リタ さん プロフィール

  •  
リタさん: リタのブログ
ハンドル名リタ さん
ブログタイトルリタのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rittajp/
サイト紹介文ルルル、ららら、3分間のきもち
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/03/19 20:09

リタ さんのブログ記事

  • ポロンの帰り道
  • 船乗りのフラワーたちは波しぶきのような蝉の声を浴びて気持ちよさそうに航海をしていた昨日の曇り空 今日は、青ゾラの下シャラシャラと浴びていたのは太陽の微笑み ポロンを思いっきり弾いた帰り道THIS IS THE 私等身大の私を果肉の私を地上に実感したという貴重な体験をした磁石になったみたいにぴったりとこの世にくっついてる人間としての充実感と幸福感こういう気持ちを持ってる人はおそらく当たり前に沢山いるこういう感覚 [続きを読む]
  • マルチバース
  • お盆の入り母上、父上のお墓参りにいったよ緑がわさわさしてる。夏だなあと思うゆらゆら線路沿い仲良しの弟夫婦良いことだ。4ヶ月の赤ちゃんも一緒 知らないことはいっぱいある!NHKで見たんだけど 宇宙のはじまりは不思議 真空の中でもミクロの世界には エネルギーがあると考えられていて 粒子と反粒子が生まれてはぶつかり 消えたりしているんだけどその真空のエネルギーは急激に膨張し とてつもなく大きくなるという インフ [続きを読む]
  • 夏の暮らし
  • 夏仕様の夕ごはんこの夏は、果物の甘さに癒やされる 吉祥寺の八百屋さん、お気に入り野方青果野菜のセレクトショップみたいな感じなの果物はここで買う率高し 久しぶりに寄ったら半カットの熟メロンが安かったの自分でメロン買うなんて、初かも物腰柔らかに私の視界を包み込む甘い芳香望むまま仔猫を持ち上げるように安らぎを誘うパステルグリーンの果肉をシルバーのスプーンですくう所作なんてソフィスティケート。。大当たりに美 [続きを読む]
  • 八ヶ岳 2(硫黄岳〜横岳)
  • 横岳山頂の向こう側へ歩を進める所々に斜面が存在するお花の点々と色鉛筆で描いたよな淡い命がいっぱいいっぱい咲いていたよ けなげ。とか、たくましい。とかの印象もあるけどこの場所で精一杯にそれぞれが各々の短い命を彩ってるこうやって生きていくんだなあとじんわりお花に学んだの、生きること。人間も同じ。当たり前のことを自分はここまでこなくちゃピンと分らない、 ハクサンシャクナゲ山の上では一際ゴージャス見応え十分 [続きを読む]
  • 八ヶ岳 1(硫黄岳〜横岳)
  • 7月19日(水) 八ヶ岳へ行った18日は天気が悪くて一日で八ヶ岳を登ることにしたの19日のお天気は晴れ!なんだもん夏。。高山植物を見たくて横岳はお花がいっぱい咲いているらしい 夜23時発のバスに乗って東京を出た2時に美濃戸口到着ちょっとだけ、初!山小屋で寝る想像以上に清潔でふわふわのベッド頭が冴えて眠れないゃこんな時は腹式呼吸ぐっすり。予定より45分寝過ぎてしまったょ 4:45 慌てて出発歩きながら起きた薄暗い道を [続きを読む]
  • 玉砂利や
  • 夏の入り口の夕ご飯は初!モモと、初!サクランボバナナとかパイナップルとかリンゴとか欲する。この夏は、カブトムシになりそうだ サルスベリがさざめいてる様子 夏次元へ突入の合図は 高らかにラッパの音に乗せて! 巡り来たよ時空の泡立つ季節が ぶくぶくぶくぶく 私は落ち着かないの 常に辺りを見回している気分 心の模様替えをしたくて 南風をもてなす、レースのカーテンを青い鳥を招く、ロッキングチェアーを 新しく揃えてみ [続きを読む]
  • 享楽の
  • 今日は、7月7日。七夕!七夕の食べ物は、素麺。らしいそうめんの薬味は、レタスとキムチねぎつゆは、鶏ガラスープに酢、レモン汁、塩砂糖少々なかなか面白かったぞゴーヤの季節だね。チャンプルーー久しぶりに鶏レバー 大宮八幡神社には七夕の笹飾り自分も願い事書いたよ 今年は笹飾りを頂いたの 星は微かに1つ2つ確認できるほど月齢13の月影が煌々と夜空に差して今宵は星合い日和かな 織り姫と彦星は制裁を与えられるくらい [続きを読む]
  • から梅雨も
