コラムニスト・ひかり さん プロフィール

  •  
コラムニスト・ひかりさん: ホンネのOL“婚活”日記
ハンドル名コラムニスト・ひかり さん
ブログタイトルホンネのOL“婚活”日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/olhonne/
サイト紹介文All About 恋愛ガイドでもあるコラムニスト・ひかりの恋愛ブログ
自由文作家・コラムニスト・All About 恋愛ガイド。新刊『「大人女子」と「子供おばさん」』(新人物往来社)好評発売中!http://amba.to/RYGhxz
・ブログは月30万PVあります!「ホンネのOL“婚活”日記」http://ameblo.jp/olhonne/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/03/01 14:30

コラムニスト・ひかり さんのブログ記事

  • 「結婚しないの?」なんて言われたときは、大人の対応を!
  • All AboutのコラムをUPしました。 「結婚しないの?」の言葉に傷つかない方法https://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/ 「結婚しないの?」なんてデリカシーのないことを言う人は意外といるものですが、そんなときこそ、自分の「大人度」が問われるものです。 聞き流せるのか、どうか・・・。 とりあえず、今回は、表向きは言われた側の人向けに書いてはいますが、そんなことを言う残念な人に対しても書い [続きを読む]
  • 今は世知辛い状況にいても、必ず光はある!
  • 映画「さよなら歌舞伎町」を観ました。 さよなら歌舞伎町 Amazon 歌舞伎町にあるラブホテルを舞台に、ワケありの人たちを描いた作品なのですが、最後の方になると、登場人物みんなを応援したくなるような、そんなほっこりする作品でもありました。 とはいえ、R15のオトナの映画なので、エロいシーンも色々とありますし、歌舞伎町ならではの世知辛さも描かれています。 それでも、最後は、どこか温かい気 [続きを読む]
  • 「自分の居場所が分からない」人が気付くべきこと
  • 先日、あるトップアイドルの男性をインタビュー取材しました。 その彼が、こういうことをおっしゃったんです。「仕事は、自分のためにやる、というのはもうないですね。若いうちは、我欲で頑張ることがあってもいいと思うんです。むしろそれを経ることで、人のためになにかできたら、と思うようになってくるものなんですよね」 また同じ時期に、主演をすることが多い人気の女優さんを取材したら、彼女はこういうことをお [続きを読む]
  • 病気になることも、人生にとって意味がある
  • (今日はスピリチュアルな話なので、苦手な人はスルーしてください) 先日、こういった本を読みました。 人生のしくみ 夢はかならず実現する Amazon スピリチュアルな能力を持つ精神科医の先生の本です。 スピリチュアルな思想を持つ人にとってはへぇ!と思う内容ですし、そうでない人も、夢物語として読んでみるといいかもしれません。 超智先生は、こういうことをおっしゃっています。「いま体験 [続きを読む]
  • 熟年結婚ができる秘訣とは?
  • 阿川佐和子さんが63歳にして、ご結婚されましたね。 独身女性としてはいくつになっても結婚できる可能性はあるんだ!と励みになるものですよね。 芸能界では他にも、桃井かおりさんが63歳で、夏木マリさんが58歳のときにご結婚されています。 特に熟年になってからの恋愛って、やはり男女の魅力を超えた、「人として好きなところ」がないと難しいところがあると思うんです。 そういう面では、阿川さんと桃井か [続きを読む]
  • 「オトナの恋愛」と「コドモの恋愛」の違い
  • P・Hの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。好きだから、全てを受け止めたい!〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 若い頃の恋愛は、相手の過去の恋愛遍歴についても全て聞いたりしたものです。 それは、ある意味、相手の全て所有したいという思いがあったからなんですよね。 でも、大人になればなるほど、人が人を所有するなん [続きを読む]
  • 彼が浮気をしたら、どうする?
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。浮気性の彼の対処法(子供おばさん①②)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html 今回は、「浮気」をテーマに描いてみました。 信じている相手に浮気をされたらショックですよね・・・。 私の知り合いには、奥さんに浮気をされ、離婚をし、EDになってしまった男性というのもいます。 やっている本人はそこまで深く考えていないかも [続きを読む]
  • 関わったら不幸になる男性は、コレ!
