散ドラ管理人 さん プロフィール

  •  
散ドラ管理人さん: 散田ドラゴンズ管理人のひとりごと
ハンドル名散ドラ管理人 さん
ブログタイトル散田ドラゴンズ管理人のひとりごと
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sandorakanrinin
サイト紹介文八王子の少年野球チーム「散田ドラゴンズ」のHP管理人の野球やスポーツ、JOGにまつわるひとり言です。
自由文散田ドラゴンズのHPhttp://www4.ocn.ne.jp/~sandora/

ブログは、散田ドラゴンズの試合の感想やプロ野球や高校野球の話題など野球を中心に、私自身の話を織り交ぜてお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/04/01 12:57

散ドラ管理人 さんのブログ記事

  • あれから、1年!
  • 歳をとると、時間が経つのが早いと言いますが、本当にそう思います。あれから、もう1年になります。 一年前の今時分(正確には2月16日)に、散田ドラゴンズの監督・コーチ・父母会長に退団の申し入れをしました。その時の経緯を記した記事が操作ミスで消えてしまったので、1年前を思い出しながら、再掲したいと思います。 直接的な理由は、病気です。人間ドックで引っかかったことが、検査の結果、手術が必要だと診断されま [続きを読む]
  • 大器晩成と早熟の天才!
  • 年末年始の16日連続勤務に続き、1月下旬から13日連続勤務で、なかなか更新する余裕がありませんでしたが、この間にもいろいろとありました。 最大の話題は、久しぶりの日本人横綱稀勢の里の誕生と、日本プロ野球界のエース大谷翔平のWBC欠場でしょうね。稀勢の里は、30歳にして横綱昇進でまさに大器晩成。対する大谷翔平は、22歳にして日本球界の顔となり、まさに早熟の天才といえ、対照的です。 しかし、元はと言え [続きを読む]
  • 寒波の中の駅伝!
  •  昨日から数年に一度の大寒波ということで、とても寒くなっていますが、幸いなことに八王子を含む首都圏は、降雪を免れました。空気がキンキンと澄んでいたので、富士山が見えるかと朝クロの散歩で二丁目に登りましたが、残念ながら、雲に隠れていました。あっちの方は確実に雪ですね。 今日は久しぶりの日曜休みでしたが、特にすることもなく、午後は都道府県対抗女子駅伝をTV観戦しました。開催地は京都ですが、京都は今回の [続きを読む]
  • 全国高校ラグビー決勝(東福岡対東海大仰星)!
  • 全国高校ラグビー決勝!前後、高校サッカーを見ながら、14時から満を持してTV観戦です。ディフェンディングチャンピオンは東海大仰星ですが、ここ数年の高校ラグビー界を考えると、東福岡の方が地力がありそうなので、東海大仰星を応援です。 フィジカルの強さ・ミスのないハンドリング・ターンオーバーを奪う技術を含めたコンタクト開始早々から東福岡が連続攻撃でずっと攻め続けます。東福岡フィフティーンは、とても高校生 [続きを読む]
  • 気がつけば、松の内も終わり!
  • 今朝も富士山がきれいでした。元日以来の富士山です。 今日で松の内も終わりです。七草粥ですが、年末年始も普通に仕事で、暴飲暴食もしてないので、別段、七草粥という気分ではありません。昨年の12月22日から昨日1月6日まで、途中半ドンが2日hどありましたが、16日間連続出勤でした。世の中のワーカホリックは、もっと働いていますが、ワークライフバランス人間の私にとっては、タイ記録くらいです。 年末年始は、ス [続きを読む]
  • 2017年元日!
  • 元旦ではなく、元日の夕方の富士山です。 仕事柄、あまり正月気分は味わえないのですが、元日だけは間違いなく休みなので、二丁目の公園から元旦の富士山を拝むのが日課となっていました。しかし、今年は社会人となって初めての元日からの仕事となってしまい、朝の富士山を拝めませんでした。 一昨年、人生初めての出向で、カレンダー通りに休む会社勤務となり、昨年は社会人となって初めての普通の年末年始を迎えましたが、昨年 [続きを読む]
  • 季節の風物詩…クリスマス!
