やっちゃん さん プロフィール

  •  
やっちゃんさん: サンドロット・ピアノ
ハンドル名やっちゃん さん
ブログタイトルサンドロット・ピアノ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yacchan49/
サイト紹介文サンドロットには「草野球のような」と言う意味があります。気楽なピアノ教室です。
自由文気楽なピアノ教室へ...  今日のトクダネ 音楽のこと ピアノのこと 子育てのこと  心に響いたことを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/28 13:44

やっちゃん さんのブログ記事

  • 給排水管改修工事・・・
  • 9月4日から8日までレッスンができません。もう、説明会も終わり、少しずつ本工事に入る準備に入っているようです。一軒一軒、家の中を見て、どこにどういう風に管を通すかの説明も終わりました。我が家(レッスン室)ももちろん対象になっていまして・・昨日も、外壁に穴をあける音のすごかったこと!暑いときに、仕事とはいえ工事関係の方達は大変ですね。さて、9月4日から8日まで4日間在宅のこと。ただし、3日間は洗濯出来ず、そ [続きを読む]
  • シャドーボックス
  • こういうの作ってみたいと思っています。写真はネットからお借りしました。斜めから見るとわかるでしょう?何枚も重なっているんです!達成感がつかめるように簡単に2時間くらいで作れるものもあるそうでお母さんサロン・アンダンテで作ってみようかな!アンダンテこれは、ピアノ教室の方でなくても参加できます。 [続きを読む]
  • 鉛筆の持ち方
  • 最近、よく見かける鉛筆の持ち方二人並んでこれだったので、写真を撮りました。すでに高学年ですから、本人が自分で改めようと思わないと、治りませんね。  幼児で、新しく入ってきた子には、必ず鉛筆を持たせて確認し、親指と人差し指で鉛筆をつかむ事を意識させますが、改善した子はほんの数人。たいてい、親指の付け根の関節が発達せず、ピアノを弾くときに凹みます。関節が弱いから、こういう持ち方になるのか・・・その辺は [続きを読む]
  • ソルフェージュ週間
  • 前回、「映像を見る」ということがとても効果があることが分かったので、今回も「題名のない音楽会」から、必要と思う部分を取り出して、15分だけ観ることにしました。11歳で神童と呼ばれたロシアのヴァイオリニスト「レーピンさんの音楽会」前回の「カンタービレ」の話を思い出しながら、「動物の謝肉祭・白鳥」と、少しだけブルッフの「ヴァイオリンコンチェルト第一番」を観ました。全く曲想が違うので、指揮者の動きの違いとか [続きを読む]
  • 音程をとる
  • こういうふうに矢印を付けないと正しい音程で歌えない子供が多くなりました。47番みふぁ・ みれ・ どしど れ〜絶対音感を求めているのではなく、ふぁはみの隣の音で、ふぁのほうが高い音これを認識するのが難しい生徒が数人います。最近、特に多い・・・私が歌うと、歌える。つまり、耳コピはできるという事。なら、音痴じゃありません。音痴は治ります。ただし、正真正銘の音痴は数少ないと聞いております。ピアノで弾いても、 [続きを読む]
  • 大人のピアノ
  • お子さんが、次の一歩を踏み出せなくて一緒に小学校へ付き添って通っているSさん。ピアノにも通えなくなって、母親が弾いていると、子どもも興味を持つかも・・と習いに通ってらっしゃっています。しばらく、お子さんが習っていた教本を弾いていましたが、思い立って、「14日間で弾ける!おとなの独習ピアノ 」を薦めました。14日間で弾ける!おとなの独習ピアノ憧れのピアノ名曲14days エリーゼのために/月光の曲久木山直 (著)練習 [続きを読む]
  • 発表会ッ!