  • All AboutのコラムがUPされました。 関わったらダメな男性の3大特徴は?https://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/ 今回は、ダメ男について書きました。 現代で意外と多いのは、今回挙げた「逃げる男」かもしれません。 ネットが普及し、メールで連絡を取り合うことが増えているからこそ、簡単に音信不通にすることもできますしね。 私からしてみたら、男のクセに逃げるなんて、弱っちい!と思ってしま [続きを読む]
  • 「苦労から物事を学ぼう」という思い癖を直しませんか?
  • (今日はスピリチュアルな話です。苦手な人はスルーしてください) 私たちは生まれてくる前に今回の命でなにを学び、成長するのかという「人生設計」をある程度、決めてきていると言われています。 「苦労から物事を学ぶべきなんだ」と思い込んでしまっている人にはやはり苦労の多い出来事が降りかかってくることって多いと思うんです。 物事を学ぶのに、苦労が必要不可欠なわけではありません。 例えば人格形 [続きを読む]
  • 「幸せ過ぎて怖い」と思う人が知っておいた方がいいこと
  • グラップスのコラムがUPされました。 子供おばさんは、自分が幸せになると怖くなる/子供おばさんから大人女子になる方法http://w.grapps.me/author/hikari/ 「よく幸せ過ぎて怖い」なんて言葉を聞きますが、実際は怖がる必要なんてありません。 幸せになることを怖がる人は、心のどこかで「自分は幸せにならないに決まっている」「この世界は辛いことばかりに決まっている」と思い込んでしまっているところがある [続きを読む]
  • 子どもを産む人生、産まない人生にも意味がある
  • 先日、この本を読み返しました。 魂の処方箋 Amazon スピリチュアルの能力を持つ精神科医とスピリチュアルの思想を持つ産科医による対談本なんです。 産科医の先生との対談ということで、赤ちゃんが生まれる奇跡、体内にいるときの記憶なども色々と紹介されているので、これから赤ちゃんを産む人はもちろんのこと、自分と親との関係性をスピリチュアル的な視点から見たい人にもすごくオススメの本です。 [続きを読む]
  • 他人のことは、そう簡単には変えられない!
  • P・Hの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。 彼を理想的に変える方法!?〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 「自分の理想に相手を変えよう」とか「浮気癖のある彼を改心させよう」なんて、思いがちですが、自分以外の人間を変えることなど、そう簡単にできるものではありません。 特に相手の「欲望に負けてしまう性格」から来 [続きを読む]
  • 自分は不幸だと思い込んでいない?
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。 ・私、不幸なんです!(子供おばさん①②)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html 自分を不幸だと思っている人って幸せの基準が高いこともあるんですよね。 自分よりも恵まれている人を基準にしてその人と比べて私は不幸だ、と思っていたとしても、実際は、普通の生活を送れていたり。 今ある幸せを当たり前だと思いすぎている [続きを読む]
  • これは買ってよかった!というもの
  • 今日は久々に、最近、これは買ってよかった!というものを紹介します。 ■液体歯磨き・ビュオーラ薬用ピュオーラ ナノブライト液体ハミガキ400ml [医薬部外品] Amazon個人差はあると思うのですが、これを使ってから歯医者さんに歯茎の状態など褒められるようになりました。 一度、これですすいだ後、ブラッシングをする感じです。 泡立たない分、磨きやすいし、刺激もなく、味もいいので、使いやすいですよ。& [続きを読む]
  • 人それぞれに人生のテーマはある。そこに他人は関与できない
  • 人それぞれに“人生のテーマ”はある。 学ぶためにこの世界に生まれてきたのだから、当然といっては当然かもしれません。 それは自分の課題だからこそ、他人がどうこうすることはできないことも多々あるんですよね。 自分で自分の弱さに闘ったり、学んだりしなくてはいけないものだから。 ◇よく愛する人がそのテーマで苦しんでいる時、むやみやたらに手を貸そうとする人もいる。 でも、それは相手への愛 [続きを読む]
  • 運がいい人が持っている考え方って?