  • 節分、入社式、GW、プール開き、海開き、ビアガーデン、中元・歳暮商戦、クリスマスイルミネーションなどの季節になると、新聞やテレビでこれらの話題が取り上げられます。悪く言えば、毎年恒例の埋め草記事ですが、季節を思い起こさせる風物詩でもあります。 で、私は、クリスマスになると思い出すことがあります。そして、そのまま書いていくと、本当に毎年恒例の埋め草記事になるので、今年は書くのをやめておきます。しかし [続きを読む]
  • 納会…の後の父会。
  • 本日は散ドラ恒例の親子大会、納会だったそうです。ご案内をいただいて、納会ではなく、その後の父会に遅れて参加させて頂きました。 今年も一年が終わろうとしていますが、私も散ドラを退団して一年近く経ち、感慨ひとしおです。思い起こせば、去年の今頃は病院で診察を受ける直前で、年明けに検査結果が出て、散ドラ退団を決意させていただいたという経緯があるからです。 その後、思いもかけぬ人事異動の辞令があり、名実とも [続きを読む]
  • 怪物2!
  • 先日のNPBベストナインの発表で、日本ハムの大谷翔平選手が史上初めて投手と野手(DH)での同時受賞を果たしました(投手111/245票中、DH190/245票中)。 こんなマンガのような選手はベーブルース以来なので史上初めてなのも無理はないのですが、そもそも記者の投票で決まるベストナインでは、同じ選手の重複投票が禁じられていたため、これまではどんなに投打に優れていたとしても同時受賞は不可能だったそ [続きを読む]
  • 早実、選抜出場確実も…
  • 先日の都秋季大会決勝で、早稲田実業が日大三高を破り、春の選抜大会出場を確実としました。キャプテン清宮幸太郎は、衝撃デビューの1年夏のあと、2年時は春夏と出場を逃していただけに、やっと甲子園の舞台に帰ってきたという感じですね。 しかし、そう喜んでばかりもいられません。 決勝での清宮は、何と5打数5三振でした。左腕の桜井投手のスライダーにまったくタイミングが合っていませんでした。桜井投手もいい投手には [続きを読む]
  • 日本ハム、日本一!
  • 広島に戻っての第6戦。広島の先発は、第2戦で日本ハムにつけ入る隙を与えなかった野村。対する日本ハムは、大谷翔平を最終戦に温存し、増井が先発。 初回に日本ハムが広島の守備の乱れに乗じて先制すると、広島もすぐに相手のバッテリーエラーで追い付くなど、前半から荒れ模様&一進一退の展開でした。 ところが8回、今シリーズ打ち込まれているジャクソンがまたしてもやられました。それも、二死からです。西川、中島、岡の [続きを読む]
  • 内弁慶シリーズ!
  • マツダスタジアム(広島)で開幕した今シリーズは、ジョンソン、野村のダブルエースで、ホームの広島カープが連勝しました。日本ハムは大黒柱の大谷が攻略され、主砲中田が封じ込まれ、ミスも絡み、非常に流れを悪くしました。 札幌ドームに場所を変えた第3戦は、黒田と有原の投げ合いになりましたが、中田の逆転打、大谷のサヨナラ安打が出て、日本ハムが一矢を報いました。そして、昨日の第4戦は、広島がルーキー岡田、日本ハ [続きを読む]
  • そうこなくては!日本ハム1勝!
  • 今年の日本シリーズは、日本ハム・大谷対総合力の広島カープといった感がありました。大方の評論家の意見としても、大谷が2勝すれば日本ハム有利、大谷を攻略すれば広島有利というものでした。私も同じ思いでしたが、どちらに転ぶかと言えば、大谷翔平の勢いに分があると正直なところ思っていました。 ところが、初戦で大谷がまさかの敗戦を喫すると、2戦目もミスが絡んで日本ハムがなすすべなく敗れ、圧倒的な不利な状況に追い [続きを読む]
  • 若すぎる死!
  • ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が5球団競合でソフトバンクが指名しました。日本シリーズ初戦は、大谷翔平がまさかのノックアウトで、広島が先勝し、ぐっと有利に立った感があります。 しかし、今日書きたいのは野球のことではなく、ラグビーのことです。 既にニュースで大々的に報道されていますが、ラグビー界最大のスターだった平尾誠二さんが53歳で死去しました。世間の方々同様、まさか、まさかの感が強いです。 [続きを読む]
  • 温泉!
  • 2月末で散ドラを退団し、3月に新しい職場に着任してから、それまでの生活とは一変しました。規則正しい休みはなくなり、野球もジョギングもやめ、休みの日に一人の時にはすることに困ります。 本を読むことは好きですが、気持ちのいい秋晴れの日に家にこもって読書もどうかと思います。そんな時に、カミさんと休みの日に出かけた時に、ある温泉に入りました。それから、最近、ちょっとした温泉ブームです。 一人の休みの時に、 [続きを読む]
  • スーパースター!
