たろ〜 さん プロフィール

  •  
たろ〜さん: 人生ガッツリじゃ!!
ハンドル名たろ〜 さん
ブログタイトル人生ガッツリじゃ!!
ブログURLhttp://ameblo.jp/gogo0120/
サイト紹介文「読書のすすめ」と「人間空手 善心道」に出会い、劇的に人生が変化してしまった僕からのメッセージ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/02/26 14:04

たろ〜 さんのブログ記事

  • 明日の予定はお決まりですか?
  • 今日は某大手取次さんと商談しました。たつひろくん、セッティングありがとう。 うまく行けば、僕の努める会社と取次さん、書店さんで新しい取組が出来そうです。 逆ものにしても、読書普及協会にしても、縁を活かしてなにか新しい事業とかできたらおもしろいですよね! つながらないような事業も意外とマッチしたり。とくに職種が違う人があつまるところでビジネスありきでの出逢いより、個人的に友達になって結 [続きを読む]
  • 第4回魁!失敗塾のご案内です!
  • こんばんわ!さすらいの体重前年比プラス10キロ。1年の放牧明け、あきらかな調教不足で今回は期待できませんね、のたろーです。でももしかしたら万馬券かも!(笑) さて毎月開催している3月の魁!失敗塾のお知らせです!テーマは仕事。シンプルかつ深ーいテーマについてあなたのやらかした失敗をご披露ください。失敗は何よりも大事です。なぜならあなたが動いた結果だから。それを笑い話にして更なる失敗をしようじゃあり [続きを読む]
  • 3月度 日本精神の探究&魁!失敗塾開催のお知らせ!
  • どもども、たろーです!三寒四温といいますが、着実に春はそこまで来ていますね。そんな今日この頃、全然関係ないイベント告知です(笑) 今回で4回目になりました「魁!失敗塾」思ったよりたくさんの方にご参加いただき主催者のくせに「あれ?」と思っています。(笑)今回の開催日は3月18日(土)今回はコラボ企画! 甲州さとみ大先生の企画テーマ:日本精神の探究 日本人の根本にせまり、本体もつ日本の「精神」を [続きを読む]
  • 平和の発見
  • 大東亜戦争後、戦勝国による一方的な裁判が行われた。いわゆる東京裁判だ。僕が知らなかったのは、戦犯にされた人々の処刑が行われた巣鴨プリズン跡地に池袋サンシャインシティがあるという事実だ。展望台から見る夜景はとてもきれいでよく見込みありと思われた女性と行ったなあ。と全く的外れな事を考えてしまった。それはさておき。米軍の依頼により著者で僧の花山氏が処刑までの間、戦犯の方々の心を癒すため仏教の教えを説い [続きを読む]
  • 2月の失敗塾!
  • 前回から参加者1人10分を持ち時間にテーマを決めて「失敗」を語って頂きました! 個別で話するよりやはりテーマを決めてプレゼンをして頂いたようでした。 ライトな内容からディープなものまでいろんな失敗がありましたけど、何かをチャレンジした結果、たまたま「失敗」になっただけのことで、その「失敗」がなければこのメンバーでゲラゲラ笑って話せなかった訳ですからね。 やっぱり人生はネタですね!! [続きを読む]
  • 1月の魁!失敗塾
  • たろーです!!久しぶりの更新です。スミマセン(;・∀・) さて、わたくし年に1回、人生の失敗日本一を決定する「全日本失敗王選手権大会」を主催しております。 今年も6月18日(日)に第3回になる全日本失敗王選手権大会を開催が決定しております。全国から選りすぐりの失敗自慢の強者が集います。スペシャルゲストには「スタンドバイユー」著者、ソーシャルアライアンス(株)代表取締役の岡根芳樹さんが、まさにスペ [続きを読む]
  • 痛みを知ること
  • 空手を教えていて一番大切なことは楽しいこと。その楽しい時期があるていど過ぎると子供同士でふざけあいどつきあいます。このときに大人はしっかりと見ていなくてはなりません。子供はまだ、どの力でどついたり蹴ったりしたら相手にどれだけのダメージをあたえるかわかりません。ですので、指導者クラスは自由時間中のおにごっこやふざけ会いに目を光らせなくてはなまりません。「痛みをしること」これがわかれば、そうそう相手 [続きを読む]
  • 読書普及協会:年会費について
  • 年会費:5000円 ■お問い合わせ info@yomou.com   TEL 03-5666-0969       FAX:下記申込み用紙にご記入いただき03-5666-0968に送信。       郵送:〒133-0061東京都江戸川区篠崎町1-403-サクシードシゲセン1F           読書のすすめNPO法人読書普及協会入会申し込み係までお振込先:下記のいずれかにお振込みください。●三菱東京UFJ銀行瑞江(みずえ)支店 普通0707593 特定 [続きを読む]
  • 読書普及協会チーム東京ブログスタート!
