Sugar Ray さん プロフィール

  •  
Sugar Rayさん: 建築設備 SetsuBit-セツビット
ハンドル名Sugar Ray さん
ブログタイトル建築設備 SetsuBit-セツビット
ブログURLhttp://setsubit.com/
サイト紹介文設備と人をつなぐ、設備屋さんの情報&データ共有サイト
自由文建築設備、管工事に関する情報発信。設備業界の最新情報やCADデータの配布、Jw_cadの使い方、設備図面の書き方などを支援。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/03/19 21:35

Sugar Ray さんのブログ記事

  • ALCパネルの配管貫通(屋内防火区画)
  • 1.適用範囲:天井内・シャフト内等の隠ぺい部で防火区画を配管貫通する場合。2.仕様及び施工法図1 貫通部をモルタル充填する場合図2 貫通部をロックウ−ル充填する場合図3 開口補強なしに穴をあけられる位置(1) 穴明け手順鉄筋切断を伴わない穴明け・・・ALC用コアドリル・低速用電動ドリル・座堀り用ドリル刃・木工用ドリル刃等を使用して穴を明ける。鉄筋切断を伴う穴明け・・・丸穴−円周に沿って適当な間隔でドリルで穿孔 [続きを読む]
  • モニタ管の取付
  • 1.適用範囲:内面腐食が懸念される給湯管・冷却水管に取付ける場合。2.仕様及び施工法図1 取付け位置 3.注意事項モニタ管:1箇所に2本以上のモニタ管を設けることが望ましい。モニタ管の両端はフランジとし、容易に取はずすこどが出来るものとする。モニタ管はスペアを必ず用意しておく。取付け位置:図1のA〜Cの部分でかつ、容易にメンテ可能な部分、更に万一漏水が生じても、大事故にならない場所とする。弁:特に給 [続きを読む]
  • 川本ポンプ 新製品 インバータ家庭用ポンプNF3形
  • 株式会社 川本製作所は、インバータ家庭用ポンプNF3形の新製品情報をアップしました。新製品は、高効率、低騒音、高速自吸の3つの特性で優れた性能を有しており、ポンプ部の高効率化設計と、IE5相当センサーレスPMモータの採用により省エネ性を向上させ、更に静音化も図られている。新しい電装部には、エコ(E)モード(吐出し圧一定制御)とストロング(S)モードの変更がボタン一つで可能になっている。■NF3形 ソフトカワエース [続きを読む]
  • TOTO 次世代トイレ「ネオレストNX」を新発売
  • TOTO株式会社は、次世代トイレとして世界に発信する“グローバル統一モデル”、「ネオレストNX」を新発売する。2017年8月1日(火)の日本発売を皮切りに、世界で順次発売されます。デザインの最大の特長は、陶器の美しさを最大限に引き出す、優美な曲線です。360º、どこから見ても美しい芸術品のような佇まいは、モダンからクラシックまで、さまざまな空間に調和します。■次世代トイレとして世界に発信する”グローバル統一モデ [続きを読む]
  • TOTO トルネード洗浄が進化、新「ネオレストAH/RH/DH」を発売
  • TOTO株式会社は、「トルネード洗浄」と「フチなし形状」が進化したウォシュレット一体形便器、新「ネオレストAH/RH/DH」を2017年8月1日(火)に発売する。今回、吐水口の位置を徹底的に見直した新「トルネード洗浄」とフチ裏をなくした新「フチなし形状」を新開発。TOTO独自のクリーン技術、「きれい除菌水」、「セフィオンテクト」との相乗効果で、トイレを清潔に保ちます。■TOTO独自の「トルネード洗浄」「フチなし形状」進化新 [続きを読む]
  • リンナイ エコジョーズ給湯専用機をモデルチェンジ
  • リンナイ株式会社は、軽量&コンパクトなエコジョーズ給湯専用機RUX-Eシリーズをモデルチェンジし、新商品RUX-E2016シリーズを8月1日から発売する。RUX-E2016シリーズの発売にあわせ、給湯専用機用リモコンをモデルチェンジし、音声ナビに対応した多機能タイプ、簡単操作のシンプルタイプの2モデルも発売される。Ecoシグナルマークの点灯・点滅で使用量の目安がわかる機能を搭載し、省エネ・節水意識の向上につながります。■軽量& [続きを読む]
  • パーパス 業務用ハイブリッド給湯システムを新発売
  • パーパス株式会社は、業務用ハイブリッド給湯システム「PG-HB90(簡易基礎無)」、「PGM-HB90(簡易基礎有)」を2017年6月22日から受注を開始する。(納品は9月からとなる。)民生用の2〜3倍の大能力な6.0kWヒートポンプを採用し、90Lタンクを標準的な条件で50分前後の短時間で沸き上げることが可能。また、使用中も随時沸き上げを行えるので、バックアップ給湯器の運転時間が最小限に抑えられている。■業務用ハイブリッド給湯 [続きを読む]
  • 立売堀製作所 湿式流水検知装置 IS-AVS型を新発売
