まつちよ さん プロフィール

  •  
まつちよさん: ボディビルダーの憂鬱と美意識
ハンドル名まつちよ さん
ブログタイトルボディビルダーの憂鬱と美意識
ブログURLhttp://massmatutiyo.seesaa.net/
サイト紹介文中堅?ボディビルダーの日頃や思いを書き綴ります。
自由文地方大会優勝経験のあるボディビルダー「まつちよ」です。日記みたいなものですが、トレーニングや競技としてのボディビル、大会報告など書いています。あと趣味のフィギア系もたまにアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/04/01 12:52

まつちよ さんのブログ記事

  • 事ほど左様に
  • 何のために仕事しているんだろうか。家族のためとか、生きていくためとか。それを否定しないが、自分が日常生活するスペースは快適でないと働いている甲斐がない。いままで良く耐えていたなと思う状態から、一歩前進。リラックスできるフロアチェアを購入。当然自腹(泣)これ、子供にも評判が良い座り心地〜。当然私も同感想。癒されるという感覚を久しぶりに味わったような。存在感は結構あるので、、、そこの評価は、、、でしょ [続きを読む]
  • 孤独な戦い
  • 当たり前のことで恐縮だが、ボディビルは、孤独な個人競技である。辛い減量に耐え、トレーニングをこなし、いろんな選択を繰り返しながら、当日舞台に立つ。家族の協力あっても、仲間がいても、結果は全責任を選手が負うのであるから。そして何より、ステージ上の全選手が敵なのである。出場するからには勝ちたい、いや、1位でなくても上位に評価されたいと思うからこそコンテストなのである。自分を不利にするいかなる事柄も、出 [続きを読む]
  • その他、東京で感じたこと。
  • 東京の2日間。ボディビルダーとして、誠に有意義であった。ただ、それだけではなく、いろんな感想・感慨を多々感じることがあった。☆女性がキレイ 中央線、山手線、京浜急行、どの電車でも綺麗な女性の比率が高い。 人口比で当然なのかもしれないが、大〇の環状線より数段↑。☆施設としてのGGは中之島で十分 サウスアネックス、サウスでトレーニングしたし、原宿でも経験はあるが、中之島と比べてどうかと考えると、施設的 [続きを読む]
  • 価値ある2日間
  • 14日の金曜日、東京宿泊。以前から(だいぶ前から)、東京でのトレーニング機会を狙っていたので、減量中ではあるが気分良く「のぞみ」に乗車。所要を済ませ、14日はゴールドジム大森サウスアネックスでトレーニング。中央線経由、約1時間の移動。大森駅下車。駅からすぐに見える。近っ@_@。施設は、大阪にない感じの広いスペースと競技者系のスペースが用意されている、まさにアスリート系ジム。マシンも大阪にない(なぜ [続きを読む]
  • サラ・コナー・クロニクルズ
  • よくよく考えれば6月からそうだったんだが、減量が本当の意味で順調か、不安ではあった。やはり、落ちが止まる。無理すると落ちるが、一度の付き合い(飲み)で戻る、それをなんとか取り戻そうと無理をする・・・。ここは、こう思いつくことが大切だったのではないか。「停滞の原因」「甲状腺ホルモンのレベル低下」「チートで代謝を回復する(数日間、炭水化物を多め)」十数年、いや昨年、その前も同じ泥沼に足を突っ込んでいた [続きを読む]
  • 計画通りの東京出張
  • 来週、仕事で東京出張。2年ぶりの上京の機会。この企画は昨年からずっと狙っていた業績&それ以外の役得。(写真はイメージ図、です。)新横までだが、行きは東京の外れ。きちっと仕事はして、時間外は・・・むふふ。東京と言えば、ゴールド詣。こういう選択をする私は少々脳がやられているようだ。うん。やられついでに考える。原宿地下牢行こうか、ウエスト行けるんだよな、サウスも行けそう、いや、やっぱりイースト。ま、これ [続きを読む]
  • 何度も思う、素質というもの
  • トレーニングの量や使用重量が、筋発達と必ずしもリンクしている訳ではない。なぜなら、そこにはベースとしての資質が存在しているから。ボディビルダ−としての資質、それは同じトレーニングでも大きくなるヤツのこと。彼と比較して、多少トレーニングの質が落ちても、その差の分だけ程度違うということはなく、悲しいくらい隔絶した貧疎な身体しか造りあげることしかできないという事実。日本のトップ選手は当然資質だけでなくた [続きを読む]
  • 自ら実証したものに価値がある
  • 本日、とある大阪で有名なボディビルダ−で、コンテストでは常にパリパリのコンディションを外さない酒井さんのセミナーに参加した。コンテスト参加にかかわってのセミナーであったが、非常に中身が濃く、有意義な時間を過ごすことができた。実践すれば確実に評価があがる事柄ばかり、自分の経験からしても非常に納得できる、費用を払っても惜しくない内容である。早速試してみたいことが何点かあり、明日からの陰鬱な日々に少し期 [続きを読む]
  • ノイズが、耐えられない
