コラムニスト・ひかり さん プロフィール

  •  
コラムニスト・ひかりさん: ホンネのOL“婚活”日記
ハンドル名コラムニスト・ひかり さん
ブログタイトルホンネのOL“婚活”日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/olhonne/
サイト紹介文All About 恋愛ガイドでもあるコラムニスト・ひかりの恋愛ブログ
自由文作家・コラムニスト・All About 恋愛ガイド。新刊『「大人女子」と「子供おばさん」』(新人物往来社)好評発売中!http://amba.to/RYGhxz
・ブログは月30万PVあります!「ホンネのOL“婚活”日記」http://ameblo.jp/olhonne/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/03/01 14:30

コラムニスト・ひかり さんのブログ記事

  • 「大人の愛し方」が出来る人ほど、深く愛される
  • All AboutのコラムをUPしました。 深く愛される「大人の愛し方」http://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/ 今回は、「大人の愛し方」について書いてみました。 ここではブログならではのことを。大人の愛し方の一番の特徴は、ある意味、「心の余裕がある」ってことなのかもしれません。 もちろん誰かを本気で好きになったら、いつでも初心者くらいの気持ちになるものですが、(恋は慣れるものではない)「相手を思いやれる余裕が [続きを読む]
  • 自分が変わらないと、結局、何も変わらない!
  • 昨日のブログの続きでもあるのですが、(今いる場所が「地獄」なら、まずは抜け出せ!http://ameblo.jp/olhonne/entry-12290813346.html) 地獄の環境から抜け出せても、そのあと「選択するもの」を誤ると、また新たな地獄が始まってしまうもの。 例えば、やっとDV男から逃げ出したのに、次に付き合う人も高圧的な男性だったり。 ブラック企業を辞めたと思ったら、さらにブラックな企業に再就職してしまったり。 結局、地獄から抜 [続きを読む]
  • 今いる場所が「地獄」なら、まずは抜け出せ!
  • 先日、ある人生相談の本を読んでいたら、「こんな地獄のような環境で生きているの?」みたいな話が続々とありました。 今いる場所が地獄なら、「今は、環境を変えられないから」なんて言い訳していないで、とにかく抜け出すことが大事! 抜け出して、自分を取り戻したときに、ようやく本当の解決策が見えることもあるから。 地獄の環境にいるときは、それが当たり前のようになってしまう。 だから、解決策が見つからないことも多 [続きを読む]
  • 「モテ・テクニック」でモテていると勘違いしていない?
  • よく巷では「モテ・テク」が色々とあります。 でも、小手先のテクニックで惹きつけられる相手は同じく、上っ面な魅力の人が多いものなんですよね。 そこに気付かないと、自分も何度も“残念な人”にひっかかってしまう。 やはり本当に中身のある男性が最後に選ぶ女性は、「器の大きな人」。 寛容で人を許すこともできる、愛情にあふれた人であることが多い。 逆に、ある程度、女性のことを知っている男性なら、彼女がモテテクを駆 [続きを読む]
  • その「男の査定」をする行為、バレていますよ…?
  • P・Hの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。「男の査定ばかりしていない?」〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 婚活をしている人に多く見られるのが、「相手を査定する行為」。 もちろん結婚を前提に考えているなら、相手の条件などは気になるところだけど、もっと気にしなくてはいけない、“根本的なこと”があると思うんですよね。 まずは、 [続きを読む]
  • 無理に“おひとりさま”を楽しまなくてもいい
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。 ・おひとりさまを満喫中!?(子供おばさん①②)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html 私もかなり色々なことをおひとりさまができるタイプではあるのですが、私の場合はどちらかと言うと、「体力があるとき」じゃないとおひとりさまは厳しいことが多々あります。 やはり吉牛とか男性が多い店に一人で入るときは、多少は人の目は気になるので、それ [続きを読む]
  • 大切な人とどうしてすれ違ってしまうのか?
  • All AboutのコラムをUPしました。 大切な人とすれ違っているときに気付いた方がいいことhttp://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/ お互いに相手を大切だと思っていても、すれ違ってしまうことはよくあることです。 今回は、どうして人はすれ違ってしまうのか?また、すれ違ったときはどうしたらいいのか?について書いてみました。 ◇自分は相手を傷つけるつもりはなくても、結果的に傷つけてしまうことはあるものです。逆に、自 [続きを読む]
  • 無理に恋愛する必要はない。けど、愛することは大切!
