ふのよか さん プロフィール

  •  
ふのよかさん: えっ絵本ですか〜?
ハンドル名ふのよか さん
ブログタイトルえっ絵本ですか〜?
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rupinasu333/
サイト紹介文絵本でワクワク♥ドキドキの種を蒔きましょう
自由文絵本の魅力にはまり はや20年。孫ができても勉強中。売れ筋でなく渋ーい絵本が好みです。
小学校の図書館ボランティア(有償と無償)も経験。ブックトークをする際に テーマ別のサイトがないので みなさんのお役にたてば幸いと思い初めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/03/16 23:17

ふのよか さんのブログ記事

  • りきしのほし*ひが〜しかちかち山
  • りきしのほし (こどもプレス) [単行本]加藤休ミイースト・プレス2013-06-30あきらめない!もういっちょ読みながらお腹に力が入る絵本です。相撲部屋の一日を朝稽古から夕暮れのおやつの時間まで、身近な存在にかんじられるおすもうさんかちかち山っす。そう、最初はおっす!だけどもれなくついてくる〜っす。まあそれもお愛嬌で、凄い顔でどんぶりめしとちゃんこ鍋食べてたり、お花に水やって可愛いところや、泣きそうな顔できびしい [続きを読む]
  • おべんとうばこのうた*元祖ヘルシー弁当
  • おべんとうばこのうた (わらべうたえほん) [単行本]さいとう しのぶ構成・絵ひさかたチャイルド2013-08-27みんな知ってるわらべうたまげわっぱに詰めるお弁当は、純和食。キャラ弁でもなく、肉も卵もないのにとても鮮やかで美味しそう。今から、蕗の出回る季節で楽しみでもあります。あぶくたったも紹介済ですが・・・ぜんざい食べたい!(^^)!ついつい口ずさみたくなる唄ですね。あぶくたった―わらべうたえほん [単行本]さいとう  [続きを読む]
  • カメのえんそく*弁当が----------!
  • カメのえんそく―イギリス民話 (おはなしのたからばこ 4) [大型本]新沢 としひこ作後藤美月絵フェリシモ出版2009-08-20カメ時間だとあと何年?カメの親子がえんそくに行くことになりました。おとうさんの名前は、ユックリっチ母は、ノンビリーナ。こどもは、アセラーズ。ぴったりのいい名前ばかりです。しかし、短気な方には読めないかもしれません。5日目やっと出発。何日もかかって着いたと思ったら、「あせらないあせらない た [続きを読む]
  • 発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由*ピュアすぎる謙虚さ
  • 発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 [単行本]栗原 類KADOKAWA2016-10-06NYで診断進んだ協力体制バラエティーでみた感じは、普通のかっこいい男子としか思えなかったけど、あっさりと、NHKあさイチ!で僕は発達障害ですと言われはじめて、そうなのか〜色々乗り越えたんだと思いました。彼がラッキーだったのは、日本で生まれニューヨークに5歳で移住して、小学校の時8歳でADDと認定され、公費でサポート体制が整ってい [続きを読む]
  • おによりつよいおよめさん*節分といえばオニ
  • おにより つよい およめさん (えほんのぼうけん58) [大型本]井上 よう子岩崎書店2013-10-02めしたきできないお嫁さん村を荒らすあばれんぼうの困ったオニ。嫁が欲しくなったそのオニが村で一番というおなごを嫁にしたら、村一番のおおめしぐらいだった。あてがはずれたオニが村にたたき返しにいく途中、おおきなくまに出会い・・・掃除、洗濯、飯炊きできて当たり前のころの昔話。* * *他にも、節分のころ読みたい絵本ゼラル [続きを読む]
  • ゴードン・パークス*アメリカの国旗は自由の象徴のはず
  • ゴードン・パークス [大型本]キャロル・ボストン ウェザーフォード光村教育図書2016-09一台のカメラがきっかけにゴードンはどんな夢でもかなうと信じていた黒人ばかりのクラスで白人の先生が言いはなった。あなたたち黒人はどうせ荷物運びか、ウェイターになるしかないのよ。どうしてそんなことがわかるんだろう。この文のとおりに15歳ミネソタで皿洗い、ピアノひき、荷物運び、ウェイターの仕事をしている。25歳になり中古の [続きを読む]
  • 新井貴浩物語*原点はゲンの生き様
  • 新井貴浩物語 [単行本]中野慶=作吉田路子=絵南々社2016-12-10カープ背番号25番努力の人新井選手の大活躍は、2016年目を見張るものでした。その新井君が小学校3年の時に出逢ったブツエン先生との交流を描いた絵本として出版されました。(幼年童話というより児童読み物)弱いものを助け、負けず嫌いで頑張り屋の彼がクラスのリーダー的存在になります。ブツエン先生はプロ野球選手になり活躍する彼を観てさぞ、嬉しかった [続きを読む]
  • にわとりが出てくる絵本Ⅱ*ふのよかおススメ絵本
  • ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本) [大型本]パット=ハッチンス偕成社1975-08コッケモーモー! [大型本]ジュリエット ダラス=コンテ徳間書店2001-11ひよこのかずはかぞえるな (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本) [大型本]イングリ ドーレア福音館書店1978-02-10チャンティクリアときつね [単行本]バーバラ・クーニーほるぷ出版1975-10にわとりとたまご (海外秀作絵本) [大型本]イエラ マリほるぷ出版2015-02-20とりかえっ [続きを読む]
  • にわとりが出てくる絵本*来年の干支は酉
  • うさぎのいえ―ロシア民話 (こどものともコレクション (’64~’72)) [単行本]丸木 俊福音館書店1973-08-10おとなしい めんどり [単行本]ポール ガルドン童話館出版1994-02ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本) [大型本]グリム福音館書店2000-12-01以上が 東京都子供読書活動推進資料のニワトリの欄にあった絵本です。この冊子よくできていて、200冊の厳選された作品をカラーでしかも読み聞かせの時 [続きを読む]
  • おおおかさばき*大金をひろっちまった!
