とがわ さん プロフィール

  •  
とがわさん: 俺ビュー
ハンドル名とがわ さん
ブログタイトル俺ビュー
ブログURLhttp://taitou.blog50.fc2.com/
サイト紹介文アナログゲームレビューを中心に、ゲーム、アニメ、映画、小説などのレビューをするブログ。
自由文「アナログゲーム」というのは、電源を使わない、ボードゲームとかカードゲームのことです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/03/15 16:10

とがわ さんのブログ記事

  • T.I.M.E.ストーリーズ 日本語版
  • 「1回しか遊べないらしい」という評判の謎解き協力型ボードゲーム「タイムストーリーズ」のレビュープレイ人数 2〜4人プレイ時間 3時間ぐらいタイムマシンが実用化されたいつかの未来、プレイヤーたちは時空の破綻を防ぐために過去の世界に飛んで事件を解決したりするという、そんな感じのストーリーのゲームです。面白いのはゲームの仕様。この基本セットには、今後どんどん追加される(予定の)シナリオでも使用する共通ボード [続きを読む]
  • ジョン・カーペンターのアルバムがとても良い
  • ジョン・カーペンターっていう映画監督がいるんですよ。1970〜90年代ぐらいまでにかけて活躍した人で、最近は映画とってないんだけど。主にSF・ホラーを撮ってて、昔はゴールデンタイムにテレビで映画をやってて、この人の映画ってテレビでよくかかったんですよ。すげー面白くてね。僕この人の映画で見てないやつないぐらい大好きなんだけど。で、そのジョンカーペンターがいつの間にかミュージシャンデビューしてました。還暦過ぎ [続きを読む]
  • バザリ 日本語版
  • 無言の交渉がめちゃくちゃ面白い、宝石商人のボードゲーム「バザリ」のレビュープレイ人数 3〜5人プレイ時間 1時間ぐらいまず言っておこうと思うんだけど、このゲームはすげー面白いです。何が面白いかというと、「交渉」が面白い。交渉と言ってもそんじょそこらのゲームの交渉とは一味違います。このゲームにおける交渉は、一言も喋らなくても成立するんですよ。そこがユニーク。20年くらい前のゲームをニューゲームズオーダー [続きを読む]
  • シタデルカラーとリキテックスのメディウムで毒の沼地を作ろう
  • どうもどうもトガワです。ミニチュアを作る上で欠かせない工作に「ベースデコレート」というのがあります。ミニチュアは小さいので自立させるために丸とか四角のベースに立たせるんですが、ただベースに立たせるだけではつまらないので、「こいつはどういう場所で戦ってるやつだ」っていうのを表現する、いわばプチジオラマみたいなものを作るのがベースデコレートなわけです。始めたばかりの頃はこのベースデコレートが結構苦手だ [続きを読む]
  • 塗料の収納に良い感じのケースを見つけた
  • 僕がミニチュアを塗るのに使ってるのは「シタデルカラー」っていう水性アクリル塗料なんだけど、これ、色数がめちゃくちゃ豊富なんですよ。そして、色数が豊富ってことは趣味を続けていくうちにどんどん手持ちの色が増えていくわけです。そうすると、収納に困るんだよね。で、最近良い感じのケースを見つけたんで、まあ写真で見てくれたまえ。3段になってて、上の段と2段目は通常サイズのボトルにぴったりで、下の段は高さに余裕が [続きを読む]
  • ブラッド・ボウル(BLOOD BOWL)
  • ゲームズワークショップのファンタジーフットボールボードゲーム「ブラッドボウル」のレビュー。プレイ人数 2人プレイ時間 1〜2時間ぐらい※基本ルールは簡単なので慣れると早いどんな感じのゲームなのかをざっくり説明すると、オークやドワーフがいるファンタジー世界を舞台にしたアメフトっぽい感じのスポーツ「ブラッドボウル」のゲームです。ボールを投げて受けて走って、相手の陣地の一番奥まで走れば1点取れるっていうゲ [続きを読む]
  • 暗黒の遠未来で戦ったりしてる人たちを作った
  • 最近作ったミニチュアの写真とかまとめて載せるよ!最近っつっても何か月か前だったりするんだけど、まあ、年取ってくるとだんだん「最近」の範囲が広がってきちゃったりすんですよ。相対的に。エントロピーも毎日増えるし。テロメアはどんどん短くなるし。それはさておき、まあ見てやってくださいよ。どれもなかなかの自信作。ゲームズワークショップ謹製、暗黒の遠未来、西暦だかなんだかとにかく人類の歴史が4万年ぐらい経った [続きを読む]
  • ストーンエイジ