  • 恋愛を無理にする必要はないし、結婚はしなくてはいけないことではない。でも、愛すること=自分の内側に愛を増やすことは幸せに生きていくために大切なこと。 愛こそが「幸せ物質」であるから。 そして、何かを愛することで自分の内側に愛は増えていくものだから。 愛する対象は、恋人でなくてはいけない、なんてことはない。 家族でもいい。友達でもいい。ペットでもいい。好きな芸能人でもいい。 なにかをきちんと愛すること、 [続きを読む]
  • 子供おばさんは相手をコントロールしようとする
  • グラップスのコラムがUPされました。 子供おばさんは恋人の愛情を疑ってばかりいる/子供おばさんから大人女子になる方法http://w.grapps.me/author/hikari/ 子供おばさんは、恋人の愛情を疑ってばかりいます。そこで、不安になって、相手の愛情を測ったり、相手をコントロールしたりします。 そんなことをしてしまったら、ますます関係は悪化するでしょうね。 恋愛とは違うのですが・・・私が23歳の頃、よく母に束縛をされ、コ [続きを読む]
  • 愛と憎しみは紙一重…ではない!
  • 「愛と憎しみは紙一重」なんてよく言われるものですが、そこに本当の愛があれば、憎しみなんて沸かないんですよね。 本当に人を愛するというのは、「相手がHAPPYなら、自分もHAPPY」だから。 相手を苦しめたい、不幸にしたいなんて思わないはず。 では、「愛と憎しみは紙一重」の人は、相手を好きなのに、どうして苦しめたくなるのか? 自分がいないところで幸せになるなんて、許せないから。自分がいることで幸せになるならいいけ [続きを読む]
  • 当たる占いほど、気を付けた方がいいこと
  • 占いって、当たればいいのか?というと、そうとも言えないんですよね。 例えば、これからの人生においてAの道とBの道があるとして、当たる占い師に「Aがいい」と言われ、Aを選んだとしても、・自分でAかBか悩んだ末に(その間に色々な人に相談して意見をもらったり、関係者とすり合わせをしたりして)結果、Aを選ぶのと、・何も考えずに、占い師の言葉をうのみにしてAを選ぶのとでは、状況って随分、変わると思うんですよね。 「結 [続きを読む]
  • その被害妄想が恋を壊す!
  • P・Hの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。「20代コドモ女子が持っている悪いクセ」〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 被害妄想を持っている人って、人を疑ったりしてしまうことも多いので、関係や状況を壊してしまいがちです。 結局、自分の「思い」によって、自分の「言動」は変わるものなので、悪いことばかり考えている人って、さらに悪 [続きを読む]
  • 願い事を叶えるための、本当の秘訣とは?
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。 ・婚活女子の貪欲な七夕祭り(子供おばさん①②)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html 昨日は七夕でしたが、みなさんは、短冊にお願い事を書きました? 願い事を書くって、すごく大切な行為なんですよね。自分が今、叶えたいことがちゃんとはっきりするから。それで言うと、神社に参拝したときもそのときに叶えたいことを言うのも良いことだと思う [続きを読む]
  • 悲しい出来事を乗り越えるために一番やるべきこと
  • All AboutのコラムをUPしました。 愛する人との「死別」を通して、私たちが学ぶことhttps://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/今回は愛する人との「死別」に対して、じっくり書いてみました。 結局、映画やドラマでも、愛する人が死んだり、主人公が死んだりするストーリーは、人気になることが多いですが、それは愛する人の死、そして自分の死も必ず訪れることだからなんですよね。 だからこそ共感できるところもあるでしょうね [続きを読む]
  • 「隙がない」の「隙」って、実はこういうこと
  • 「隙がない」と言われる女性は多くいます。 では、その「隙」は何か?ですよね。 逆の立場から言えば、相手に「隙がない」と言う人って、一緒にいると、どんな思いをするから、そんなことを言うのか。 それは、「自分の思い通りになりそうにない」「自分を受け止めてくれそうにない」だと思うんです。 一緒にいても、相手のペースで何でも物事が進んでしまったり、自分のことを受け止めてくれない感じだと人は面白くないものです [続きを読む]
  • 最近、好きな人に告白しました?
