FG786 さん プロフィール

  •  
FG786さん: 私の飛行機模型の博物館
ハンドル名FG786 さん
ブログタイトル私の飛行機模型の博物館
ブログURLhttp://fg786.blog87.fc2.com/
サイト紹介文1/48の飛行機の模型を紹介しています。
自由文飛行機のプラモもマルサンの1/100から始まって付き合いも長く、最近ハマっている試験機や実験機などの作品を紹介しようと思って模型の工房の博物館を作ってみました。模型製作の腕前は今一でも、それぞれの飛行機はどれも大好きなものばかり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供400回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2009/02/25 23:51

FG786 さんのブログ記事

  • X-13 製作中 Part3
  • 主翼のリベットラインを描き込みます。大き目のリベットを打ち始めました。キャノピーのラインを修正します。長円形の中のリベットの型を作っています。リベットを打ち始めたら主翼がペキッぺキッと音を立てます。古〜いキットなので可塑剤が飛んでしまってもろくなっているようです。裏から補強しておきます。リベット打ちの作業を中断して仮組をして工程の検討をします。キャノピーは自作することになりそうですがキットのままで [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part2
  • プラットホームの構造を確認しながら土台のシャーシ以外は自作するようにします。写真と比べてみると遠近の誤差を補正してもキットのパーツでは幅があり過ぎるようです。81?ある幅を70?にして作り直します。板で見えない部分の骨組みを図面に落としておきます。上下のメッシュの部分と真ん中の板の部分があるので板のパーツを切り出してみました。これでプラットホームのサイズが納得できる感じになりました。大きな梯子を作りみ [続きを読む]
  • X-13 製作中 Part1
  • 一晩悩んで、ついにX-13の製作開始です。オーロラの幻のキットです。コレクターの方が見たら手を付けてしまうんですか〜〜〜〜????っと思うんですかね。説明書を見るとほとんどプラットホームの組立てです。パーツはこんな感じで単純な構造であるにしても機体のパーツはほんの少しです。写真と比較してみるとデッサンはしっかりしています。オーロラ製と言うと、怪しいキットが多いのですが実は一次大戦機などのデッサンは良い [続きを読む]
  • B-1A Proto Type (Gyro Plane)
  • ROCK WELL B-1Aby BANDAI見よ!!!可変翼!!!ジャイロプレーンの特徴である巨大な1輪車!これで KEEEEEE〜〜N!と走るのだ!!!B-1Aの特徴を余すところなく再現!!!F101-GE-102ターボファンエンジンが4基並んでいます!背中に駆動用のラックを入れる穴が開いています。見事にブレンデッドウイングボディを再現!1/48のB-1Aの写真と一緒に記念撮影です。最速、2日で完成しました!!!可愛い??? [続きを読む]
  • GP B-1 製作中 Part2
  • マウキング開始です。塗り分け作業開始です。前に作った色が余っていたのでそのまま使います。細かいパーツの塗装が終わりました。主翼にマスクをして機体に組み込みながら胴体の接着をします。グレーを塗り重ねます。マスクをして銀を塗ります。機体の組立完了です。少し修正などをしてもうじき完成! [続きを読む]
  • GP B-1 製作中 Part1
  • バンダイのジャイロプレーンシリーズのB-1を作ります。キットは4号機とB型が混ざった様な形なので1号機に戻しながら作ります。まず窓枠の角度が気に入りません!モールドを削り取って新しく枠を入れます。垂直尾翼の前方も長く伸びているので直しましょう。ひれを短くして翼端のアンテナも追加します。ノーズとテールも先端が丸いので尖った形に整形します。オーバーウイングフェアリングの整形をします。左が作業済みです。全体の [続きを読む]
  • Shawnee H-21
  • Shawnee H-21 Flying Bananaドアから中がのぞけますね。前のドアからも見えますね。バナナを連想させるこの独特のフォルムは時代を感じさせる魅力があります。この側面形はタンデムローターの構造を具現化するアイデアだったんですね。子供の頃にブリキのおもちゃを見たような気がします。中の棚も付けておいて良かったです。コクピットの中もよく見えますね。X-15と2ショットの記念撮影です。 [続きを読む]
  • TSR-2 メインギアの修理
  • H-21が完成したので展示室のガラスケースを見るとTSR-2のメインギアが両方とも折れて車輪が「ハの字」になっていました。緊急事態なので急遽、修理を開始します。シャフトの破断面を見ると金属疲労の痕跡が見えました。2?のアルミ線を使ったのですがアルミでは強度不足だったようです。車輪側に残ったシャフトもドリルなどで取り除きました。直径2?の穴が開いています。掘削用のビットでシャフトに凹面を作ります。センターが出 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part36 完成ということで・・・