  • 会社勤めのボディビルダ−あるある、かもしれないが、残業中に対面でお菓子を食べ続けられたら、イラッとなるだろう。今日は耐えられなかった。そいつの顔を見るのも嫌で、パソコン画面で隠れるようにして作業をしていた。しかし、どうにもノイズが許せない。仕事が捗らない。こいつ、ワザとやってるのかとすら思い、久しぶりに殺気が全身から湧き上がってくるのを感じる。我慢たまらず、退社した同僚の席へ移動し、仕事を継続する [続きを読む]
  • 予定を変更
  • 西日本に出るつもりと言っときながら、長い逡巡の結果、ようやく至った選択・・・「第9回日本クラシックボディビル選手権大会」へのエントリーとなった。某日、登録は済ませて、あとはいかに調整していくか。出場する165cm以下級は、同門のシルバーコレクター川辺さん、兵庫の北村先生も出場される激戦区。場所も東京近郊で活きのいい選手がわんさか出てくるだろう。ある意味、西日本より生き残る可能性が低いといわざるを得 [続きを読む]
  • すっかり忘れていた誕生日
  • 朝、Face Bookのタイムライン見るまで、誕生日のことなどすっかり忘れていた。そう、48歳に到達。オッサン真っただ中。でも、50歳くらいまでは、肉体的に自分負荷をかけ続け、可能性を求めていきたいなと思うのである。50歳を越えたら、その後のプランを考えよう。悪い想像を「地平線効果」で追いやって、結局2年後に泣きを見ることになるか、奇跡的にバラ色の展望が開けているか。人生の折り返し?だったとしても、ある日 [続きを読む]
  • ライフ(2017)
  • なかなか面白い映画だった。限りなく現在の設定で、宇宙ステーション内での地球外生命体とのSFサスペンスである。何か初期の「エイリアン」を思わせる展開。人類側が反撃する場面は全くなし。逃げまどい、分離して、そして脱出・・・でラスト。でもそのほうがリアルだし、ハラハラ感があって楽しめる。ただ、せっかく真田広之さんキャスティングしてるんだから、タチマワリぐらいさせないと宝の持ち腐れでしょうが。でもそれすると [続きを読む]
  • 今日は父の日
  • 6月18日が父の日であることは、イオンモールに行くたびに目につくから分かっていた。しかし、今までプレゼントも労いもしてもらったこともなかった。この種の記念日に特に思い入れは無いし、有ろうが無かろうが、とくに気にすることはなかった。それが、この日は・・・いただきました。ユニクロのポロシャツ。小さいことかもしれないが、いろんな事象が下降気味だったなかで、私にとっては掛け値なしに上向きの気持ちになれる非 [続きを読む]
  • 偏った読書でも良いではないか
  • 最近読んだ書籍を。経済関係にご熱心でして、前からフォローしていた三橋貴明氏とタイトルが興味をそそった上念司氏の著書を。読んだおかげで、自分の中のもやもや感が一気に晴れた気がする。両氏とも主張はほぼ同じで、単刀直入で非常に分かりやすい。善なる為政者がこれを読めば、何をすべきか一目瞭然なのだが、そこは善ならざる者というところかこの国は。三橋氏は、ハシゲ・トコーソー騒動の問題点も経済視点で言及されており [続きを読む]
  • ゆらゆら
  • ゆらゆら〜ゆらゆら〜気持ちは揺らいでいる。今年の出場予定。西日本に出ると決めたんだが、ここにきてその1択でいいのか、ゆらゆら。なに選んでも大した結果差はなさそうだが、それならより大きい舞台でも良くない?という思いが最近常にある。今の体重で考えると、日クラでも、クラシックでも十分射程に入っているから、迷うのだけれども。旅行がてらなら、広島宮島旅行仙台で本場牛タン川崎は、、、なにかある?・・・そう変わ [続きを読む]
  • 期待値
  • ここ数週間、土日の朝に6、7キロ歩いているが、これが良い感じである。歩きながらいろいろ思考する時間が得られる。スマホも本もなく、ただ考えるだけ。そして流れる景色は気持ちを滞留させない。減量にも(減量のためだが^^;)良いし、心肺機能も強化され、健康的。途中、ご縁のある大阪天満宮を参拝。家内安全祈願。いつも気が引き締まります。で、歩きながらつらつら考えること・・・最近、また人に勝手に期待をかけている自 [続きを読む]
  • アンガーマネジメント
  • 減量中は怒りっぽくなる。これは仕方ない。許容値が極端に狭くなっているので、日に何度も怒りを覚えてしまう。今日も仕事メールでキレかけた。家でも子どもにキレた。この前は電車でバックパックを下さず近づいてきたので、バックを殴り「うっとおしいんじゃ、降ろさんかい」と、そのとおりに口からでる。歩行中、前の人間がタバコを吸っていることを気付くだけで、怒りがこみ上げてくる。・・・ふう。書いてもきりがない。ジムで [続きを読む]
  • ステージのせいではないのかもしれないが〜2017大阪クラス別
  • 朝イチ、といっても早すぎて久しぶりに開店待ち(パチンコ屋か)。腕トレに精を出し、終了後食料を調達して大阪クラス別が開催されるエル大阪へ。いつもとスケジュールが違う?午前中にマスターズを片付けて、昼からクラス別とな。椿くんの出場した40歳クラス、なかなか厳しいカテゴリーだ。大きい選手とのラインナップではさすがに存在感が薄くなる。まあマスターズを特徴づける比較というところか。60歳クラスの川原さんは、 [続きを読む]
  • 苦にならない?