  • 株式会社 立売堀製作所は、湿式流水検知装置 IS-AVS型を新発売した。弁体開度を検知し信号を発するシンプルな構造で、オートドリップがないので、他系統からの排水で生じる排水管からの水や空気の流れ込みで発生する可能性がある非火災時の警報誤発報が発生しない構造となっている。また、アラームスイッチ作動の為の導圧配管(バイパス管)がないので、弁体に異物が噛み込んだ場合でも配管内の水が外部(排水管)に漏れることがあ [続きを読む]
  • 配管の防水床貫通
  • 1.ちゅう房等のように水洗い・水流しが行われる床を貫通する場合。1)仕様及び施工法図1 防水層床貫通 2)注意事項原則:防水床の貫通は出来るだけ避ける。固定:配管は貫通部に近い位置で床(又は他の構造体)に固定する。防錆:スリーブはステンレスとすることが望ましい。鋼管の場合には防錆塗装を施す。スリーブの施工:スリーブ及び固定金物用ボルトは躯体コンクリート打込み時に挿入する。防水:防水層とスリーブとの収 [続きを読む]
  • 配管の地中外壁貫通
  • 1.適用範囲:外面ライニング鋼管又は鋳鉄管の貫通の場合で、かつ外部ピットが設けられず止むを得ず埋設配管を行う場合。2.仕様及び施工法図1 地中外壁貫通 3.作業手順(非加硫ブチル系止水板のみ)スリーブの下地処理:表面をワイヤーブラシ又はサンダーがけし、うき錆を取除く。又、油分もウエス等でふき取り、十分乾燥する。接着剤の塗布:接着剤ボンドPB-50を地肌が見えなくなるまで数回塗り、よく乾燥する。非加流ブチル [続きを読む]
  • 配管の屋上貫通(ハト小屋)
  • 1.ハト小屋を利用して配管を屋上に取出す場合。図1 屋上ハト小屋貫通の場合 2.注意事項固定:配管は貫通部の前後に於いて固定する。配管間隔:2本以上の配管を貫通させる場合、スリーブの外面間隔は150mm以上とする。ラッキング:ラッキングの折返し部は下部にする。コーキング:エポキシ系コーキング材・ウレタン系シーリング材を使用する。ただし防火区画貫通部の場合(シーリング材)はヤーンの代りにロックウールを160k [続きを読む]
  • 配管のコンクリート水槽壁貫通(2)(実管打込み)
  • 1.露出防水水槽の配管貫通で実管打込みの場合。図1 露出防水層の場合 2.注意事項配管材質:ステンレス製とする。固定:貫通部近傍で配管を必ず固定する。屋外取付の固定金物はステンレスと製をする。防振:配管の振動や伸縮が槽壁に影響を及ぼさないように、必要により防振用継手又は伸縮用継手を使用する。水深:水深は5m以下とする。防水:防水層とスリーブとの収まり、防水層の下地や養生等の要否及び仕様については、 [続きを読む]
  • 直結給水における逆流防止システム設置のガイドラインとその解説
  • 公益財団法人給水工事技術振興財団のホームページにて、「直結給水における逆流防止システム設置のガイドラインとその解説」が掲載されました。5階建て程度を上限とする集合住宅を対象としている。直結給水における逆流防止システム設置のガイドランとその解説は、直結給水システムに設置された逆流防止用具に機能劣化や異物の噛み込みが生じたことを想定した配管において、建物内の給水管に逆流を発生させたときの現象と、その逆 [続きを読む]
  • 日本サーモエナー 油焚き高効率簡易貫流ボイラ「EQRH-1001KM/AM型」発売開始
  • 株式会社日本サーモエナーは、最低出力の低減や燃焼四位置制御方式の採用により、総合運転効率の大幅な向上を実現した高効率簡易貫流ボイラ「エクオスリンクス EQRH-1001KM/AM」を6月1日より発売開始する。本製品は出力を100%、50%、25%、0%の四段階で制御する「燃焼四位置制御」を採用することで、燃焼の発停回数の低減を実現し、低負荷運転時のボイラ運転効率を向上させています。■油焚き高効率簡易貫流ボイラ「EQRH-1001KM [続きを読む]
  • パーパス 業務用50号エコジョーズマルチ給湯器をリニューアル新発売
  • パーパス株式会社は、業務用50号エコジョーズマルチ給湯器「PG-H500W(50号/屋外壁掛形)」を2017年6月から販売開始する。新製品は新開発の低NOxバーナーを搭載することで、NOx排出量を50ppm以下まで削減し、環境省の定める「低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン」の値をクリアするなど環境性が向上している。また、本体外装には耐重塩害仕様に準拠した塩害対策塗装を採用。その他、耐風性能を従来品(GS-S5000GW)の15m/s [続きを読む]
  • 配管のコンクリート水槽壁貫通(1)
  • 1.アスファルト防水水槽の配管貫通の場合。図1 アスファルト防水水槽の場合 2.注意事項固定:貫通部近傍で配管を固定する。屋外取付の固定金物はステンレス製とする。防振:配管の振動や伸縮が槽壁に影響を及ぼさないように、必要により防振継手又は伸縮継手を使用する。防錆:スリーブ及び水槽内配管はステンレスとすることが望ましい。鋼管の場合には槽内の露出する部分に防錆塗装(飲料用に適したエポキシ等)を施す。水深 [続きを読む]