  • 落語絵本 十一 おおおかさばき [大型本]川端 誠クレヨンハウス2007-07-01越前守あっぱれ3両という大金の入った財布を拾った左官の金太郎と落とした大工の吉五郎の職人かたぎにはごもっともと感心しますが、気が短いし口が悪いからけんかになるのは当たり前、話はとんとんと進み大岡様の裁きのシーンになると、なかなかの両成敗に恐れ参ります。落語といっても作者は、わかりやすく地名を変えたりして工夫しています。古典落語をじ [続きを読む]
  • わたしのもみじ*惚れ惚れする枝ぶり
  • わたしのもみじ (シリーズ・自然 いのち ひと) [大型本]岩間 史朗ポプラ社2001-11一人の若者が残した木50年も昔一人の若者が、畑をつくろうと開墾をはじめた時、このお気に入りのもみじを残すことにしたそうです。夏は特に農作業の合間に休む居心地の良い場所となったことでしょう・・・それをまた作者が10年前気に入り写真に残して絵本となりました。今もこの風景が残っていることを願います。高原のもみじは、「おおもみじ」 [続きを読む]
  • ごはん*新米うまい!日本の米最高!
  • ごはん (日本傑作絵本シリーズ) [単行本]平野 恵理子福音館書店2015-04-10ごはんのメニューがズラリ日本のお米は、最高に旨いのです。収穫の時期でもあります。何も手を加えない炊き立て御飯が一番ですが・・・知らないものもありました。がいこくごはん・・・カオマンガイ・クリームライスむすび・・・ベーコンむすびちゃずけ・・・みょうがときゅうりとしょうがちゃずけ        やきどうふちゃずけどんぶり・・・きじや [続きを読む]
  • 仙人のおしえ*昔話のラッキー№は3とにかく3絶対3
  • 仙人のおしえ (日本昔ばなし) [大型本]おざわ としおくもん出版2014-11-143つのお願いだけ!目の見えないおかあさんと暮らす孝行息子は、どうにかしてお母さんの目を治したいという一心で、神仏に祈っていたが、「仙人世界というのがある。そこへ行って仙人にお願いしてみよ」という夢のおつげがあり、あてもなく仙人さがしの旅にでます。何の情報もなくよくまあ、なんて思いましたが・・・なかなか、昔話の神髄ともいえる話である [続きを読む]
  • ねこがおおきくなりすぎた*自由になるには・・・
  • ねこが おおきくなりすぎた (児童書) [大型本]ハンス トラクスラー徳間書店2016-05-19うちの犬がくっちまうよだいたい本当のことという風刺画家の作者らしく、夫婦の淋しさが表紙の絵のように、極端に小さくおかしくもあります。グリーンランドに一人息子は住み結婚して、そこで暮らしている。残された夫婦が考えたのは、小さなねこを飼うこと。チビとなずけられた小さなねこが、どんどんどんどん大きくなる様が凄いのです。街中大 [続きを読む]
  • おならをならしたい*喜びを抑えられないカープと一緒
  • おならをならしたい [大型本]鈴木 のりたけ小学館2015-09-16風船で実験しよう「ならし」に「お」をつけ「おならし」とよんだのが、ちぢまり「おなら」となった。・・・なんてしるわけもないことや、赤い風船で音の出るしくみがよくわかります。音なし「へ」の参考になるかもしれませんね。おならの正体となる空気とガスなるものも興味深いのです。長さんのこちらもわかりやすい絵本↓おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん) [続きを読む]
  • 夏休みといえば2***あ〜読書感想文
  • 夏休みの宿題で残りがちなのが・・・読書感想文ですが、感動なしでは書くのも大変。かえって、本嫌いになる子さえいますから要注意です。そこで、今回は教科書(東京書籍)に載っている絵本と児童書を紹介します。(まあ間違いはない)よく売れてる本は除きました。5年下より銀のほのおの国 (福音館文庫 物語) [文庫]クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) [単行本]マチルダはちいさな大天才 [単行本]レイチェル・カーソン―「 [続きを読む]
  • 夏休みといえば***いろんな図鑑
