癒し草 さん プロフィール

  •  
癒し草さん: 癒し草
ハンドル名癒し草 さん
ブログタイトル癒し草
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/iyashigusa/
サイト紹介文植物が大好きで、野草観察、野草栽培を楽しんでいますが、最近は家庭菜園も夢中になっています。
自由文野草栽培や野草観察も趣味で…野草の名前が分からない方には、アドバイスできればと思っています。
家庭菜園は本格的に始めて8年目、もちろん有機無農薬栽培ですが…最近は無肥料栽培も試行中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2009/03/24 13:13

癒し草 さんのブログ記事

  • あの日を忘れないために‥大きくなりました。
  • 最近は、人より超涙もろくなっているので‥あの日が訪れると、悲しみ涙する日になりました。それが分かっているので、テレビも避けていましたが‥避けきれるものでは無く、ティッシュの山ができてしまいました。とくに最近は、人や動物が亡くなることに過敏になっています。でも忘れ去ることは、震災復興の妨げになるという思いは‥改めて思いました。菜園には、この日を忘れないために、果樹苗を植えています。過去の投稿の中には [続きを読む]
  • 今年のジャガイモ植え付けは‥
  • 今年の春植えジャガイモは、自家採種のタネ芋を使うことを考え‥先月末から、そうか病を避けるため5年近く休ませた場所を耕し植えています。今年も無農薬栽培米のモミガラを大量にいただき (2トントラック4台分) 、それを燻炭に加工して菜園に使っているので、pH6以下のところは限られます。pH5以下のところに植え付けると、そうか病の発生は見られないそうです。先月末「インカのめざめ」を植えましたが、試しに1列は「逆さ [続きを読む]
  • 多肉植物の越冬‥成功かな?
  • 屋外の軒下で越冬中の多肉植物、初めての越冬ですが‥何とか冬を越せたみたいです。今冬最低気温はマイナス4度、多肉植物の越冬耐寒温度としては低いのですが水やりを控え、水を与えるときは雨天の日に決めていました。最低気温が氷点下が続かず‥雨天の日ならベスト水やり日です。冬の間も生長を続けていますが、今のところ寒害も見られません。このまま2〜3年は植え替えない予定で、子株が増え鉢を隠すまで見守ることにしてい [続きを読む]
  • 空豆とエンドウ‥花が咲きはじめました。
  • 柿の木の下に、自然発芽で育った空豆‥もう花を咲かせています。自家採種のタネで育てる予定で乾燥させていたのですが、ソラマメゾウムシが食べた豆に気づき‥柿の木の下に捨てました。土をかぶせておいたのですが、雨で膨れた豆をカラスが掘り起こし食べました。その食べ残しが発芽したようです。ここには野菜の残渣や生ごみも捨てることがあるので、土は肥えています。少し早めに収穫できそうで、豆好きの孫も喜びそうです。空豆 [続きを読む]
  • 純白ヒメオドリコソウ‥爆発的繁殖後は?
  • 雑草を育てようと思うのは、よほどの物好きと自覚していますが‥帰化植物の純白ヒメオドリコソウがあると聞いたとき、つい実物を見てみたいと思いました。タネを送ってもらって最初は鉢栽培でしたが、野草棚から逃げ出し周囲に繁殖を始めたときは「焦り」を感じるほど、爆発的大繁殖のパワーがありました。靴裏に付いたタネは、私の行動範囲に繁殖地を広げ‥菜園も、その繁殖地内にあります。でも、発芽苗を見つけると引き抜く作業 [続きを読む]
  • 品種改良野菜の‥栽培と収穫
  • 野菜も品種改良が進み、いろいろな改良種が増えてきました。野菜友達から苗をもらって、初めて栽培した「サラダわさび菜」も新顔野菜です。若葉を摘んで、生野菜サラダに加えていますが‥なかなか消費できません。調べてみると、茹でて和え物にも使えるようで、試してみたいと思っています。ピリリとしますが、そんなに辛みは強くなく‥パセリの代用にも使っています。自然発芽で育つサラダからし菜(右側)と比べ、この新種の方が美 [続きを読む]
  • 激甘大根‥今年もカラスに食べられた!
  • 大根も残り5本になり、そろそろ晩秋にタネを蒔いた雑煮大根用の大根を食べようと思っていますが、越冬大根の甘さは今ピークです。何度かカラスに食べられているので、ネットで覆おうと思っていたところ‥やられました。人参は大根より早く食べられ、土からはみ出した人参ほど標的になります。前にも大根の糖度を計って投稿しましたが、いかに甘いか検証してみました。計ったのは‥食べられた大根の隣 (画像の右側) に植えていたも [続きを読む]
  • 広茎京菜の栽培と‥厚揚げとの炒め煮
  • 野菜友達から苗をいただいて初めて栽培した広茎京菜ですが、収穫適期になり初めて食べてみました。水菜の1種で、茎や葉が大きく、生で食べるより煮物に適しているそうです。友達は種苗業者の通販でタネを求めたようで、越冬した株は甘味が増して‥とくに美味しいと言うことでした。野鳥に食べられるので、ネットで覆って栽培しています。我が家の水菜の定番メニュー、厚揚げと煮ることにしたのですが、珍しくこれは野菜嫌いの相棒 [続きを読む]
  • 便秘解消と‥米麹ダイエット?
