米本 和広 さん プロフィール

  •  
米本 和広さん: 火の粉を払え!
ハンドル名米本 和広 さん
ブログタイトル火の粉を払え!
ブログURLhttp://yonemoto.blog63.fc2.com/
サイト紹介文拙著『我らの不快な隣人』などで、統一教会の信者を監禁して脱会させる強制説得の実態を暴いてから・・・
自由文拙著『我らの不快な隣人』などで、統一教会(統一協会)の信者を監禁して脱会させる強制説得の実態を暴いてから、水面下で批判を浴びるようになった。沈黙は腹ふくるる技なり。飛んでくる火の粉は払うべし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/03/01 13:23

米本 和広 さんのブログ記事

  • 投資話をもちかけてくる牧会者がいたら、松濤に通報を!
  • 韓国統一の植民地化路線(11)数カ月前に封書でいただいた情報である。「(韓国文化を礼賛し、日本の神棚や仏壇は悪霊の巣だという)韓国人の教会長は、最近、投資ビジネスを始めたらしく、仲間の韓国人(主に韓国牧会者)とネットワ−クを組ながら進めてるという情報が入っています。 責任者の位置を利用しながら、信じやすい人にタ−ゲットを絞り、紹介しているようです。初期投資額は60万円余りと聞いています。とてもした [続きを読む]
  • 顯進様はどうして「お父様」の指示を無視するのだろうか。
  • UCIvs教団(9)*文中、一部敬称略 文3派&心情的文3支持派諸君の一連の言説(多いゆえ典拠省略)によれば、文鮮明の正統な後継者は文家7男の亨進ではなく、ましてや母鶴子でもなく、3男の顯進だといいます。 違いますか? 仮に、顯進が正当な後継者だとすれば、一般では理解できないことが生じます。 それは、鮮明(父)の顯進(子)への叱責と、それを無視する顯進の態度です。 これをどう理解すればいいのか、文 [続きを読む]
  • 文3派の小間使いは高校生以下(泣
  • UCIvs教団(8)♪天才バカボン、パシボンボン♪ 前回の記事「拉致監禁体験者をねぎらっていた情厚き国進&亨進」 の囲みである。−またパッシ−だ!(*゚Q゚*) − パッシ−個人のことは視界から消えたというのに、またやってきた。あまりにも幼稚なのでどうしようか・・・と。 でも、<米本氏の問題は、「間違っている」と多くの人たちが比較的簡単に感じ取ることができる内容>というのだから、文3支持派は、「説得力あり [続きを読む]
  • 拉致監禁体験者をねぎらっていた情厚き国進&亨進
  • 拉致監禁リアル情報(54)こんな非開示投稿が届いた。(引用はじめ)文4と文7の拉致監禁被害者に対する対応 韓国在住の拉致監禁被害者です。今このブログを読みながら思い出しました。ヒョンジン様とクッチン様は、拉致監禁被害者に対して、手紙を付けて毎年二回(盆と正月)お歳暮を送って来てくれました。この2人の末端までの気配りには感動したのを思い出します。お二人が教会を追い出されてからパタリとお歳暮が来なくなりま [続きを読む]
  • 『我隣』(拉致監禁体験者)その後−川嶋英男の場合
  • 拉致監禁リアル情報(53) 後藤徹さんが「根深いPTSD−未だ孤独な戦いを強いられる拉致監禁被害者」 をサイトにアップする前、偶然にも川嶋英男さんから手記が寄せられました。 『我らの不快な隣人』の210、217〜218ぺ−ジ。彼が登場するのはわずかですが、一時期「濃い関係」にありました。『我隣』の出版社・情報センタ−出版局の編集者と彼の家に遊びに行ったこともあります。(「真の家庭」見学 ニコッ)。親 [続きを読む]
  • 『我隣』(拉致監禁体験者)その後−中島裕美の場合
  • 拉致監禁リアル情報(52) 『我らの不快な隣人』−秘密裏に行なわれていた強制説得を、数十人の体験者に取材し、その実態を赤裸々に−を出版したのは2008年の夏でした。あれから10年。月並みですが早いものです。【関連カテゴリ−】ルポ・書籍・書評・感想 http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-8.html 1960年代の後半から始まった監禁説得は、1990年代前半に“興隆”をむかえ(毎日どこかで統一教会信 [続きを読む]
  • ミスタ−・フェイクマンは文顯進の直属の部下だった!−知ってた?