  • 私たちは東京都江戸川区篠崎に本部をおく「NPO法人読書普及協会」の「チーム東京」です。全国に支部があり、各地域で人々がつどい本にまつわる読書会や単なる飲み会(重要♪)旅行など、年齢、性別、肩書、そんなもの一切関係なく「人間」そのもので楽しく活動しています。我々チーム東京は東京エリアの会員様に対し、様々な活動を行っています。例えば。。「全日本失敗王選手権大会」:年1回、あまりにも酷い失敗だが今なら大笑 [続きを読む]
  • 人間だものね
  • 3月20日(日)に第2回全日本失敗王選手権ってのをやるんですけど。なんで失敗王選手権なんてやるんだ?だって人間だもの。いい事もあれば悪い事もあるわけじゃない?そのいい事も、人生ってものさしでみたら実は良くなかったりもするし、悪い事だってひっくり返してプラスに持っていくことができる。いい事ばかり言ってたり、積善ばかりじゃ人として面白みがないような気がする。どこか欠点があったり、間違ったことをしてしまう [続きを読む]
  • 体験稽古
  • さて、年も新たになりまして、善心道空手では新しい仲間を募集しています!年長さん〜50代の方までみんなでわいわい楽しく稽古をしています。私たちの理念は「強くよりもかっこよく、倒すのは己の弱気」です。一般的に思われているようなハードなものではありませんし、その人にあったペースで稽古が出来ますでの安心してください。しかし、武道ですから礼儀作法には厳しいです。結果的には心身ともに強くなりますよ!が・・・ [続きを読む]
  • 創造と破壊
  • 僕はめーかーなのですが、つねに新商品が出て、売り出され、売れればいいですが売れなければ返品や廃棄なのの末路をたどります。いろんな団体や集まりがありますが、これも当初はやりたいことがあって良く分からないことがあっても五里霧中でやっていて楽しかったと思うんです。しかし、それもいつのまにかルーチンになって恒例行事だからやるといった感じになってしまっていませんか。うちの会社では「やめてしまえ」という制度 [続きを読む]
  • 年頭訓示
  • 久しぶりの更新となりました、父が危篤になり6日月、いつ逝くかもわからない日々でしたので森岡師範代にその間稽古を見ていていただきました、心から感謝申し上げます。新年からは稽古に復帰します!今年も元気に楽しくをモットーとして精神的にも肉体的にも磨きをかけていきたいなぁと思います。(まず師範の腹をどうにかしないといけませんが)武道なので、厳しいことも当然いいます、でも優先順位は楽しむです。これは絶対に替 [続きを読む]
  • 久しぶりの稽古!
  • 今日は約2カ月ぶりに稽古に参加しました。というのも、12月2日に父が他界し、それまでお見舞いなどで稽古に参加できずにおりました。堀道主、盛岡師範代にはご迷惑おかけしました。また、おかげさまで通常通りの稽古を道場生のみんなにしてあげられたと思います。本当にありがとうございました。で!稽古なんですが早くも二の腕と腹筋に筋肉痛が(笑)体もだいぶ硬くなっていましたねー形もちょっと忘れてたし。やはり日々の柔軟 [続きを読む]
  • 死に様
  • 先日、父が他界しました。そして本日、告別式を無事に終了。正直なところ、私は父の死を恐れた。特に、いよいよここ3日がヤマだと言ったとき私は現実を直視できなかった。しかし通夜、告別式を通じて感じたことは人はいかに死ぬかという為に生きるんだ、ということ。父の葬儀には、私たち家族の想像をはるかに超える人数が参列されました。こんなにたくさんの人に愛されていたんだ。知らなかった。駆け抜けた80年を象徴するよ [続きを読む]
  • 父が他界しました
  • 心筋梗塞で倒れ、あれから5カ月でしょうか。ふつうだったらとっくにあの世に行っていたのに粘り強く(笑)旧友たちと意識がないまでも交流を深めていました。父ほど働き者はいないと思っています。幼少期、働いている姿しかみてません。そういう時代だったのでしょうけど若いころ、さんざん迷惑をかけてしまい、それでも許してもらい結果的にはすこしはマシな生活を送れているのかな、と思います。でも、これははじまりであり、 [続きを読む]
  • 身近なところの死生観
