FG786 さん プロフィール

  •  
FG786さん: 私の飛行機模型の博物館
ハンドル名FG786 さん
ブログタイトル私の飛行機模型の博物館
ブログURLhttp://fg786.blog87.fc2.com/
サイト紹介文1/48の飛行機の模型を紹介しています。
自由文飛行機のプラモもマルサンの1/100から始まって付き合いも長く、最近ハマっている試験機や実験機などの作品を紹介しようと思って模型の工房の博物館を作ってみました。模型製作の腕前は今一でも、それぞれの飛行機はどれも大好きなものばかり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/02/25 23:51

FG786 さんのブログ記事

  • R4D 製作中 Part10
  • 写真で見る限り、目に見える進展はありませんがリベットを打ち続けています。左側の胴体から打ち始めていますがまだ終わりません。心の乱れは線の乱れになって表れるようです。疲れてくると綺麗に打てなくなるので無理せずに、毎日コツコツと打っていきましょう。左胴体の70%程度は打てたように思います。 [続きを読む]
  • R4D 製作中 Part7
  • ようやく覚悟を決めてリベット打ちを開始します。機首の印象は大事なので少しずつ慎重に進めます。平らな面の直線は比較的楽なので良いのですが、どこも気が抜けませんね。今日の作業はここまでにします。全体の1/30程度打てたのでしょうか?まだ先は長いですね! [続きを読む]
  • R4D 製作 Part7
  • 外翼内側のフラップをカットしました。それにしても長いエルロンです。主翼を組み直して胴体と仮組してみます。フラップを切り開かれるとは予想していなかったモノグラムさんとしてはこの後は勝手にどうぞ!責任はご自分で!!!と言うところでしょうね。仮組してみると主翼とフィレットの間に結構大きな隙間が開いてしまいます。組立とフラップ内部の工作と隙間補修とリベット打ちの工程の組み方が難しそうです。頭の体操ですね。 [続きを読む]
  • R4D 製作 Part6
  • 翼前縁の防氷装置の枠を追加していきます。垂直尾翼も左右取り付けました。水平尾翼も完了です。主翼下面のリベットラインを描き込んでいます。フラップダウンするためにカットします。翼の厚さに合わせて梁を追加します。胴体と仮組して主翼とフラップ部分の内部の確認をします。胴体部分に穴が開くので追加が必要になります。水平尾翼尾も仮組して全体のバランスを確認します。X-15のリカバリー用のNASAのR4DにしてNB-52AやX-15 [続きを読む]
  • R4D 製作 Part5
  • リベット打ちの準備のために凸モールドのスジ彫りをペーパーで軽く削ります。試しにリベットを打ってみます。本当はもう少し密に打ってあるのですが雰囲気が出れば十分でしょう。小さなパネルのねじ山の様な凸モールドを生かしてみたくて周りだけスジ彫りをしてみます。前縁防氷装置のゴムを止める細長いパネルを追加します。垂直尾翼も同じように防氷装置の加工をします。細かい凸凹がリアルな感じになって面白そうです。ジェット [続きを読む]
  • R4D 製作 Part4
  • 機体内部の構成をどうするかただいま検討中です。写真の資料を集めながらR4D(C-47)のお勉強中です。NASAで使われた機体はR4Dなので海軍から持ってきたんでしょうね。コクピット後部の部屋のパーツもあるのですが組み上がるとほぼ何も見えなくなる感じです。どこまで何をしましょうか?このドアを開けたところで暗くてほぼ見えないでしょう。壁の付いたパーツも裏側は穴の開いたままになっていたりしてどこまで本気で設計したのか [続きを読む]
  • R4D 製作 Part3
  • 今日も窓磨きをしています。内側も凹んでいて歪みがあるため両面とも磨きだして平面を作ります。折り畳み式の椅子の加工をします。側面に波板風の凸凹があるので上下をカットしてパーツを入れ替えます。仮組みしてみて収まり具合を確認します。大きなドアを開けると良く見えるので、この方が良いでしょう。反対側はガラス越しに見るのでハッキリ見えないでしょうけれども同じように加工しましょう。作り始めから手抜きばかりはいけ [続きを読む]
  • R4D 製作 Part2
  • 機内の様子を確認します。兵員の座席はそのままあるだろうと言うことで作っていくことにしましたが左舷後部のドアを開けると中が良く見えるので真面目に取り組まないと面白くないですね。やはり閉じると面白くないですね。キットの説明書にもドアの開け方が書いてあります。中のフレームもモールドしてありますが窓も含めて、もう少し手を加えましょう。窓の真ん中の小さな丸窓がモールドしてありますがNASAの機体を見ると旅客機の [続きを読む]
  • R4D 製作 Part1
  • 展示室はXB-70を運搬用の棺桶の様な箱に収納することにして1段開けることにしました。そこで、安心して次回作に取り掛かります。NASAのX-Planeのお供に使われたR4D(C-47)にします。古いキットですがオーロラと違ってモノグラムですから・・・NASAのエンブレムはこのデカールが使えそうです。地味な名機ですがNASAで目いっぱい派手になってます。NB-52AやX-15などと並ぶと楽しそうですね。 [続きを読む]
  • 我が博物館最大のピンチ!