  • 某月某日、運転免許証更新のはがきが届いていたので、初めて門真試験場へ行くことにした。古川橋駅から徒歩で15分?くらいか、行き交う人もまばらで、朝9時ということもあり、即日更新は案外簡単なのかなと楽観的に到着。・・・げっ、更新のラインにいっぱい並んでおる。みんなどうやって来たのか。(マイカーで来たんでしょう、きっと)諸手続、有料ドライバーなので30分の講習、11時半には新免許を入手。でも、時間と費用 [続きを読む]
  • 16キロのトボトボ
  • 某月某日、多田院近くのお墓掃除やなんやらで、なかなかな距離を歩いてきた。まずは文明の力、GoogleMapをたよりに、阪急電鉄川口能勢口駅から徒歩にて道検索。・・・ここは、疑問を持つところ。全く最寄駅でない。なになに、50分。全然平気。有酸素のおかげで距離を歩くことに耐性がついてしまって、サクサクと歩ける。50分程度なら問題ないわ、という平素の認識。しかし、甘かった。自然条件を全く考慮していなかった。山越 [続きを読む]
  • 人として語る経験
  • 職場の同僚と出張中にいろいろ話をした。彼は私より年上で、いろんな引出しを持つ個性豊かな方である。宴席などでもあまり深く話をしたことがなく、2人だけでは初めてかもしれない。過去の様々な経験や現在のプライベートな活動など多岐にわたって語られる口調は、偉そぶるでもなく、しかし毎日が楽しみに溢れていることが、容易にイメージできるのである。人生を謳歌している。という表現がぴったり。そのような人が嫌いではない [続きを読む]
  • 腸内環境と減量
  • 毎月第三月曜日。それはゴールドジム中之島の休館日。丁度よい周りで、本日トレオフ。帰りの最寄駅の2つ前で下車。そこから徒歩徒歩。水でもいいのだろうが、水分補給は少しお高めのこれ。おそらくこの徒歩という名の有酸素よりも、日中頭痛に悩まされた時間の方が、減量が進んでいたのではないだろうか。この苦痛が進めてくれるはず。(なぜか有酸素をディする自分^^;)今時点では、しきりに減量が上手くいっていると吹いている [続きを読む]
  • 予定通りの元通り
  • GWが終了し、なんとなく忙しかった1週間が経過。増えた体重はものの見事に元通りとなった。落差最大4キロの乱高下であったが、さほど負担は感じなかったのは救い。身体的にどうなのか。トレ強度などは落ちたという感覚は無いので、良い物が残ったということか。代謝を上げるという目的チートであった。もちろん飢餓感の解消もあったが。季節自体が暖か→暑くという流れの中で、自然と体温上昇していることと要因の区別はつきにく [続きを読む]
  • 文章構成力
  • ひょんなことから仕事仲間にFBやブログしていることを伝えると、こう褒められた。「どうりで文章書くのが上手な訳だ。」と。たしかに、上手いとは思わないが、書く(打つ)のは苦ではないし、逆に楽しんでいるかもしれない。FBやブログのおかげというより、本を割と読んでいることの方が影響していると思う。文書構成、言い回しや表現方法などは、そこからの無意識の借用だろうが、一度頭で消化したものは自分のものと言って差し支 [続きを読む]
  • やることばっちり
  • 予定通り、GWを過ごすことができた。おかげで体重は、、、わおっ^^;明らかに代謝は上がっているので、やることはばっちり。明日からは通常オンモードで、がツーンと反動がくるだろう。それもまた楽し。いや、楽しくはないけど楽しみ。一時的に膨らました身体で、ジムでの体脂肪キャンペーンにエントリー。数値だけの計算であれば、あと〇キロ落とせば5%くらいになるらしい。まあ参考程度に記憶しておこう。エントリーのプレゼン [続きを読む]