  • ・・・といっても、サンドロットの発表会ではありません。おおた音楽教室の「Little Concert」友人、大田博子さんの教室の発表会に希望者だけ参加させていただきました。小学4年生Mちゃんと5年生Rちゃんドレスを着ると、急に大人っぽく見えますね。おおた先生の発表会ではいつも貸衣装を手配してくださって、ヘアメイクもしてくださいます。だからどの人も、トータルで美しいお姫様。ま、それはさておき・・・リハーサルやら準備、 [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • や:こんにちは〜S:あ、かわのせんせ〜や:入っていい?S:いいよ〜「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/神経衰弱同じカードが出るかな?はい、りんごの音はこれ!!りんご どみそ〜あ! 音符のカードにアリーちゃんが隠れていました!最後に「おはようクレヨン」の歌今日の絵本は「ベナレスのタカ」そしてお決まりの・・・10 9 8 7・ [続きを読む]
  • 「カンタービレ」の効果
  •  ソルフェージュ週間でカンタービレの話をしました。目で見るという事の効果はすごいなと思っていましたが、Nちゃんの今日のレッスンでは、劇的に以前と違っていました。手首の柔らかさディミヌエンド(だんだん弱く)の持っていき方  本人も満足げでした          私が弾くという事も大切ですがフワフワのドレスを着た人が陶酔して演奏していること、実際に演奏者のどこを見るのか を、話しながら映像を見せること [続きを読む]
  • かみなり
  • なんだか、静かなJくん。J:今日、今年初めてのプールだった・・ すごく寒かった・・・や:そうだったんだ!   そういう季節なんだね。  レッスンが始まる頃遠くのほうで雷がなりました。J:なんで、何にもないところから雷が来るんだろ や:Jくん、調べて先生に教えてよ。J:それって、社会かな、理科かな・・・や:理科じゃないの?ピアノを弾いてから・・・J:クジラって傘さす?や:さすと思うよ!       (笑)  [続きを読む]
  • 生涯 学び
  • 今日のNHK朝ドラから 料理人の省吾さんの料理人として軍隊にいたころの話軍隊で、いじめる料理長は下の者を罵倒したり殴ったりする。そのうちにやられた人が下の人に「同じことをするようになるのを見るのが一番つらかった」と話します。         https://www.nhk.or.jp/hiyokko/about/ 写真はお借りしました。だから、自分も言葉が強くなって、みね子を怖がらせているんじゃないかと心配します。これって、あると思う [続きを読む]
  • 歌うという意味
  • ソルフェージュ週間は終わりまして、変則的に通常レッスンが始まりましたさっそく「カンタービレ;歌うように」が役に立っているみたい!Jくんの曲のちょうちょうの終わり方が素晴らしく美しい「くじらのかあさん」では、くじらの話で盛り上がりました。くじらってどんな動物?どんな泳ぎ方?見たことある?くじらの話で5分…音楽って、音を出すだけじゃ物足りないそこここに気持ちが入ってなきゃね [続きを読む]
  • ソルフェージュ週間
  • ソルフェージュ週間が始まりました今回は、特別お楽しみバージョン!「題名のない音楽会」を観ています。カンタービレ:歌うようにこれって、どういう事? 的確に説明できません!んじゃ、体験していただきましょ・・・ っという事で、丁度その内容を放送していたのを録画しましたので、子供たちと観ています。キャッツ から「メモリー」シューベルト「ます」ラフマニノフ「ヴォカリーズ」さすがに全部は観せて居られないので、 [続きを読む]
  • 分数じゃないのよ
  • ソルフェージュの時ピアノの初見の時、必ずいう事は「ここに注目!    何拍子? ト音記号の横に何が付いてる?」生徒が4ぶんの3っ! なんて言おうものなら算数じゃないから・・・ と、突っ込まれる。4ぶんの3びょうし8分の6拍子で、リズムうちするときに???と戸惑う子が多い。8って何だっけ?6って何だっけ?この前段階で、音符のピラミッドが理解できていないと、話が通じません。生徒:6分音符がぁ・・・  無い [続きを読む]
  • 第21回サンドロットコンサート
  • 報告が遅くなりました!去る、5月20日土曜日無事に第21回サンドロットコンサートが終了しました。テノール:佐々木洋平ピアノ:丸山 里奈子・・・プログラム・・・  第一部Musicaproivita/ S. ガスタルドン An die Musik/ F. シューベルト staendchen/ R. シュトラウス「ウィーンの謝肉祭」より〈4.間奏曲〉/R. シューマン 竹とんぼに/木下牧子 くちなし/高田三郎 Addio fiolito asil/ G. プッチーニ 第二部 恋/星野源 情熱 [続きを読む]