  • 塗料のカスが溜まって換気能力が落ちてきているので綺麗にして、工房の作業を再開しようとしています・・・・次に作りたい機体はあるので展示室のガラスケースの空き具合を確認しました。第1・第2展示室どちらも隙間が無くなってきています。大きな機体を作っても展示できそうもありません!更に問題なのが大量のストックです!まだあります!!まだあだ有ります。まだ、この奥にも沢山あります!!!根本的な問題として量が多す [続きを読む]
  • RYAN X-13 VERTIJET
  • Ryan X-13 Vertijet1955年12月10日初飛行(41619)この2号機(41620)で1957年4月11日に垂直離陸から水平飛行への移行が達成されました。この飛行機としては、この日が初飛行なんですかね。オーロラの古〜いキットです。入手してから、ようやく完成しました。X-Plane Mode Museumとしては必需品のX-13です!例によって手抜き工事の連発ですが雰囲気は良くなったと自画自賛しています。アイデアは分からなくもありませんが制御 [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part38
  • 黒いメッシュの内側のハリも黒くします。本当は黄色かもしれませんがこの方が黒が映える感じがします。台車に車輪を取り付けます。プラットホームにRYAN X-13をペイントしました。ようやくプラットホームの組立です。X-13を引っかけると台車がひっくり返るので台車のボックスの中に鉛を詰め込みます。今頃、脚の塗装をしています。まさにX-Planeですね!脚の取り付けです。もう少しで完成ですが引っかけて、眺めてみます。残りの [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part37
  • 今日は午後から仕事でしたがその前に赤羽模型さんによって黄色の塗料を仕入れてきました。欲しい材料がいつもあるので感謝です!!!台車の固定用の脚の底です。ヒケガあったのでパテで埋めました。小物の下塗りなどをしています。タイヤの塗装です。ホイールを先に塗ります。12?のポンチでマスクを作ってタイヤを塗ります。完成!まあまあの感じです。板バネも塗りますよ。正月の祝箸を半分にカットして支柱を作ります。何でも使 [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part36
  • プラットホームの各パーツに薄めにサフェを吹いています。あまりやり過ぎるとメッシュの目が詰まってしまいます。プラットホームの上部に付くランプをクリアーパーツき替えます。ランナーを2?径に削っていきます。先端を丸くしてカットします。底の部分にアルミシートを貼ります。接着完了です。プラットホームの台車の脚ですが底が引けていたのでパテで埋めています。裏返してみないと見えない部分ですがそのままにしておくのが [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part35
  • 下地の色を整える程度に白いサフェを軽く吹いておきます。黒のメッシュの部分を塗装しましたが写真で見ると全体が黒くなっているので土台の部分も黒いようです。塗り分けなければ…プラットホームを立たせるシリンダーの後が穴あきの状態のなので蓋をしておきます。このところ、想定外の忙しさで時間がないのと、気力体力も乏しい状態になっています。そんなわけで、今日は早く寝ましょう! [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part34
  • X-13を吊るす物干し竿の台の部分です。オレオの部分をアルミ線に置き換えます。組み立てていくとこんな形です。所で後ろに写っているのは、X-13の箱です。何とも魅力的な機体の絵じゃないですか。時代を感じますね!タイヤのバリ取り作業をしました。説明図を見ても、このパーツがなんだか良く分かりませんでした?図をよ〜く見たら、一番上に付くランプでした。クリアーパーツでないので分かりにくいですよね。これもクリアーで作 [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part33
