Wacky さん プロフィール

  •  
Wackyさん: 日々の文字箱
ハンドル名Wacky さん
ブログタイトル日々の文字箱
ブログURLhttp://mojibako.seesaa.net/
サイト紹介文高知で働く全盲公務員の日記と読書録。東京食べ歩きの記事もあり。ワインも飲みます。
自由文基本は毎日更新を目指します。読書録と、その他近況やコラム等。東京で通ったレストランや、お気に入りの店も記録の形で残してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2009/03/18 07:50

Wacky さんのブログ記事

  • あずきバーを買う
  •  暑くなってきた。 猛烈に暑ければがりがりくんが食べたくなり、ボリュームのあるものをと思うときにはジャンボチョコモナカが食べたくなるが、日差しが少し暑いと感じるときには、無性にあずきバーが食べたくなる。 あの歯の折れそうな堅さが、もどかしさを助長することもあるが、時間をただただもてあそんでいられるようなこんな日には、ゆっくりとあずきを溶かしながら休日を楽しめる。 未練がましく残った棒の甘さを確かめ [続きを読む]
  • illyのエスプレッソマシン フランシスY3
  •  ミラノの宿泊したホテルで見つけて、毎日のように楽しんだコーヒーだったが、そこに置いてあったのが、このエスプレッソマシンだ。 自宅でエスプレッソを楽しむには、このカプセルを使用したエスプレッソマシンを導入する以外の手軽さはないのだが、市場に流通する最大手のものでは、味と香りの面で今ひとつしっくりきていなかった。 ところが、初めて試したこのillyのエスプレッソは、同じカプセルでありながら、香りの広がり [続きを読む]
  • 帰国
  •  イタリアから、飛行機を三度乗り継ぎ高知に戻った。 フランクフルトのラウンジでは、旅疲れからか化粧室でダウンしている人を見た。 ソウルの免税店では、誤ってカートごと店に入って怒られた。 福岡空港のフードコートで食べた、肉うどんが美味しかった。 こうして一週間の旅を終え、毎日の現実に戻ってきた。 明日から、また頑張る。にほんブログ村 [続きを読む]
  • スカラ座での最終夜
  • 驚いたのは、ヨーロッパの日曜日には、花屋と飲食店以外、ほとんどの店がシャッターを下ろすというのが日常だったのに、今回、ミラノの日曜日を歩くと、百貨店を始めとして多くの店が開いていたことだった。買い物は、最終日の月曜日にと決めて予定を立てていたので、昨日はそれに従って動いたが、そんなことも印象に残った一つだった。今回の旅の最終目的であり、メインイベントはスカラ座でのコンサート。あえて高額なオペラは避 [続きを読む]
  • カフェコーバと、バガッティ・ヴァルセッキ
  • 旅の後半は、ミラノにとどまってゆっくり過ごすことにした。気候は連日の快晴で、毎日30度近くまで上がり汗ばむほどの暑さだ。午前は、レオナルド・ダ・ビンチ科学博物館というところへ行き、産業革命以降の通信の技術史や、農耕の仕組みといったものの展示を見た。一般的な観光スポットというのとは少し違うが、向学心を満足させてくれる楽しいところだった。昼は、モンテ・ナポレオーネ通りにある老舗のカフェ、カフェ・コーバで [続きを読む]
  • 行列するフィレンツェ
  • 大学時代の恩師に、フィレンツェに行くなら新しくできた高速列車のイタロが良いとの情報を得て、今回はそれに乗るのを楽しみにしてきた。ヨーロッパ内を旅するには、列車を乗りこなすのも醍醐味の一つで、近年、イタリアのみならず、高速列車の整備も目覚ましい。中でも、紹介されたイタロは、イタリアが誇るフェラーリが数年前に作ったという民間の高速鉄道で、これによりイタリア国鉄もサービスを向上させたと言われるほどだ。フ [続きを読む]
  • 日帰りパルマ
  • パルマは、ミラノからローカル急行で南におよそ一時間半の場所にある。パルマ産生ハム、パルメザンチーズの全ては、このパルマが生まれ故郷だ。しかし、今回の訪問でもっとも印象的だったのは、食の都としてのパルマではなく、ピロッタ宮殿の中にある、ヨーロッパ最古の劇場の一つ、ファルネーゼ劇場だった。そこは、木材の舞台と柱からできていて、実際にそこへ手で触れることもできるので、全盲でも実感を伴って劇場の空気感を楽 [続きを読む]
  • ここはミラノ
