足田代 さん プロフィール

  •  
足田代さん: 人間最後の日
ハンドル名足田代 さん
ブログタイトル人間最後の日
ブログURLhttp://psz.blog42.fc2.com/
サイト紹介文すぐそこにある
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/03/20 11:21

足田代 さんのブログ記事

  • ぼくやってまん (3) バーチャル遊んでまん
  • ぼくやってまん、スマホゲームやってまん。おいら、じじいのくせにスマホ使ってるんだぜ。ああ、指で画面触るやつ。画面も大きいしインターネットも楽しめるから、携帯電話もずいぶん便利になったもんだ。通信料が高いからSIMフリーに変更したら、月額1600円で使えるようにもなった。電話代は別にかかるけど、めったに電話なんかしねえもんな。通信料が3ギガまで無料だけど、家でWIFI使えるからインターネットも無料。 [続きを読む]
  • ミステリー・風呂のイス(解決編)
  • *前回の{ミステリー・風呂のイス」の続き私は風呂上りの「あずきモナカアイス」を食べながら、今回の事件を振り返った。それは長い間誰にも解けなかった謎、それが初めて解明されたのだ。このことを学会に発表しようものなら、すぐにでもノーベルなんとか賞がやってくるだろう。しかし、あえて私はこのことを内緒にしておこうと思うのだ。わかってしまったら面白くない謎もあるからだ。さて、今回の事件の全貌を解説しよう。風呂 [続きを読む]
  • ミステリー・風呂のイス
  • その日、私は風呂に入っていた。仕事で疲れ身体には、これが一番のご褒美だ。冷え切った身体も温まる。寒い時期に風呂につかると、上がって身体を洗うのがいやになることがある。せっかく温まった身体がすぐに冷えてくるからだ。私は湯船につかりながら、身体を洗うのをためらっていた。我が家の風呂には、身体を洗うときに使うイスがある。子供の頃から存在していたイスである。何度も買い換えてはいるが、いつもほとんど同じ形だ [続きを読む]
  • じじいの巣 (100)
  • いつものトレーニングは夜の体育館でランニング。朝一の顔なじみのメンバーがいなくて寂しいが、夜の時間帯にはその時間帯の常連さんがいる。いつぞやの追い越し際に屁をこいて逃げたあのじじいもだ。今日もおいらより少し早いいつものペースで走り続ける屁こきじじい。おれを追い越したところで立ち止まる。また屁こくつもりなのか・・・。立ち止まった屁こきじじいはポケットからモゾモゾと何か取り出した。かと思ったら、すぐに [続きを読む]
  • ぼくやってまん (2) 左手叩き付けてまん
  • ぼくやってまん、パチンコやってまん。土日連休の暇な時間にぷらっと出かけてしまう悪い癖。絶対負けるとわかっているのに、ついつい大当たりの瞬間を見たくってな。どうせ当たっても昔のパチンコみたいにたくさん玉が出てきたり、大連チャンするわけでもない。ただ、演出が派手になった分その幸せな画面が脳裏に刻まれちまうんだな。しかもじじいが訪れるのは決まって1円パチンコさ。負けても金額が少なくて遊べるが、儲けような [続きを読む]
  • タベグロ (42) 欲張りじじいの表面張力うどん
  • んちゃっす、今日は亀のつくうどん屋さんにやってきたぜ。早くて安くてうまいと三拍子そろったうどん屋さんで有名なこのお店。人気店だけに休日のお昼時は混んでるんだよな。駐車場には入ったものの、満車で停めるところがない。うろうろしていたらちょうど一台出て行ったのでラッキー池田。店にさえ入ってしまえばこっちのもの。厨房に沿って人間が流れてゆくだけだ。かけうどんならなんと290円で食べられるというからありがた [続きを読む]
  • じじいの巣 (99)
  • 職場でインフルエンザが大流行。最初は60過ぎの嘱託のじじいから始まった。その後も60過ぎのじじいとばばあが同時に休む。年寄りは気を付けないとね。その前日まで3日間、インフルじじいと一緒に仕事をしていたのがおれだ。しかももう一人のインフルばばあとは隣の机だしな。だからおいらもかかるんじゃねえかって、みんな好奇心満々の目で見ているよ。職場でインフルエンザが発症したら、全員復帰するまでマスク着用が義務付 [続きを読む]
  • 合体ロボジンガー
  • 休みの日に、庭のほうで子供の騒ぐ声がする。まったく騒がしいやつらだ。休みの日ぐらいゆっくりとさせてもらいたものだ。まだ何か言っている。そのうちにこっちへやってきた。「お父さん、大変、大変!!」こどもは大慌てで叫んでいる。いったい何事だろう。「あそこにヘビがいるよ。怖い!」「早く家に入りなさい」私は子供たちを安全な場所へ移す。春になって冬眠から覚めたのだろう。生物たちも動き始めたのだ。かといって、危 [続きを読む]
