ぶらちこ さん プロフィール

  •  
ぶらちこさん: 同居はツライよ
ハンドル名ぶらちこ さん
ブログタイトル同居はツライよ
ブログURLhttp://blacky15.blog8.fc2.com/
サイト紹介文田舎で農家で長男で 結婚と同時にSTARTした夫実家での完全同居生活も早13年 闘う嫁の奮戦記!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/03/02 11:01

ぶらちこ さんのブログ記事

  • 我が家の国際化
  •  近代化に続き、我が家には国際化のウェーブもやってきております! とある国際交流事業に参加し、カナダからの留学生のホストファミリーを2度体験しました。 留学生とのコミュニケーションは同じく交換留学生として事業に参加している兄ちゃんがメインで、英語など遠い昔に忘れた私は生活のサポート程度だろう…と思っていたのですが、実際受け入れてみたら兄ちゃん以上にガッツリ絡むことになってしまい、日々の会話から観光 [続きを読む]
  • 我が家の近代化
  •  封建時代の思考回路で生きている義母さん擁する我が家ですが、ここ数年で飛躍的に近代化を遂げているものがあります。  それは家電。 以前の記事に冷蔵庫が欲しい、洗濯機が欲しいと書いたことがありましたが、二つとも新しいのを買いました!  しかもそれだけじゃないんです。  食器洗浄乾燥機(据え置きタイプ)も買ったし、二階にエアコンも付けたし、極めつけはプロパンガスをやめてエコキュートとIHコンロを導入し、オ [続きを読む]
  • 不思議な人
  •  恒例の義母さん電話ネタ。(もはやカテゴリー化した方が良い気がしてきた)(恐らく義姉さんに電話を掛けて、向こうが出た瞬間)「あんだ! 〇〇さ行ぐの、なじょなぐなってんのっしゃや!?」 開口一番、攻めるような口調でまくしたててしゃべり始めた義母さん。 〇〇とは県内の某観光地。「〇〇さ行ぐって話、はっぱす言ってこねぇで! なじょなぐなってんだがや!」 どうしたんだろな〜と聞いていると、どうやら義姉さん [続きを読む]
  • やっぱり仲良くなれない
  •  ずっと前の記事に義母さんは悪意のない嫌味を言う天才だと書いたことがあります。 (遡って探したら7年前の記事『義母さんは天才』) 非凡なる天才は月日を経ても変わることなく健在です。 夏休みの朝、子供たちはラジオ体操に参加します。 去年までは私が起こさないと遅刻・もしくは平気で参加しないぐーたらな子供たちでしたが、今年は成長がみられ、自分たちで起きて身支度整えて皆勤賞で参加しています。ラジオ体操より [続きを読む]
  • スタンプの芸
  •  携帯アプリのLINE便利ですよね。 私がガラケーからスマホに替えて4年。使い始めからしばらくはLINEを使うことを頑なに拒んできました。 既読無視とかブロックとかグループとか、そういう些細な面倒ごとに巻き込まれる可能性は少しでも減らしたいなーと思って。 でも世の中の流れはそうはいかなくて、学校やスポ少関係の連絡手段のメインがLINEだったりして、渋々ダウンロードしたんです。 今のところ、とても快適に使えてい [続きを読む]
  • 姐さん、それはダメデショ
  •  義母さんに対しては色々我慢できない嫁ですが、賞味期限に関してはかなり寛容です。 賞味期限=美味しく食べる事を保証された期限 なので、記載の日を過ぎたからって食べられなくわけじゃない(保存状態にもよりますけど)という考えの元、信じるのは自分の舌のみ。  几帳面な方には受け入れられない考え方だろうという自覚はあります。だから他人には強要しません。いつか姑になった時、我が家の冷蔵庫の中をみたお嫁さんが [続きを読む]
  • 野次馬を促す祖母
  •  とある休日。遅めの朝食と家事が済んで一息吐こうかと思っていた時、ご近所で大きな火事がありました。 けたたましいサイレンの音や人のざわめきが聞こえ始めて、家の窓から見た時にはすでに真っ黒い煙が上がって、焼け飛んできた煤まで舞っていました。 火元は我が家から2軒先の道路を曲がった少し先の家なのですが、直線距離だと200mくらい。火の勢いがすごすぎて、煙が目の前に迫っているように錯覚するほどです。 当然 [続きを読む]
  • 辛くとても重い過去話
  •  3年前の夏のことです。 早朝から仔猫のか細い鳴き声が聞こえてきました。 どこから聞こえてくるのか分からず、でも早朝になると特によく聞こえてきます。 声を認識して2日目の朝、兄ちゃんが我が家の道路向かいの竹林に一匹でいたその仔猫を見つけ、抱っこして玄関前に連れてきてしまいました。 私の実家で猫を複数匹飼っていることもあり、子供たちは猫が好きです。ずっと鳴き続ける姿に放っておけなかったのでしょう。  [続きを読む]
  • 嫁、現実逃避する
  •  最近、義母さんの事、子供たちの事でイライラが積もりに積もっています。 子育てに専念するためと、私自身の体調不良により専業主婦を続けている私。 だから家の事(家事、学校・町内会関係、習い事等)を一手に請け負うのが私の仕事だと解ってはいます。 家族のためにと思って日々頑張っている(つもり)にも関わらず、自分の事は何一つ自分で始末もできない事を棚にあげ、私の事ばかりあーだこーだと文句をつけてくる奴らに精 [続きを読む]
  • とりあえずなにか小言でも言わないと気が済まないんでしょ?
