ライトスタイル さん プロフィール

  •  
ライトスタイルさん: ライトスタイルの照明ブログ
ハンドル名ライトスタイル さん
ブログタイトルライトスタイルの照明ブログ
ブログURLhttp://www.lightstyle.jp/?cn=100040
サイト紹介文この照明器具をこう使えばいい感じ、この商品はこんなところが素晴らしい!とか。光にまつわるお話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/03/09 18:39

ライトスタイル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • CASA BRUTUS No. 202 は『美しい照明術』特集!
  • CASA BRUTUS No. 202 は『美しい照明術』特集!照明でお悩みの方は参考にされてみては。昼はオブジェとして、夜は光と影が周囲の印象をガラリと変える…照明は場の空気感を演出するインテリアの要。次に買うなら照明です!今さら聞けない基礎知識から名作照明カタログ、スタイリング術までこれ1冊あれば完璧!新しい照明ガイドの決定版です。●照明使いの達人たち ミケーレ・デ・ルッキ 熊谷隆志 クリステーヌ・ルドルフ ニー [続きを読む]
  • 倉俣史朗の名作「オバQ」をハンカチサイズで再現
  • ハンカチをふわりと掴みあげたその一瞬を切り取ったような倉俣史朗 デザインの名作 K-SERIES(通称オバQ)。1972年の誕生から生産が続いているベストセラーですがこの度、現代の技術と情熱がこもったミニサイズが発売となります。もちろんオリジナルと同じ手加工による美しいドレープは健在。倉俣史朗ファンはぜひとも手にしたい逸品です。K-Series Mini / K-Series Microhttp://shopping.yamagiwa.co.jp/Form/Product/ProductList.a [続きを読む]
  • 日本初のラグジュアリー・モール「GINZA SIX」
  • 建築設計は谷口吉生、内観はグエナエル・ニコラ、ロゴは原研哉が担当、銀座松坂屋跡地に2017年4月に誕生する日本初のラグジュアリー・モール「GINZA SIX」。出店発表された全241の国内外有力ブランドもそうそうたるものです。百貨店が少なくなる今どのような“New Luxury”なカタチをみせてくれるのでしょうか。日本建築や障子、行燈などの光を参考にしたというデザインも楽しみです。GINZA SIXhttp://ginza6.tokyo/project/Tweet [続きを読む]
  • 電気を消したら、“それ”は来る 『ライト/オフ』
  • 電気を消したら、“それ”は来る──。以下『ライト/オフ』 プロダクション・ノートより引用たいまつとろうそくから LED ライトへ。街灯、ヘッドライト、ネオン、照明弾。人間はこの世に誕生したときから、忍び寄る影と、その影に潜む恐ろしい何かから逃れる方法を追求してきた。と、なにやら光の起源とも関係するような気になる映画が上映されているようです。実在の恐怖映像を、【死霊館】【ソウ】監督が映画化!あなたは二度と [続きを読む]
  • 頑張れニッポン! リオオリンピックと卓球と天童木工
  • オリンピックの卓球女子団体戦もいよいよ大詰め。ぜひともメダルを獲得してほしいですね。手に汗握りながら準決勝を観ていると卓球台にふと目がいきました。体育館にある見覚えあるそれではなく美しくライティングされた曲線の足。卓球台の小口には「SAN-EI」の文字。もしやと検索をすると日本の企業ではないですか。さらには澄川伸一デザインで足の部分は成形合板といえばの天童木工が製作という日本メイドの卓球台。制作秘話も特 [続きを読む]
  • 照明環境における新しい規準 AIJES-L0002-2016
  • 2016年6月、日本建築学会 環境工学委員会より照明環境における「新しい規準 AIJES-L0002-2016」が発表されます。従来の照明の基準と比較するとアンビエント照明・ターゲット照明という理念の導入を照明計画の基盤におき輝度分布などによる照明環境の検討をより重視した規準になっているとともに照明の省エネルギーに関する指針も含めた内容となっているようです。ターゲット照明という聞きなれない用語が見られますがどのような基 [続きを読む]
  • ピカソも愛した伝説的ノートブック『MOLESKINE』がLEDライトを発売
  • ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどの芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブック『モレスキン』がLEDの『ジャーニー トラベルライト』を発売するようです。モレスキン製品のアイコンでもある丸みを帯びたアールのデザインを踏襲しており手帳やダイヤリーと並べてもしっくりとくるスマートでミニマルなデザイン。ライトは3段階の明るさ調節の他点滅モードも選択できシーンに応じてお好みの明るさでお使いいただけます。スタ [続きを読む]
  • 小形で多機能なLEDピンスポットライトで美術館ライティング
  • 美術館や博物館で必要な機能をコンパクトボディーにギュッと凝縮。高い演色性で自然光に近い色再現を確保する新しいミュージアムスポット。「ライン調光タイプ」「個別調光タイプ」と2種類の電源があり「個別調光タイプ」は同一ダクトレール内で個別に明るさ調整ができるボリューム付。※調光器が接続されている回路では使用できません。紫外線をほとんど含まないLEDの光は被写体の色褪せや劣化を最小限に抑えさらには赤外線もほと [続きを読む]
  • NIGHT WAVE -光の波プロジェクト-
  • 10月に逗子海岸で行われた「波」を特殊な照明で浮かび上がらせるNIGHT WAVE -光の波プロジェクト-その様子がまとめられていたのでご紹介。刻々と移り変わる表情がなんとも豊かです。NAVER まとめhttp://matome.naver.jp/odai/2144955654068752301NIGHT WAVE -光の波プロジェクト-http://night-wave.com/Tweet照明ブログ一覧 [続きを読む]
  • 2020年に白熱灯、蛍光灯の製造が禁止されることはありません!