  • 新学期が始まって
  • 新学期が始まってほっと一息の連休から・・・・初めての中間試験中学一年生になったDクン「試験は難しかったです」とぼやく ぼやく  彼は今、お父さんに聞かせてあげるためにショパンのノクターン(簡単バージョン)を練習中や:今日、注意するところは?D:指使いを守る  ここ、チョー難しいですね・・・や:エリーゼの時から言ってるよねD:はい・・・部活は卓球部に入ったそうです。D:筋トレやってから、グランド三周 [続きを読む]
  • 書き写す
  •  譜読みが苦手特に、ヘ音記号の読みが苦手・・・・ヘ音記号の丸い部分が ふぁ です。(だからヘ音記号っていうんですけどね・・・)これを覚えておいて、ここからふぁ み れ どふぁ そ ら し どと数えると、わかりやすい。それには、上にど れ み ふぁ そ ら し ど 下にど し ら そ ふぁ み れ どと、流れるという事を頭に入れておかないといけませんね。大人には当たり前でも子どもには驚きの事実なんで [続きを読む]
  • 歌詞の効用
  • 子供の教本にはよく歌詞がついています正直言って必要あるのか?と思っていました実際、海外の教本は語呂の悪い、取って付けたような歌詞が多くあります愛用しているアキピアノ教本は日本語としてイントネーションを大切にしてメロディーに歌詞を付けてあります。上はひとりで しずかみんなで にぎやか短調と長調ではありますがうっかりすると 上も下も同じリズムで弾いてしまいます。しかし…音符の分だけ歌詞数が違いますNち [続きを読む]
  • メンテナンスちゅう・・・
  • 年に一回の恒例調律の日Y.K.PIANO FACTORYの小林康浩さんいつもダンディーで いい香りを漂わせていらっしゃいます。自分のスタイルをしっかりおもちで、ぶれることはありません。職人さんです。小林さんにお願いしていつかきっと、このヤマハピアノの中身を全部、ドイツ製にしてしまおうとずっと企んでおりますが、なかなか実現しません。いつかきっと です。 piano factory 小林康浩住所: 〒336-0963さいたま市緑区大門1679TEL: [続きを読む]
  • 重きを置くところ
  • ピアノに限ったことではありません 読める   歌える(正しい音程)     リズムが打てる   ピアノの練習の前に誰でも全員 ソルフェージュを練習します。使う本は呉暁(ゴ・アキ)さんのリズムとソルフェージュです これは宿題ではありません教室に来てから初見でリズムうちと視唱をします。                  リズムとソルフェージュは④まであります。③か④あたりまで進めたら、かなりリズムの理 [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • 月に一回のお楽しみ第3金曜日わんぱくキッズへ行ってきました。新しいお友達のAちゃんはちょっと遅れて参加しましたが、大きな声で返事してくれて、クラスに勢いが付きました。「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/         毎回始まる前に、ギロックの曲集から楽しそうな曲を弾いて「もうすぐ始まるよ」の合図にしていますそれから、出 [続きを読む]
  • お母さんも弾いてみる!
  • Kちゃんは小学3年生になって、学校の新しい教室に入ることが出来ません物凄く怖がりで、予期せぬ出来事があるかもと思うと、取り掛かることができません ピアノも一度弾いたところは何度でも弾きたい。でも・・・新しい曲に挑戦することが出来ません。それでお母さんが習って家で弾くことにしました聴いたことがある曲なら弾いてみようと思うかもしれませんお母さんは「ここに座ることの緊張感がわかりました」と、仰います 。 お [続きを読む]
  • 暑いくらい!
  • 用心してハイネックで歩いて、汗をかきました今日は暑い日でしたね風も強くて、ハンガーにかけた洗濯物が一つ落ちていました 。 今日のレッスン時間、1番のJくんは半袖!学童から走ってきたから顔も真っ赤 譜がよく読めるようになりました努力していますね〜🌸🌸 [続きを読む]
  • 第20回
  • サンドロット・コンサート5月20日土曜日 午後1時から私自身がとても楽しみにしているテノール歌手です。サンドロットに来ていただく方は必ず会ってこの人ならと思う人間性を感じた人ばかりですそれは、ご本人のコンサートを拝聴したときに感じる人柄だったり人や物に対する向き合い方だったり私の感性で拾った光るものを持った人。どうぞおいでくださいね [続きを読む]
  • もうすぐ!
  • Nちゃん、もうすぐ次の本弾けるということと、止まらずに弾けるということの違い連弾すると、どーもうまくいかないのは・・・止まっちゃうからだったね。先生と違うところで、お休み入れるからだったね。よく練習して、上手になりました。 [続きを読む]