  • 朝の情報番組で、米麹で作る甘酒効果が話題になり、急に百貨店やスーパーに「甘酒コーナー」が作られています。弟のお嫁さんから米麹で作った「甘麹」をもらい、このブログでも甘麹で作る「べったら漬け」を紹介しましたが、残念ながら私は漬物が食べらません。べったら漬けの作り方は、こちら‥https://cookpad.com/recipe/4339574私は乾燥米麹を買って、1週間前から作って飲み始めました。作り方は簡単、1合の米に3合の水で粥 [続きを読む]
  • ニンニクとタマネギに‥追い肥とモミガラ灰
  • ニンニクの追い肥は2月中に終える方が良いので‥油粕と骨粉をブレンド、そしてコウモリの糞を加工した肥料の上から、モミガラ灰を散らしました。油粕はカラスが食べてしまうため、それを予防するため灰を散らします。                        (写真は、無臭ニンニク) ネギ科に草木灰を与えていたのは‥幼いころから、記憶に残っています。煮炊きも風呂も薪を使っていた時代で、火付けに枯れ [続きを読む]
  • 我が家の葉物野菜の定番料理は‥
  • 白菜や菜の花の蕾が見えるようになり、花が咲くまでに葉物野菜を食べ終えようと野菜料理が多くなります。相棒は野菜が好きではないので、せっかく作っても私だけが食べるということもあるのですが、翌日の私用の昼食分も作っています。水菜は生や煮て食べるだけでなく、和え物や肉巻きに使います。水菜のあえ物は意外に作らないようで、詳しい作り方はまたクックパッドにも投稿しておきました。https://cookpad.com/recipe/4362529 [続きを読む]
  • 天に召され‥‥。
  • 歳のせいか最近は、超涙もろくなり‥テレビを観てもティッシュが欠かせません。とくに動物や人が殺されたり亡くなるシーンや、感動のスポーツ観戦まで、気が付くとティッシュの山ができ、もう何年も映画も行っていません。家での号泣は良いですが、嗚咽をだしての映画鑑賞はさすがに恥ずかしい!中学、高校と同じ学び舎に通った同級生たちと、若くはない女子会を月に1度は開いてきました。でも1年前から、そのペースは崩れはじめ [続きを読む]
  • 野良ちゃんの‥新入り?
  • 納屋で住み着いた野良猫ちゃんは昨年、5月30日に亡くなって以来、それまで姿を消していたネズミが復活しています。収穫したサツマイモを納屋で保管中に食べられるようになり、年末に収穫したキウイも食べられているのに気付きました。捕獲シートを置いたところ、短い期間に5匹もシートに貼り付き死んだのですが、米糠も食べられシートを移動させていました。数日後、シートは消えてなくなり‥数日後に見つかったシートのネズミ [続きを読む]
  • 福豆で作る‥「煎り大豆粥」
  • 今年の福豆も1袋を食べきるのは大変で‥「大豆粥」を作って食べています。昨年には「黒豆茶」と「煎り黒豆」もいただき、消費できないと「もったいない」ので煎り豆ご飯も炊いてみましたが、相棒は好きではなさそうです。残りご飯で作る福豆粥なら、1人分を作れるのでお勧めです。詳しい作り方は、またクックパッドに投稿しておきました。作り方は‥残りご飯に、煎り豆を加え炊くだけです。我が家では昔、薄い塩水に豆を1日ほど [続きを読む]
  • 雪降る日は‥「ドライフルーツ」作り
  • 珍しく今日の雪は積もりそうで外作業は休み、ドライフルーツメーカーを使った加工品作りに励んでいます。まず、前から作ってみたいと思っていたキウイを乾燥させています。知人からミカンの輪切りのドライフルーツをいただいたので、初めて成った我が家のミカンも試して作りました。このミカン苗はハウスミカン用に品種改良されたものらしく、中身が緻密でドライフルーツに適していると思います。前日から乾燥させたキウイは、設定 [続きを読む]
  • ニンニクは‥今
  • 昨年はタマネギだけでなくニンニクも、収穫直前になって赤錆病が蔓延したので、今年の移植株は、やや間隔をあけ植え付けています。いつもは密植でも問題なく収穫できたのですが、4月末まで安心できません。1番手前は無臭ニンニクで、次がジャンボニンニクになります。今年も4か所に植え、発病した場合のリスクを避けるようにしています。                                    (手前がジャ [続きを読む]
  • 聖護院大根の「蒸し切干し大根」
