ヨッサン さん プロフィール

  •  
ヨッサンさん: ☆ヨッサンの湯巡りうまいモン巡り☆
ハンドル名ヨッサン さん
ブログタイトル☆ヨッサンの湯巡りうまいモン巡り☆
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yossan_yumeguri/
サイト紹介文グルメで温泉好きが欲望のままに食し、気の向くままに湯に浸かっている様子を記してます
自由文福岡のヨッサン、2009年7月愛媛県松山市に単身赴任となりました(^^;
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/03/22 14:55

ヨッサン さんのブログ記事

  • 神戸港を見下ろすBARで一杯
  • 6月末に自宅に帰り、カミさんと神戸三ノ宮で夕食を取りました。そこからテクテク テクテク 辿り着いたのは、メリケンパーク。海洋博物館からポートタワーを望む。大きくひとつ深呼吸。夜の潮風は気持ち良い。震災から20年を機にこんなロゴマークができたんですね。『BE KOBE』「BE KOBE」メッセージ「BE KOBE」に込められた理念MOSAICの観覧車を眺めつつ・・・向かった先は・・・神戸メリケンパーク オリエンタルホテルの14階 [続きを読む]
  • NHK神戸でJAZZライブを聴き、PINOCCHIOでピザ。
  • 4月に下関に異動になって以来、バタバタで、一度も宝塚のウチに帰っていませんでした。6月末、結婚記念日。1日休みを取り、ホント久々に帰りました。最終の新幹線で帰り、翌日向かったのは、神戸。初めて訪れました。NHK神戸放送局。ここで「JAZZ LIVE神戸」の公開録音を聴きました。いつもは生放送なんだけど、この日は兵庫県知事選挙真っ只中。街頭演説の声が入ってはいけないと、放送1時間前の公開録音となりました。でも、目 [続きを読む]
  • 西ノ市温泉「蛍の湯」(at道の駅蛍街道)
  • 行きつけの居酒屋のオヤジから、この辺でお薦めの湯とのことで訪れてみました 西ノ市温泉「蛍の湯」。蛍の里として知られる『道の駅 蛍街道』併設の温泉 です今年は5月末から6月初め迄、ホタルのシーズンにはヒトが多過ぎて近寄れませんでしたが、シーズンも一段落。温泉内は入浴客多く、とても写真など撮れませんが、明るく清潔な浴室内には大きな主浴槽と、キチンとしたサウナ、それに水風呂。外には日本庭園よろしく露天風呂も [続きを読む]
  • 高杉晋作ゆかりの地を訪ねつつ・・・「晋作の湯」
  • 下関には高杉晋作ゆかりの地が盛りだくさん。訪れてみました 下関市の「晋作通り」日和山公園の晋作像高杉晋作(東行)終焉の地高杉晋作の墓東行庵ここまで来たら・・・「晋作の湯」(笑)そして晋作餅(笑笑)これだけ下関には高杉晋作ゆかりの地があり、およそ半日で巡ることができます。あなたも是非 ぜひともポチッと 応援よろしくお願いしますにほんブログ村こちらも 応援よろしくです [続きを読む]
  • 大迫力!進水式
  • 松山に住んでいた頃に何度かお誘いをいただいていたのですが、いつも平日ばかり・・・見に行けずじまいでした。それが下関に来て、偶然ネットで見かけ、、、やった土曜日だ 訪れてみました。造船所の進水式訪れたのは三菱重工 下関造船所一般見学者席に入ってみると・・・目の前に今回の新造船が。。。デカッ!!見上げると首が痛くなるほど。とてもじゃないけれど、写真ではその全景はムリ。納まりきりません。船体は海へ向かっ [続きを読む]
  • 仙崎漁港の食堂で「あなご丼」with「刺身」
  • 週末、ふらっと日本海側 仙崎漁港までやって来た。十数年前、ここ仙崎漁港で食べた鯵の干物の旨さを思い出しヒマに任せてやって来たのだが…当時の活気ある港のイメージとは少々違っていた。取りあえず昼食に入る店をスマホで探す。訪れたのは、“ザ・漁港の食堂”というイメージの店。「白菊」。まさしく昭和の喫茶店感満点の店内。メニューは壁に掲示してあり、その中から選んだのは「あなご丼」。刺身付きで¥1,300。来ました。 [続きを読む]
  • 下関市 開店「唐揚げ専門店『お福』下関店」
  • 下関市岬之町に6月唐揚げ専門店がオープンした。唐揚げ専門店『お福』下関店。早速お昼に訪れてみました。元々門司にある店の下関店のようです。初訪問ですから、先ずは「から揚げ定食」ですよね。唐揚げの味付けはかなり頑張っているのが伝わって来ますが、味が落ち着くまでにはいま少し時間を要するのかな。期待してます。ぜひともポチッと 応援よろしくお願いしますにほんブログ村こちらも 応援よろしくです [続きを読む]
  • この店の前は100回以上通っていたのに...σ(^_^;)
