創塁パパ さん プロフィール

  •  
創塁パパさん: よっしーのつぶやき
ハンドル名創塁パパ さん
ブログタイトルよっしーのつぶやき
ブログURLhttp://hitorigoto25.blog22.fc2.com/
サイト紹介文野球好き・落語好き・相撲好き・JAZZ好きの「オタクなおじさん」のひとりごとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/03/22 22:43

創塁パパ さんのブログ記事

  • 舛の勝十両昇進なるか!!! その3
  • 我が、千賀ノ浦部屋のホープ。東幕下3枚目の 舛の勝。 本日、天空海と1敗対決で見事に勝利!!!6勝1敗としました。東筆頭の貴源治が 4勝3敗。東2枚目の 翔猿が 5勝2敗東3枚目の 舛の勝が 6勝1敗明日の、大砂嵐、矢後、臥牙丸の勝敗が気になりますがまずは、来場所の、十両昇進は当確と考えます。根拠①尊敬する 千葉さん。元新花山さんの見解6勝でしたら、二番手だと思うので、間違いなく十両上がりますね! [続きを読む]
  • 舛の勝。十両昇進なるか!!! その2
  • 昨日時点で、十両西14枚目の、希善龍が休場で、負け越し。幕下陥落は決定的。十両東12枚目の北はり磨も、4勝9敗となり、幕下陥落が決定的。一方、東幕下筆頭の 貴源治が、4勝3敗であるが、東なので十両復帰確定。また、幕下東2枚目の翔猿も、5勝2敗で十両復帰が濃厚である。東幕下14枚目の水戸龍は、昨日鏡桜に全勝対決で敗れて、幕下据え置きが確定。後は、十両東10枚目の大砂嵐が、現在5勝8敗。連敗すれば幕下陥落に可能性あ [続きを読む]
  • 舛の勝、十両昇進なるか!!!
  • 大好きな「千賀ノ浦部屋」の話題。舛の勝。東幕下3枚目、5勝1敗で、本来なら十両昇進が濃厚ですが、来場所は、番付編成が難しい。①希善龍が、今日から休場。西14枚目ですので、幕下陥落が濃厚②明日の、水戸龍が、勝ち、全勝すれば自動的に十両昇進(15枚目以内)③幕下東筆頭の貴源治と東2枚目の翔猿が4勝2敗④十両東12枚目の北はり磨が本日負け越し4勝8敗⑤十両西13枚目の矢後が、今日で5勝7敗⑥十両東10枚 [続きを読む]
  • 映画 「関ヶ原」を鑑賞して
  • 映画、「関ヶ原」公開鑑賞してきました。本編、二時間半。まずは、一言。「薄い」プログラムを読みましたが、3カ月で撮ったとのこと。どうりで無理があるなあと。確かに、今の時代は、最初から「キャスト」ありき、そして「事務所」の意向。わかってますよ。でも、原田監督。司馬さんの「関ヶ原」に挑戦したいとの意気込みならそれはないでしょう。この「大作」を、たった3カ月で撮りきる。はっきり言って無理!!!キャスト石田三 [続きを読む]
  • 夏休み越後湯沢の巻
  • 今年の夏休み。 ほんと天気が悪かった。でも、越後湯沢に行った日は何とか「晴れ間」がありました。2階建てMAXが今年中で終わるとのことで、ちびのリクエスト。越後湯沢駅で下車。 まずはお昼 駅前に、CoCoLoという大きな商業施設がある。便利だね。パパは「鮭イクラ丼」日帰り温泉「湯沢ニューオオタニ」に到着。なかなか広いお部屋です。荷物を置いて、ロ―プ―ウエー乗り場へ。途中に足湯が。気持ちいい!!!さあ、頂上へ [続きを読む]
  • 名盤ではないが、大好きなJAZZアルバム
  • 神保町の「BIGBOY」さんに通っているおかげで名盤ではないが、すばらしいJAZZアルバムに出会えてます。そんなアルバムを随時紹介していきますね。1.初めて聴いてぶっ飛んだ「アルバム」ザ・キッカー以下、JAZZ100年の大名盤500より。1963年12月。ボビー・ハッチャソンはブルーノートに初リーダーアルバムを録音した。メンバーは、6週間前にグラント・グリーンの輝ける「アイドル・モーメンツ」を作ったと同じセクス [続きを読む]
  • 平成29年秋 落語協会真打披露興行 志ん五復活!!!
  • 平成29年9月下席より・桂三木男 改メ 五代目 桂三木助・柳亭こみち・古今亭志ん八 改メ 二代目 古今亭志ん五この3名が、真打に昇進する。志ん五がついに復活する。感慨深い。志ん五といえば、私が40歳のころから、寄席通いを始めたときの「アイドル」二ツ目時代から、一度聴いたら忘れない与太郎像を確立して「与太郎の志ん三」と言われた。『らくごin六本木』(フジテレビ、高田文夫プロデュース、俳優座劇場公録)でも、 [続きを読む]
  • 両国江戸のれん
  • JR両国駅前の商業施設。両国江戸のれん記事は2016年11月25日に公開されたもの(以下) かつて江戸最大級の賑わいを見せていた街、両国。両国周辺には江戸時代の伝統や文化を受け継ぐ施設がたくさんありますが、今回新たに注目のスポットが誕生しました。11月25日(金)、歴史ある両国駅の旧舎をリニューアルした新たな複合施設『-両国- 江戸NOREN』がオープン。西口直結なのでアクセスの良さも抜群です。(以上記事抜粋)場所中に前を [続きを読む]
  • 義の武将「大谷吉継」について