  • 細かいエッチングパーツを追加していきます。機首上面のアンテナを作ります。固定用に0.3?の真ちゅう線を通して差し込み式にします。追加パーツの塗装中です。2か所にアンテナを追加しました。機体や時期によってなのか?微妙にアンテナの位置や数が違っています。モデルにした写真に近い感じにします。作業中に尾翼を落としてしまったので修理してます。尾翼の支柱を追加しました。付け根に隙間が見えてますね。見えないことにし [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part35
  • ドロップタンクの取り付けをします。支柱を受ける部分に1?のアルミパイプを埋め込みます。ラフスケッチですが支柱の設計図です。0.8?のアルミパイプを支柱にします。中に0.3?の真ちゅう線を通して胴体の1?パイプとタンクの穴に差し込みます。1?のパイプに0.3?の真ちゅう線を2本通すのでちょっと苦労しています。理論上は大丈夫なのですが・・・前後に渡す支柱も付けておしまいにします。あまり見えないので手抜きです。ドア [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part34
  • コクピット内を組み立てます。シートベルトは面テープを着色して細くカットしたものを貼っただけです。パイロットの後ろの棚を取り付けます。計器板も取り付けました。キットの説明書通りでは作れないので写真などを参考に組み立てました。胴体に組み込みます。フロントのガラスを仮組してみると恐ろしく合いません!!!機首下のレドームのようなふくらみを付けました。メインギアの支柱の組み立てですがキットの指示通りでは強度 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part33
  • 今日はいろいろと忙しいのであまり作業は出来ませんが航法灯だけは付けたいと思います。円柱形の上下1か所づつが付きました。水滴型のつけました。ローターを仮組してモチベーションをキープ!ドロップタンクの内側の支柱やコクピットの仕上げなどやる事はまだ沢山ありますね。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part32
  • コックピットの作業です。フットペダルのパーツを取り付けています。ランナーから作った航法灯です。ハンドルーターで彫り出しました。もう一つ水滴型の航法灯を作ります。クリアレッドを塗って乾燥中です。塗料の蓋を取るときに手元が滑って派手にこぼしてしまいました。風呂上がりで作業していたのでパジャマが殺人事件の様に真っ赤に染まってしまいました。今日はこれでやめます!明日は可燃ゴミの日なので片づけてしまいましょ [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part31
  • ドロップタンクに赤い稲妻のタトゥーを入れてます。こんな感じです。ローターの塗装を開始しています。ブレードの下面をマットブラックにして付け根の部分をマットブラックとメタルブラックを混ぜた色で塗ってちょっとアクセントを付けました。左のドアの下に付く足掛け用のアームです。キットではレジンになっていましたが強度に不安があるので洋白線で作り直しています。穴を開けて差し込み完了です。ブレードの上面の塗装です。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part30
  • マスクを剥がしました。U.S.AIR FORCEは余っていたデカールを使いました。窓からチラッと赤い物が見えるのが良いですね。まだ作業が終わっていないパーツの工程を進めておきます。自作デカールにクリアーを吹いて乾燥中です。キャノピーのマスクも剥がしてローターの作業も進めます。エンブレムをカットして貼りました。垂直安定板にかかれているナンバーです。デカールで作りましたが作る機体の写真が不鮮明で本当にこのナンバー [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part29
  • マスクを剥がしてみました。途端にアメリカ機になってます!赤いラインを入れるためにマスクをします。赤の塗料が乾くのを待つ間にマスクを作ります。ブルーになる所のマスクをしました。全体に薄くしたブルーをかけて他の色の侵入を防ぎます。さらに黒を薄く吹いて銀の発色の統一感を出します。銀の1色目。スーパーファインシルバーにしました。胴体のU.S.AIR FORCEはデカールにします。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part28