  • ニコラス刑事・幕末を語る
  • 私がお昼の食事をしようと休憩室に入ったら、例によってニコラス刑事が大きな声で話をしていた。話の内容は「幕末〜明治維新」のくだりである。私はこの話を何十回と聞かされた。彼は幕末のことなら何でも知っている。非常に詳しいのだ。しかし、何度も同じ話を聞かされてはたまったものではない。私はこの話が始まると、必ず別なことを考えるようになった。自然に・・・。ニコラス刑事がつばを飛ばしながら話している相手は、新人 [続きを読む]
  • ぼくやってまん (1) 裸見せたいまん
  • ぼくやってまん、筋トレやってまん。じじいのくせに筋肉トレーニングなんて意味ないように思えるだろう。でも健康のためには非常に重要なことなんだ。食事にも気を遣ってる。長生きして何かいいことあるかって聞かれたら、そりゃあ答えに困るけどね。筋トレ始めて一年半以上過ぎて、それなりに腹筋も割れっぽくなってきて結果が目に見えるようになったのさ。自分でいうのもなんだけど、タバコをやめて激太りした後に比べたら、ずい [続きを読む]
  • タベグロ (41) 大盛無料に餃子も無料で貧乏性
  • 新聞のチラシにまたラーメン屋の餃子無料券がついてきたよ。月に一度くらいの割合で折り込んでくるんだけど、チラシは結構見過ごすことが多い。だからたまに見つけた時はうれしくなってハサミで無料券を切り取って大事にしまっておくんだよ。昨日見つけたその餃子無料券のチラシには、いつもの新作ラーメンの宣伝ではなくたくさんの種類の写真がのっていた。なんとラーメン各種大盛り無料という期間限定サービスもやってるというで [続きを読む]
  • じじいの巣 (98)
  • 交替勤務を終えて普通の生活に戻ったじじい、なぜか急に酒を飲み始める。これまで家で飲酒する習慣がなかったのに、おいしい日本酒を飲んだのがきっかけになっちまった。しかも、もらい物の古いウイスキーを続けざまに処理することになって依存症になったのか。でもよお、それが毎晩の楽しみみたいになってしまうのって普通なんだろうな。酒も少しであれば身体にはよいという話もあるしな。交替勤務のときは眠れないことが多くて医 [続きを読む]
  • じじいの巣 (97)
  • 最近は病気の種類も増えてきた。聞いたこともないようないろんな名前の病気だ。昔なら風邪でひとくくりされていたものが細分化されて、なんとか性胃腸炎だのウイルス性なんとかだの・・・。冬にかかりやすい病気だけでも、ノロウイルスからなんとか性胃腸炎にインフルエンザ・・・。しかもインフルエンザなんて種類がいっぱいあって、ワクチンだって効くのかわからねえってんだ。そんなわけでうちの子供も感染性胃腸とやらにかかっ [続きを読む]
  • タベグロ (40) お帰りはトイレにいらっしゃ〜い
  • 今週もやっぱり休日のお楽しみラーメン。昨年の暮れにオープンしたばかりの店だけに、ずっと気になっていたところ。ところが先日、この裏ラーメンミシュランを差し置いて、妻ばばあが一足先に召し上がっちまった。おいしかったという感想なので連れて行ってもらうことにした。先日食べたのは辛みそラーメンで、塩タンメンもおいしいとのことだった。店に入ってみると日曜日の昼時にしてはまだテーブルが空いていた。この店にはカウ [続きを読む]
  • じじいの巣 (96)
  • 休日の朝のトレーニングでもいつもの3ばばトリオがいることを発見したぜ。休日だけに都合がつかないのか、2ばばウォーキングのことが多いようだ。喘ぎおねえはイベントのある日にゃ来ない。あとはなかなか平日のメンバーとは違うな。平日とは違ってランニングする年齢層もずっと若返る。ま、野球少年が思い切り下げてんだけどよお。休日限定のじじいキャラも存在する。そのじじいはウォーキングしてるんだが、走路の中央を堂々と [続きを読む]
  • ニコラス刑事・立派な言い訳
  • 休憩時間にニコラス刑事が自慢のスマホを出していじっている。自分の指でもタッチで反応するもんだから、うれしくて画面を見せて自慢したりしているのだ。時々自分が撮ったペットの写真を見せて、「どうだ、かわいいだろう!」なんて言うのだが、そのペットもとっくに死んでしまっていたりする。「お前はどうせ、いつも女子高生のパンツばかり撮ってるんだろう?」いかにも見たいようないやらしい顔で私を見る。「そんなことできる [続きを読む]
  • 仮面フーフ・怪人泥酔男現る!