  • 先日「メアリと魔女の花」を観ました(7/8公開。試写にて) スタジオジブリ出身の人たちが多く集まっているスタジオポノックによるアニメーション映画です。今回は「子どもたちに楽しんでもらいたい」という思いがあるようで、子どもでも分かりやすくて、ワクワクするストーリーになっています。スタジオジブリの作品は、どちらかというと、メッセージ性が強く、子どもも楽しめるけど、大人が見たら、より深い味わいになるところ [続きを読む]
  • 関係は「育てていく」もの
  • 気の合う人としか付き合わない、というのは、ある意味、間違いではないけど、もともとは気が合う人と合わなくなったとき、どうするのか?によって、その人の人生の豊かさは変わってくるかもしれません。 ◇その人の根本的な性格のいい部分は失われていない上で、たまたまお互い、もしくはどちらかが、今、調子のよくない時期で意見や思いがすれ違ってしまう場合は、一旦、距離を空けつつも、またタイミングを見て歩み寄ることも大 [続きを読む]
  • イイ男と付き合うために、一番大事なことって?
  • P・Hの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。「自分が変わると恋も変わる!」〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 「いい人に出会えない」なんて言っている独身者はたくさんいるものですが、結局、恋愛も友達も「類は友を呼ぶ」ものなんですよね。 だから、意外と「いい人がいない」なんて言っている人の中には、自分も“上っ面の魅力”しか分か [続きを読む]
  • SNSの書き込みは、自分のことだけでは済まない事も…
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。 ・SNSの残念な使い方((子供おばさん①②)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html  SNSに日常にあったことを何でも報告を書く人はいますが、それによって、人に迷惑をかけてしまうこともあるものです。 私自身は、正直言うと、普段、自分がどこで何をしているか?なんてことは、知られたくないタイプなので、(他の人も興味がないだろうし!・苦笑 [続きを読む]
  • “思わせぶり男子”にひっかかっていない?
  • All AboutのコラムをUPしました。女性を振り回す“思わせぶり男子”の見抜き方http://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/今回は、“思わせぶり男子”について書いてみました。読者さんからのお悩み相談でも多いのが、「何度もデートしているのに、関係が進展しません」という内容。その場合の多くは、相手が、“思わせぶり男子”なんですよね…。もちろん、単なる“自信のない男子”である場合もあるので、今回は、どうしたら相手 [続きを読む]
  • 女がつくのに一番難しい嘘は?
  • 先日、藤木直人さん、仲間由紀恵さんがW主演の「g@me.」を観ました。 g@me. Amazon狂言誘拐を仕組んだ男女の恋の行方を描いたラブ・サスペンスです。 2003年の映画なのですが、色あせない面白さがありました。というか、藤木さん、今も変わらずカッコイイので、スゴイですよね。 仲間さんも、この映画では今とはまた違う色気があって、綺麗でした。 原作は東野圭吾さんの小説で、タイトルの通り、騙し合いの話です。 途中まで、イ [続きを読む]
  • 幸せぶる“ニセ幸せ者”になっていない?
  • グラップスのコラムがUPされました。 子供おばさんに「ニセ幸せ者」は多い/子供おばさんから大人女子になる方法http://w.grapps.me/author/hikari/ 最近SNSを見て、不特定多数の人に対して、幸せアピールをしている人を見ると実は、違和感を覚えます。 「どうしてこんなに人に羨ましがられたい人が増えてしまったのだろう?」って思うんですよね。 もちろん結婚などの「報告」は別ですよ? また、プライベートをさらすのも仕事であ [続きを読む]
  • 不幸から抜け出すには、「自分の弱さ」を受け止めることも大切
  • 滝沢秀明さん主演の映画「こどもつかい」を観ました。 監督は、映画「呪怨」シリーズの清水崇氏で、滝沢さん扮する「こどもつかい」が、子供たちの霊を操って、虐待など、子供に悪いことをする大人の命を奪うお話なんです。 ホラーでありながら、幼児虐待を扱った映画なので、どこか悪のほうにも共感してしまう、そんなお話でした。 ◇幼児虐待のニュースって、後を絶たないですよね。 女性の方に子供がいて、新たな男性が現れ、 [続きを読む]