  • 広島カープの黒田博樹投手が今季限りで引退することが明らかになりました。広島で現役を終えるためにメジャーの巨額オファーを断って戻ってきた黒田としては、25年ぶりに優勝した今季は、これ以上ない引退の花道だったでしょうね。 今季の広島は、神ってる鈴木誠也など新戦力の活躍もありましたが、やはり広島の精神的支柱は黒田博樹であり、野手では新井貴浩のベテラン二人ですね。中でも、黒田は日米通算200勝を達成した正 [続きを読む]
  • 順当な結果!
  • クライマックスシリーズ・ファイナルは、ソフトバンクが意地を見せましたが、それぞれリーグ優勝チームが制する順当な結果となりました。セントラルが、アドバンテージ1勝を含む広島の4勝1敗。パシフィックが、同じく日本ハムの4勝2敗でした。 クライマックシリーズ廃止論者としては、結果には満足ですが、現在横浜に勤務している身としては、横浜DeNAベイスターズには、もう少し頑張ってほしかったですね。勝因は、広島 [続きを読む]
  • 横浜ベイスターズ、CSファイナルへ!
  • クライマックスシリーズについては終始反対ですが、現在横浜に勤務する身としては、横浜ベイスターズの初のクライマックスシリーズ進出は祝福する気持ちでした。そして、今日、1勝1敗のタイで迎えた第3戦を制して、ファイナルへ進出を決めました。 故あって、試合中盤からテレビ中継を見ていました。プロ野球を見るのも久しぶりです。横浜は、筒香、ロペス、梶谷などのほかは、あまりメジャーではない若手選手ばかりです。それ [続きを読む]
  • 番長、ラストピッチング!
  • 横浜DeNAベイスターズが初のクライマックスシリーズ進出を決めた翌日9月20日(火)に、横浜一筋でやってきたハマの番長こと三浦大輔投手が引退会見を開きました。そして、翌日の朝には、横浜西口の百貨店に巨大な三浦大輔投手の懸垂幕がかかりました。「永遠番長」の文字とともに、三浦投手の後ろ姿です。横浜球場近くの日本大通り駅構内も三浦大輔一色です。 そして今日、事前に発表されていた通り、最終戦で三浦大輔投手 [続きを読む]
  • 日本ハム大逆転優勝!圧巻、大谷翔平!
  • ソフトバンクが圧倒的にリードし、最大11.5ゲーム差を付けられていた北海道日本ハムファイターズが最終盤に遂に逆転し、M1で迎えた今日の西武戦で勝利し、日本ハムが優勝を決めました。 数日前に書いたように、4番の中田翔、今日の決勝点となる35号を放った5番レアードも当然優勝の立役者ですが、最大の立役者は、やはり大谷翔平ですね。 今日の試合では、何と9回被安打1奪三振15の完封勝利です。今シーズン12勝 [続きを読む]
  • 『少年野球あるある』 高橋監督著/久住卓也画 日本文芸社
  • 内容は他愛のないもので、880円+税という価格に見合うかどうかは微妙ですが、思わず手に取って買ってしまいました。しかし、確かに「あるある」と思ってしまうことばかりです。下は、一例です。 ・試合で「楽に楽に」とコーチに言われるほど子供は硬くなる・夏場の試合、イニング途中で給水中断・雨で練習が無くなると、何をしていいかわからず、バッティングセンターしか思いつかない・試合で点差が開いてくると、監督の近 [続きを読む]
  • もはやマンガ超えです!
  • セントラルリーグは、広島が早々に優勝を決めましたが、パシフィックリーグは逆に稀に見る大激戦となっています。一時は圧倒的なリードをしたソフトバンクが、主砲柳田の負傷離脱や、中継ぎ陣の崩壊により、日本ハムの猛追に合い、遂に逆転されてしまいました。 その原動力は、4番中田翔や寿司ポーズのレアードの活躍もありますが、やはり大谷翔平抜きには考えられませんね。 昨年は、投手として大躍進を遂げましたが、今シーズ [続きを読む]
  • 広島カープ優勝!
  • 広島カープが「良い」球団であることは、前々から認識していました。某球団のように金に飽かせて選手をかき集めたりせず、しっかりしたスカウティングで獲った選手を厳しい練習で育て上げ、FAになると他球団に放出する。上位には進出できないが、地元ファンの熱い人気を保ち、赤字球団がほとんどの中、黒字経営を実現する。 立派の一言です。 しかし、優勝は難しいと思っていました。昨年が4位で、そこから絶対的エースの前 [続きを読む]