やっちゃん さん プロフィール

  •  
やっちゃんさん: サンドロット・ピアノ
ハンドル名やっちゃん さん
ブログタイトルサンドロット・ピアノ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yacchan49/
サイト紹介文サンドロットには「草野球のような」と言う意味があります。気楽なピアノ教室です。
自由文気楽なピアノ教室へ...  今日のトクダネ 音楽のこと ピアノのこと 子育てのこと  心に響いたことを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/03/28 13:44

やっちゃん さんのブログ記事

  • 第21回サンドロットコンサート
  • 報告が遅くなりました!去る、5月20日土曜日無事に第21回サンドロットコンサートが終了しました。テノール:佐々木洋平ピアノ:丸山 里奈子・・・プログラム・・・  第一部Musicaproivita/ S. ガスタルドン An die Musik/ F. シューベルト staendchen/ R. シュトラウス「ウィーンの謝肉祭」より〈4.間奏曲〉/R. シューマン 竹とんぼに/木下牧子 くちなし/高田三郎 Addio fiolito asil/ G. プッチーニ 第二部 恋/星野源 情熱 [続きを読む]
  • 新学期が始まって
  • 新学期が始まってほっと一息の連休から・・・・初めての中間試験中学一年生になったDクン「試験は難しかったです」とぼやく ぼやく  彼は今、お父さんに聞かせてあげるためにショパンのノクターン(簡単バージョン)を練習中や:今日、注意するところは?D:指使いを守る  ここ、チョー難しいですね・・・や:エリーゼの時から言ってるよねD:はい・・・部活は卓球部に入ったそうです。D:筋トレやってから、グランド三周 [続きを読む]
  • 書き写す
  •  譜読みが苦手特に、ヘ音記号の読みが苦手・・・・ヘ音記号の丸い部分が ふぁ です。(だからヘ音記号っていうんですけどね・・・)これを覚えておいて、ここからふぁ み れ どふぁ そ ら し どと数えると、わかりやすい。それには、上にど れ み ふぁ そ ら し ど 下にど し ら そ ふぁ み れ どと、流れるという事を頭に入れておかないといけませんね。大人には当たり前でも子どもには驚きの事実なんで [続きを読む]
  • 歌詞の効用
  • 子供の教本にはよく歌詞がついています正直言って必要あるのか?と思っていました実際、海外の教本は語呂の悪い、取って付けたような歌詞が多くあります愛用しているアキピアノ教本は日本語としてイントネーションを大切にしてメロディーに歌詞を付けてあります。上はひとりで しずかみんなで にぎやか短調と長調ではありますがうっかりすると 上も下も同じリズムで弾いてしまいます。しかし…音符の分だけ歌詞数が違いますNち [続きを読む]
  • メンテナンスちゅう・・・
  • 年に一回の恒例調律の日Y.K.PIANO FACTORYの小林康浩さんいつもダンディーで いい香りを漂わせていらっしゃいます。自分のスタイルをしっかりおもちで、ぶれることはありません。職人さんです。小林さんにお願いしていつかきっと、このヤマハピアノの中身を全部、ドイツ製にしてしまおうとずっと企んでおりますが、なかなか実現しません。いつかきっと です。 piano factory 小林康浩住所: 〒336-0963さいたま市緑区大 [続きを読む]
  • 重きを置くところ
  • ピアノに限ったことではありません 読める   歌える(正しい音程)     リズムが打てる   ピアノの練習の前に誰でも全員 ソルフェージュを練習します。使う本は呉暁(ゴ・アキ)さんのリズムとソルフェージュです これは宿題ではありません教室に来てから初見でリズムうちと視唱をします。                  リズムとソルフェージュは④まであります。③か④あたりまで進めたら、かなりリズムの理 [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • 月に一回のお楽しみ第3金曜日わんぱくキッズへ行ってきました。新しいお友達のAちゃんはちょっと遅れて参加しましたが、大きな声で返事してくれて、クラスに勢いが付きました。「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/         毎回始まる前に、ギロックの曲集から楽しそうな曲を弾いて「もうすぐ始まるよ」の合図にしていますそれから、出 [続きを読む]
  • お母さんも弾いてみる!
