にいる さん プロフィール

  •  
にいるさん: にいるのブログ
ハンドル名にいる さん
ブログタイトルにいるのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/skuid-vision/
サイト紹介文なにげないことをぽちぽちと書いてます。アニメや特撮ヒーローが好きで、そんなことも・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/03/02 04:18

にいる さんのブログ記事

  • 真夏の舞台のYOU&ME 24
  • 24 ヒミコVS滝 二人の間を、夏の風が通り抜けた。 「私がヒミコよ」 快活で勝手気ままで、勝ち気な悪役キャラ。 それを演じているのが涼子。 「ほ、ほんと、なの?」 「─はい。騙すつもりはありませんでした。でも、言えなかった。多分、理由はあなたと同じです」 そんな自分を恥じた。 確かに最初は恥ずかしかった。 だが、次第に、この仕事が楽しくなった。 できるようになり始め、自信がついた。 誇りに [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 23
  • 23 涼子VSキタキュウマン 翌日の夜。 福岡市内、大濠公園。 福岡でも屈指の広さを誇る公園の一角。 この夏最大のヒーローフェスを明日に控え、すでに組まれた野外ステージと観客エリアを囲むように露店が並ぶ。 だが、夜も9時をすぎるとスタッフもいなくなり、時折、散歩や帰宅途中のサラリーマンくらいしかいない。 「・・・って、誰もいねぇって、どーゆーこと?」 約束の場所に約束の時間に約束のスタイルでやって [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 22
  • 22 本領発揮 某組織による、LINEを使った会話である。 エビマン 「眠り姫が目を覚ました」 ヤバイ仮面 「了解。ではプランは予定どおり、次はおとぼけ王子を我らのフィールドに誘い出せ」 エビマン 「了解」 柏木 「了解」 メイド執事 「了解でございます」 カラミー 「了解」 直後、ツイッターの悪の秘密結社公式アカウントにこのようなツイートが載せられた。 『この夏休み最大のイベントの前夜祭、悪 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 21
  • 21 涼子、立つ。 滝さんから何度も電話があった。 メールも来てる。 目は通したが、返事する気にはなれない。 電話も出る気がしない。 彼はキタキュウマンだから。 昨日、「悪の秘密結社」には辞めたいことを伝えた。 「え、どうして?やっと慣れてきたとこなのに。みんな、ヒミコちゃんを待ってるんだよ?」 エビマン課長はそう言ってくれて嬉しかったが、それ以上にキタキュウマンと一緒に仕事をするツラさが重 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 20
  • 20 拒絶 なんでだろ。 なんで電話に出ないんだろ。 メールを送っても返事がない。 どうしたんだろ。 28歳はおじさんなんだろうか。 やっぱダメだったんだろうか。 滝は混乱していた。 前回のイベント終了後に、涼子を会う約束をしていたのに、待ち合わせの場所に、待ち合わせの時間になっても、 涼子は来なかった。 からかわれていたんだろうか。 いや、違う。 彼女はそんな子じゃない。 「おい、キタキュウ [続きを読む]
  • 食品表示検定、合否はいかに。
  • こんにちわ。 受かりました。 食品表示検定は、まだできたばかりの資格です。 食品の裏面に記載されていることが、何を意味するのか、 スーパーやコンビニで売ってる食品が、 正しく表示されているか、とか。 法に則った表示になっているかとかを見る資格です。 「食品表示診断士」という肩書がもらえちゃいます・ 受かれば、の話ですが。実は半年前に初級を受けて、落ちるという、恥ずい結果に。 食品関連に勤めている人は、初級 [続きを読む]
  • ハナが逝きました。
  • 昨日、お昼ちょっと前に、 母からのメール。 おれは仕事中だった。 「はながしにました」 うちに来て、ほぼ20年。 最後はやせ細り、歩くのもやっと。 それでも頑張ってくれました。 小さなころは、どこの家の猫も同じようにやんちゃ。 高いところに登っては、降りられずに鳴き続ける。 小さなころから、おれの肩に乗せてたので、 大きくなってからも、抱っこすると、 「ここがいい」 って感じで肩に乗る。 でも、残念なことに、後 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 19
  • 19 作戦司令室(社長室) 福岡市某所にある悪の秘密結社。 雑居ビルのワンフロアを占め、その一番奥にあるのが作戦司令室だった。 幹部たちが集まり、この異常事態をどう乗り切るかを話し合っていた。 「公演もあと一回なのに、もう出たくないって、涼子ちゃん」 柏木は電子タバコをふかせながら、ため息をついた。 「初恋の人が一番キライな人だったってくらいで、バイトやめますか、普通」 課長エビマンは大好き [続きを読む]
  • ビーズ買って、テレビの修理。
  • こんにちわ。 スクエアステッチ用のビーズです。 広島県民ならトーホービーズとしたいところでしたが、 行ったショップにはトーホーが少なくて、希望のカラーがありませんでした。 でも、今日この日を逃すと、当分買いに行けないので、 強引に買う。 チェコビーズ。 もうね、買い直しです。 トーホービーズのグラスビーズとチェコビーズは若干、大きさが違うです。 その若干が形を崩すことになるので、 今回作る作品はすべてチェコ [続きを読む]
  • いやちょっと待った・・・!
