キンズ さん プロフィール

  •  
キンズさん: 身近な植物
ハンドル名キンズ さん
ブログタイトル身近な植物
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tosinobu12
サイト紹介文身近な植物の花& 盆栽作り
自由文四季折々の身近な植物&盆栽作り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供823回 / 365日(平均15.8回/週) - 参加 2009/03/26 20:06

キンズ さんのブログ記事

  • オノエマンテマの花
  • マンテマが咲いてます。オノエマンテマは、ナデシコ科カスミソウ属(ジプソフィラ属)の多年草です。ヒマラヤに分布する高山植物で、岩場や砂礫地などの、日当たりがよく痩せた土地に自生しているそうです。高山植物としては育てやすく、性質も丈夫なことから、山野草の入門種として園芸誌などに載ってます。園芸店などでは、4〜5月頃に「カーペットカスミソウ」という名で店先に並びます。花ですよ[[img(https://flower.blogmura. [続きを読む]
  • モミジ・荒皮モミジの掴み植え
  • 今日は曇り、晴れるかな?  庭に荒皮モミジの実生が沢山出てます。いままでは除草剤を撒いてました。今年は、鉢植えにしました庭に出てるモミジ沢山採れましたよ数が多いので、5本まとめて掴み植えですよ[[img(https://flower.blogmura.com/bonsai/img/bonsai88_31.gif)]][https://flower.blogmura.com/bonsai/ranking.html 👈・・・・ポチ・・励みになります [続きを読む]
  • カランコエ(ウエンディ)の花
  • 咲いてきました。       このカランコエは、友人より頂きました。カランコエのウエンディと言うそうです。単にカランコエといえば、小さな花を上向きにたくさん咲かせるブロッスフェルディアナのことをいいますが、一方でカランコエの仲間には提灯のような花を下向けにぶら下げる花の美しい種類があるそうです。「ベニチョウチン(紅提灯)」が代表的ですが、それよりも花着きがよく、矮性で鉢物用に改良されたのが本種で、 [続きを読む]
  • クレマチスの花
  • この白色のクレマチスは、友人が黄色で購入したものを、増やした物です。 毎年良く咲きます。 クレマチスの用土は水はけ、水もちの良いものを好みます。鉢植えの用土はピート モス5、又は鹿沼土5赤玉土3軽石2割合の用土がお勧めです。庭植え、鉢植え共 に深く植えるのがポイントです。酸性土壌が良いです。 大体のPHです。赤玉土PH5.3  鹿沼土PH5.0  軽石PH7.0 ピートモスPH3.5 &n [続きを読む]
  • 寒さがつらいキンズ
  • 今日も晴れ、良い天気が続きます。 キンズの寒さの影響実験ですよ。2年間棚の上で、栽培雪が積もることなく住みましたが、降ると葉が痛み今はなくなっていますよ。枯れるかも???軒下に2年ですよ、霜も当たりませんキンズの場合は、寒さ除けは必要ですね。キンズAキンズBキンズC                       [[img(https://flower.blogmura.com/bonsai/img/bonsai88_31.gif)]][https://flower.blo [続きを読む]
  • ウマノアシガタ(毒草)の花
  • ウマノアシガタガが、咲いてます。 多年草で北海道〜九州の山野の日当たりのよいところに生え高さ30〜70cm。茎や葉柄には白い開出毛が多い。根生葉は長い柄があり、掌状に3〜5裂し、裂片はさらに浅く裂ける。最上部に付く葉は基部まで深く切れ込む。花弁は黄色で光沢がある。集合果はほぼ球形。そう果の花柱はごく短くやや曲がる。花期は4〜5月キンポウゲの仲間には有毒植物が多く、ウマノアシガタも有毒である [[img(https: [続きを読む]
  • 毎年よく咲く藤の花
  • 今年も花が、満開です。     夏の剪定は樹形の骨格を作ると同時に花芽をたくさん付けさせる目的で行う軽い剪定です。春から夏に伸びた枝の中で充実した短い枝に翌年の花芽を付けます。放任しておくとつるは長くぐんぐん伸びますが肝心の花芽が少なくなります。というのは、茎葉を伸ばす「栄養生長」が旺盛になると花や実を育てる「生殖生長」が弱まるためです。 翌春咲く花芽が形成されるのは7月下旬から8月にかけてですので [続きを読む]
  • 蝦夷父子草(エゾノチチコグサ)の花
  • 今日は温かく良い日です。   蝦夷の父子草(エゾノチチコグサ)はキク科エゾノチチコグサ属の多年草です。北海道の礼文島と大雪、阿寒、知床各山系のみに分布し、高山の乾いた草地に生える。海外では、北半球の高緯度地方に広く分布する。環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。草丈は5センチから25センチくら [続きを読む]
  • ミツバツチグリの花
