一葉(HITOHA) さん プロフィール

  •  
一葉(HITOHA)さん: 一葉の俳句&写真日記
ハンドル名一葉(HITOHA) さん
ブログタイトル一葉の俳句&写真日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kirihitoha333
サイト紹介文毎日野路を歩きながら、写真を撮り、俳句を作っています。
自由文ブログを開設して三年になります。
俳句も写真も素人ですので、あまり立派な作品は生まれませんが、先日地元のNHK放送局で募集していたフォト575に応募しましたら、特選に選ばれ、
テレビに出演してしまいました。
以前には、NHKの「俳句王国」にも出たこともあります。
思いがけない出逢が楽しく、後半の人生を明るく過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/03/25 23:14

一葉(HITOHA) さんのブログ記事

  • 霧島に行って来ました♪
  • 5月13日、14日は俳誌「冬野」の皆さんと日本伝統俳句協会九州支部の研修俳句大会に参加のため霧島に行って来ました。初めての霧島なのに、カメラを持たずに出かけてしまい、しまったと思いましたが、今回は俳句を学ぶための旅だからと自分を納得させました。景色も空気も美しい高原でした。山間に幾筋もの湯けむりが立ち上り、五臓六腑にしみる新樹の若葉青葉、行く先々にやさしい薄紫の懸かり藤が見られ心が癒されました。木々の [続きを読む]
  • 薔薇 ばら バラ 🎶
  • 大好きな大好きな薔薇を見に、今年も息子が連れて行ってくれました(^^♪福岡県の海の中道公園には昨年、コスモスを撮りに行きましたが、薔薇園は初めてです。とりどりの薔薇の香に埋もれ夢心地の時間を過ごしました。綺麗な娘さん二人に頼まれて写真を何枚も撮ってあげました。薔薇に負けないように構図や表情に気を付けながら、シャッターを押しました。再生画面を見て「わあ、きれいに撮れてる〜!」と大喜びされて、こちらも幸 [続きを読む]
  • なんじゃもんじゃの花が庭に咲いたよ〜♬
  • 少し前のこと、庭手入れの最中にふと空を見上げると、何となんと実に21年目にして、ナンジャモンジャの真っ白い花がひらひら咲いているではありませんか!!!21年前、対馬のSさんが娘の高校入学の記念にと幼木を送って下さいました。木はどんどん伸びて仰ぐ高さになりましたが、一向に花を咲かせてくれず、もう諦めかけていたのです。ついこの前「伸びすぎたから上を切ってもらおうかしら。。。」と誰かに話したばかりです。もし [続きを読む]
  • 阿蘇高原で蕨狩り
  •     南小国町の高原牧場よりの景観     春竜胆     夜草喰む馬に銀河の打しづく   耕春これまで阿蘇には何回も行きました。そのほとんどが俳句がらみの阿蘇でしたが、今回は初めての蕨狩り、車がメーンの道を逸れ、脇道をしばらく行くと、なだらかなスロープが広がっていてそこが目的地でした。若草萌える斜面のどこに蕨があるのかないのか最初はちょっと面喰いましたが、「あ、あったよ〜」の誰かの声にみな真剣 [続きを読む]
  • 一人吟行&撮影の小さな旅
  • 淡い 九州最古の寺と言われる福岡県二日市の武蔵寺         山門の一歩に若葉滴れる   天拝公園の藤棚      石楠花   石楠花の谷   踊子草          金鳳花と烏野豌豆       ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの花)   高速道路〇山の駐車場の脇に今年も咲き始めました。以前は高速バスを利用して筑紫野に何度も行きましたが、この数年、一人では [続きを読む]
  • 花が咲いた花が咲いた
  •         シャガの花今年はもう咲かないと諦めていたシャガの花を庭隅に見つけました。毎年この花をUPすると、「一番好きな花です」とコメントを寄せて下さって確か昨年も書いて下さったはずです。その浪速さんがもうこの世にはいらっしゃらないことをつい先日知りました。お若いころ、久留米でお仕事をされていたとのこと、筑後川が懐かしいと、一時はコメントをよくいただき、私も浪速さんのブログのファンでした。お人 [続きを読む]
  • 春嵐