  • こんにちわ。 明日、待ちに待ったビーズを買いに行く予定にしていたんですが。 いや、行きますよ?もちろん。 スクエアステッチ用のビーズ。 色はホワイトとシルバー。 これでやっと編める。 と、今日、昼、仕事しながら明日のこと考えててニヤニヤしてたんですけどね。 ふと気がついた。 スクエアステッチなら、グラスビーズでもよくね? ペヨーテはレンガ積みのように編んでいくので、形が丸いグラスビーズだと よれてしまい、ど [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 18
  • 18 真実 告白してからというもの、涼子の世界は一変した。 見るものすべてが色鮮やかになった。 不安がないわけでははい。 こんな子供を、滝が本気で付き合おうって言ってくれた事実が、 夢のようだった。 そして、もっとも言わなければならないことがあることも事実だった。 「・・・言わないと」 隠しているつもりはなかったが、言えないことがあるというものは苦しいものだということを、初めて知った。 今日 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 17
  • 17 告白 「どうかしたの?」 イベントが終わって、撤収作業も終わり、涼子は滝と会っていた。 「あ、いや。今日、イヤなことがあって」 「アルバイトで?」 「・・・はい」 滝と会える時間はそんなに長くはない。 せいぜい1時間がいいところだ。 その貴重な時間なのに、涼子はぼうっとしていた。 キタキュウマンの言葉が忘れなれない。 それと同時に、キタキュウマンに可哀相と言われてしまった滝さんに申し訳 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 16
  • 16 イジワルな人 今日から少しだけ、進行の内容が変わった。 「フリーを入れよう。録音での進行を少し端折って、空いた時間にフリートークだ」 ヤバイ仮面社長からそう言われたのが、2日前のことだった。 午前の部は裏方の無線でのサポートもあり、なんとかクリアした。 キタキュウマンとも接することもなく、他のローカルヒーローたちが盛り上げてくれた。 そして午後の部。 それはいきなりのことだった。 「じ [続きを読む]
  • 初ペヨーテです。
  • こんにちわ。 ちょっと試しに編んでみました。このぎっちり感、いいわあぁ。 プラモ作ってるみたいです。 ぱきっとハマるって感じ。 でね、これってどうやって目を増やすんだろって思ってた。 外側を増やすのは簡単なんだけど、 内側を増やすには、この編み方はちょっとむずかしくね? なんて思ったら、 やっぱりそうみたいでした。 中で目を増やすにはペヨーテではなく、「スクエアステッチ」というテクがいいみたいです。 なんと [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 15
  • 15 初恋 「ただいま〜」 「おかえり、今日も遅かったのね。夏休みだからってバイトばかりで大丈夫なの?」 「うん。バイトがない時にきちんと勉強してるから、心配しないで、お母さん」 涼子は今日もイベントで遅くなった。 いや、その後の滝とのささやかな時間のために帰宅が遅くなっている。 「お父さんも心配してるわよ。高校生がこんな時間までなにやってるんだって」 「怒ってる、かな」 「怒ってはないけど [続きを読む]
  • 買ってきました。
  • こんにちわ。 今日は母と広島市内へと買い物に行ってきました。 雨が降るからと、屋外作業の副業はお休みになったのですが、 日中、雨なんてちっとも降りませんでしたけどね。(`・ω・´) てかさ、雨降ったくらいで作業やめんなっての。 ま、全ては予報に則っての安全策なのでしょうがないですけど。 さて、どうせ市内に行くならと早速買ってきました。 ビーズステッチの本と材料。ちなみにペヨーテはまだ未経験ですが、針と糸は [続きを読む]
  • ヤバイ仮面様のお顔 ⑬
