utr さん プロフィール

  •  
utrさん: 東京八王子UTR不動産のつぶやき日記
ハンドル名utr さん
ブログタイトル東京八王子UTR不動産のつぶやき日記
ブログURLhttp://utrblog.exblog.jp/
サイト紹介文東京八王子UTR不動産のブログです。地元のさまざまな生活情報と、八王子の歴史を取材しています。
自由文東京八王子市は、甲州街道を中心に発展した歴史ある街です。八王子千人隊、日本のシルクロード、129にも上る市内の寺社、室町時代まで遡る織物の歴史、大学・専門学校数26校の学園都市。
八王子のレポートは残念ながら数が少なく、更新を終了してしまったサイトが多いのが現状です。市内を駆け回る合間に、取材を通して八王子の色々な顔をご紹介したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/03/27 01:44

utr さんのブログ記事

  • つぶやき/高幡不動-4
  • 第4話:馬場あと〜鐘楼〜聖天堂〜大師堂高幡不動/日野市まるで絵はがきのよう、高幡不動の奥殿と五重塔が織りなす景色です。背景の鮮やかな新緑がみごと。第5話では、見晴し台を下りて馬場あとへ、長い坂道を下って大師堂と聖天堂から境内に戻ります。馬場あと見晴し台の階段を下りていきます。せっかく稼いだ標高を吐き出すよう。なんだかもったいない感じです。森の道を歩いていくと、所々に咲くアジサイ... [続きを読む]
  • つぶやき/高幡不動-3
  • 第3話:山内八十八ヶ所巡拝コース〜高幡城址〜見晴し台高幡不動/日野市五重塔と無料休憩所の前からお地蔵様をお参りする「山内八十八ヶ所巡拝コース」がはじまります。この園路はまた季節になると「山あじさい観賞路」になります。撮影に行った6月中旬はちょうどアジサイの花盛り。たくさんの参拝者が観賞路を歩いていらっしゃいました。山内八十八ヶ所巡拝コースと山あじさい観賞路山あじさい観賞路に入って... [続きを読む]
  • 私たちの会社/夏バージョン
  • 今年も夏になりました夏の八王子見て歩記この間まで梅雨だったのに、気がつくと真っ白な太陽にさらされている八王子の街並。暑いです。気象庁によると、今年の梅雨明けは7月29日頃と予想されるそうです。平成29年(2017年)夏のタイトルバックは左から、富士森公園桜まつりの夜店、自然豊かな恩方の清流で楽しむマス釣り、八王子まつり2017の彫刻山車です。写真左:富士森公園桜まつりの夜店夏の風... [続きを読む]
  • つぶやき/高幡不動-2
  • 第2話:弁天堂〜五重塔〜無料休憩所高幡不動/日野市お寺さんといえば蓮の花がつきもの。高幡不動でも「旗かけの松」と参道を挟んだ向かいに弁天池があります。湧水が流れ込む池に、蓮が元気に葉を茂らせていました。他にも「お鼻井戸」から水が湧いています。背景に丘陵がある地形ゆえ水が湧くのでしょうね。第二話では、山内八十八ヶ所巡拝路の入口までを散策します。土方歳三像と王南電機鉄道記念碑弁天池の... [続きを読む]
  • つぶやき/高幡不動-1
  • 第1話:参道〜仁王門〜不動堂〜宝輪閣高幡不動/日野市三多摩には初詣に最適な場所が多いです。地元の高尾山をはじめ、東の鎮守・八幡八雲神社、西の鎮守・多賀神社、沿線には高幡不動、府中の大國魂神社、深大寺や拝島大師など。八王子から高幡不動までは京王八王子からわずか5駅です。近くにあるといつでも行けると思って、なかなか行かない場所じゃないでしょうか。山アジサイを拝見したついでに、高幡不動の境内を... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/八王子まつり2017
  • 八王子まつり2017「祭人の心意気」平成29年8月4日(金)〜6日(日)2017年の八王子まつりの開催スケジュールが決まりました。8月4日(金曜日)〜6日(日曜日)の3日間、甲州街道を中心に数多くのイベントが開催されます。関東有数の山車まつりといわれる「八王子まつり」には、19台もの山車が登場します。灯火によって彫刻を浮かび上がらせて、巡行する姿は見ごたえ充分。山車を寄せ、囃子を競い合... [続きを読む]
  • 花と山野草/高幡不動のアジサイ-2
  • 第二話:お鼻井戸とアジサイ園高幡不動のあじさいまつり/東京都日野市(6月)山内八十八ヶ所巡拝路の入口は、第一話でご紹介した無料休憩所の先から入り一番札所から順に八十八番まで巡るルートですが、うるう年は八十八番札所からスタートする“逆打ち”をすることで、ご利益が3倍になるという言い伝えがあります。高幡不動の逆打ちは、太子堂の前にある八十八番札所からスタートします。山あじさい観賞路も、同様に... [続きを読む]
  • 花と山野草/高幡不動のアジサイ-1