  • 昨日は暖かいを通り越して、気分が悪くなるほど暑い一日でした。慌てて箪笥の衣類を取り換え、一足早い衣替えをしました。そして今日、朝からの大雨に突然の雷、風も強く、庭の若楓の枝が折れそうなほどに撓っていました。そんな中、紫の都忘れの花が咲き始め、心を癒してくれました。春闌というのに、我が家の庭は色彩に乏しく、白山吹の花と白いフリージア、花韮の白ばかりという寂しさ。。。。ここに住んで23年、チューリップの [続きを読む]
  • 七か月ぶりの関東の旅♬
  • 先月の28日、4歳の誕生日を迎えた孫に逢いに関東に行って来ました。4年前の同じ日、栃木県那須塩原の桜はこちらより少し遅くまだ咲き始めという感じでした。初花の空輝かす呱々の声   NHK俳句に既発表空という名の四歳になりたての男の子、おばあちゃん、おばあちゃんと大はしゃぎ、お風呂にも二晩一緒に入り、目覚めているときはいつも一緒でした。会話もちゃんとできて、前回の時のように、駄々をこねて母親を困らせるような [続きを読む]
  • ホトトギスの同人に推挙して戴きました
  • 12月19日の午前9時ごろ、電話のベルが鳴り、「ホトトギス同人おめでとうございます」との突然の祝辞、知らせて下さったのは20年前、初めて俳句への道へ誘って下さったMK先生でありました。10年余の月日をその先生の下で俳句を学ばせていただきましたが、事情があってその句会を離れることになりました。その後、沢山の方々に助けていただき、最後に漂着した岸は福岡の「冬野」です。立派な先生方や私など足元にも及ばない多くの [続きを読む]
  • ホトトギスの同人に推挙して戴きました
  • 12月19日の午前9時ごろ、電話のベルが鳴り、「ホトトギス同人おめでとうございます」との突然の祝辞、知らせて下さったのは20年前、初めて俳句の道へ誘って下さったMK先生でした。10年余の月日をその先生の下で俳句を学ばせていただきましたが、事情があってその句会を離れることになりました。その後、沢山の方々に助けていただき、最後に漂着した岸は福岡の「冬野」です。立派な先生方や私など足元にも及ばない多くの俳人が輝 [続きを読む]
  • 稲荷神社の杜と湖
  •    巻物を銜えたお狐様神苑の紅葉はまだきれい!!結構高い本殿までの石段を軽々と数回も駆け上がる30人ほどの一団から「こんにちは」と声をかけられ、ちょっと恥ずかしかったです。。。先にお参りした方のお燈明が、風に吹かれて揺れていました 正一位の黒岩稲荷という歩いても行ける近さの神社です。二月の初午の日はかなりの賑わいとか。お稲荷さんの別の階段を下りて、元の道を引き返したはずでした。。。ところが    [続きを読む]
  • 稲荷神社の杜と湖
  •    巻物を銜えたお狐様神苑の紅葉はまだきれい!!結構高い本殿までの石段を軽々と数回も駆け上がる30人ほどの一団から「こんにちは」と声をかけられ、ちょっと恥ずかしかったです。。。先にお参りした方のお燈明が、風に吹かれて揺れていました 正一位の黒岩稲荷という歩いても行ける近さの神社です。二月の初午の日はかなりの賑わいとか。お稲荷さんの別の階段を下りて、元の道を引き返したはずでした。。。ところが    [続きを読む]
  • 雨の日曜日
  •      庭の万両がきれいに色づきました。紅葉もほとんど終りに近づき、枯木立が目立ちますが、先日目にした柿紅葉が逆光に映え、絵のようでしたので、思わず撮った一枚です。風邪のあとがすっきりせず、なかなか元に戻りません。肩こりや目の痛みなどがあり、長時間のパソコンが疲れます。12月だからと焦らず急がずゆったりと過ごしたいと思います。北海道はもう真冬の積雪とか。これからの長い冬が思いやられますね。皆様も [続きを読む]
  • 雨の日曜日
  •      庭の万両がきれいに色づきました。紅葉もほとんど終りに近づき、枯木立が目立ちますが、先日目にした柿紅葉が逆光に映え、絵のようでしたので、思わず撮った一枚です。風邪のあとがすっきりせず、なかなか元に戻りません。肩こりや目の痛みなどがあり、長時間のパソコンが疲れます。12月だからと焦らず急がずゆったりと過ごしたいと思います。北海道はもう真冬の積雪とか。これからの長い冬が思いやられますね。皆様も [続きを読む]
  • 長引く風邪に凹んでいても。。。♬