  • 何で気づかなかったんだろう。この店の前は100回くらい通っていたのに…下関の鳥料理の名店『金鶏』地元のこの方のポスターも貼ってありますね。いや、100回通ってもそこに店があると気づかないのにはワケがあるんです。だって私がこの店の前を通るのはいつも昼間、明るいうちなんですよ。見てください。昼間は完全に息を潜め、そこに店があるなんて全く気づきませんでした昼は煙も出てないし。ホラね!でも、ココの鶏が美味いと聞 [続きを読む]
  • 下関の老舗 松琴堂『阿わ雪』
  • 下関に、伊藤博文が愛したお菓子があるとのこと。それは行ってみなきゃね 下関市役所のそば「松琴堂」創業150年の歴史。ここの「阿わ雪」が歴史あるお菓子とのこと。本州の西端で“あわ雪”とはどういうこと こちらが、買って来た「阿わ雪」。ひとくちサイズがあったので、「ひとくち阿わ雪」にしました。伊藤博文が愛したお菓子って、どんなお菓子なんだろう真っ白で、軽くって、モチッとした感じ。口に入れると、文字通り“あわ [続きを読む]
  • 下関駅そば  昭和27年創業「大衆酒場 三枡」
  • 下関駅からすぐ。「大衆酒場 三枡」ここ入って行っていいんだろうか??駅前通りからビルとビルの間の狭い路地を奥へと進むと・・・ちょっとだけ扉を開ける勇気が要ります(笑)いや、でもこの中にもうひとつ扉があるんですけどね店内に入ると・・・昭和の匂いがプンプン先ずはショーケースの中から「鰯刺身」をもらい、「瓶ビール」を頼んだ。すると、後ろのテーブル席のお客さんのとこにあった黒板を、店の人がカウンターの私の [続きを読む]
  • 鹿児島のジモ泉にでも浸かっているかのような「王司温泉 清流館」
  • 4月に下関に来て以来気になっていた湯 に浸かって来ました。その外観からはココに温泉があるとはとても想像できない。「大きな農家かな?」って感じの外観。敷地内に入ってみると、元々旅館か何かだったのかな?で、温泉はこの母屋とは別棟にあるんですね。脱衣所に入ると、どこか懐かしい。まるで、鹿児島のジモ泉を訪れたかのような雰囲気。大きめではあるが、味も素っ気もない主浴槽が1つ。だが、温泉マニアにはこれが堪らな [続きを読む]
  • 今シーズン初冷麺
  • 下関グリーンモール「シオン」にて今シーズン『初冷麺』を食べた。それも「シオン」の冷麺も初めて。ココの冷麺は辛くないんです トッピングにキムチが載ってるんですけどね。他にはキュウリ、ガチの焼き肉、茹でタマゴ、紫玉ねぎ。空腹感150%だった私は、、、経験上冷麺は量も少なく、それだけでは足りないと考え、『キムチ炒飯』も頼みました。ところが、冷麺が着丼してビックリ ウワッ!スゴいボリューム こりゃ炒飯迄食べられ [続きを読む]
  • 下関で唯一の天然温泉銭湯「日の出温泉」
  • 下関に来て銭湯はいくつか見かけますが、こちら「日の出温泉」はちょっと違います。 下関で唯一の天然温泉の銭湯 なのです すぐお隣のドラッグストアーに買い物に行った際に見かけ、ウチに一旦戻って夕方改めて訪問しました。訪れたのが日曜日の夕方午後5時。私と同じようにテレビで宮里藍ちゃんの日本国内最後の雄姿を見届けたお父さん方がたくさんいたからでしょうか?浴室の扉を開けると・・・そこには驚くほど多数の入浴客が [続きを読む]
  • 平日の昼のみ営業 『海鮮料理 和』
  • 下関で気になる店を訪れました。グリーンモールにある『海鮮料理 和』平日ランチでの訪問です。ナニナニ人気メニューは・お刺身定食¥880・海鮮丼¥880ですか。改めて店内でランチメニューをチェック。長門市仙崎港で揚がった新鮮な魚介を提供いただいてるんですね 山口県産魚介食べます食べます初訪問なのでお勧めの「人気メニュー」から、『山口県産お刺身定食』をいただくことにします。待つことしばし。来ました お刺身は、イ [続きを読む]
  • 下関 歴史的建造物散歩
  • ◆馬関越荷方役所跡明治維新 揺籃の地馬関(ばかん=下関のこと)は江戸時代、西国一の大湊であった。越荷とは越後方面から北前船で回送してくる米、昆布、数の子など積荷のこと。萩本藩は天保十一年(1840年)ここに役所を開設。運搬された荷を担保に保管・金融業および販売を営み、莫大な収益を上げた。有事に備えた財源は幕末、洋式銃、軍艦購入に充てられた。◆旧下関英国領事館現存する最古の領事館建造物。明治39年(1906年 [続きを読む]
  • 折尾名物「かしわめし」食べながら広島出張
  • 下関から新幹線を利用する際は「新下関駅」利用・・・って、思うでしょ??でもほとんどの場合、東に向かうとしても在来線で西へ。一旦九州小倉迄出て、小倉から新幹線に乗った方が早いんです。今回も出張で広島へ。在来線で小倉まで約15分。そこで新幹線に乗り換えて広島に向かいます。小倉駅で駅弁でも・・・と購入したのはコチラ東筑軒の折尾名物『かしわめし』大正10年(1921年)より販売されているロングセラー。北九州の絵地 [続きを読む]