  • 誰もが生まれてもれなく付いてくる特典、それは「死」ですよね。これは誰にでも間違いなくくる。しかも、いつくるかわからない。いきなりテロで殺されるかもしれないし歩いてたら植木鉢が落ちてきてぶち当たるかもしれない。しかし僕らはいつも明日があると思って生きている。毎度毎度、死を意識なんてできやしない。しかし、いま親父がこの世から離れようとしている今、いやでも死について考えてしまう。今日は生きてたけど、明 [続きを読む]
  • 問い
  • なあ、人生燃焼させてるかよ?なあ、この限りある人生を燃焼させてるかよ?俺たち、もれなく死ぬんだぜ。誰かに従属して生きて、何となく死ぬのかよ。俺らの命を輝かせて死にたいじゃないか。俺ら、間違いなく死ぬんだぜ?みんなとの縁も、いつしか切れんだぜ?生きてる間に何を成し遂げようか。人生は平等なんかじゃねえぜ。時間はその人によって生きも死にもするぜ?みんな生まれた瞬間に死に向かってGO!なんだから。命燃焼させ [続きを読む]
  • 二元論
  • どうして人間は善か悪、明と暗と言った二元論に陥りやすいのでしょうか。今回のフランスのテロもそうですよね。イスラム世界とキリスト世界の対立、宗教的な違いが憎悪となり互いに攻撃をしあう。僕が不思議に思うのはもともと宗教っていうのは世界の平和や幸福を願うはずのものなのに、何で殺しあわなくてはならないのか。こう言った争いは身近なところでも起きるものですよね。自分の考えに同調して貰えなければ相手を憎く思う [続きを読む]
  • ノイズ、静寂、平和
  • 昨日、戸嶋靖昌氏の絵画展に行って思い出したこと。自分は中学生の頃からいわゆるロック(陳腐な表現ですね(笑))に目覚めてとにかく聞きまくっていました。当初は日本のロックバンドで、そののちハードロック、ヘビーメタルとなりグランジムーブメントに突入し、パンク、ハードコアに至ります。そして今はなんでも聴きますが、戸嶋氏の絵で一番インパクトがあったのがこちらの絵です。「森の彼方」ってタイトルです。この絵、 [続きを読む]
  • インパクト
  • 先日、スペイン大使館で行われている戸嶋靖昌氏の展覧会に行ってきました。戸嶋氏の絵は、執行草舟氏の本「根源へ」のカバーデザインで知っている程度でしたがなんとなく気になって行ってみました。戸嶋氏の絵の感想は「混沌」「死」「闇」そして「光」と言った感じです。なにがどう素晴らしいか、は正直わかりません。ただ自分の中では日本において書かれた時代の絵の方が混沌としていて惹きつかれるものがありました。自分は芸 [続きを読む]
  • 結局は自分でやらないとダメ
  • 働きだしてから20年近くたち、その多くの時間を営業という職種にかけてきた。モノを売るという事がメインの仕事。だけど、何年たっても新しい商品の立ち上げなどに関わると恐怖心、つまりビビることが多い。新しい商品なり新しいサービスを任されると、全くもってその道の知識がない訳で実際に自分で売り場を見たり、商談をして取引先に聞くなり、仲間に相談するなりして経験を積まなければ新しい道の開拓なんて出来やしない。そ [続きを読む]
  • 自分の話
  • 最近、仕事をしてて思うのは、まーどいつもこいつも自分の話ばかりするなあ、という事。僕も営業だからお話しなきゃいけない立場だけど、基本聞く姿勢でやってるつもり。もちろん、つもりなだけで、よく喋ってるかもしれませんが(笑)世の中、ここも含めたSNSがたくさんあってなにか話してるけど、みんな自分の事を知ってほしいんだなあと思う。一歩引く事は、一歩出るよりも難しいな。 [続きを読む]
  • 臥薪嘗胆
  • 「臥薪嘗胆」私たちは日々生活していると、いろんなことが起きますよね。良い事ばかりであればいいけれど、そうじゃないことの方が多い気がするのは私だけでしょうか?一生懸命に頑張っていても成果が出ない。上司にどやされる。全然納得がいかない。本当に悔しい。しかし、困難にぶつかるほど、人は成長するもんだと思います。(まあ、そうは言っても嫌なもんは嫌ですが(笑))そんなときこそ、「臥薪嘗胆」です。この野郎、今 [続きを読む]
  • そもそも仕事とは何か
  • 今日は肚をつくる読書会に参加してきました。毎月参加しているのですが、最近では大学生といった若い人もたくさん参加されて、活気があっていい刺激になります。で、今日は自分ともう一人、同じ善心道をやっている元川さんと「そもそも仕事とはなにかをテーマにお話することになっていました。全く打ち合わせなしのぶっつけ本番だった訳ですが、我ながら何言ってるかよくわからないというか、昨日靖国神社に行って大東亜戦争で亡 [続きを読む]