  • 「2020年度以降、LED照明の利用を促すため、白熱電球や蛍光灯を原則禁止にすると、政府が方針を固めた」との報道を受け、12月2日、一般社団法人日本照明工業会は経済産業省に確認をとり内容を説明しています。それによると、エネルギー消費効率の高い製品の普及促進をめざし製造事業者等に機器等のエネルギー消費効率の向上努力を求めているトップランナー制度に関して照明製品を一本化した新たなトップランナー制度の導入検討がこ [続きを読む]
  • 2020年をめどに実質製造禁止 白熱灯・蛍光灯
  • 政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について国内での製造と国外からの輸入を2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。http://www.asahi.com/articles/ASHCT5JHKHCTULFA021.htmlhttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2644728.html炎や白熱灯のあかりで生活が豊かになり蛍光灯のあかりと共に成長した日本経済。すでに多くのあかりがLEDへ [続きを読む]
  • 光の展覧会「Nightscape 2050-未来の街・光・人」
  • 世界4都市を巡回する光の展覧会「Nightscape 2050-未来の街・光・人」。ベルリンでのオープニングを終え現在、シンガポールで開催されています。照明デザイナーの面出薫氏率いるライティング プランナーズ アソシエーツ(LPA)創立25周年にあたり開催されているこのイベントは2016年5月から東京でも開催されます。内容があまり明らかにされていないので期待も膨らみますね。照明フリークは要チェックを。光の展覧会「Nightscape 20 [続きを読む]
  • G展
  • 間も無くスタートする「グッドデザインエキシビション2015(G展)」に合わせてグッドデザイン特設サイトがオープン。受賞作品の一覧を見ることができるほか各審査員が選ぶ一品も公開されました。ライトスタイルで取り扱っている住宅用の間接照明 も受賞しているんですね。知りませんでした。あなたのお気に入りは?MeetTinGhttp://meeting.g-mark.org/Tweet照明ブログ一覧 [続きを読む]
  • 赤坂「とらや」の行灯ライトアップイベント
  • ビルの建て替えに伴い10月7日をもって51年の歴史に一旦幕を閉じる赤坂の老舗和菓子店「とらや」。竣工当時、ネオンを灯していたという行灯のようなビルを再現するライトアップイベントが行われます。3年間の休業に入る前に思い出の風景を堪能できる素敵なイベント。点灯時間は18時〜24時です。また、ホームページに掲載された虎屋17代の休業あいさつも一見の価値がある素晴らしい文章です。一読いただければ。十七代 黒川光博より [続きを読む]
  • 夏休みはアートアクアリウムで納涼金魚観賞
  • 「日本橋架橋100年特別展」として2011年から日本橋で開催され今回で5回目となる「アートアクアリウム」は金魚とアートを融合させた展覧会。プロデュースを手がけるのはアートアクアリウムアーティストの木村英智氏。光や映像を融合させた幻想的な空間が魅力です。「ナイトアクアリウム」と題したビールやカクテルなどを片手に展示を楽しむことのできる夜のイベントもあり石野卓球や半沢武志、野崎良太がプレイするDJイベントも定期 [続きを読む]
  • 太陽光をオフィスに採り入れる シャープの採光フィルム
  • オフィスの省エネ化に貢献。液晶ディスプレイの開発で培った光学制御技術を応用したシャープの「採光フィルム」は時間帯や季節によりさまざまな角度から降り注ぐ窓の光を一定の角度で室内に採りこみ空間全体を明るくします。オフィスの窓に設置すればベース照明の補助になり電力も削減。不快なグレアも軽減するようです。太陽光をブラインドで遮断し人口光を多く消費する従来の考え方から180°の方向転換。自然光なので体のサイク [続きを読む]
  • 過去の記事 …