  • 前回、関ヶ原のことを書いたので、大好きな大谷吉継にも触れてみたい。大谷吉継以下ウィキペディアより大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。通称は紀之介、号は白頭。官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)の通称で [続きを読む]
  • 西軍が好きな男
  • 映画、「関ヶ原」が公開される。楽しみである。もちろん見に行くよ。でも、私の「関ヶ原」は以下のTBSのドラマがバイブルである。奇跡の「キャスト」以下、ウィキペディアより。『関ヶ原』(せきがはら)は、東京放送創立30周年記念番組として司馬遼太郎の小説『関ヶ原』を原作に、TBS系にて1981年1月2日から1月4日まで3夜連続で放映された大型時代劇。第1話「夢のまた夢」1598年8月、天下人・太閤豊臣秀吉が世を去った。秀吉の遺 [続きを読む]
  • 神保町 「BIGBOY]のこと
  • 神保町にある、「BIGBOY」最近の私の「行きつけ」の店です。以下、お店のHPより。(以下)BIGBOYは、初めての方でも、 気軽にJAZZを楽しめる神保町のお店です。 小さなお店なのでお席がご用意出来ない事も ございますので、 大切なお仲間とご来店の際には、 事前に席の確認をしていただくことを おすすめしております。 ご来店を、心よりお待ちしております。まさに、この言葉通りの、フレンドリーで素敵なお店です。 [続きを読む]
  • 名古屋場所。おさらい。
  • 大相撲名古屋場所が終わりました。我が、応援する千賀ノ浦部屋のおさらい。舛の勝  幕下東5枚目で見事4勝3敗の勝ち越し。来場所はいよいよ関取への足掛かりの場所になります。太一山 三段目 西53枚目で 4勝3敗の勝ち越し。もう1・2番勝てたような。来場所は、幕下昇進を目指して頂きたい。舛乃山 序二段東49枚目 7戦全勝。決定戦で炎鵬に敗れたものの、立派な全勝。膝の具合もどんどんよくなってきています。さあ、秋場所も [続きを読む]
  • 日経新聞夕刊 こころの玉手箱 柳亭市馬
  • 日経新聞の夕刊。一週間、柳亭市馬「こころの玉手箱」より。以下、所感初日相撲好きになったのは、祖母の影響。柏戸のファンであった。市馬は、ガキ大将で友達と相撲をとっても一番強かったらしい。落語家になってからは、先代小さんが「千代の富士」ファンでいつも、千代の富士の勝敗をチェックさせられていたようである。最近の相撲の楽しみは「行司」。品格ときびきびとした動きが楽しいらしい。呼びだしも好き。どおりで、市馬 [続きを読む]
  • ベイスターズを愛する会!!!
  • ベイスターズが大好きな気の合う仲間と飲み会。ベイスターズももちろん大好きだけど、真の野球大好きな人なので話が盛り上がること(笑)しかし、去年のCS進出はほんと大きかったですね。スカウティングも充実してきて、今年の新人も楽しみです。みんなで、今年の順位予想もしました。ちなみに以下が、私の予想。希望もありますが。①横浜②広島③阪神④巨人⑤ヤクルト⑥中日独断と「偏見」で(笑)ベイファンの友人のむすこさんの [続きを読む]
  • 2月上席 池袋演芸場 千秋楽
  • 今年は初めての「寄席」やっぱり池袋演芸場へ行かんとね。以下、演目一部感想春風亭柳朝 「洒落小町」最近あまり、演る人がいないような。元は上方落語「口合小町」桂文治作。柳朝は、やっぱり「華」があるね。好きな「噺家」さんのひとり。間の取り方も良い。橘家半蔵 「代書屋」圓蔵師の2番目のお弟子さん。雰囲気は圓蔵師に似ているが肝心の「落語」は残念ながらイマイチ。演目も「ニン」ではない。漫才 にゃん子 金魚いや [続きを読む]
  • よってたかって新春らくご17  有楽町よみうりホール
  • 夢空間が、主催の落語会。あまりいかないけど、今回はご一緒する方がおり行ってみた。結果としては、めずらしく落ち着いたいい「落語会」であった。三遊亭兼好 「黄金の大黒」この人の落語はスピード感があって楽しい。だけど、一言いわせて頂くと、せわしなくて「落ち着き」に欠ける感がある。もう少しゆっくり話してもいいのではと思う。柳家喬太郎 「次郎長三国志 小政立身出世伝」まずは、自分が主演の「映画」の話。スプリ [続きを読む]
  • 舛実くんを、囲んで!!!
  • 初場所、6勝1敗と大活躍の舛実くんを囲んで。四谷三丁目の老舗「こっくている」にて。好角家の友人、Fさんと、同級生のTくんと。いやあ、「好角家」だけには初場所のネタの激論でした。楽しかったなあ。Fさんと舛実くん私と舛実くんそして、「こっくている」のおいしい「料理」です。さすが、定番の「大人の洋食屋」さんですね((笑) [続きを読む]
  • 大相撲観戦と 居酒屋貴闘力
  • 稀勢の里の優勝と、横綱昇進にわいた、初場所。10日目に観戦をしてきました。平日でしたが、もちろん「満員」です。稀勢の里は照ノ富士に「完勝」でした。取組後は、居酒屋「貴闘力」へ。好角家と世話人の栃の山さんを囲んで、全部で7名の「大宴会」いやあ、うまかったのなんの。話もさすが「好角家」の集まりで「相撲」のマニアックなネタばかり(笑)刺し盛り張りて揚げ(貴闘力の技にちなんでネーミング)塩ちゃんこ(うますぎ [続きを読む]