  • Kちゃんは小学3年生になって、学校の新しい教室に入ることが出来ません物凄く怖がりで、予期せぬ出来事があるかもと思うと、取り掛かることができません ピアノも一度弾いたところは何度でも弾きたい。でも・・・新しい曲に挑戦することが出来ません。それでお母さんが習って家で弾くことにしました聴いたことがある曲なら弾いてみようと思うかもしれませんお母さんは「ここに座ることの緊張感がわかりました」と、仰います [続きを読む]
  • 暑いくらい!
  • 用心してハイネックで歩いて、汗をかきました今日は暑い日でしたね風も強くて、ハンガーにかけた洗濯物が一つ落ちていました 。 今日のレッスン時間、1番のJくんは半袖!学童から走ってきたから顔も真っ赤 譜がよく読めるようになりました努力していますね〜🌸🌸 [続きを読む]
  • 第20回
  • サンドロット・コンサート5月20日土曜日 午後1時から私自身がとても楽しみにしているテノール歌手です。サンドロットに来ていただく方は必ず会ってこの人ならと思う人間性を感じた人ばかりですそれは、ご本人のコンサートを拝聴したときに感じる人柄だったり人や物に対する向き合い方だったり私の感性で拾った光るものを持った人。どうぞおいでくださいね [続きを読む]
  • もうすぐ!
  • Nちゃん、もうすぐ次の本弾けるということと、止まらずに弾けるということの違い連弾すると、どーもうまくいかないのは・・・止まっちゃうからだったね。先生と違うところで、お休み入れるからだったね。よく練習して、上手になりました。 [続きを読む]
  • 10年ぶりのトリオを聴く
  • どれだけこの時を待ったか想像つかないだろうというくらい嬉しかったです。彼らにさえもこの気持ちは伝わってないかも・・・完全ミーハーです・・ 初めてお会いしたのが2006年10月その後毎年、ホームコンサートを続けて、2007年にこのトリオが実現して、この価値を知りました。学生時代の同級生数少ない男子生徒同士、よく集まって演奏したそうです。いたずらした話はオフレコ とにかくこのトリオでのコンサートは [続きを読む]
  • 幼い子たちのソルフェージュ
  • 小学一年生と幼稚園のクラスつくづく思います。最近は幼稚園でもしっかり字が書ける子が増えました。私が子育て中には自分の名前が書けて100まで数えられたら十分と言われました。  この記号の名前は何でしょう 難しい「ディミヌエンド」だ・・・  ディは デと、ちっちゃいィ  ぬ ヌ どんなだっけ・・・小さいホワイトボードに書きますけど、一生懸命見て書きますね。偉いね〜あとは、どみそ どふぁら しれそ和音 [続きを読む]
  • ソルフェージュ週間
  • 今週はソルフェージュ週間ドリルを書いたり声を出したり、いつもと違う楽しさがあればいいなと思っています。今日は学童からくるグループ4人みんな小学2年生仲がいいからしゃべる しゃべる・・・・面白いことを言って注意を惹く手も底をつきしばらく野放しにしていると盛り上がって楽しくなっちゃったね今週は休符のピラミッドを書く練習全休符が半分になって二分休符それが半分になって四分休符この辺の音楽理論は算数ですから [続きを読む]
  • すてきな友達:その後
  • 秋からこの時期にかけて大変お問合わせが多いこのページについてコメント欄に「楽譜をください」と書かれることが度々あります。が、それだけではお返事のしようがありません。大変心苦しく思っています。 どうぞ、コメント1をキチンとお読みになって、私、やっちゃんに直接メールしてください。コメントだけ頂いても、送ることができません。 [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • 家の中ではまだ寒くて、何を着ていいかわからないままダウンジャケットを引っ掛けて出ました・・・暑かったです。 キッズに行くまで少し坂道を登りますから〜        「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。               特定非営利活動法人 わんぱくクラブ              http://www.npo-wanpaku.net/さて、今日は5人参加あれ?車から降りないのはSちゃんかな?「こ [続きを読む]