  •    庭の紅葉もすっかり枯れて     一本の蜘蛛の糸にすがる枯葉となったり落ちてなお色鮮やかな葉っぱだったりしていろいろです。我が家の庭がよほど好きなのか、フェンスを越えて、ランタナの花はまだ咲き誇り、実の色も変化をしています。11月24日付、信濃毎日新聞の朝刊に掲載されました。以前、NHK佐賀放送で募集したフォト俳句で特選をくださった写真家の中谷吉隆先生に選んでいただきました。今回も新聞と謝礼 [続きを読む]
  • 長引く風邪に凹んでいても。。。♬
  •    庭の紅葉もすっかり枯れて     一本の蜘蛛の糸にすがる枯葉となったり落ちてなお色鮮やかな葉っぱだったりしていろいろです。我が家の庭がよほど好きなのか、フェンスを越えて、ランタナの花はまだ咲き誇り、実の色も変化をしています。11月24日付、信濃毎日新聞の朝刊に掲載されました。以前、NHK佐賀放送で募集したフォト俳句で特選をくださった写真家の中谷吉隆先生に選んでいただきました。今回も新聞と謝礼 [続きを読む]
  • 夕方の冬桜
  •        ピンボケですが🙇町の運動公園(正式には多目的公園と言います)へ冬桜を撮りに行きました。夕方4時過ぎの道は曇りのせいもあり、もう薄暗くなっていましたが、思い立ったが吉日、迷わず公園を目指しました。公園の桜はたしか、十月桜と書かれていたような気がしますが、翌年の二月ごろまで咲き継いでいますので、私は勝手に冬桜と呼んでいます。春咲く桜より少し小ぶりですが、なかなか趣のある花です。歩 [続きを読む]
  • 大冬晴のドジな一日( ノД`)
  • カメラを提げて紅葉の名所に行きました。時期的にまだ早いのでは、と思いもしましたが、空は雲一つない青空、家事をほったらかして出かけました。予想に反し、紅葉は今が見頃の美しさ!辺りはほとんどが夫婦連れ、最愛の奥様を紅葉の前に立たせ、「はい、チーズ」。。。いいですね〜。それでは私もと、カメラをスイッチオン。「カードがありません」参りました。いきなりこれです。気持ちがどよーんと沈みました。俳句を作る気にも [続きを読む]
  • 〇○○台シニアの集い 初参加(^^♪
  •     一人を除き、全員男性。。。。正面はとてもお見せできません。。。。                 お見せしたいほど美しいお二人。シニアの集いというものに初めて参加しました。1丁目〜4丁目のシニア約140人のにぎやかな集いでした。ギター、二胡の弾き語り、カラオケ、詩吟、フラダンス、コーラスなど、日ごろの練習の成果を披露する場のようです。中にはプロのような素敵な声を聞かせて下さった方もいて感心 [続きを読む]
  • 吟行バスで有明海の干潟とシチメンソウ☆
  •    泥にまみれたムツゴロウ有明海の干潟  シチメンソウ写真はすべて平成19年12月1日撮影の既出のものです。昨日(11月9日)所属する俳誌「冬野」の吟行バスに乗って有明海を訪ねました。残念ながらカメラを持参しませんでしたので、古い写真をUPさせていただきました。真っ青な空ではありませんでしたが、まあまあの日和を授かり、広大な干拓地を干潟を目指しまっしぐら。佐賀県東与賀の海岸に沿い、果てしなくつづ [続きを読む]
  • 吟行バスで有明海の干潟とシチメンソウ☆
  •    泥にまみれたムツゴロウ有明海の干潟  シチメンソウ写真はすべて平成19年12月1日撮影の既出のものです。昨日(11月9日)所属する俳誌「冬野」の吟行バスに乗って有明海を訪ねました。残念ながらカメラを持参しませんでしたので、古い写真をUPさせていただきました。真っ青な空ではありませんでしたが、まあまあの日和を授かり、広大な干拓地を干潟を目指しまっしぐら。佐賀県東与賀の海岸に沿い、果てしなくつづ [続きを読む]
  • シニアクラブのバス旅行 英彦山 ☆☆☆
  • 谺(こだま)して山ほととぎすほしいまゝ  久女の代表作のこの句は英彦山で詠まれた。1931(昭和6)年、高浜虚子(きょし)が選者を務めた日本新名勝俳句で、全国の10万3000余句の中から帝国風景院賞(金賞)の20句に選ばれた。 奉幣殿の手前の参道左側にその句碑があった。句碑を眺めながら、久女が着物と草履といういでたちで、標高1190メートル、英彦山の中岳山頂まで足を運ぶことの大変さを思った。& [続きを読む]