフ場の予約の仕方
  • 今日は「コ゛ルフ場の予約の仕方」という動画をご紹介したいと思います。こちらを→(ゴルフ場の予約の仕方) してください。動画が始まります。その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページのこちらを でご覧いただけます。 → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集 [続きを読む]
  • Golf NOW Winter No.57
  • 只今無料配布中!中部地方のゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフショップなどで配布させて頂いています。今回の私のレッスンテーマはショット成功率アップのコツ「即打ちとフィニッシュ!」です。また、マナーとレッスンの特集もあります。Golf NOW は、ゴルフレッスンだけではなく主にゴルフ場の情報、また、マナーやゴルフ旅行、ゴルフお値打ち情報、ゴルフコンペ情報などなど掲載させて頂いています。みなさん、どこかで見かけまし [続きを読む]
  • ゴルフのプレー人数
  • 今日は「ゴルフのプレー人数」というゴルフレッスンを動画にてご紹介したいと思います。こちらを→(ゴルフのプレー人数) してください。レッスンが始まります。その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページを でご覧いただけます。 → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集 [続きを読む]
  • スイング軸とクラブの回転方向の一致
  • 一般的にスイング軸は背骨ですが、イメージでは頭のテッペンから股下までをイメージすると良いです。そしてスイング軸とシャフトの関係は直角にするとスイング軸の回転方向とシャフトの回転方向が一致します。回転方向が一致すると回転スピードが上がり=ヘッドスピードが上がり飛距離アップにつながります。また回転方向の一致はスイングのリピート率も上がり、方向性も良くなります。アドレスでスイング軸とシャフトの直角関係を [続きを読む]
  • アプローチの距離感をつかむためのクラブ選び-動画レッスン-
  • アプローチは転がしが基本です。しかし、時にはボールを浮かさなければいけない時や、遠くに飛ばさなければいけない時があります。また、距離を調節する方法としては同じ大きさのスイングでクラブを変える方が簡単です。しかし、その場合ですとそのクラブでの距離感というものがなかなかつかめません。パットを例にとると1メートルも20メートルも同じパターというクラブで打ちます。当然そこには距離感というものが必要になってき [続きを読む]
  • 上達への近道
  • 上達の近道は自分の信頼のおけるコーチに教えてもらうことが一番だと思います。今までのゴルフのプレーヤーとしてもコーチとしての経験からもそう思います。自分では自分のスイングや欠点、修正すべき点がわかるようでわからないものです。結果としてナイスなショットが打てた時のことが良いと思いやってしまったり、また、TVや雑誌で書いていたことが良いと思いやってしまったりします。しかし、問題はそれがその人にとって今やる [続きを読む]
  • スロープレー
  • ゴルフには色々なマナーがあります。その中でも重要なマナーはスロープレーをしないということです。これは同伴者だけでなく前後の組の人たち、またゴルフ場の方の迷惑となってしまいます。自分がそうかな?と思う人は是非改善してもらいたいと思います。最初は難しいですがこれは改善できまたその後のゴルフライフにとっても必ず良くなります。 [続きを読む]
  • 始めが大事!
  • クラブを後方に動かそうとする、バックスイングで体重を右側に移そうとする、その動作、意識が体の横づれスウェーとなりシンプルな回転運動の邪魔をする。 上記のことはテイクバック始動時からトップまでの間右腰を後方に引くことにより結果的におこる動作である [続きを読む]
  • 練習場でもゴルフシューズ
  • 練習場でもゴルフシューズを履いて練習することをお勧めします。ゴルフスイングにおいて、足は地面についている重要な部分です。普通のシューズとゴルフシューズとでは感覚がずいぶん違ってきます。当然それはゴルフスイングに影響を与えます。私も練習する時は必ずゴルフシューズを履きます。もちろんスクール生にも必ずゴルフシューズに履き替えて練習してもらってます。履き替えるのは面倒くさいですし、シューズもはやくに傷ん [続きを読む]
  • グリップを持つ長さ
  • ゴルフをする人はみなさん飛ばしたい!と思ってついつい間違ったことを色々としてしまいます。その一つがグリップを長く持ちすぎるということです。お友達や練習している人を見てみてください、かなり多くの人がグリップをいっぱいまで長く持っています。なかには左手からグリップがはみ出してしまっている人もいます。逆にプロのグリップを見てみてください。ほとんどいっぱいまでグリップしている人はいません。グリップを長く持 [続きを読む]
  • スイング中の右足カカトのイメージ
  • スイング中の右足のカカトはフォロースイングまでしっかりと地面につけたままのイメージをすることをお勧めします。右足のカカトはフォロースイングで左腰の回転により上がっていく物です。右足のカカトがはやくに上がってしまいますとスイングの土台が崩れてしまったり、腰がスウェーしてしまったり、前傾角度が伸び上がってしまうというようなことになってしまいます。結果的にインパクトでのミート率の低下、ヘッドスピードの原 [続きを読む]
  • Kids Golf School
  • 最年少3歳からのキッズゴルフスクールを週1回やってます。ゴルフを教えるというよりゴルフを通してお友達と楽しい時間を持ってもらうという感じです。8月には近くのゴルフ場でのジュニアゴルフ大会に体験として参加も予定しています。 [続きを読む]
  • スクウェアにアドレスするために
  • アドレスの時にスクウェア(目標に対して平行)にアドレスすることはとても大切です。しかしゴルフスイングはバックスイングに対してダウンスイング、フォロースイングの力が強いためどうしても骨盤が左方向にズレてしまいます。もちろん反対スイングをすることや整体などで骨盤を正しい位置にすることが良いですがなかなか普通では難しいです。ということで、練習をする時のルーティンとしてアドレス時ショットをする前に右腰を少 [続きを読む]
  • 月刊 GOLF DIGEST 11月号
  • 月刊GOLF DIGEST 11月号に私のゴルフレッスンを掲載させてもらっています!(^^)v182ページと183で-読者記者がゆく-というコーナーです。どこかで見かけたら是非ご覧ください!今回は-ドライバーで球が上手く上がらない-を改善するレッスンです(^^)/みなさんのゴルフスイングのなにかのアイデアになれば嬉しく思います [続きを読む]
  • フックorスライス
  • 一般的にスライスが多いという話は現実だろう、が、実際は違うスイングはインサイドアウト、アウトサイドイン、そして理想とされるインサイドインしかない目標物のボールが自分の目線の前にあってそして地面にあるそれを打とうとする、このことだけでも考えればわかるはずインサイドアウトの軌道、フック系統の人が多い長い間レッスンをしてきたがジュニアはほぼまちがいなくほとんどそのようになる成人男性で力のある人は例外があ [続きを読む]
  • Golf NOW Summer No.51
  • 只今無料配布中!中部地方のゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフショップなどにあります。今回の私のレッスンテーマは「やわらかい上半身と安定した下半身」です。Golf NOW は、ゴルフレッスンだけではなく主にゴルフ場の情報、また、マナーやゴルフ旅行、ゴルフお値打ち情報、ゴルフコンペ情報などなどあります。みなさん、どこかで見かけましたら是非ごらんください!(^o^)/ [続きを読む]
  • 月刊 GOLF DIGEST 9月号
  • 月刊GOLF DIGEST 9月号に私のゴルフレッスンを掲載させてもらっています!(^^)v182ページと183で-読者記者がゆく-というコーナーです。どこかで見かけたら是非ご覧ください!今回は-プッシュスライスとダブリがよく出る-を改善するレッスンです(^^)/みなさんのゴルフスイング改善のなにかのアイデアになれば嬉しく思います! [続きを読む]
  • 過去の記事 …