  • UCIvs教団(7) ドブネズミみたいなパシセラことマーク佐野氏は、何の仕事をしているのだろうか。「忙しい忙しい」と言いながら、毎日更新(平均6.8回/週) のブログ三昧。ブロ吉集団の一員である。小生がブログ村に登録したときにはすでに「村民」だったから、すごいよなぁ。 それだからよけいに、彼の仕事が知りたくなるというもの。 ちなみに、「忙」とは<あれこれと追われて、心がまともに存在しない状態>を意味す [続きを読む]
  • UCI裁判の記事を秘かに消すパシセラ氏 (追記あり)
  • UCIvs教団(6)− UCI対UC裁判に関する小生の記事−「文顯進派は裁判のことを語らなければならない!」 (5月1日)−コメント43「コロンビア裁判所のサイトを読まない文顯進の弟子たち(T_T)−神は泣いてる」 (5月6日)−コメント14「UCI対UC裁判の現状報告−やはり、仮差止め命令が下っていた!」 (5月11日)−コメント16 ざっとでいいからコメントにも目を通してくだされ。−小生の記事に関す [続きを読む]
  • 「イツモアリガトウゴザイマス」(*^_^*)
  • 身辺雑記(17) 恒例の近況&カンパ&過去記事の報告です。 前回の記事は「♪だから、君を忘れるよ・・・そういいながら、自分の影をなぐる・・・♪」 (昨年の12月29日)。あれから5ヶ月近くが経ったんですね。購読料的カンパは、Amazon、ゆうちょ、みずほを合わせ、53件でした。心からお礼申し上げます。高額カンパもあって、恐縮しています。振込差出名に「イツモアリガトウゴザイマス」というのがあって、心が温か [続きを読む]
  • UCI対UC裁判の現状報告−やはり、仮差止め命令が下っていた!
  • UCIvs教団(5)(注)できるだけ多くの人に読んでもらいたいため、18日までは更新しません。前回の記事の続き。暗在さんにお願いした「米国ワシントンDCコロンビア地方裁判所の記録(関連部分)」の翻訳を紹介する。  その前に、読者に注意を促しておきたいことがある。 パシセラ氏は<「米本」というジャーナリストの名前を入れて> で次のように書いていた。「私は裁判についてあれこれ書いて教えるべきでしょうか? [続きを読む]
  • 文顯進派は裁判のことを語らなければならない!
  • UCIvs教団(3)「(伝言板03-3)超最近聞こえてきたUCI裁判の現状」 (以下、投稿文と表記)が2017/04/09 21:41にアップされた。実に興味深いニュ−スだった。全文を引用する。(引用はじめ) 最近寄せられた便りによれば、昨年12月末、アメリカの裁判所では、ムンヒョンOを被告としたUCI裁判の修正命令文が出たそうだ。内容は、UCI財団と関連子会社が2010年まで日本教会から寄付として受け取った全ての資産を凍結し、特にGP [続きを読む]
  • 嘘つき徳野は桜田淳子に謝罪しなければならない。
  • 一筆一論(27)桜田さんの「一夜限りのコンサ−ト」の話題は前の記事で終わり、と思っていた。 しかし、goutさんの「けっぱれ桜田淳子さん」 を読んでいると、無性に腹が立ってきた。しつこいかもしれないけど、物を言わないと腹が膨れてしまうので。(引用はじめ) その芸能人が入信してるからといってその宗教団体に入信しようとするようなファンはほとんどいない。却ってマイナス効果を生むのである。桜田淳子のケースを [続きを読む]
  • 高偏差値妄想バカ集団
  • 一筆一論(26) 桜田淳子さんの「一夜限りのコンサート」で、久方ぶりに反統一&拉致監禁派がエキサイティングしましたね。しかし、中身は25年前のト−トロジ−。変化したのは歳を取ったことぐらいか(泣)。年輪は口の形の変形度。 マスコミ・テレビ大好きの紀藤さん、目を輝かせて、まるで“カルト”教祖みたい。コワッ! 今は2017年。それなのに25年前と同じことをしゃべるから、化石というしかなく、滑稽ですらある [続きを読む]
  • CARP解体?−嗚呼、また縮んでいく(*゚Q゚*)
  • 改革か自壊か(31)【縮む家庭連合シリ−ズ】「家庭連合が縮み出した・・・ 」 「サザエさんが笑ってる〜♪ 徳野さんが怯えてる〜♪」 「焼きが回った徳野英治さん(´・_・`) 」「リ−ダ−が小心なら、組織は確実に縮む(;_;) 」 CARP(原理研究会)が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に吸収されるという。 情報の出典は「(コラム-その16) 家庭連合へ提案する!!!」「3月に入って、日本CARP組織に大きな変化があった。これまで [続きを読む]
  • 食口考−遊び心がない−平静に思考できない人たち
  • 一筆一論(25) <明日は4月1日、えいぷりーるフールだ> 軽い気持ちで「緊急・重大ニュ−ス!韓総裁、後継者に徳野英治氏を指名! 」をアップした。「一瞬信じた、火の粉にやられた、クソッ。もう笑うっきゃない」 絶対笑ってくれると思った。 しかし、一般社会と違って、統一世界はそうではなかった。 これって、いったい何なの? つい考え込んでしまった。【エイプリルフール】エイプリルフール(英語: April Fools' Da [続きを読む]
  • リ−ダ−が小心なら、組織は確実に縮む(;_;)
  • 神山VS教団(13)「おどるポンポコリン」でちょっと楽しい気分になったけど、またくそリアリズム(´;ω;`)−櫻井節子シリ−ズ− 「櫻井節子夫人の手紙に対する本部の見解」 (12月16日)「櫻井手紙を評す(1)−12双夫人の“実体“は何なのか!? 」(12月20日)「櫻井手紙を評す(2)−12双夫人のインチキ言説を糺す!」 (1月4日)「櫻井手紙を評す(3)−78になっても「お花畑」(イメージ脳) 」( [続きを読む]
  • 緊急・重大ニュ−ス!韓総裁、後継者に徳野英治氏を指名!