  • 環八沿いの公園排気にゆれる紫陽花をパシャリ 井の頭沿線は只今の季節パープルの笑顔がお見送り紫陽花のハミングを聞きたいけど制御された車窓は猛スピードで次の駅へと飛んでいく 道すがらの誰かん家のフェイジョア命がみなぎる様子は日差しより眩しい光りを割いて美が迸ってた心を不意打ちされたドラマティックな出会い 誰かん家の玄関先のコンロンカ白いヒラヒラと黄色い星に心はすこぶる清らかな状態へリセットされたの マイ植 [続きを読む]
  • まわるほど
  • 〜ミニ水族館〜 きれいに整えられた水槽に熱帯魚が気持ちよさそうにいっぱい泳いでたよ 熱帯植物館よりこちらの方で長い時間を過ごしたかも - トランスルーセントグラスキャットが真ん中で群れをつくる水槽 -背骨達が同じところをずっと泳いでるんだ - 珊瑚礁のゆらゆら生きてる姿にすこぶる癒やされる水槽 -〜鮮やかなお魚ショット1 〜鮮やかなお魚ショット2 - 熱帯魚の薄っぺらさに命の儚さを感じて癒やされる水槽 -つぶらな瞳 [続きを読む]
  • 馳せるおもひは
  • 板橋区立 熱帯環境植物園(グリーンドーム熱帯館) 入園料260円にてすこぶる興味深い3時間を過ごしたよお洒落な感じじゃないけれど清潔感があってぬくもりを感じる館内だったよ 熱帯雨林の重要性やそこで暮らす人々の感性や昆虫の標本などにも触れられて感慨深かったりした 〜熱帯植物館〜 ・バニラ・バニラビーンズの原料になる種子鞘と一日花の白い花ラン科特有のスマートな花弁にて清らかにドラマティックに咲いていた ・ [続きを読む]
  • 六月や
  • エコライフ・フェア開催してた都立代々木公園のけやき並木 お年寄りになると理想の人は?という問いかけも、ないけどもしかし今までも芸能人とかよう浮かばなくてしっくりする答えは出ていなかった しかしぴったりの答えを自分は以前から持っていたじゃないか!ということに、最近気がついたんだ けやきみたいな人!!そういう感じの人が理想だぞ 中尾諭介氏屋外でのライヴって、いいね。天井のあるお部屋で想像しなくても歌声が [続きを読む]
  • 緑さす
  • カルデラ床に降り立ったよ!広々!なんて素敵な空間緑は生命の水面の輪っかみたいに黒い上にところどころ芽吹いて繁栄してる 軽トラックが走っていく外輪山で作業の人達が数人彼らには日常の当たり前の世界自分には非日常のスペシャルな世界 ふらふらふらふらふらふらしたのわくわくわくわくおもろいの日が差したりして風は穏やかで素晴らしい!天国にいるみたいもう少し行けるかな降りてきたところ振り返りながら 黒と緑のバラン [続きを読む]
  • 夏の始め
  • 東海汽船がすこぶるお得な切符を発売してるものでまた伊豆大島へやってきたよ、往復4000円前日、日本列島全域は雨この日の天気予報は、くもり朝4:30、デッキでひとり朝ごはん大きなお船から島を眺めるの図どんなもんかな、、、お山は傘をかぶってるみたいな雲になっていったょ 定刻通り6:00 岡田港に着港バスで三原山温泉へ人がいっぱい。。仲間かなハイキングツアーの方々だったりお山へ向かったのは自分だけだった 悪夢は蘇る、 [続きを読む]
  • ほやほやと
  • 夏が来た。ということでさっぱりとした無国籍夕ご飯と相成っている今日のメインは、ソースガパオソースに生クリームとマヨネーズを混ぜると食べやすくなるの目玉焼き、鶏もも肉、もやしにすこぶる相性良しじゃがいもがなかったので、ご飯 冷麺味のスープ鶏ガラスープにショウガ、酢と砂糖にごま油とレモン汁を調合魔女の実験みたくて、おもろい春雨にキムチ、トマト、リンゴすこぶる相性よし 国立新美術館「ミュシャ展」へ行った撮 [続きを読む]
  • 囀りや
  • 春も深くなると小っちゃな窓辺より聞こえるのは陽光を透過する空の声もっといっぱい「囀り」を聞きたくて電車に1時間揺られバスは満席にて1時間揺られ奥多摩の檜原<都民の森>三頭山へ行ってきたよ 山道を歩きたくてかおりの路を見つけにウロウロ行ったり来たりしてたらガイドの方が声をかけてくださった森林館の2階より抜ける道を教わったよ バードウォッチングのコツも教えて頂いたむやみに動いちゃいけない。とか見下ろすよ [続きを読む]
  • 月光
  • 月光 ベートーベンのすこぶる有名なソナタ、月光!初めてこの音階を弾いたとき恐ろしいほど苦しくて苦しくて驚いたの、震えちゃったよ、。天才ってすごいなぁ 叶わぬ恋物語でも聴覚障害の不安でもこの苦しみの奥にあるだろう希望を奏でられたら祈りに変換できたら素敵だなあと思って練習してる ポロンでどこまで弾けるかな第一楽章だけ、。挑戦的な選曲でありアレンジであり自分は適当である楽譜を手直ししただけやさしい音階です [続きを読む]
  • 財布の紐の