  •  我が家は和風な造りの家屋です。 一階は襖を開放すると茶の間を含めて和室が3間続く間取りになっていて、縁側もあります。当然というべきか障子もあります。 この障子が全部で8枚あるんですけど、雪見障子になっていて張り替えるのがすっごく面倒なのです。 とてもじゃないけれど毎年なんて張り替えられません。修復不能なほど破れた時か、色褪せて貧乏臭くなってきたタイミングでしか替えません。 私がこの家に来て早10数 [続きを読む]
  • とてつもなくモヤモヤ
  •  先月、ゆーさんに夏期賞与が支給されました。 我が家ではボーナス(の明細)や子供たちが通信票を貰って来た時には、まずは仏壇に一晩供える?という習慣があります。 そして月々のお小遣いとは別に、ボーナス時にはゆーさんと私、そして義母さんの大人組にボーナスを出すのも慣例となっています。 私が働いていた頃は子守をお願いしていたこともあって「いつもありがとうございます」という感謝の気持ちを込めてでもあったの [続きを読む]
  • 同窓会 お迎え車中編
  •  その日、私は義母さんのお迎え以外にも夕方から車で出かける用事がありました。 その場所は駐車場が狭いので、運転が決して巧くない私は大きなミニバンではなく軽自動車で行きたいと考えていたのです。 しかし朝の忙しさにゆーさんにそのことを伝えるのを忘れてしまい、いつも通りゆーさんが軽で出勤してしまいました。  予定外のミニバンで義母さんもお迎えに行くことになった私。 COCO'Sの駐車場に入るとちょうど同窓会メン [続きを読む]
  • 同窓会 お迎え編
  •  お迎えに来てくれたさっちゃん嫁さんに義母さんをお願いし、同窓会に送り出して義母さん不在の日中を満喫する嫁・ぶらちこ。 義母さんが留守の時、私は外出などせず家中を自由に行き来し、好きな時に好きな場所でお茶を飲み、陽の当たる暖かい茶の間で新聞を隅々まで読み、さぁ〜て年末に向けて大掃除でも始めようかねぇと、いそいそと掃除をする。 なんとも充実した一日です。別居の専業主婦って、毎日こんなパラダイスな日々 [続きを読む]
  • 同窓会 当日編
  •  隣町まで同窓会に出かけることになった義母さん。 当日、会場までの行きの車は一緒に行くご近所さんでもあるさっちゃん(仮名)(のお嫁さん)、帰りは私が車を出す手はずになりました。(嫁同士も知り合い) 乗り気しないんだけど、さっちゃんに誘われたから仕方なくと言っていた割に当日朝の約束時間前に、さっちゃん宅に電話をして 「(会場の)地図ば見っと、○○銀行の裏さあんだな。んだがら、こごさ行ぐには、△△の道 [続きを読む]
  • 同窓会 ご案内編
  •  同窓会ネタを書いていて、そういえば大昔に下書きしたままの話があったような気がする…と探してみたらありました、ありました! 6年も前の記事でしたが、今読み返してもフレッシュな内容なので(何も変わっていないとも言える/笑)、そのまま掲載したいと思います。 時間軸などは書いた当時のままになってます。******************** 義母さんに同窓会のご案内が届きました。  義母さんはご近所の同級 [続きを読む]
  • 都会のお嫁様
  •  今年の夏、私の小学校の同窓会が開催されるお知らせが届き、今から当日が楽しみなぶらちこです。 義母さんにも1〜2年に1回程度の頻度で同窓会のお誘いが来ます。 私のように10数年ぶりにホテルの一室を貸し切って先生方をご招待して…という仰々しいものではなく、安否確認も兼ねてランチ&お茶しましょう、というフランクな集まりの様です。 開催場所は母校の近辺(隣の市)だったり、県庁所在地の都市部だったり、方々に [続きを読む]
  • 嫁セコム
  •  義母さんは訪問配置薬タイプの薬を愛用しています。現在、私が把握しているだけで4社。 ゆーさんには何度も解約しろと言われているにも拘らず「おれがこの家さ来た時から(薬屋が)きてんだもの」 と、だったら尚更止めたらいいじゃないと突っ込みたくなる言い訳でごにょごにょボカシて止めません。 あくまで自分が頼んだわけじゃないから、という責任転嫁の天才です。 基本的に私は義母さんの買い物に関して不満はあっても [続きを読む]
  • どういう計算?