  • 国籍マークのマスクを作ります。写真を参考に位置決めをします。白い部分だけ残します。機首の上下のマークもマスクします。エンブレムを自作デカールにするのでその分を白く抜くためにマスクをカットします。青い矢印の型をトレースして位置決めをしやすくします。左右の位置を合わせながら貼ります。エンブレムの分だけ残します。国籍マークと矢印の青の部分を塗りました。今日は乾燥させるためにここまでにします。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part27
  • エンブレムの自作デカール用の編集をしています。写真紙にため試刷りをしてみました。オレンジの下地にデイグロレッドとオレンジを混ぜて作った色を吹きました。デイグロ部分をマスクします。国籍マークとエンブレムの部分に白の下塗りをします。MR.COLORのGX1クールホワイトは素晴らしい隠蔽力で黒の上に吹いても真っ白になります。頼もしい塗料ですね。今のところ見た目は不出来な錦鯉ですね。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part26
  • 方針変更!塗装の段取りや仕上がりを考えてプラ線のレールをやめて金属線に交換します。塗装を先に済ませてからレールを取り付けます。前のドアも同じようにします。エッチングパーツでは薄い板になってしまうので洋白線で手かけを作りました。デイグロの部分に白の下塗りをします。垂直安定板のナンバー部分に銀を塗っておいてからマスクをしておきます。デイグロオレンジにするので下地にオレンジ+レッドで調色した赤みの強いオ [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part25
  • エッチングパーツの取り付けをします。扉や胴体の各所に小さなパーツが付いていきます。この後の作業は慎重にやらねば・・・・曲面に貼るパーツは丸い棒などを使って曲げておきます。無理なくなじんで接着出来ました。全てエッチングパーツを使うのではなく自作した方は良いところは素材を選びながら作っていきます。 [続きを読む]
  • 霧の中の秩父宮記念公園
  • 桜のつぼみが膨らみかけたと聞いて雨を覚悟で秩父宮記念公園に行ってきました。行っている間は雨ではなく霧の中でした。これもまた風情があって良いものでしたよ。桜の開花が遅れているので桜祭りは来週の日曜日まで延長するらしいです。もう一度チャレンジして今度は満開の桜を見たいです。入口に連なる杉木立が幻想的でした。宮様の母屋としだれ桜が迎えてくれます。雨の日ならではの風景とお庭の花をお楽しみください。 [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part24
  • 上下の継ぎ目の補修をしています。側面のリベット打ちが終わりました。上下面に下塗りをして乾燥中に下面の航法灯を作ります。ドロップタンクや小物の下塗りもします。リベットの間隔を決めるのにメジャーのマスキングテープを使いました。便利です!!!ドアのレールがエッチングで用意してあるのですが実際には薄い板ではなくてパイプだったので丸棒を使って作ります。左側面の取り付け完了。ちょっと太めですがOKです!右前方も [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part23
  • ドロップタンクにバンドを巻きました。ドロップタンク用の小さなパイロンを作ります。1.5?幅のU字棒と0.5ミリ厚のプラ板で輪郭のある側面を作ります。1?径の穴を開けたパーツを半分ずつ前後にはめ込んで作りました。パイロンに0.5?の穴を開けます。パイロンに0.5?の洋白線を貫通してドロップタンクまで通します。パイロンを胴体に仮組しながら穴の位置を決めます。胴体に開ける穴は面に直角ではなく垂直に開けます。ドロップタ [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part22
  • ドロップタンクを付けようと思っていましたがキットを見たらパーツが有りませんでした。今頃気付くのもどうかと思いましたが仕方がないので作ります。材料はF-4のタンクです。パイロンをカットして丸くしてからパイプカッターを使ってラインを付けます。中間をカットして寸法を合わせて先端のパーツは長さを決めてカットしておきます。後で丸みを付けていきます。肉が薄いので中にパテを詰め込みます。こんな場合はポリパテですね [続きを読む]
  • H-21 製作中 Part21
  • コクピットのパーツを付けないままマスキングをします。胴体の上下のつなぎ目だけに薄くサフェを吹いて表面の仕上がりを確認します。段差やパテのヒケなどがあるので修正していきます。再度パテを塗ります。お腹の補修しておきます。バナナというより、さばく前の魚のようです。パテを塗っても塗装をしても乾くのが早くなってきました。こんな事で春を感じていますよ。乾き待ちの時間が多くなるのであちこちに作業工程が飛びます。 [続きを読む]