癒し草 さん プロフィール

  •  
癒し草さん: 癒し草
ハンドル名癒し草 さん
ブログタイトル癒し草
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/iyashigusa/
サイト紹介文植物が大好きで、野草観察、野草栽培を楽しんでいますが、最近は家庭菜園も夢中になっています。
自由文野草栽培や野草観察も趣味で…野草の名前が分からない方には、アドバイスできればと思っています。
家庭菜園は本格的に始めて8年目、もちろん有機無農薬栽培ですが…最近は無肥料栽培も試行中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2009/03/24 13:13

癒し草 さんのブログ記事

  • 「キタアカリ」と‥「紅あかり」の植え付け適期?
  • 秋植えジャガイモは、ニシユタカやアンデスレッドなど‥秋植えに適する品種があるのですが‥春植え専用と思われるジャガイモも栽培可能です。ただ、芽のでる時期が遅れるので、植え付けは彼岸前後になります。芽が出たことを確認してから植えないと、秋に芽がでなくて来春になることもあり初めて植え付けたときは半数が翌年発芽になってしまいました。「キタアカリ」に限らず‥どのような春植えジャガイモでも、そのことを守れば失 [続きを読む]
  • 川上村「山の学校」参加と‥ツクバネ探し
  • 昨年は体調不良もあって参加できなかった川上村の「山の学校」ですが‥今年で閉校の連絡があって、参加してきました。今回の開催場所は芸術家などが住む‥「匠の聚」(たくみのむら)で、敷地内に植えられた栗を収穫して、焼き芋や焼き栗を楽しもうという企画でした。参加者に食べてもらおうと、友達にもらった無農薬栽培の赤柿を持参‥さらに、挿し芽で育てた彼岸桜、ポポーの実生苗、黒花蝋梅などの苗木を敷地内に植えてもらおうと [続きを読む]
  • 無農薬無肥料栽培の極早生柿とポポー
  • 菜園に行くとき、野菜友達にいただいた極早生柿を「おやつ」に持参します。果物の中で柿が1番好きで、幼いころからご飯代わりに食べていました。いただいた柿は、彼岸のころに熟す品種で‥品種名は分からないそうです。放任栽培らしく、周囲に生えた草を刈り取って敷き、雑草の繁殖を抑えているそうで‥先日の自然農研修の見本のような栽培です。ただ、摘果もしていないので‥豊作の今年は、小粒ばかりだそうです。今年の柿は裏年 [続きを読む]
  • 実家の石庭は‥今
  • 野菜友達から極早生柿を採ったので、取りに来ないかと電話があって‥昨日、久しぶりで5時間近く野菜談義の時間を作りました。幼いころに見た野草の「記憶比べ」や、大きくなった果樹を次代に引き継ぐことの悩みなども聞き、実家の両親の実例なども助言しました。病弱だった父は、病んで世話できず虫食いや衰弱して‥息子たちが悩みのタネにならないようにと、自家消費分を残し生きている間に大半を伐採しました。祖父や叔父が植え [続きを読む]
  • 台風一過の菜園は‥‥
  • 台風18号が関西を直撃‥こちらは、メディアが予告報道したほど強風は吹かず、昨夜の11時から1時間ほど風音が聞こえるくらいの風が吹きました。また雨戸も閉めず、窓も隙間をあけていたので、今回の台風も野菜たちにとって大丈夫と思って菜園に行くと、キュウリが横倒しになっていました。調べると‥風速14メートルくらいの強風だったみたいです。風避けのつもりで巻いた寒冷紗が災いしたようで、支柱の竹が折れていました。 [続きを読む]
  • ここ掘れワンワン‥お宝か?