  • 運がいい人って、自分が幸せになることを疑っていない人だと思うんです。 だから、例えツイていないことがあっても、「今、起こっていることは、結果的に良くなることだから、起こっているのだ」と思って、前向きに動けるんですよね。 結局、物事そのものには、良い、悪いって、そこまでなくて、そのときの対応によって、随分、意味合いは変わってくるもの。 挫折であっても、そのきっかけで、気持ちを改めて頑張っ [続きを読む]
  • 世の中の流れが変わってきているかもしれない。
  • 今日は、スピリチュアルな話なので、苦手な人はスルーしてください。 ふと思うんです。世の中の流れが変わってきているなって。 今まで隠されていた悪事は段々明るみに出る流れになってきているような気がします。 有名人に限らず、一般の私たちの世界でも。 ある意味、週刊誌などはそういう役割を担っているのかもしれない、とも思うのですが、明るみにしなくていい情報まで利益追求のために流そうとすると、 [続きを読む]
  • 自分らしさを失うと、人は壊れる!
  • PHの連載「20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛」の漫画がUPされました。 婚活では、本当の自分で勝負している?〜20代コドモ女子・アイコの痛い恋愛〜https://point-house.jp/writer.html/?writer_id=105 今回は、ついつい婚活で演じ過ぎてしまうユウカを描いていみました。 もちろん「“ありのままの私”を受け止めて!」と言ったところで、受け止めてくれる人は稀です。 でも、演じ過ぎて、自分らしさを失っ [続きを読む]
  • このゴールデンウィーク中に、婚活した?
  • 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」をUPしました。 ・婚活女子のゴールデンウィーク(子供おばさん①)http://ameblo.jp/kodomoobasan/themeentrylist-10089746532.html 最近の婚活イベントって、ユニークなものが増えているんですね。 登山婚活、ペットと戯れる婚活、ラーメン婚活、仮面婚活…GWに婚活したら、別の意味で楽しめそうですよね(笑)。 普段、仕事で忙しい人も、結婚を本気で考えているのであ [続きを読む]
  • 「いつか結婚する」の「いつか」はいつ?
  • All AboutのコラムがUPされました。 「いつか結婚する」と思っている人が気付くべきことhttp://allabout.co.jp/gm/gp/866/library/ 多くの独身者が思っていることのNo1と言えば、「いつか結婚する」でしょう。 そして、何も行動を起こさないまま、いつか運命の人に出会えるはずと思い込んでいたら、本当に出会えないかもしれません。 だって、その運命の人だって、「いつか会えるはず」なんて思って何の行動 [続きを読む]
  • 幸せになることを、実は恐れていない?
  • 幸せになることを恐れている人は、意外といるもの。 よく「幸せ過ぎて怖い!」(=その後、悪いことが起きそうだから)と言う人がいますが、その典型かもしれません。 では、幸せになったら、どうしたらいいのか? 幸せになったら、それだけ心の余裕がある分、人のことを幸せにすればいい、と思うのです。 そうしたら、自分だけではなく、周りの人も幸せになるから! 人を幸せにするために、なにも特別な [続きを読む]
  • “幸せの形”を決めつけていない?
  • グラップスのコラムがUPされました。 子供おばさんは、自分の“幸せの形”を決めつける/子供おばさんから大人女子になる方法http://w.grapps.me/author/hikari/ 夢を持つことは大切ですが、それを叶えられないと幸せになれないと思うのは違います。 私も年を重ね、色々な夢を破れては、新たな夢を持ったり、つかんだりしているところもあるので、いい意味で、「人生って、分からないものだなぁ」なんて思うものです [続きを読む]
  • 相手の立場に立てない時は、自分が同じ立場になることがある
  • 人は、色々な経験を通して、人の痛みを分かるようになっている。 この世界って、修行だなぁと思うのが、その痛みが分からないときは、自分が同じ経験をするようになっていることも多いのかもなぁなんて思うのです。 それも、大きな視点で見れば(神様の視点で見れば)それも貴重な経験であり、学びである、と。 だからこそ、同じような経験をしたくなければ、そういった痛みを感じている人に対して手を差し伸べられ [続きを読む]