  • プラットホームに付くゴンドラの大きさを調整します。シリンダーをアルミパイプに交換していきます。うえがキットのパーツです。下がアルミに交換する形です。7・6・5・4・3?のパイプを差し込んで組み合わせています。先端のジョイント部分はキットのパーツを使います。2?のアルミ線を刺して3?のパイプに差し込みます。こんな感じです。サンダーバード2号の脚みたいですね。プラットホームに仮組してみます。キットのまま [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part32
  • メッシュをカットしていきます。仮組してサイズの確認をします。メッシュの部分にメタルプライマーを軽く吹いておきます。X-13は半完成の状態でハンガーで待機中です。上部の黒い部分のメッシュをカットします。こちらも両面に軽くメタルプライマーを吹きます。全体の仮組をします。これでメッシュのカットは終了です。次は塗装しながら組み立てる工程になります。 [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part31
  • 切り抜いた部分に梁を貼ります。1×1.5?角のプラ棒をカットしています。切り抜いた部分に貼るメッシュです。変形しないように丁寧にカットしていきます。大きさを合わせてから余分な個所をカットしていきます。横の小さな四角部分をカットして仮組してみました。上手くいきそうです! [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part30
  • 全体の仮組をします。まだ細かい部分の作業が残っていますがほとんど形になってきました。自作デカール製作中です。デカール貼りをしますよ!デカール貼り完了。翼端燈を塗りました。翼端の垂直安定板を接着!本体はほぼ完成です。残りはアンテナと脚と排気口付近のパーツの追加位ですね。これぞX-13のスタイルですね!いよいよプラットホームの工作開始です。台車部分の工作です。シリンダーを組み立てていきます。先端はアルミパ [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part29
  • キャノピーの仮組をしています。キャノピーは塩ビのヒートプレスなので両面テープで固定します。キャノピー前縁部をパテで埋めるためにマスクをします。機首のアンテナの基部を作ります。センターに0.3?の穴を開けてルーターで削って円錐形にします。0.3?の洋白線をアンテナにして機首に固定します。パテも整形して塗装準備完了。アンチグリアにマットブラックを塗ります。翼端の垂直安定板に黒で下塗りをします。乾いてからスー [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part28
  • 両翼端の垂直安定板のリベット打ちをしています。主翼に仮組してみます。何とも、とってつけた感たっぷりで苦労があったんだろうな〜と感じられるパーツですね。この安定板に翼端燈を付けます。完全に接着できてから翼端燈を整形します。機首の赤を塗るためにマスクします。この赤。チャームポイントになりそうです。ウルトラマンの様な臭いがしてきます。銀と赤の取り合わせはチャレンジの意思表示のようで心が躍りますね。今度は [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part27
  • タービンラインを赤いシートにしました。機首の白い矢印の位置を決めるために国籍マークの短冊の部分の位置決めをします。カットしたテープの白い部分を先に貼って位置を決めます。カットしたテープの余白簿部分を矢印に位置に合わせて貼って、さらに周囲もマスクします。クールホワイトで白くします。隠蔽力抜群です。垂直安定板のリベットラインをじかに作図していきます。ここで、集中力の限界です。まだ十分に体力が回復してい [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part26
  • 今日は朝から1日仕事でした。疲れて帰って食事を摂ってシャワーを浴びて休憩をしたら、だいぶ調子が戻ってきました。健康のバリメーターの模型作りをしてみます。胴体側面に小さなインテークを僅かい濃い目の銀にします。いよいよ文字の塗装開始です。各文字のマスクを定位置に貼ります。すごく工程が進んで見えますね。色は黒ではなく濃紺にしました。文字の乱れはご愛敬と言うことで・・・仮組してみます。このままタマゴ飛行機 [続きを読む]