  • 菜園で耕すたび、土の中から出てくる土器の破片のことが気になっていました。10年ほど前から、見つけた土器片を持ち帰り‥洗って整理してみました。持ち帰ったのは1部で、本気で探すならもっと見つかりそうです。小学生のころは竹藪の断面から出てきた土器を集め、喜んで遊んだこともあり‥ここはどこを掘っても都人が住んだ証を見つけられる土地柄です。実家の竹藪や田畑は、10年ほど前の発掘調査で土器だけでなく剣も出てき [続きを読む]
  • 激甘ゴボウ‥「干しチップ」作ってみました。
  • 朝の情報番組で、ゴボウの生産者が採ったゴボウを激甘に変えて食べることを紹介していたので、試してみることにしました。激甘ゴボウに変化させる方法は冷蔵庫の野菜室に保管するだけ‥野菜の中には低温保存によって糖度が高くなるものがあります。北海道では、ジャガイモやキャベツなど集めた雪室の中で保存して、糖度を上げたものを販売されていますが、最近は肉や魚まで保存したブランド商品があります。ゴボウの場合、ベストは [続きを読む]
  • 無農薬有機栽培の研修会に参加しました。
  • 無農薬栽培を続けている野菜友達に誘われ‥安全・安心の野菜栽培をしている団体などを見学するという日帰り研修に昨日、参加させてもらいました。私の村の農家は農薬を使っていないところは無く‥そんな話題をするだけで、どこか「変人」扱いを受けそうな雰囲気すらあります。安全な食材を提供するという理念で活動する団体があるというのは、私には大きな希望で‥知りたいことがいっぱいの研修でした。午前中は「日本一、小さな農 [続きを読む]
  • オカワカメの開花と‥大繁殖の予感?
  • 野菜友達からいただいた「オカワカメ」は4月に植え付け‥葉を摘み取って食べていますが、そろそろ収穫が終わりそうです。葉の間から紐状の花穂が無数に出て、花が咲きはじめました。こんなに美しい花とは想像もしなかったのですが、満開になれば圧巻です。花穂の数は分かりませんが‥新しくできたムカゴからも咲くことを発見!野菜友達は、できたムカゴは植え付けると、すぐ苗になるので爆発的に増やすことも可能だと話していま [続きを読む]
  • 秋キュウリ‥アブラムシに負けず収穫間近
  • 8月1日にタネを蒔いたキュウリが、いよいよ収穫期を迎えました。少雨が続きアブラムシが大繁殖して、生育が止まるかと心配したのですが‥成り花が咲いて、キュウリらしくなってきました。虫に食べられた葉は、早めに摘み取ることにしたので、株元は風通しよくなっていますが‥脇芽を摘心していないことも分かります。これまで、できるだけ長くキュウリを収穫できるように、タネ蒔き時期をずらして「秋キュウリ」を育ててきました [続きを読む]
  • 少雨でアブラムシが大繁殖‥コガネムシの「水没の刑」
  • 天気予報は雨マークが続いても半月前に11ミリの雨が降って以来、雨らしい雨が降らなかったのですが、やっと6日の午後から7日の早朝にかけ降りました。水やりを続けられなくて、今年も冬野菜のタネ蒔きが遅れています。残暑が厳しい年ほど害虫の動きも活発で、過去のタネ蒔き記録を見ても、何度もタネの蒔きなおしを続けたことがありました。また少雨が続くとアブラムシの繁殖が激しくなり、テントウムシでは処理きれないほど増え [続きを読む]
  • ドライイチジク、イチジクのミックスジャム‥作りました。
  • アシナガバチに刺された安静期間、外出は控え‥イチジクの加工品作りに励むことにしました。PM2.5の飛来情報を見ても安全日が続き‥前から作りたいと思っていた「干しイチジク」に初めて挑戦です。レンジやオーブンで作る方法もありますが、食品乾燥機で水分を飛ばした後、天日干しで仕上げることにしました。今年は雨の日が少なく、イチジクも小粒で‥こんなことは、初めてです。半切りや四つ切りのイチジクを、65度設定で1 [続きを読む]
  • 1時間で皺が消え‥‥
  • 生い茂った雑草との戦いに励んでいたら、果樹の世話まで手が回らず‥今年もイチジクや未熟富有柿をカラスに食べられ始めました。7月末になった熱中症の後遺症は、治るのに予想以上に長引き、今になって焦りながら冬野菜の植え付け準備もしています。昨日夕方、今年もアシナガバチに右手の指を刺され‥すぐ〇〇カンを塗ったのですが、1時間ほどで腫れはひどくなり、病院に行ってきました。飲み薬と塗り薬をもらって、13時間が経 [続きを読む]
  • 9月に収穫するスイカは‥?