  • ソウルとフランクフルトを経由して、昨晩ミラノにやってきた。福岡からソウルまでは二時間弱、ソウルからフランクフルトは十時間半、フランクフルトからミラノまでは一時間弱のフライトだった。ミラノには空港が二つあって、長距離用のマルペンサと、近距離用のリナーテに分かれているのだが、今回はリナーテの方に降りた。こちらの気温は、最低19、最高27だそうだから、高知とあまり変わらない。決定的に違うのは、地中海性気候だ [続きを読む]
  • イタリアに行く
  • 今年は、一週間の旅程でイタリアに行く。今年の初め、スカラ座というタイトルのドキュメンタリー映画が公開されたという話をラジオで聴いて、ドキュメンタリー自体は見なかったのだが、それならスカラ座そのものに行ってみようと決めて、この旅行を企画した。スカラ座でクラシックの一夜を楽しみ、パルマとフィレンツェにそれぞれ日帰りで行く予定にしている。今回、初めて現地にiPHONEを持っていき、可能なら現地で更新を試みる。 [続きを読む]
  • リフレッシュ休暇一日前
  •  今年は制度上、リフレッシュ休暇というのを頂けた。 ありがたいことだ。 だから、正式な夏期休暇ではないが、毎年七月に立てていた旅行計画を、今年は一ヶ月前倒しして、明日からということにした。 計画したのは半年前だが、当日が来てしまえば早いものだ。 こういう節目の日は、気持ちを引き締めて臨まねばならない。 見れば早、時計の針が、遅刻しそうな方角を示している。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 地酒&手料理「凪」@高知市
  •  昨晩、酒友と新店を訪れたが、久しぶりにセンスを感じさせるメニューと、腕の立つ料理を味わった。 店の箱も小さく、郷土料理中心の店ではないので、一人や少人数で楽しむのにありがたい。 特に、中華系の料理に一日の長があるようだが、様々に工夫されるつまみと、選ばれたクラフトビールや地酒が食欲をそそる。 若き店主の、しゃれた新店がオマチに出来た。■地酒&手料理 凪高知市帯屋町1丁目4-1 吉本ビル1F088-871-77551 [続きを読む]
  • 今はダメオーラ
  •  今週は、追い込みであるとの話を昨日書いた。 会議のテープ起こしをする際には、右耳にパソコンの読み上げ音声のイヤホンを入れ、左耳にICレコーダーのイヤホンを突っ込んで作業する。 よって、両手、両耳はふさがっている。 集中したい。 だから、後にしてもらえるとありがたい。 そのオーラで全身を包み込んでいるはずなのに、 電話が鳴る。 相談とも愚痴とも判然としないものが来る。 話しかけられる。 今は、ダメだ [続きを読む]
  • 夏休み前準備
  •  来週、今年は早めの夏休みを取る。 その前哨戦として、今週末は東京に行く。 今週は、その下準備に追われている。 書くことがないわけでもないが、負われているときには総じて思考がマイナスになりがちで、書けばよからぬマグマが噴出しそうな予感がする。 とにかく、黙々と仕事をこなして、来週に備えたい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • レンジの燗付けモードがおかしい
  •  燗をしようと徳利をレンジに入れたら、いつもより妙に回っている時間が長い。 すでに缶ビールを一本飲んでいる後でもあり、こちらの時間感覚がおかしくなったかと思ったが、レンジの前まで行くと、これまた常になく酒の臭いが漏れ出ている。 慌てて停止のボタンを押したが時すでに遅く、レンジの中で酒がプチプチと泡立っていた。 タイマーが壊れるのは一大事で、その後は酒もそっちのけで二度水を燗してみたが、それからはな [続きを読む]
  • 朝日と体調
  •  久しぶりに、高知の部屋で二連休を過ごした。 昨日は、食料の買い出しに出る夕方までずっと家に引きこもったが、今日は昼を食べに外に出て、夕方前にアイスクリームを買いに再度外に出た。 そうして振り返ってみると、昨日は体調が思わしくなく、今日はすこぶる元気であった。 いつも思うのは、朝日を浴びると体調が良いのに、西日を浴びても全く元気にならないということだ。 毎朝、仕事へと向かう足取りにはさほど覇気が感 [続きを読む]
  • ご飯の週末
  •  普段の主食が、豆腐ばかりだからというわけでもないが、昨日、今日と、珍しくご飯を多く摂取した。 中でも、昨日行った居酒屋は炊きたてご飯を重視していて、メニューにはないおにぎりを頼むと、味付け海苔だけを巻いた塩結びをにぎってくれる。 これは、本当に粒立ちの良いご飯でないとうまくない。 今朝は、昼のレトルトカレーを目的に米をとぎ、夕飯には、スーパーで三個入りおいなりを買って酒のつまみにした。 お腹周り [続きを読む]