  • 第一話:お地蔵様の山道に咲くアジサイ(6月)高幡不動のあじさいまつり/東京都日野市京王八王子から5駅隣りにあるのが高幡不動、正式には高幡山明王院金剛寺と書きます。多摩地域ではアジサイの名所として有名なお寺さんで、境内に植えられているアジサイは約200種類以上・7500株余りといわれています。観賞路沿いのアジサイには名札が付けられているので、花の名前が分かるのがうれしい。今年も「あじさいま... [続きを読む]
  • 花と山野草/醍醐林道(5月)-2
  • 醍醐林道の山野草たち(5月)-2醍醐川上流端〜ばばころがし/上恩方町醍醐地区写真は醍醐林道(左)と、ににく林道(右)の分岐。龍神淵のすぐ近くです。醍醐林道をまっすぐ進み、醍醐川上流端〜ばばころがしへと歩いていきます。チェーンの車止めがあるので、ほかの車が入らない醍醐林道。歩く人もなく、ただ、醍醐川のせせらぎの音だけが聴こえてきます。前回訪問したのは2015年の夏八月でした。季節が変われば... [続きを読む]
  • 花と山野草/醍醐林道(5月)-1
  • 醍醐林道の山野草たち(5月)-1龍蔵神社〜龍神淵/上恩方町醍醐地区前回、醍醐林道に行ったのは2年前の8月でした。龍神伝説と龍神淵、醍醐川に残された謎の木道、悲しい伝説「ばばころがし」。八王子の秘境といってもいいくらい自然が残された醍醐地区は、山野草の宝庫でもあります。5月半ば。春の山野草を撮りにふたたび醍醐林道に入ることにしました。いったい、どんな花たちと巡りあえるのでしょう。龍蔵... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/長房ふれあい端午まつり
  • 南浅川の空を泳ぐ鯉のぼり長房ふれあい端午まつりソメイヨシノが散って、八重桜が満開になった4月末の晴天の日。南浅川の青空にたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。普通、鯉のぼりはポールを立てて設置しますが、長房町では南浅川に渡したロープに大きな鯉のぼりを泳がせています。駐車場の前にある長房市民センター様にお聞きしたら、「長房ふれあい端午まつり」のイベントの一環として、4月15日から「鯉のぼり広... [続きを読む]
  • 花と山野草/カラーが満開
  • カラーが満開になりました(5月)カラーの清流/八王子市泉町昨年の11月にお伺いしてから6か月経ちました。「毎年5月の連休の頃に満開になるよ」と教えてくださった泉町のとあるお宅。以来、気になって気になって、仕事で近くを通ると時々回っていましたっけ。冬の寒さが和らぎ、半袖で過ごせる日が多くなった春5月。とうとうカラーが満開になりました。泉町湧水群の透明な流れのひとつに咲く真っ白なカラーの花。... [続きを読む]
  • 花と山野草/八王子桜巡り-5
  • 元横山公園の桜(3〜4月)八王子桜巡り-5八王子駅から徒歩20分ほど。浅川大橋の近く、八王子郵便局向かいの浅川沿いには約100メートルの桜並木があります。橋のたもとにある小さな公園、元横山公園が桜並木のはじまりです。植えられている桜は樹齢60年ほどで、春になると公園全体を覆うように桜の花が開花します。小さな公園ですが、隠れた桜の名所として市民に知られており、八王子八十八景「22.浅川の桜... [続きを読む]
  • 私たちの会社/春バージョン
  • 市内あちこちの桜が満開です春の八王子見て歩記当ブログを開設以来、ずっとずっと撮影したかったテーマがありました。それは桜の季節。私ども不動産会社にとって、春は新入学・新入社や転勤のお客様が急増するシーズンで、社内は大忙し。桜を見に行きたいだなんてとても言える状態じゃなかったんです。今年は街を回る合間に市内あちこちの桜を撮ってきました。平成29年(2017年)春のタイトルバックは左から... [続きを読む]
  • 花と山野草/八王子桜巡り-4
  • 富士森公園の桜(3〜4月)八王子桜巡り-4夏の八王子まつり花火大会が開催される富士森公園。園内に約500本のソメイヨシノが植えられており、桜の季節にはお花見客でにぎわいます。お花見スポットは陸上競技場沿いの園路と、野球場沿いの園路の2か所、慰霊塔側の歩道にも街路樹として植えられています。陸上競技場園路の方は夜10時までライトアップされているので、夜桜見物にも絶好の場所。例年、園路にたくさ... [続きを読む]
  • 花と山野草/八王子桜巡り-3
  • 長沼公園の桜(3〜4月)八王子桜巡り-3広い芝生の斜面沿いに桜が植えられた長沼公園の絹ヶ丘口は陽当たりもよく暖かい場所です。桜の観察は、東京の開花予想が出た後の3月29日と、満開予想日後の4月5日の2回。八王子の公園の中で最も開花が早いんじゃないかと予想して撮影に行きました。果たして予想は当たるか…。3月29日の桜長沼公園の桜は絹ヶ丘口に集中しており、広い芝生広場の高台と斜面に植... [続きを読む]
  • 花と山野草/八王子桜巡り-2
