くりーんえあー さん プロフィール

  •  
くりーんえあーさん: たばこのあれこれ
ハンドル名くりーんえあー さん
ブログタイトルたばこのあれこれ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cleanair/
サイト紹介文世の中の色んなたばこに関する情報をお届けします。たばこ情報に興味のある方は是非ご覧ください♪
自由文日本国内にいると極端に少ないたばこの情報。世界ではどんどん禁煙法など法律で制限されていっているのに何故??
先進国の中でタバコの価格がダントツに低いのは何故??
そんな疑問が当ブログで解決していただけるんじゃないかなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/04/04 16:57

くりーんえあー さんのブログ記事

  • 飲食店内の喫煙認める対案作成
  • 自民党のたばこ議員連盟は7日、飲食店が「喫煙可」のステッカーなどを掲げれば建物内でも喫煙できるとする規制案をまとめた。厚生労働省は居酒屋や焼鳥店などの飲食店を原則禁煙とする受動喫煙対策を策定済み。政府・与党の調整は難航する可能性がある。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H3Z_X00C17A3PP8000/ [続きを読む]
  • 悪質な禁煙違反に30万円以下過料
  •  厚生労働省は一日、東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止の強化策として、飲食店を禁煙とし、違反した悪質な喫煙者には三十万円以下の過料を科すとした案を公表した。飲食店などの施設管理者には、喫煙の禁止場所を掲示する義務を課し、違反した管理者は五十万円以下の過料とする。http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201703/CK2017030202000124.html [続きを読む]
  • たばこを吸う理由の1位は?
  • 保険クリニックはこのほど、たばこについての調査結果を明らかにした。同調査は2月1日〜6日、20歳〜60歳の喫煙者300人と非喫煙者300人を対象にインターネットで実施したもの。非喫煙者に喫煙マナーで気になることを聞くと、1位は「歩きたばこ」(72.3%)、2位は「吸い殻のポイ捨て」(68.0%)、3位は「たばこの臭い」(58.3%)だった。非喫煙者に喫煙できる飲食店に行く、もしくは喫煙席に案内されることについてどう思うか尋ねると、合 [続きを読む]
  • たばこ販売本数、1月は10.7%減
  • 日本たばこ協会(東京・港)が17日発表した1月のたばこ販売本数は前年同月比10.7%減の119億本だった。販売金額は2588億円と同9.7%減少。日本たばこ産業(JT)の販売本数は同11.9%減の71億本だった。 国内全体のたばこ販売本数が10%以上減少したのは2016年10月以来3カ月ぶりで、JTは同4月以来9カ月ぶり。同社は「もともとの減少傾向に加熱式たばこの台頭などが影響した」としている。http://www.nikkei.com/article/DG [続きを読む]
  • 受動喫煙対策…小規模バー・スナックを例外?
  • 受動喫煙対策で、政府が小規模なバーやスナックを飲食店内原則禁煙の例外とする方針を示していることに対して、医師などの団体から反発の声があがっている。 日本禁煙推進医師歯科医師連盟は11日、「受動喫煙防止の趣旨に反する」との緊急提言を行った。日本禁煙学会も9日、「例外規定は認められない」とする緊急声明を出した。元の記事を読むhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170213-OYTET50046/#csidx12105274aacc8f5 [続きを読む]
  • 厚労相「新型たばこは対象外」
  • 飲食店などに受動喫煙防止対策を義務付ける健康増進法の改正案について、塩崎恭久厚生労働相は10日の閣議後の記者会見で、新たなタイプの「加熱式たばこ」と「電子たばこ」を当面、法規制の対象外とする考えを示した。受動喫煙の影響が科学的に明らかになっていないためで、健康への影響が分かった時点で規制の是非を検討する。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H3I_Q7A210C1CR0000/ [続きを読む]
  • 2015年以降に生まれた人のタバコ購入を禁止
  • ロシアは世界で最も喫煙者が多い国のひとつであることが世界保健機関(WHO)の調べでわかっており、未成年である15歳の13%が毎日喫煙しているというデータも出ています。この状況を重く見たロシア政府が、2015年以降に生まれた人が大人になってもタバコを購入できないようにするという法案を検討していることがわかりました。http://news.livedoor.com/article/detail/12571963/ [続きを読む]
  • 全面禁煙は経済損失と考える人の残念な論理
  • 昨年来、厚生労働省を中心に進められている健康増進法改正案の概要に、複数の業界団体が反対声明を出していることが話題になっている。この改正案では飲食店での禁煙化が盛り込まれており、違反した場合は飲食店、喫煙者ともに罰せられる。同法案は1月20日招集の通常国会を通過すれば、今年前半にも施行される可能性があり、それに先んじての動きだ。https://news.nifty.com/article/magazine/12208-20170120-154408/ [続きを読む]
  • 好みのタイプでも「絶対キスできない」女子の特徴6つ