  • 家では、ミツバツチグリが咲き始めました。ミツバツチグリ、キジムシロ,ヘビイチゴ オヘビイチゴは、花がどれもよく似ています。葉の数とか、イチゴのような赤い果実をつけるとか、見分けるコツはあるようです。この花は、葉の数は3枚だからキジムシロではないようだ。イチゴのような赤い実が成るのかは、この時期ではわからないが葉の形から判断してミツバツチグリです。よく似た花の名前を同定する作業は非常に時間がかかりま [続きを読む]
  • スミレ・アリアケスミレの花
  • 色々な鉢の中に出てくる迷惑なスミレが沢山咲いてきます  アリアケスミレで、ほっとくとこのスミレに占領されてしまいます。  アリアケスミレは本州から九州、朝鮮・中国に分布する多年草。路傍、荒地などに生育する。花は根元から出て、白地に濃紫色の筋が入り、筋の多さには個体差があって、ほぼ白色から全体的には淡い紫色に見える程度のものまでがある。葉の形はスミレとよく似ており、長く伸びて5.5-8cm。花は側弁に毛が [続きを読む]
  • イボタの葉刈り
  • 今日は曇り。色々できます。  イボタの枝きり&葉切りですイボタA 手入れ前長めの枝を切りますよ葉刈りをしますよ枝を切り詰めます。赤線の処もこれから切ります[[img(https://flower.blogmura.com/bonsai/img/bonsai88_31.gif)]][https://flower.blogmura.com/bonsai/ranking.html 👈・・・・ポチ・・励みになります [続きを読む]
  • ムサシアブミ(毒草)の花・・・みかんさんより頂きました
  • 今日は、曇り。   みかんさんより頂いたムサシアグミが咲きました。多少ウルミ成ってきてますが、綺麗な花です    ムサシアブミは,暖かい地方の照葉樹林の中などに生えるテンナンショウの仲間。この仲間は識別が難しいが,左右大きさが同じぐらいの3小葉と先端が巻き込む仏炎苞など,ほかの種類にはない特徴があるそうです。葉の大きさはひとかかえほどになるのが普通だが,環境によってはかなり小型のものまで幅広い。毒 [続きを読む]
  • 実生モミジAの芽摘みと片葉刈り
  • 今日も晴れ、良い天気が続きますよ。    実生モミジの芽摘みと葉刈りを行いました。手入れ前 芽摘みをピンセットで軽く取れます。片葉も簡単に取れますよ。手入れ後[[img(https://flower.blogmura.com/bonsai/img/bonsai88_31.gif)]][https://flower.blogmura.com/bonsai/ranking.html 👈・・・・ポチ・・励みになります [続きを読む]
  • 桜草(夕景色・ときめき)の花
  • 昨年日本桜草の八重咲を、ヤフオクで購入しました。八重咲種は、加茂荘のさくらそうで、1980年、花菖蒲の師であった故平尾秀一先生から、十数品種の苗をいただき、それまでのさくらそうに欠けていた、庭園用の鑑賞に耐える丈夫で花が上を向いて咲く品種の改良に取り組みました。そのなかで、1983年に八重咲きの性質を持つ個体を発見し、これをもとに八重咲きさくらそうの改良にも着手し、1997年には300個体以上もの八重咲きを選抜 [続きを読む]
  • 群雀(ムレスズメ)Cの花
  • 群雀の花が咲いてきました。    ムレスズメは、中国の北部と朝鮮半島に分布しています。山地の明るい斜面に生え、高さは1〜2.5メートルになります。葉は偶数羽状複葉で、倒卵形から卵形の小葉が2対つきます。秋には黄緑色に黄葉します。5月から6月ごろ、葉腋に黄色い蝶形花を咲かせます。咲き終わりになると赤みを帯びてきます。群雀C 春植え替えで新芽二芽残し剪定 & [続きを読む]
  • ユキモチソウの花・・・みかんさんに戴きました
  • ユキモチソウを、みかんさんから戴きました。    サトイモ科テンナンショウ属の多年草ですよ。4〜5月ころに花の見ごろを迎えますよ。主な自生地は、四国をはじめ、東海地方と近畿地方の、一部だそうですよ。・置き場所 3月〜5月までは、日当たりのよい戸外で育てますよ。花が終わるころには、半日陰にしましょう。木陰に移動したり、寒冷紗で日陰を作ってもよいですよ。4月6日の状態あっという間に咲きました         [続きを読む]
  • レンギョウ(連翹)A・Bの剪定
  • 最近は春らしい暖かさが有ります。連翹の花も満開です。    レンギョウは中国原産の落葉低木。早春に咲く樹木としてよく目立ち、公園や庭園などに植栽されています。中国でもよく路側帯などに植栽されており、春をいろどる植え込みの1つとなっている。花弁は4枚。幹は中空であり、レンギョウウツギとも呼ばれています。               これから剪定ですよ。連翹A剪定後連翹B剪定後連翹C・D植え替え後     [続きを読む]
  • クサノオウ(毒草)の花
  • 今日は5月の陽気だそうです。      黄色の綺麗な花が咲いています。これは、クサノオウです。分布は、北海道〜九州。日当たりのよい道端や石垣などに生える越年草。茎は中空で高さ30〜80cmになる。全体がやわらかく粉白色を帯び、傷つけると黄色の汁が出ます。葉は互生し、羽状に切れこむ。5〜7月、直径2cmほどの黄花がさきます。石垣などに、生えるのは、タネを蟻が運ぶからです。クサノオウ(草の黄、瘡の王)ケ [続きを読む]