  •  4月1日未明、韓国・清平の天宙清平修錬苑で緊急世界会議が開催され、全世界から3万人シックが参加。趙誠一世界本部長の開会宣言で始まった会議は、宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長の報告祈祷の後、記念映像「VISION2020勝利の総進軍」が15分にわたって上映された。 続いて韓鶴子総裁が入場され、柳慶錫・韓国家庭連合会長夫妻が花束を贈呈。韓総裁を中心に代表者が壇上に並び、“餅ケーキ”をカットした後、韓鶴子総裁が [続きを読む]
  • 焼きが回った徳野英治さん(´・_・`)
  • 鶴の絶対化路線(31)【焼きが回る】刃物に焼き入れをするときに、火が回りすぎて焼きが強すぎると、かえって切れ味が悪くなることから−年を取るなどして、思考力や腕前が鈍ることのたとえ。 ただし、徳野さんにもともと思考力があったのかどうかは不明です。CARPブロック長の反乱のことが話題になっている。「CARP北日本ブロック長の手紙」 「日本CARP中四国ブロック長の声明文」 [続きを読む]
  • サザエさんが笑ってる〜♪ 徳野さんが怯えてる〜♪
  • 鶴の絶対化路線(30) 口上〓論点・話題、てんこもり。そこんとこヨロシク!「情報提供」さんから、「UCI(いわゆる「郭グループ」)関連行事への不参加について 」と題する教団の公文が投稿欄に送られてきた。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-820.html#comment16262 実に面白かった。危機感を内包した公文のように思えた。長く公文に接してきたが、変な意味で新鮮な感じがした。以下は公文の全文。下線はあとで言 [続きを読む]
  • 「真の家庭のいろんな問題には触れない方がいいわよ」
  • 韓鶴子とSEX(11) 今回の記事は3月12日に脱稿したもの。前回の記事へのコメントはいずれも勉強になったが、その成果を生かせていない。悪しからず、である。 前回の記事<純潔問題を「低次元」とのたまう食口(泣)とその背後にいる「沈黙霊」> の末尾で、こう記した。「しかしながら、アイデンティティクライシスに陥ると直感し、自己防衛のため(注:鶴郭不倫に)反応しない、こういうシックたちは厚い岩盤のように [続きを読む]
  • 純潔問題を「低次元」とのたまう食口(泣)とその背後にいる「沈黙霊」
  • 韓鶴子とSEX(10)3か月前からの話題を再び。小生、家庭連合さんと違って、いい加減・適当・継続性ゼロ−ではないので。元食口で現サンクチュアリ教会員の澤田地平氏は、文鮮明教祖の妻と側近が「婚外交渉関係」にあったと暴露した。【当該記事】最下段の「関連記事」  暴露から数カ月、地平氏は教団からも郭錠煥陣営からも抗議を受けていないようだ。したがって、「関係」は事実とみなしてもいいだろう。 教団は婚外交渉 [続きを読む]
  • 徳野さん、押し入れから出ておいで〜
  • お笑い家庭連合(10) 動画が多いです。ポテトチップでも食べながら、どうぞ。 1982年に合同結婚式をあげた6000双の澤田地平さん。次から次へと話題を提供してくれる。といっても、家庭連合がトンチンカン、ダッチロ−ル対応だから話題になるだけ。 教会を辞めても外で仕事もできない人ばかりが職員として残るようになりつつあるのだから、しかたないか  でも、漫談みたいで笑えます。 ダッチロ−ル:飛行機が横揺れ [続きを読む]
  • 家庭連合が縮み出した・・・
  • 改革か自壊か(30) 前回の記事「家庭連合の石垣が崩れ始めた!」 で、次のように書いた。<では、郭炳憲さんの声明文から何が読み取れるのか。それは、タイトルの通り、「家庭連合の石垣が崩れ始めた!」ということである。このことは最近行われた「大きな人事」でも見て取ることができよう。次回、紹介する。求む!情報> 人事情報が少しづつ集まり出した。 今回の人事の特色は、小生が好きなゴシップ話を棚上げすれば、教 [続きを読む]
  • 家庭連合の石垣が崩れ始めた!
  • 鶴の絶対化路線(29) 前回の記事で、こんなことを書いた。「自分の頭で考えるようになったシックたちは、家庭連合(統一教会)を去っていく−文3派に、文7派に流出し、あるいは退会ないし退会状態になり、さらには脱会届けを出すことになる」 この一文は正しかった。な、なんと、石川教区・能登教会の教会長が家庭連合に決別宣言を出したのである。 すでに宣言はいくつかのブログで紹介されているので、それらを読んでもら [続きを読む]