  • どれほど好みの相手であっても、イヤな部分が目についてしまうと、それで気持ちが冷めてしまうこともあるもの。こうなると相手とキスのチャンスが訪れても、遠慮したいと思うものかもしれませんね。どんなにタイプでも「絶対キスできない」女性の特徴を、男性に教えてもらいました。(1)タバコを吸う ・「タバコを吸ってる子は無理です」(36歳/その他/事務系専門職)・「タバコを頻繁に吸っているのを見たとき」(38歳/情報・IT [続きを読む]
  • 飲食店内や駅構内は原則禁煙に
  • 非喫煙者もたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」への対策を盛り込んだ健康増進法改正案の概要が16日、明らかになった。 飲食店内は原則禁煙とするが、喫煙室の設置を認め、悪質な違反者には過料を科すことなどが柱になっている。政府は20日召集の通常国会に改正案を提出する方針だ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00050045-yom-soci [続きを読む]
  • タバコの煙は犬や猫などのペットに悪影響
  •  グラスゴー大学は、喫煙をおこなう飼い主のもとで生活する犬や猫の「受動喫煙による影響」に関して調査をおこなった。その結果、飼い主の喫煙本数が1日10本以下の場合、猫が吸収するニコチンの値は比較的低いものの、非喫煙家庭で飼育されている猫と比べるとニコチンレベルの差は大きいことが判明する。http://web-at.jp/2016/01/1856_adverse-effect-on-tobacco-dog-cats/ [続きを読む]
  • 教育施設など禁煙に=超党派議連が法案骨子
  • 超党派の「受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は21日、公共の場での禁煙・分煙を徹底する「受動喫煙防止施策推進法案」の骨子を大筋了承した。教育、医療、福祉の各施設を禁煙とすることが柱。その他の公共施設や民間施設については分煙を認める。各党の党内手続きを経た上で、委員長提案による今国会成立を目指す。http://jp.wsj.com/articles/JJ10308171368291763322719084218822622789398 [続きを読む]
  • 東京五輪に向けた政府の規制案をどう見るか
  • 2020年の東京オリンピックやパラリンピックに向けて、政府が受動喫煙を規制するための法律や条例の整備を検討していると、読売新聞が1月上旬に報じた。国際オリンピック委員会(IOC)は「たばこのない五輪」を掲げている。2004年のアテネ大会以降の10年間、オリンピックが開催された国・都市では、施設内での禁煙・分煙が法律や条例で義務化され、違反者や施設管理者に罰則を科すケースが大半だった。https://www.bengo4.com/shohi [続きを読む]
  • 「たばこやめたい」相談60万人
  • 米疾病対策センター(CDC)は20日の声明で、元喫煙者がたばこの健康被害の苦しみをテレビ広告などで証言する禁煙キャンペーン「元喫煙者からの助言」に関して、映像を見るなどしてCDCの専用ダイヤルに相談した人は2012年のキャンペーン開始以来、60万人を超えたと明らかにした。 キャンペーンは毎年一定期間続き、これまで30人以上が放送や新聞などを通じ、喫煙の後悔や病気の苦しみを語ってきた。http://news.am [続きを読む]
  • フィリップ・モリスがタバコ輸入で脱税か
  •  タイの検察は19日、米タバコ大手のフィリップ・モリスのタイ法人フィリップ・モリス・タイランドの関係者らを脱税容疑で起訴したと発表した。  タイ地元紙によると、当局は同社が2003年から06年にかけて輸入した際、違法な形でタバコを輸入し約200億バーツを脱税したとしている。  これに対して同社は不当な言いがかりとして、裁判で闘う姿勢だ。http://thai.news-agency.jp/articles/article/10168 [続きを読む]
  • 受動喫煙、規制法を検討へ
  •  政府は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙を防ぐため、対策をとらない施設管理者を罰則付きで規制する新法の検討を始める。内閣官房や厚生労働省、農林水産省、国土交通省などによる検討チームを25日に立ち上げる。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、海外に比べて遅れているとされる受動喫煙対策を強化する。http://www.asahi.com/articles/ASJ1Q635RJ1QULBJ00S.html [続きを読む]
  • JTがたばこ値上げへ 「メビウス」など4月から
  •  JT(日本たばこ産業)は一部たばこの価格改定を認可申請したと発表しました。認可を受ければ4月1日から10〜50円の値上げとなります。 対象となるのは「メビウス」ファミリー35銘柄と、「わかば」「ゴールデンバット」など旧3級品。メビウス(旧マイルドセブン)は、国内たばこ販売数が継続的に減少する中で品質を向上させていくためと説明。旧3級品は、2015年の税制改正で旧3級品の紙巻たばこの特例税率が2016年4月に廃止となり [続きを読む]
  • 喫煙と不妊の関係性
  • 研究論文「Tobacco Control」より、能動喫煙と受動喫煙ともに、不妊のリスクを高め、閉経の時期を早めると明らかになった。喫煙者や受動喫煙している女性は、非喫煙者や受動喫煙していない女性と比べ、閉経時期が1〜2年早まるという。また、タバコの煙に含まれる化合物は生殖能力に影響を与え、ホルモン生成や作用に支障をきたす。http://www.ninsin-news.com/news_adeHn9IeuQ_173.html?right [続きを読む]