イマイマイ さん プロフィール

  •  
イマイマイさん: 桂花日和
ハンドル名イマイマイ さん
ブログタイトル桂花日和
ブログURLhttp://orange655.blog110.fc2.com
サイト紹介文テクニクビートやポップンなどの音ゲープレイ日記と同人と雑記
自由文テクニクビートを本命と言いつつ、ちょこちょこ他のゲームに浮気しています。
ゲームは好きだけど上手くはありません。

創作小説サークルに短編を寄稿したり、曲を書けないのに同人音楽サークルにいたりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/03/25 14:56

イマイマイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「夜に降る」第144回フリーワンライ お題:「ひとかけらの恋」
  •  気が多くてしょうがない。 全ては夢が悪いのだ。 それは手を重ねる夢。 仲睦まじくお喋りしながら、袖の触れ合う距離で、はたと気付く。 折角だから手を繋ぎたいな。 勇気を出してそろりと手を伸ばす。届け、気付け。 私の世界一長い数秒を終わらせたのは、そうっと触れた小指に気付いた彼だ。 速やかに行われた自然な恋人繋ぎは、手慣れているのかしら? 彼の様子を窺うと、表情が少し硬くて、きっと私も同じ顔をしてる [続きを読む]
  • 2017/6現在のテクニクビート設置店まとめ
  • 情報あったら教えてください・稼動中テクノポリス(新潟県長岡市)ニャライズ(長野県上田市)アミューズメント ジャムジャムつくば店(茨城県つくば市)アミパラ テクノランド店(岡山県岡山市)・撤去・閉店MAXIM HERO(北海道札幌市)つるまき(栃木県宇都宮市)トライアミューズメントタワー(東京都千代田区)ビデオゲームミュージアム ロボット(埼玉県深谷市)HEY(東京都千代田区)東京レジャーランド秋葉原2号店(東京 [続きを読む]
  • 今更去年末の大洗旅行記 短めの最終日
  • できない子の呑む旅 東北←→大洗&ビールの旅 2 できない子の呑む旅 東北←→大洗&ビールの旅 3幹事さんのレポは3話目辺りから私がもりもり出てきた。3日目生まれ育った地域も、移り住んだ地域も、面した海は東京湾だから地面の上でしか日の出を見たことがない。目が覚めて端のほうだけ少し赤くなった空を見て、折角だから海から出る太陽を見たいと思った。旅館のすぐ裏の海岸には、かなり冷え込む早朝だというのに沢山の [続きを読む]
  • 今更去年末の大洗旅行記 2日目まで
  • 2日目旅先の朝はわくわくするので、しんと冷えた空気に構わず窓を開けて朝の月を眺めてみる。とりあえず朝風呂に浸かった後、まだドライヤー貸し出し時間前であることに気付いて焦る。焦っても冷える。写真フォルダに朝ご飯がない。撮り忘れたっぽい。夕飯に負けず劣らず豪華で量が多かったと思う。今日は特になにも考えていなかったので、適当に複数人でぶらぶら回ることにする。チェックアウト後に梅カフェが開店前だったので、 [続きを読む]
  • 今更去年末の大洗旅行記 1日目まで
  • 昨年末に行った大洗旅行の幹事さんがレポを書き始めたので私もそろそろ書こうかなあとか。→できない子の呑む旅 東北←→大洗&ビールの旅 1(幹事さんのレポ)発端幹事さんによる前回大洗のレポが楽しそうだったので秋田ビアフェスで行きたいと言い張ってみた。因みにその時点でガルパン未視聴。折角行くのだから見ておくか、とレンタルでTV版を見て、劇場にも足を運ぶ→ガルパンはいいぞ状態。今回は泊まる宿とご飯は一緒に食 [続きを読む]
  • 「素敵な縁結び」 第102回フリーワンライ お題:「太陽に憧れる星」
  •  人間程良いのが一番いいのだと思う。 程良く美人で程良く善人で程良く賢い。 程良い人間の周りには人が良く集まってくる。 周囲を程良い陽気で暖かくする、彼女は太陽のような人だ。 程良くない人間は、遠巻きにされる。 劣っていても秀でていても人は寄ってこない。 夜空に輝く白い小さな星は、太陽よりも大きくて太陽よりも熱い。 生き物に恵みなんて与えない独りぼっちの星だ。 友達になれたらいいな、と思う。 あの [続きを読む]
  • 「土に溶ける素材」 第98回フリーワンライ お題:「クローン」
  •  ある日クローンが合法になった。 自分自身のクローンは自分が責任を持って養育すること、というルールの上で。 まず喜んだのは大学教授と科学者だった。例え自分が死んでも同じ頭脳がいつまでも自分の研究を引き継いでくれる。 次に喜んだのは跡継ぎに恵まれない一次産業に従事するもの。都会へ出て行ってしまった子供の代わりに自分が跡を継げばいい。 それなりに高額であったにも関わらず、一度目の募集はすぐに予約でいっ [続きを読む]
  • 「悪の組織わたわた」 第86回フリーワンライ お題:「彼の枕」
  • 「腕枕ってあるじゃない。あれってやりたがる人多いけれど寝にくいよね」 へーそうなんだーと聞き流す。 生憎そういった経験は無い。腕枕なんて現実にあるんだね。「わかる。高さが合わなかったり」「枕専門店で高さと柔らかさのカスタマイズできたらいいのに」 きゃっきゃと盛り上がる友達を尻目に、枕専門店に男性が入店し、改造されて出てくるところを想像する。 わお、とっても悪の組織っぽい。 きっと腕以外にも彼女向け [続きを読む]
  • 「住む世界が違いました」 第78回フリーワンライ お題:「君の隣で窒息死」
  •  知らなかったの。 恋がこんなにも苦しいなんて。 重たい。体も頭も心も。 私の血液に酸素が回らなくなってどれくらい経ったかしら? 辛うじてまだ止まっていない心臓は、君への想いだけを体中に送り出す。「そんなに口をぱくぱくさせてなにが欲しいの?」 君よ。「そんなに丸い目でなにを見てるの?」 君よ。「ばたばたと、どうしてもがくの?」 君が欲しいの。 いま私は焦がれた君の隣にいる。 どんなに苦しくても離れ [続きを読む]
  • 過去の記事 …