  • ピアノの練習表
  • 一箇所だけ引っかかるなんでだろ・・・それを見つけて、3回弾いてみよう 例えば指使い例えばリズム ピアノれんしゅうひょうピアノを習いに来てもそれは一週間のうちの1日それも30分家でピアノを引いている時間のほうが長いわけです。家でやってきたことを聞いてもらって次の6日間は家で何をしたらいいかを教えてもらうのが、教室にいる30分の時間 にやること教室でやったことを覚えて帰って家でもやってみる自分 [続きを読む]
  • 冬のお楽しみ会
  • 1月29日 日曜日毎年恒例の「冬のお楽しみ会」@向こころ保育園  今回は、大田博子さん(フルート)率いる、シュトラウスの皆さんにお願いしました。毎回違うメンバーで構成してくださって、とても楽しみでした。「さんぽ」を演奏しながらの登場はみんなあっけにとられて、びっくりでしたね。それからのプログラムもピアノ フルート ソプラノ ヴァイオリン パーカッションそれぞれを活かした構成で、子どもたちも楽しそうで [続きを読む]
  • 両手で弾く
  • 順調に 両手に入りました。           え〜りょうてぇ〜???なんて言いながら、意外と弾けてしまうのが「うたとピアノの絵本(3) りょうて アキピアノ教本 導入編(3~7歳)」ヘ音記号の復習をしながら、両手弾きに慣れていけます。「りょうて」があるのですから当然、「みぎて」「ひだりて」があります。この教本に出会って、リズムや曲の間のとり方を指導するのに楽になりました。 [続きを読む]
  • なかよし
  • それはそれはやんちゃ坊主でした。Yちゃんの弟、Sくん初めは、「元気がいいのは当たり前」と見守っていましたが、ある時、お姉ちゃんにくっついてきて、30分間歓声と、笑い声の連続・・・Yちゃんも集中できずにイライラ眠くて、収拾がつかないという段階を過ぎていました。度が過ぎましたので、さすがの私も「うるさくて集中できません」と一言。送り迎えを考えると、教室でレッスンが終るのを待っていたいお母さんでしたが、それ [続きを読む]
  • 音のないところに
  • 最近の私は・・・辛口な私曲中の音のない部分4分休符は意識があっても16分休符は無いのも同じっていう表現の子がいる大人の生徒指はしっかりしているし、よく動く  ブルグミューラーの「貴婦人の乗馬」で最後のスケール左が右より動きが鈍いからずれるんだと思っていたと、自己分析違いますね一つ前の「ツバメ」の最後の部分「この音を大切に」という表現が通じない弾いて聞かせても、捉えられない。左手の16分休符を意識して [続きを読む]
  • 休符は・・・
  • これなあに?名前はなんだっけ?と聞くと  ウン     ポンウンとかポンじゃないとわかっている子は・・・え〜っとなんだっけ・・・・ 楽譜のなかに出てくると、周りの関連で何拍休み・・・と判断できますが、さてピンポイントで名前や長さを聞かれると、わかりません。楽譜って、休符よりも音符のほうが圧倒的に多いのですから・・・ 今回は2日間でほぼ全員のソルフェージュを見ました。どういう風に話せば記憶に [続きを読む]
  • 新年はソルフェージュから
  • 穏やかな三が日でしたね さて・・・基本的に年齢でクラス分けして、4日9時からソルフェージュです。よくピアノを弾いている子は、自然に音符や音楽記号が身につきます。ま、そうでない場合もあったりして・・・基本的な表記記号や音符の名前などは繰り返し繰り返し勉強しますもう少ししたら、聴音も取り入れます。4分の4拍子ってどういう意味?4分音符が4つ集まると何音符と同じ長さになる?アクセントって何?こういうことを [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。  楽しくやりましょう〜練習してるかな・・・レッスンは4日からです。2日間で全員のソルフェージュをやります。ちょっと遊びながらの、始まりです。 毎日お届けする水彩画 より [続きを読む]