  • 平山城址公園の桜(3〜4月)八王子桜巡り-2八王子の公園には桜の植えられている場所がいくつもありますが、その中から4か所の公園の桜を見に行ってきました。選んだのは起伏のある道に桜が咲く平山城址公園、広い斜面に桜が植えられた長沼公園、桜まつりが開かれる富士森公園、浅川沿いの小さな元横山公園です。いずれの公園も桜と園内の景色がよく似合う素敵な場所です。観察は、東京の開花予想が出た後の3月29... [続きを読む]
  • 花と山野草/八王子桜巡り-1
  • 八王子市役所の標本木(4月)八王子桜巡り-1画像は3月8日に日本気象協会様が発表した桜開花予想です。3月25日に福岡・熊本からスタートした桜前線は北上を続け、31日ごろ東京と神奈川に達します。花が数輪以上開いた状態を「開花」と呼び、花芽の約80%以上が開花した状態を「満開」と呼んでいます。開花から満開までの期間は約1週間とされています。※桜開花予想(日本気象協会)この開花情報の目安... [続きを読む]
  • 花と山野草/心源院のカタクリと二輪草
  • 心源院のカタクリと二輪草(4月)心源院/八王子市下恩方町八王子市の西部、下恩方町にある心源院様は曹洞宗の古刹です。武田信玄息女松姫さまが出家なされたお寺としても有名で、昨年(2016年)の4月には松姫さま四百年祭が取り行われて、信松院様の松姫座像が初めて修行の地に里帰りしました。毎年4月前後になると境内の大きなしだれ桜がたくさんの花を付け、カタクリや二輪草などの山野草が可憐な花を咲かせ... [続きを読む]
  • 花と山野草/カラーの清流(11月)
  • カラーと湧水の水辺(11月)カラーの清流/八王子市泉町晩秋の叶谷榎池周辺を散策していると、街のあちこちの湧水の水辺には色々な野草が生えていました。そんな湧水の上流のとある場所にミズバショウのような水生植物が群生していました。よく見ると、結婚式のブーケなどに使われる高級花、カラーです。庭を横切って透明な湧水が流れていて、澄んだ水の中をたくさんの鯉たちが泳いでいました。カラーの群生... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/泉町湧水群-6
  • 第6話:家々の裏手にある水路から最上流へ泉町湧水群/泉町湧水群の最上流を探して(後編)住宅街の家々の間、閉ざされた空き地を湧水が巡っています。道路側にも民家側にもフェンスがあるこの場所は誰も入れないスペースのようでした。河川扱いなのか、私有地扱いなのかよく分かりません。元々は土の斜面があった岸辺なのかもしれませんね。コンクリートで水路を作ったら、左右の岸辺が空いてしまった感じ。不思議な... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/泉町湧水群-5
  • 第5話:北浅川へ流れ込む湧水泉町湧水群/泉町湧水群の最上流を探して(前編)晴れた2月の泉町。北浅川沿いの道を車で走りました。泉町湧水群の最上流を探すためです。街中で水路を探すのは困難を極めるため、今回は合流地点から水源に遡ることにしました。ここの水源は高尾街道付近にひとつあり、他の湧水と違って他の水路と合流することなく北浅川へ流れ込んでいます。北浅川合流点北浅川の泉町周辺を走っ... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/泉町湧水群-4
  • 第4話:元八王子東小学校下の水路と合流して城山川へ泉町湧水群/叶谷榎池周辺の湧水(後編)叶谷榎池を水源のひとつとする湧水は、途中で泉町弁天池児童公園付近の湧水と合流して、下流へと流れていきます。1つは長い暗渠を通って、元八王子東小学校の西側を回り、住宅街の道路脇で地上に現れます。もう1つは住宅と住宅の間の裏手を抜けて、2つの流れは小学校の南側で合流し、城山川へ流れ込みます。最後の1つは... [続きを読む]
  • 八王子よいとこ/泉町湧水群-3
  • 第3話:泉町弁天池児童公園と叶谷榎池泉町湧水群/叶谷榎池周辺の湧水(前編)叶谷榎池はぽつんと1つだけ湧水があるわけではありません。叶谷榎池を含む上流の5つの水源から4本の湧水の水路が流れており、うち2本は北浅川へ、残り2本は城山川と合流しています。他の水路と同じように住宅に囲まれた裏側を通っていたり、暗渠になっているので追跡するのが大変でした。それでも何回か泉町に通っているうちに、ゆる... [続きを読む]
  • 八王子の公園/湧水巡り14/小宮公園(後編)
  • 八王子の公園-第14話-八王子湧水巡り-14小宮公園/八王子市大谷町・暁町(後編)雑木林の谷地にある湧水小宮公園は中央部が低地になっていて、北西の水源涵養林と南側の「ひよどり山」を水源とする湧水が大谷沢に集まり大谷弁天池へ流れ込む地形になっています。片倉城址公園や長沼公園なども同じように崖から谷地に湧水が湧き出ていました。八王子の平野部は浅川の扇状地(河川敷)にあたるので、浅... [続きを読む]