  • こんにちわ。 久々のビーズネタ(!)です。 食品表示検定の試験も終わって、 なんか、魂抜けたみたいになってたんですが、(´・ω・`)モエツキタ あ、ビーズやんないと。 あ、ガンプラ作らないと。 と、おれの根幹をなす趣味をすっかり忘れていたりする。 で、再開したんですが、 どうもね、 限界ですわ。 とりあえず、画像、どうぞ。今回は額のラインと、その上部分を編んで、外周を一旦引き締めるというテクでやってみました。 この [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 14
  • 14 今時ではない女子高生 事務所での仕事も慣れ、涼子はひと仕事終えて、コーヒーを飲んでいた。 「ほら、涼子ちゃん、社長のツイッターのアカウント、ヒミコのことで盛り上がってるよ」 教えてくれたのは、課長のエビマンだった。 ヤバイ仮面社長もそうだが、このエビマンも仕事中にマスクを取らない。 暑くないんだろうか。 「ヒミコかわいい!とか、また会いたいとか」 涼子はパソコン画面上をスクロールされてい [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 13
  • 13 逢瀬 これを「逢瀬」というのはいささかなりとも、お互いが若いだろう。 涼子と滝の出会いは3度目を迎えていた。 滝は自分の仕事を営業職だと言っていた。 「あ、あの、滝さんって、どのようなお仕事されてるんですか?」 「あぁ、営業職だよ。あちこち行って、福岡、特に北九州の名産なんかを紹介したり売ったりするんだ。(滝の心の中─キタキュウマンって言ったら、ドン引きしそうな子だもんなぁ)」 「福岡以 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 12
  • 12 再会 イベントが終了して撤収作業も終わり、涼子はやっとメイクを落とした。 (撤収作業中もプロフ非公開の涼子はメイクが落とせない) 控室に戻って、メイクを落とし、誰にも会わないように会場をあとにした。 そのあと、悪の秘密結社の構成員(社員)ともすれ違ったが、すでに指示が徹底され、完全に部外者扱いとなった。 「ふう、なんか、楽しかったな」 終わってみればそう思える。 夏休み限定のキャラ。 イ [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 11
  • 11 ダイジェスト 舞台は無事、終了した。 午前と午後、2ステージは夏休み中もあって、小さな子供からローカルヒーローのファンである大人たちがひしめき、涼子は初めてやりとげた感動を得た。 「いやぁ、涼子くん、いいよ〜。ネットでももう話題になってるよ〜。あの女性幹部は誰?めちゃかわいすぎる!!とか」 ヤバイ仮面は終始ご満悦だった。 涼子自身はもう無我夢中だった。 セリフ無しの演技のみとは言え、流れる [続きを読む]
  • 真夏の舞台のUOU&ME 10
  • 10 初舞台直前 とうとうこの日がやってきてしまった。 涼子は震える手をギュッと握った。 「大丈夫だ、今日は演技だけだから、それだけなら今まで通りの稽古でできてるだろう?あとは無線で君をフォローするから」 今日の舞台は予めセリフだけを録音しておいたものだ。 舞台の進行には大きく分けて2つある。 一つはセリフだけを事前に録音したものに、舞台で声を出さず演技だけをするもの。 もう一つは仮面の中に仕 [続きを読む]
  • 真夏の舞台のYOU&ME 9
  • 9 滝 夕樹 涼子が出演するイベントまであと3日となったある夏休みの日。 前回、イベント会場での本番さながらの練習でも浮き彫りになった課題がいくつかあった。 それを解消するために、次回のイベントまでは他の仕事よりも舞台稽古を最優先にさせてもらってはいるが・・・。 結構しんどい。 もともとインドア派の涼子がいきなりの肉体労働。 そりゃ体力も消耗するというものだ。 今日も朝9時から昼過ぎの15時ま [続きを読む]