  •  義母さんからの呼び出しで、遊び(という名の買い物の車出し)に来た姪が、お土産を色々買って我が家に来てくれました。 姪が持ってきてくれるお土産はいつも同じで、姪の家の近くにあるお店のお餅とワッフルなのですが、これがとっても美味しくて、お土産が頂けるならこれが嬉しいな〜と、むしろ私が以前リクエストしたものでもあります。 お餅は1パック。そしてワッフルは人数分。 身内が訪問してくると、途端に優しくて気 [続きを読む]
  • 実家を想う
  •  実家の父が亡くなってから早7年。 母の一人暮らしも7年と、長いものになってきました。 父が亡くなったばかりの頃は、母を一人にして大丈夫だろうかと心配したものですが、今は地域のサークル活動に積極的に参加したり、ボランティアやご近所さんと畑仕事に精を出したりと、楽しんで暮らしているようです。 一方、以前は義母さんと家に居るのが苦痛で出歩きまくっていた私。子供たちが学校に行っている平日、車を飛ばして実 [続きを読む]
  • 病気の優劣
  •  現在も月1〜2回の頻度でコレステロールの薬を貰いに病院通いしている義母さん。  「コレステロールだもの、なーんだってやなー」  本人いわく難儀な病気みたいですが、私から見ると若干嬉々として病院行ってる風にも見えなくもないです。  お年寄りに多いですよね。病気自慢とか病院通いがステータスみたいな? そんな感じ。  持病を持ってる自分は大変なのよー、アピールが、心配になるどころかむしろ鬱陶しい。  ある日 [続きを読む]
  • 私の不満は果たして妥当なのか?
  •  少し前の記事で義姉さんはノーチャイムノー挨拶で家に入ってくる話を書きました。(『ここって誰の家?』) その続きと言いましょうか、先日こんなことがありました。 義母さんが義姉さんに畑でできた野菜を取りに来るよう電話をしていました。 で、約束した日が義姉さんとの都合で義母さんも私も朝から出かける用事がある日になってしまった模様。 義母さん家を出る → 私が出る → 義姉さんが家に来る → 義母さん帰宅 こ [続きを読む]
  • お花だけじゃなかったよ
  •  前記事をさらに引っ張ります(笑) 前回、私のお花を自分の物のように扱う義母さんネタ(ネタではなくて事実ですけども)を書きましが、よくよく考えてみればそんなのお花だけじゃなかったわ!! 結婚して私が一緒に住み始めてわりとすぐから、私の物がいつの間にか義母さんの物になっていたことなんて普通にあったな〜って思い出しました。 過去の記事にも書いたかもしれませんが、すごい時なんかゴミに投げたはずの化粧ポー [続きを読む]
  • 私のお花に触らないで
  •  前回の記事にも書きましたが、義母さんは野菜を育てるのは上手なのに、鉢花に関してはほとんど手を掛けることをしません。 母の日のカーネーションだけでなく、たまに自分で買ってきた鉢花も 飾る→枯れる(枯らす) が基本パターンです。世話をすれば数年楽しめる花でもワンシーズンすら持ちません。 思えば私がこの家に住み始めたばかりの頃、家の中には仏花以外は鉢花どころか植木鉢・植物一つありませんでした。 一方、私 [続きを読む]
  • さよならカーネーション
  •  今年の母の日も義姉さんから義母さんに素敵なカーネーションの鉢植えが届きました。 義姉さんは毎年色んな種類のカーネーションの鉢植えを選んでは、義母さんに贈っています。 そのカーネーションを義母さんはダイニングキッチンの出窓に飾り、私もこっそり目の保養をさせてもらってます。 しかし、義母さんは鉢植えを宅配の梱包箱からは出すものの、それ以上は手を加えずいつもラッピングのフィルムもリボンも外さないで置い [続きを読む]
  • 義母さん、いういう
  •  義母さんとの接点が最小限になるよう息をひそめて生活している私にとって、義母さんと一緒に食卓を囲む唯一の夕飯は一日の中で苦行の時間でもあります。 特に平日は帰宅が遅いゆーさんは不在ですし、最近では頼りの兄ちゃんさえまだ学校から帰宅しません。 子供たちの話を聞きながら、全然関係ないオレオレ話題を好き勝手にぶっこんでくる義母さんのトークをスルーするのは結構疲れるのです。 義母さんは食事を終えて自分の食 [続きを読む]