  • 原始人がウホウホいいながら狩をしたり家を建てたり文明の萌芽を発見したりするボードゲーム「ストーンエイジ」のレビュープレイ人数 2〜4人プレイ時間 1時間半ぐらいこれ、今現在の僕にとってものすごく丁度いいゲームなんですよ。プレイヤー同士の干渉のバランス、戦略と運のバランス、1手番辺りの思考時間とプレイ時間のバランス、全部が丁度良くて心地良い。すげー楽しいです。 [続きを読む]
  • ボードゲームの駒に色を塗りたいって?
  • 友達から「ボドゲの駒に色塗りたいんだけどどうしたらいい?」という相談をもらったので、この際だからその辺をまとめて書いてみましょう。準備とか道具とか、まあ、色々いるのさ。前に書いた「メタルに色塗る準備」の記事と内容的にはやや被ります。ちなみに、色塗りに使うのは水性アクリル塗料前提です。取扱が楽だし、細かいミニチュア塗るのに向いてるんですよ。あと、アマゾンで買える道具はリンクもつけておきます。 [続きを読む]
  • ゾンビサイドどれ買おうとお悩み中の方へ
  • 「ゾンビサイド」っていう傑作ボードゲームがあるんですよ。協力型で、みんなでゾンビをぶっ殺す感じのゲームなんだけど。今のところ和訳付で売ってる国内ショップは無くて、「和訳はBGGとかで探してね」という状態ではあるんですが、面白いんだよねー。で、「円高のうちにゾンビサイド買いたい!」っていう友達がいるので、沢山出ているゾンビサイド拡張のどれがお奨めっていうのを、ちょっとばーっと書いてみます。そんな記事。 [続きを読む]
  • ブラックストーリーズ
  • カードゲーム「ブラックストーリーズ」のレビュー。最初に言っておくと、僕このゲーム苦手なんです。なので今回は主に「僕はこのゲームの何が苦手なのか」っていうことしか書いてないッスよー。プレイ人数 2人以上プレイ時間 答えがわかるまで(1〜無限分) [続きを読む]
  • ドローン・オブ・ウォー
  • DVDでみた映画「ドローン・オブ・ウォー」のレビュー。アメリカのラスベガスにある空軍基地の中から無人戦闘機を操縦して中東を爆撃する兵士が主人公です。で、それがどういう状況を生むのかというと、要は「朝9時に出勤してテロリストを何人か空対地ミサイルでぶっ殺して17時に家に帰る」という状況が発生するわけですな。主人公はこのあまりにも一方的な殺戮、危険の無い任務に悩んだり、「家にいながら派遣」みたいな状態に違和 [続きを読む]
  • ボードゲーム専門誌が読みたい。月刊ぐらいの。
  • いや無茶な望みだってわかってるんだけれども、読みたいんですよ。月刊誌で、新作情報が写真と共にいっぱい載ってて、「都内ボードゲームカフェマップ&レビュー」「こだわりの収納」「夏のホラーゲーム特集」みたいな特集記事があったり、読者投稿コーナーがあったりする1000円ぐらいのやつ。いや、わかってるんです。そういうの今まで何回か出たけど続かなかった事も。プロモカードつけても付録ゲームつけてもダメだったことも。 [続きを読む]
  • ゾンビサイド:ブラックプレーグ
  • 協力型ゾンビボードゲームの傑作「ゾンビサイド」の最新版にして中世ファンタジーバージョン「ゾンビサイド:ブラックプレーグ」のレビュー。プレイ人数 1〜6人※協力型なので1人で遊んだりできます。また、12人までプレイヤーを増やすオプションルールが説明書に掲載されてます。その場合は拡張セットがいくつか必要になるんだけど。プレイ時間 90分〜公称プレイ時間はシナリオによって1時間だったり2時間だったりするんだけ [続きを読む]
  • やってみよう!フロストイッポン
  • つい先月ツイッター上で、「#ペイント・イッポンCTL」という、ちょっと楽しいミニチュアペイントコンテストが行われてたんですよ。みんなでいっせいに同じミニチュアを作って塗って、1ヵ月後に発表するという、言っちゃえばそれだけのコンテストで、特に賞があったりするわけじゃないんだけど、いやなんかハッシュタグ見てたらすげー楽しそうだったので、僕もインスパイアされてやってみることにしました!名づけて、フロストイッ [続きを読む]
  • ミニチュアゲーム「フロストグレイブ」用に色々つくったよ
  • ニューゲームズオーダーから日本語版ルールブックが発売されてるミニチュアゲーム「フロストグレイブ」に使うモンスターを色々作りましたよー。まだまだ増やすつもりなんだけど、いやー、これだけでも並べて撮ると壮観です。最初に断っておくんだけど、普通にフロストグレイブを遊ぶ分にはこんなに沢山モンスターを作らなくてもOKです。基本的に一人のプレイヤーに付き2人の魔法使いと8人の傭兵がいれば良いゲームで、廃墟や森が満 [続きを読む]