  • スイカが大好物の孫たちのため、今年も秋まで収穫できるようにタネ蒔きしていますが、秋に収穫するスイカは「採りごろ」がとても難しい。普通は受粉から40日前後で熟すと言われますが、それより早くに熟します。夏採りは、スイカの近くにある髭蔓が枯れるとOKですが、秋は1ヶ月で熟すので髭蔓が枯れる前に採ります。枯れるのを待っていると、割れて爆発します。このスイカは昨年、スイカを植えていたところで自然発芽で育ったも [続きを読む]
  • 「黒ほうずき」の花が咲きました。
  • 「黒ほうずき」は、私の菜園に最近加わったもので‥食べられると思っていたら有毒植物らしく、ハエなどの虫が嫌う成分が入っているそうです。残念!花が咲き始めたので撮ってみましたが、小さなミツバチが密を求め訪れました。朝に見たときは蕾で‥午後に咲くと、想定通りの大好きなブルーの花でした。隣に植えたキュウリは、相変わらずウリハムシに葉を食べられているので‥ハエだけが嫌う匂いが漂っているということかな?どこか [続きを読む]
  • 涙の出ないタマネギの切り方
  • テレビで涙のでないタマネギの切り方が紹介され、味まで美味しくなるというので試してみると本当でした。涙が出るのは、切った断面が凸凹らしく‥綺麗に切ると甘味を強く感じます。包丁の刃先の部分で切ることと、切り方はノコギリのように包丁を前後に動かしながら切ることがポイントです。「そんなアホな」‥と思いながらも、切ってみると本当でした。薄切りのタマネギに調味酢を適当にぶっかける「酢タマネギ」を、できるだけ毎 [続きを読む]
  • 冬瓜の‥支柱栽培?
  • 今年は天候のせいか、毎年のように食べきれないほど育つ自然発芽の冬瓜苗が少なく、今になって成り始めました。春に収穫したエンドウの支柱をそのまま利用して‥耕さずキュウリのタネを蒔く予定でしたが、冬瓜が支柱を占領しています。4〜5キロくらいあると思うのですが、何の支えも無くぶら下がっているのを見たのは、初めてです。ここには、自然発芽のゴーヤ苗、青葉のツルムラサキなども移植したので‥いろいろな蔓性野菜が育 [続きを読む]
  • 2度目の熊野「丸山千枚田」ウォークは‥
  • 棚田の風景は旅情をそそり大好きで、旅行社の残席1名表示に‥思い付きで申し込んでしまいました。先週18日出発の、貸し切り列車で行く「熊野古道と丸山千枚田」ウォークです。2両の貸し切り列車に乗客は24名、松阪駅下車でマイクロバスに乗り換え‥現地観光ガイドさん2名と「通り峠」と「丸山千枚田」を歩くコースです。前回は田植え直後で棚田のスケールの大きさに感動でしたが‥まだ熱中症が完治したと言えず、何度か頭痛 [続きを読む]
  • 大豆のタネ蒔き時期、肥料などの参考に‥
  • 亡きお舅さんが生前、栽培していた大豆と同じタネを、野菜友達からいただくことができ、水田の畦に植え付けました。できれば収穫まで無農薬で育てたいと思いますが、枝豆として食べるのは10月10日前後の晩成で、この時期はカメムシ被害が大きいのが悩みのたねです。タネ蒔きだけでも3回、もっとも小さい株は4回目だったと思うのですが大半が発芽せず、1株だけ育っています。最初のタネ蒔きは7月6日、最後は20日遅れぐら [続きを読む]
  • 変形キュウリの収穫‥タネ蒔き5回目の生育は?