  • 出し抜けにあたたかくなったこの頃この日のメインは枝豆!さっぱりしたもんが売ってたの大きな大根も買ってきたすこぶる美味であるほとんど調理したことない葉がわさわさ全部炒めて食べちゃった思いの外くせがないもんだぞこの頃ブロッコリーを目にするがこれも当たり外れがあるもんでこれはあまり当たってないかも。まぁいいや餃子の上手な焼き方っていうのがあってその通りにしたら、ほんとにうまく出来たのすこぶるびっくり!皮 [続きを読む]
  • 雨降りも
  • 桜と乾杯したの図この春は神田川をいっぱい歩いて、桜を堪能 陽光の差してる青空の下も素敵だけど薄曇りの方が花を美しく感じられるかも 愛を与えるだけのシンプルな体になりたい 月が輝きはじめ、街灯がともる18時頃夕闇の桜が一番美しいと思ったよ 私の欲する愛のほとんどが 桜の花びらに化身して ここに集い幸せを結んでいるみたい おもむろに目覚めた猫みたいに伸びをしてお尻を持ち上げて 動き出す桜の木 しなやかな黒い肢体 [続きを読む]
  • 参道は
  • 先週、明治神宮へ行った 参道はいろんな国の方々の言葉をきいて いろんな匂いを追い越して木々を仰ぎながら流れていった そして本殿は工事中だった 帰りは社務所の方から抜けてみたの 囀りと風の音を聞いて けんけんぱ。のできる日だまりの道を発見林には入らないよ、ちょっとだけ土のところ踏んでみた ふかふか。ララバイ。やわらかいのーーうっとり。 子守歌みたい 代々木か [続きを読む]
  • ともる灯の
  • 突然ですが、明日結婚します。親戚からの紹介によりご縁を頂きました。 3/30 吉祥寺のコピスがリニューアルオープンしたよ それで大きなシイタケを買ってきたの大きいのって美味しいね。。 鶏もも肉と大根は黄金コンビだそうでなるほど、大根がすこぶる美味である 本格的じゃないカルボナーラ手軽に美味しい シュウマイはこの前、親戚からもらったやつ 冒頭の言葉はウソです今日は、4/1 エイプリル [続きを読む]
  • 3.風にきく
  • 8:53 新火口展望台(バスの車中より)晴れてる!3日目であります昨夜は雪が降ったみたい白い三原山なんて!へーー 天気予報はマチマチでどれが正しいか分からなくて朝は雷が鳴り雨がザアザア降っていて鳥の囀りと風の唸り声を聴きながらお布団の中で懸命に帰り出航できなかった時のいろいろを想定していたにも関わらず 青空でありますそれならお山へお散歩行こう 9:08 表砂漠ルートへ向かったバスに人がいっぱい乗 [続きを読む]
  • 2.三月や
  • 7:58 バスを降りて、2日目のお散歩は島の北東部よりスタート いざ、波治加麻神社へ 杉や苔をいっぱい見たかったの木に見られている感じがするかも少しづつ上る参道はうっそうとして朝日もなくおどろおどろしかったの 林の中に社殿はひっそりと在りました取り囲んでる大きな木や小さな木時間の経過というものをゆるりと眺めてみる 魔界やら異界やらの支配する力のような生命力を根っこがこれでもかと表現して [続きを読む]
  • 1.生きざまを
  • 伊豆大島へ行きました2017年3月のお誕生日の記念に。上の地図は、2泊3日の行程であります 8:00 芝浦ふ頭は、どんより曇り空の下ジェット船は無事出港大島観光復興支援にてお船代が1500円offなのずっとシートベルト着用にてじっとしてる 2h20、揺れは感じず、寝てたら着いたよ 10:20 岡田港に到着南東の方、波浮港へ向かった情緒ある石造りの道をぐるっとして <伊豆の踊子>のモデルとなった旧港屋旅館資料館に [続きを読む]
  • 踏みしむる
  • スープのレトルトを買ってきたレッツ トライ!初!「酸辣湯」(サンラータン)なる、韓国料理酸っぱくて辛くてこの、鋭。な刺激はたまた熱いのか何なのか分からんが、美味しい食べ物である溶き卵と豆腐と餅、などなど入れたの 参鶏湯(サムゲタン)なる食べ物を最近、初めて食したレッツ トライ!この、鈍。な刺激十分過ぎるほどじんわりな鶏鶏鶏鶏鶏の感じどんな食べ物なんだか検索したら鶏一羽入ってるもんらしく納得したの&n [続きを読む]
  • 白木蓮
  • マイ植木鉢のエケベリア嬢はおもしろい様子にてバランスをとり花を咲かせています。パシャリ クリスマスローズの一番花が開いたの今年はいくつお花が咲くかな。。 白木蓮の美し満開!これほど新鮮な命の横溢に今年は遭遇できました自分のお誕生日に! 3月12日に自分はこの世に生まれたの 何歳になったのか曖昧になってきたし何歳でもよくなってきたし誕生日とはこの世に生を受けし日の巡りきたっていう節句 [続きを読む]