  • 草食動物はどんなウンコ? (みてビックリ! 動物のウンコ図鑑) [大型本]中居惠子ミネルヴァ書房2016-01-25↑牛さん凄い!色わけいきものずかん [大型本]アンドレ・ボス絵学研教育出版2013-04フランスの作家さんのセンス生きものたちのつくる巣109 [単行本(ソフトカバー)]鈴木 まもるエクスナレッジ2015-10-15よく観察してくれました!仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 [単行本]ギヨーム・デュプラ創元社2014-11-10さすが、カメレオン [続きを読む]
  • おにぎり*母の味を受け継ぐ
  • おにぎり (幼児絵本シリーズ) [単行本]平山 英三福音館書店1992-09-15ほかほかの優しい味アツアツのお米が、いかにもそこにあるような感覚で描かれております。シンプルなおむすびが一番のご馳走で、おやつでもありました。* * *久々の更新お許しください。一人暮らししていた義母が3日に亡くなりました。人に迷惑かけたくないと、最後まで自宅で過ごすことを強く願っていました。主人が毎日のように通い、できなかった料理も [続きを読む]
  • ハルばあちゃんの手*手はその人の生き様
  • ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ) [単行本]山中 恒・作木下晋・絵福音館書店2005-06-30鉛筆画の魅力ハルさんの一生が、鉛筆で優しく・美しく・温もりも忘れず描かれています。赤ちゃんのページと舞うページに老夫婦の笑顔の場面は、まるで映画を観ているようでもあります。赤い玉は作品を引き立て心を映す鏡のようです。ぽかりとうかぶ赤い玉は、おじいさん、おばあさん、遠い祖先こころの光タマシヒの玉なのですー松村 [続きを読む]
  • 昭和の子ども生活絵図鑑*思いっきり日暮れまで遊んでた
  • 昭和の子ども生活絵図鑑 [大型本]奥成 達金の星社2014-01-15人情とレトロな風景昭和の真ん中に生まれた私には、懐かしくて見ているだけで嬉しくなります。みんな、入学したてのころはみんなが貧乏だったけど、心が豊かだったから、いじめも習い事とかのしがらみさえなかった。いじめがあったとしても、今のように陰湿ではなかった。クラス全員が無視なんてこともなかった。子どもの数が多かったから、家のまわりで大騒ぎして遊んで [続きを読む]
  • 独楽*こんな面白いものはなし
  • 独楽 [大型本]監修・独楽回しの会安藤 正樹文溪堂2002-02工芸は、職人の知恵江戸独楽を作る職人さんを紹介する番組を、たまたま観たので借りた本です。たくさんの独創的な独楽が全国・世界中にあることがわかります。ドイツの昆虫こまなんか何でも穴を中心に開けたら独楽になるのか?なんて思います。夏休みの工作にも良いかと、板やペットボトルのキャプ、それに、紙バンド5メートルで作る独楽の作り方も載ってました。(児童館の [続きを読む]
  • 雑誌・天文ガイド*星マニアの雑誌がこども図書館に
  • 天文ガイド 2016年 01 月号 [特大号 付録付き] [雑誌]誠文堂新光社2015-12-04流星を観るチャンス今年の流星群のピーク日時や全国のプラネタリウムに科学館や講演会。それに天文教室情報もあります。観測ガイドは大人向けですが、一度星空に興味を持てば、小学生でもわかるかも・・・私無理(^_^;)ペルゼウス座流星群は2016年8月12日の21時ごろピークです。北東の空を見上げてごらん♪* * *星の本といえばこちら↓かこさとし・ [続きを読む]
  • とっておきのカレー*お星様キーラキラ♪
  • とっておきのカレー (創作絵本) (絵本塾出版) [単行本]きたじま ごうき絵本塾出版2011-11-01山小屋のひ・み・つ七夕のおはなし会にもう一冊・・・と選んだのがこの作品。表紙から、カレーの香りがしてきそうな雰囲気だけど、何やら怪しい二人(二匹?)の手が、思わせぶりです。案の定話の中にあらわれます。おまけに、人懐こい小さなモモンガが13か所?みつけたら嬉しくなります。・・・・・15か所みつけました!モモンガはくだ [続きを読む]