  • 毎年正月を境に、私の親父の酒の量が増える。元旦から大喧嘩するのは毎年恒例の行事にもなっていた。今年の正月はなんとか我慢したのだが、ついこの間も夜遅く酔っ払って帰ってきた。「はなぞうちゃ〜ん。今日はねえ、僕酔っ払っちゃったぁ〜」はなぞうも私たちも無視している。答えるとまた長く居座られるからだ。「はなぞうちゃん、お話聞いてくれたらお小遣いあげちゃうかも〜」今度は金で釣ろうという魂胆だ。泥酔男はまだしつ [続きを読む]
  • タベグロ (39) 餃子とライス無料な太っ腹ラーメン屋
  • トレーニングの後はやっぱラーメン食いてえよな、それは土日の混雑時でも同じだよ。しかしまあ、よくこれだけの人間がラーメン食いに来るもんだ。どの店も昼時は駐車場がいっぱいだから車を停めることもできやしねえ。やっとで停めることのできたラーメン屋さんがサービスよすぎてびっくり。入り口の看板に「365日餃子、ライス無料」と書いてある。これだけサービスがいいというのは何か理由があるに違いない。だからじじいはラ [続きを読む]
  • じじいの巣 (95)
  • 土日が休みになって当たり前の生活に戻ったじじい。でも、トレーニングの時間が混雑するのは当たり前。働いている方の多くは、仕事が終わってからトレーニングしにくるからな。休日には朝一でトレーニングに来ても、やはり体育館はイベントで盛りだくさん。イベントがなくても冬の時期はグランドが使えないから、野球少年たちが一所懸命走っている。野球少年たちにも足の速い人と遅い人がいて、その差は大きい。じじいはその中間あ [続きを読む]
  • ギガな遠吠え
  • 携帯電話のメモリーが少なくなってきたので、電気屋さんでメモリーカードを購入することになった。最近のSDカードの極小化には驚くばかりだが、それ以上に記憶容量の増大化も進んでいる。これはデジタルカメラの写真性能が上がるにつれて、どんどん増えていってるようだ。私が初めてデジカメを購入したときには、確かまだメガという単位であった。それが今やギガという、とてつもなく大きな単位があたり前になっている。メガとかギ [続きを読む]
  • じじいの巣 (94)
  • 日勤専門になったのでトレーニング時間はもっぱら夜になってしまう。サラリーマンのほとんどがその時間に合わせてトレーニングに訪れるため、結構混雑するんだよな。しかも、老若男女織り交ぜてのランニングにウォーキング。筋トレルームは若いムキムキのお兄さんが集まっている。朝一のじじばばタイムが懐かしいぜ、まったくよお。夜の時間にランニングするのも結構決まった面子なんだが、あいさつもできねえ奴が多いんだ。「こん [続きを読む]
  • みなしごハッチとヤングマン
  • 買い物へ行った帰りに、また赤い看板が私を誘っている。晩御飯を食べる前だから余計に誘惑されやすいのだろう。家に帰れば食事が用意されているというのに、私は赤い誘惑に勝てなかった。「てりやき」と名のつくハンバーガーをついつい購入してしまった。家に帰って食事を取った後にも、私には楽しみがあった。もちろん、他の家族にもお土産として赤いお店のもを買ってきた。食事が済んでからでもみんながおいしく食べれるとはすご [続きを読む]
  • じじいの巣 (93)
  • 交替勤務を外れて普通の職場で勤務するじじい。引き出しのない壊れかけのデスクを与えられるも、パソコンもまだなしの状態。単なる物置きか両手をついて佇むためのデスク。ま、そんなとこにゃあいねえがな。でもよお、若い女性が隣でパソコン打ってるんだよな。今までは男ばっかの職場だっただけに、ちょっとおかしな気分になっちまいそうだぜ。そんな女性が、おいらにいろんなこと聞いてくるんだよ。「じじいさん、いくつですか? [続きを読む]
  • タベグロ (37) 天丼屋さんでラーメンが勝利する日
  • 昔住んでいた家の近くにある天丼屋さんがまだ営業を続けている。開店当初は値段も安く、目新しい食事処としてずいぶんにぎわったものだ。しかし、ラーメンと違いそんなに天丼ばかり食ったりはしない。いつしか客の数も減ってきて、天丼一杯の値段も高くなった。いつ閉店するのだろうかと心配していたのだが、店がどのように変化したのか気になってはいた。今日は近くにある店に家族で買い物に来ていたので、久しぶりに寄ってみるこ [続きを読む]