ゴジラ頭 さん プロフィール

  •  
ゴジラ頭さん: アラフィフの趣味つれづれ〜 今はプラモと映画だよ
ハンドル名ゴジラ頭 さん
ブログタイトルアラフィフの趣味つれづれ〜 今はプラモと映画だよ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/rc_tsutsumi
サイト紹介文日本プラモ生誕と同じ歳のおっさんが、数十年ぶりにプラモ作り復活。他に映画鑑賞もつれづれなるままに・・
自由文ミリタリーから、マシーネン、アニメメカ、SWメカ・・・と、いろんな模型を製作。映画については、映画館での鑑賞派
アクション映画を中心に感想などを・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/03/28 15:58

ゴジラ頭 さんのブログ記事

  • 2017年鑑賞INDEX
  • 【鑑賞数 14本】[1月] 1『バイオハザード:ザ・ファイナル』1月4日鑑賞 2『ドント・ブリーズ』1月8日鑑賞 3『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』1月13日鑑賞 4『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』1月20日鑑賞 5『ザ・コンサルタント』1月27日鑑賞[2月] 6『マグニフィセント・セブン』2月3日鑑賞 7『ドクター・ストレンジ』2月3日鑑賞 8『マリアンヌ』2月17日鑑賞&n [続きを読む]
  • また、また悩むなぁ・・
  • これは欲しいなぁ・・・どうしようか・・・ポチってしまうか・・・(^_^)゙ウ-ム『マッドマックス 怒りのデス・ロード』・・無版権ものらしいが、サンプルはなかなか良い感じ・・スター・ウォーズ物もまだ3体ほど届いていないし・・・(笑)ついでに、フューリーつながりでコイツもいいなぁ〜『フューリー ?ウォーダディー?』・・・因みにマッドマックスの原題 ?Fury Road?・・やっぱり今年もカミさんの怒り(Fury)炸裂かも・ [続きを読む]
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』2016年1本目
  • 2016年1月1日鑑賞(ユナイテッドシネマなかま:長男同行)「親友の息子をチャンプにするために…」**********(YAHOO映画より)**********解説:シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子と再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写した話題作。アポロの息子アドニスが、トレーナーとなったロッキーのもとでボクサーとして成長する姿 [続きを読む]
  • 『007スペクター』2015年44本目
  • 2015年12月13日鑑賞(ユナイテッドシネマなかま:夫婦50割)「ジェームス・ボンドが最後の死闘に挑む」**********(YAHOO映画より)**********解説:長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。ボンドガー [続きを読む]
  • 『杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE』2015年43本目
  • 2015年11月26日鑑賞(TOHOシネマズ:夫婦で試写会)「ひとりの日本人が、世界を変えた。」**********(YAHOO映画より)**********解説:第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が [続きを読む]
  • 『コードネーム U.N.C.L.E.』11月23日鑑賞
  • 2015年11月23日鑑賞(ユナイテッドシネマなかま:夫婦50割)「史上最高にセクシーで、 史上最悪の相性の、 史上最強のスパイコンビ、登場!」**********(YAHOO映画より)**********解説:1960年代の人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、『スナッチ』などのガイ・リッチー監督が新たな視点で映画化。東西冷戦下、CIAとKGBのエージェントが協力し合い世界規模のテロ事件を阻止すべく奮闘 [続きを読む]
  • 『ナイトクローラー』2015年39本目
  • 2015年11月6日鑑賞(ユナイテッドシネマなかま)「他人の<破滅>の瞬間に、カメラを持って現れる――」**********(YAHOO映画より)**********解説:第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたサスペンス。事件や事故現場に急行して捉えた映像をテレビ局に売る報道パパラッチとなった男が、刺激的な映像を求めるあまりに常軌を逸していく。脚本家として『ボーン・レガシー』などを手掛けてきたダン [続きを読む]