  • 今年のキュウリ栽培は‥第1回目のタネ蒔きは、4月16日でした。そのときの株は、また復活して収穫が続いていますが、最近は変形キュウリが増えてきました。今日は‥珍しい合体キュウリが採れました。キュウリも高騰しているので、1日に数個の収穫でも助かります。菜園周囲の農家のキュウリは、すでに枯れて片付けられているのですが‥少しくらい形が悪くても株が枯れるまで、採れるだけ採ります。追い肥は、2度ほど与えました [続きを読む]
  • ピーマンの甘酢炒め‥素麺かぼちゃの酢の物
  • 台風通過後は、いろいろな野菜が夏バテ状態、パプリカやバナナピーマンもまた青枯病になったようで‥あわてて消費しています。雨天連続記録日の更新を続ける地域もあるというのに‥台風通過後から雨らしい雨は1度だけ、夕立があっても1ミリ以下では焼けた土に熱湯をふりかけたようで、中途半端な降雨は夏野菜を弱らせる気がしています。ピーマンや唐辛子の大量消費を目的に‥作ってみました。炒めてから、甘酢味に味付けています [続きを読む]
  • 菜園で生まれた斑入り雑草‥セイタカアワダチソウ
  • このところ毎年、夏になると体調不良で蔓延る雑草の除草が間に合いません。そろそろニンニクや秋じゃが、冬野菜の植え付けし準備も‥と、気は焦るのですが熱中症の危険日も続き、今年も残暑はきびしそうです。除草中に、また新顔の斑入り雑草を見つけました。初めは、あまりにも発芽株が小さく‥そのうち消えるだろうと引き抜かず見守ることにしましたが「ヘラオオバコ」と分かるくらいに育ちました。もう5年くらい前にも、同じよ [続きを読む]
  • 無農薬無肥料栽培の‥大和茶と米
  • 今年も‥無農薬無肥料栽培の「大和茶」をいただきました。今年は新しく煎茶のティーパックも作られたようで、これは重宝しそうです。ほうじ茶は毎年、娘宅に「おすそわけ」です。手作り健康茶に加え煮ると、苦みの強いゴーヤ茶、癖のある菊芋茶も飲みやすくなるそうです。最近は無農薬のお茶作り栽培も広がりつつありますが、肥料も使わず育てたお茶は貴重です。アトピーなどの過敏症の方は、化学肥料や農薬を使った茶は飲めず、そ [続きを読む]
  • 腐らないエンドウ‥‥すごくないですか?
  • お恥ずかしい話ですが、冷蔵庫の隅から‥とんでもないものが出てきました。たぶん収穫の終わったエンドウの後片付けのとき、成っていたエンドウを採って野菜室に入れ、忘れてしまったのだと思います。片付けたエンドウの畝には、支柱を残し‥耕さずにゴーヤやキュウリのタネを蒔いたので、遅くとも5月中旬以降に採ったと思われます。3カ月も経てば、野菜室の中で腐っていても不思議はないのですが‥すごいと思いませんか?エンド [続きを読む]
  • 増え続ける‥「ど根性 レインリリー」
  • 再投稿になりますが、アスファルト舗装の隙間で花を咲かせたレインリリー (黄花タマスダレ) です。驚くことに今年は、4株に増えています。どのように考えても、球根が増えるスペースなんて無いように思います。ちょっと落ち込んだとき、こんなど根性植物を見ると‥励まされます。芽生えたところが道路の端に近く、車で轢かれるリスクが少ないことが幸いしたのでしょう。1株だったころの投稿は、こちら‥https://rdsig.yahoo.co.j [続きを読む]