  • 京急川崎からJR川崎までの距離
  •  そんなルートを通る機会にこれまで恵まれなかったので考えなかったが、その距離、およそ五百メートル。 これなら、わざわざ品川を回らなくとも、空港から直接京急で行った方が良さそうだ。 たとえ地図が見えずとも、ネットで距離感だけ分かればそれで十分。 便利な世の中になったものだ。 備忘録として残しておく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 気温差にやられる
  •  昨日起きた時から、なんだか身体が重だるかった。 ついでに、整理すべき本のタイトルと副題が、きちんと並んでくれないような妙な夢の記憶まで引きずって、明らかに体調が正常でないことを示していた。 鼻がむずがる。 熱っぽい。 頭が重い。 一月に、インフルらしきものを煩ったときのような、圧倒的不調というところにはほど遠いが、不快であることには違いない。 明日には、もう週末が来るのではないかと期待したが、あ [続きを読む]
  • 半月先の東京往復
  •  時間が取れたので、一泊で半月先の東京往復を予約した。 早割チケットが取れるときには、極力日帰りにして宿代を惜しむ策で行くのだが、直前での東京行きは、飛行機プラスホテルのパックが得だ。 ところが、驚いたのは、このパック用の席が現時点ですでに残りわずかで、便によっては、満席になっているものもあったことだ。 裏を返せば、それらの割引席をさほど用意せずとも、通常のチケットで売れる目算があるということで、 [続きを読む]
  • アップルパイに赤ワイン
  •  少々珍妙な組み合わせだが、何となくワインを開けたい気分になったので、パン屋でアップルパイを買い、夕食にすることにした。 チーズのガレット当たりなら、気分は最高潮だが、少なくとも、いつもの湯豆腐よりは相性が良い。 相性の面で言えば、アップルパイより、カスタードを加えたアップルデニッシュ系のものの方が良い気もするが、あいにくデニッシュは売り切れだった。 生ハムの持ち合わせはないが、ミニトマトで代用し [続きを読む]
  • なじみの店のSNS化
  •  その日の品書きが、フェイスブックのグループページに載り、女将のラインに、直接予約をかけて席を確保できるようになったのは、当日の気分で行くかどうかを決める当方にはとてもありがたい。 当日の電話で、申し訳なさそうに満席を告げられるのも恐縮するし、電話をかけることそのものに対しても敷居が高くなる。 今夜のアオリイカはうまそうだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 仕事は期待に応える努力
  •  時折、仕事を面倒に感じることもある。 それは、自分の好きなことだけをしているからではないからだ。 消極的に考えれば、報酬を得るために好きでもないことをやるのが仕事、と言い換えることも可能だが、それでは人生があまりに貧弱すぎる。 むしろ、報酬は、他人の期待に応えた対価と発想する方が、遙かに豊かだ。 自分の仕事が、他人の期待に応える機会より、理不尽な仕打ちを呼び込む回数が圧倒していると感じるなら、そ [続きを読む]
  • 連休明け
  •  飛び石の平日に出勤したので、大型の連休こそ取らなかったものの、昨日の人間ドックも含めて、長めに休みを取得した。 だが、いよいよ今日から日常に戻る。 少し、腰が重い。 出発五分前の今になってもなお、あまり行く気がしていない。 思い出されるのは、休み中に楽しんだ、キツネうどんとか、冷やしタヌキとか、動物の話ばかりだ。 しかし、やはり無情にも出かける時間が来た。 今日も、仕事に行く。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 酒の美味しさは説明が難しい
  •  人間ドックも終わったことだし、枯渇したシャンパンでも選ぼうかと、小一時間ネットショップを眺めていたのだが、結局買うのを止めた。 考えれば考えるほど、自分にはシャンパンの予備知識がなく、価格で判断する以外の基準を持ち合わせていないことが悲しくなってきたからだ。 たとえば、スティルワインであれば、ブドウの品種である程度の味の想像が付く。 たとえブラインドテイスティングなどできなくとも、ピノノワールを [続きを読む]