  • 実家から届いた巨大大根と聖護院ですが‥しばらく寒波が居座り、PM2.5の飛来も無いようなので、また蒸し切干し大根を作ることにしました。前回にもらった聖護院大根は厚揚げと煮ましたが、すぐ煮えすぎて形が崩れ絹ごし豆腐並みです。切干しに加工すれば、もう少し硬く煮えることを期待しています。亡きお姑さんは、煮汁の滲みた大根が大好物で「これがあれば肉も魚もいらん」と、よく言いながら食べていました。普通より厚く切 [続きを読む]
  • 甘麹で‥簡単「べったら漬け」
  • 実家のお嫁さんが、また白菜と大根、そして作ったばかりという「甘麹」を持って来てくれました。野菜友達から今年も、いろいろな柑橘類をいただき「おすそわけ」の予定でしたが来てくれたので持ち帰ってくれました。甘麹は温め生姜パウダーを混ぜると、美味しい甘酒になります。酒粕で作った甘酒は酔っぱらい飲めないですが、これならノンアルコールでいただくことができます。思いついて、べったら漬けも作ることにしました。相棒 [続きを読む]
  • 「ターメリック」作り
  • Yahoo!ニュースを読むと、ウコンの効き目には疑問があるそうですが‥今冬もウコンの粉末作りも励みました。昨冬は蜂蜜漬けも作りましたが、まだ残っているので今冬は作りません。前回投稿の「生姜パウダー」は、もう食べきり、また作っています。粉末に加工するミルは3台目ですが、それも使い過ぎの劣化で小さなヒビが入り、そろそろ買い替えも検討せねばなりません。生姜パウダーの作り方と同じで、乾燥させてミルでパウダーにし [続きを読む]
  • 「紫芋の焼餅」‥かな?
  • あれからもサツマイモの干し芋作りを続けているのですが‥たまたま見た「米粉パウダー」の賞味期限が迫っているので、また「おやき」を作りました。蒸したムラサキイモを潰し、それにオリゴ糖を加えながら「紫芋餡」を作ります。米粉だけでは足りないので同量の小麦粉と少量の塩を加え、熱湯を入れながら耳たぶぐらいの硬さまで練り、30分ほど寝かせました。ムラサキイモ餡を包んで、フライパンで焦げ目がつくまで焼きました。作 [続きを読む]
  • エンドウ苗の耐寒温度は‥?
  • 菜園に行くと先週の寒波で、耐寒温度は低いとされるエンドウ苗も、冷害の株が見られます。                                   (北側に伸びた茎)菜園はマイナス4度くらいまで下がったはずで、冷害が見られるのは葉先です。とくに伸びた茎ほど被害が大きく、エンドウの耐寒温度は株の生育状態によって違うことが分かります。1年前は足摺岬を旅して、1メートルほどに伸びて花が咲き始めたエン [続きを読む]
  • 「中華おこわ」を‥作りました。
  • 実家近くの竹やぶで、タケノコの皮をもらって保管していますが、それを使って作る「中華おこわ」を‥インフルエンザで学級閉鎖している孫たちに届けるために作ることにしました。孫たちは感染していないのですが今、小中学校でも大流行しているそうで、先週は登校したのは1日だけだったそうです。圧力釜で仕上げた「おこわ」は‥竹の皮で包みます。1日前から糯米を洗って浸け、今回は20時間ほど浸けていました。手間暇かかるの [続きを読む]
  • 農薬散布のキャベツは‥‥今?
  • 私の菜園近くで、キャベツを出荷している農家のキャベツ畑の横を通りました。出荷が始まっている菜園のキャベツですが‥予想通りでした。私が栽培するキャベツは、丸坊主になるほど野鳥に葉を食べられていますが、どのキャベツも食べられた様子はありません。根から吸収する農薬を使われているようで、1度の散布で半年間も効き目がある農薬もあります。自給自足を目指して無農薬栽培を続けている野菜友達は、苗作りに失敗してもホ [続きを読む]
  • 4回目の麦踏み
  • 幼いころ厳冬期に、麦踏みを手伝ったことがあるのですが、そんなことを思い出しながら「餅麦」の4回目の麦踏みをしました。麦踏みは1月から2月までの間に、4〜5回の麦踏みをすると良いそうです。浮き上がった根を戻すだけでなく、分枝数も多く出て収穫量が増えるので、この作業は欠かせません。麦を踏みつけると傷口からエチレンが出て、それが茎が太くさせる効果もあるそうですが、小学生のころはそんなに大切な作業とは思い [続きを読む]
  • 今が干し芋作りのベストチャンス!
  • いつも天日干しの加工品を作るときは、PM2.5の飛来情報をチェックしますが、寒入り後は飛来が少なく強風も吹くので‥早く仕上がりチャンスです。サツマイモを蒸して切り、干して作る「干し芋」も今、作っています。5時間ほど食品乾燥機を使い‥1日、天日干しで仕上げます。今日の最高気温予想も5度、寒くて火を使う作業を増やしていますが、水も使う時間が増え、また指はひび割れました。前回は食品乾燥機(フードドライメー [続きを読む]