  • pH10.0の湯に浸かる 「一の俣温泉荘」
  • 私が初めての温泉地を訪れ、たくさんの宿や共同浴場があったとしてどこに入るか選ぶ際、いくつかの観点から入る湯(温泉)を決めます。・○○グランドホテルのような大型ホテルよりも、○○荘のように小さな宿を選ぶ・ジャングル風呂があって、露天風呂がたくさんあってという宿よりも内湯が一つだけの宿を選ぶ・きれいなホテルよりも古びた旅館を選ぶ・入浴料が高い所よりも安い所を選ぶとまあ、敢えて言葉にしてみましたが、これ [続きを読む]
  • テイクアウト専門『K tacorice (ケイタコライス)』
  • 私がどんだけタコス好きか、まずは過去の記事をご覧ください。↓ 4つの記事が表示されます。過去のタコスに関する記事自分でタコスミート作るほどのタコス好き そんな私が、「下関にもタコス屋さんがあるよ」と聞いて行かないわけが無いじゃないですか 訪れたのは、国道9号線入江交差点から北へ、幡生方面に向かう道左手にローソンがある所の向かい側(右手側)。テイクアウト専門店『K tacorice (ケイタコライス』さんです。ま [続きを読む]
  • 初めて自宅でサザエの”つぼ焼き”
  • サザエは殼ごと焼く「つぼ焼き」が有名で、旬は初夏から夏。海辺で見かけると、ついつい食べたくなるサザエのつぼ焼き。まず、サザエは酒を飲む私のようなオヤジの身体に良い食べ物だ。カロリーは100gあたり・・・(生)89kcal、(焼き)97kcalサザエはビタミン・ミネラル類をバランスよく含み、貝類のなかではタンパク質(100gあたり19.4g)も多い方です。さらにタウリンの含有量はトップクラス。タウリンには胆汁酸やインスリン [続きを読む]
  • 川棚温泉 旅館竹園
  • この日は「川棚温泉まつり」で普段日帰り入浴は受けていない旅館のお風呂に入っています。普段ならこの辺は車で来れますが、まつり当日は規制されており、車の乗入れはできません。1軒目は「和こころの宿 藤屋」さんへ2件目は「旅館 竹園」さんへ【注:普段は日帰り入浴は受け付けていません】先ほどの藤屋さんもひとり貸切状態で湯を堪能できましたが、竹園さんも同じくひとり貸切状態です 浴室内に入るとちょうど目の前にコン [続きを読む]
  • 川棚温泉 「和こころ 藤屋」
  • 今日は「川棚温泉まつり」ステージではよさこい踊りの音楽が鳴り響いています。そして、当まつりでは普段日帰り入浴をやってない温泉宿の温泉にも入れるのです。それも格安で 1年に一度のチャンス前売チケット2枚で¥500。基本1枚(¥250)で1か所入浴可。施設によっては2枚必要な所もあり。11:00から入浴可との事で、11:00に先ず訪れたのは「和こころ 藤屋」さん。こじんまりとしていますが、凛とした佇まいの宿です。【注:普段 [続きを読む]
  • 下関市吉見のホタル祭
  • 二週連続で下関市の吉見地区でホタル祭が開かれました。地元の社員からお誘いを受けて行って参りました 最近日の入りは遅く、午後7時でもまだ明るくて、夕方集合でまず全員で温泉 へそれから本州最西端に沈む美しい夕陽をみんなで眺めさて、行きましょうか。ホタルまつり会場へ。・・・って、ホタルおらんやん!いえいえ、こちらは飲み食いする会場。ホタルは暗くないと見えませんからね 川沿いには無数のホタル。みな一斉に光り [続きを読む]
  • 川棚温泉「小天狗」あ〜新鮮なお湯だなぁ〜
  • 下関駅からクルマで約40分と、お手軽に行ける温泉「川棚温泉」。開湯は1183年。九州・下関の奥座敷として親しまれ、俳人種田山頭火や、ピアニスト アルフレッド・コルトーが愛した温泉として知られます。老舗旅館を中心とした温泉街らしい情緒が感じられます。今回ご紹介するのは、その中でも加温無し、加水無し、純粋かけ流しで飲泉も可能な湯使いの『小天狗』さん下関に越して来て、初めて入った温泉は川棚温泉「ぴーすふる青龍 [続きを読む]
  • 唐戸 お食事処「かな川」で日替り定食「チヌのあら炊き」
  • 週末の昼時、クリーニング屋行ったり、買い物行ったり、洗濯したり・・・あっ、昼食どうしよう そうだ。唐戸に一軒行ってみたい店があったんだ。訪れたのは唐戸交差点・唐戸公園すぐ横のお食事処「かな川」暖簾をくぐります。入るとカウンター上に小さなホワイトボードが。そこに本日のランチメニューが書かれています。まず、メインの料理を肉か魚か選びます。私は魚を選びましたが、選んだのが・・・「チヌのあら炊き」 いや、人 [続きを読む]