夫婦問題・不倫問題改善カウンセラー松宮直子 さん プロフィール

  •  
夫婦問題・不倫問題改善カウンセラー松宮直子さん: 夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング
ハンドル名夫婦問題・不倫問題改善カウンセラー松宮直子 さん
ブログタイトル夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング
ブログURLhttps://ameblo.jp/naoko-room/
サイト紹介文主に心理的側面から、夫婦問題・不倫問題・離婚問題に迫っていきます!女性心理カウンセラー松宮直子が運営
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/04/09 00:06

夫婦問題・不倫問題改善カウンセラー松宮直子 さんのブログ記事

  • 妻に対する「ラク」と不倫相手に対する「ラク」は意味合いが違う
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 前回の記事(どうせ俺のことなんて必要としていないんだろう?)で、メッセージをいただきました。 ”現在、再構築中です。夫は妻である私に「お前といるとラクなんだよな〜」と言うのですが、それは夫にとってはそういうランクなのか?と疑問に思いました” 前回の記事で説明不足でしたね。申し訳ありません 不倫中の夫が妻に対して「不倫相手といるとラクなんだよ」という夫も [続きを読む]
  • どうせ俺のことなんて必要としていないんだろう?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫あるあるなのですが、よく不倫をしている夫が言うセリフ。 「どうせお前は俺のことなんてなんとも思っていないんだろう?」 つまりは、「俺を必要としていないんだろう?」ということです。 でも、多くの妻は夫のことを必要としています。 その都度、感謝の気持ちを伝えたりしていたか?というとそれは難しいことも多く。 夫も家族を養うプレッシャーや仕事へのプレッシャー [続きを読む]
  • 不倫と恋愛(結婚)は別物
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 先日、ブログ等を読んで下さっている方からお手紙が届きました 毎日、事務所のポストチェックをしていないので、気づくのが遅くなってしまったのですが お手紙には現在夫の不倫でお辛い思いをされていて、ブログを読んで心が救われました・・という感謝の想いを綴って下さったお手紙でした。 ご相談者さまではありませんが、ブログやサイトを読んで少しでも心が楽になって下さっ [続きを読む]
  • 一線を超えなければ不倫ではない?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 次々と起こる芸能人の不倫問題。 見る度にうんざりしますね・・。 最近では、宮〇氏。 テレビで謝罪のようなもの?をしていましたが、往生際が悪いですね。 「はぁ?この人何を言っているの?( ̄へ  ̄ 凸」としか思えませんでした。 「一線を超えなければセーフ」「下心はあった」と思っている時点でダメです。 確かに法律において有責配偶者とみなされるには、「不貞行為を1度 [続きを読む]
  • 完璧主義者はなぜ不倫に走りやすいの?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。 不倫に陥りやすいの人の特徴の一つの中に、”完璧主義者”があります。 真面目でストイックな人に多いのですが、ぷつんっと糸が切れた瞬間に不倫に走ってしまうこともあります。 真面目でストイックで曲がったことが嫌いという人は、一見不倫に走ることはなさそうなのですが、そうではないこともあるんですね。 基本的に「柔軟性に欠ける」ので、ストレスは人一倍溜めやすいの [続きを読む]
  • 夫の不倫問題で子どもに辛く当たってしまうときは
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 夫の不倫問題は、心に大きなダメージを受けてしまいます。 自分の心がボロボロな状態だと、子どものお世話をしたり、遊んであげたりすることも難しくなってしまいますよね。 お世話ができないどころか、子どもを道ずれに・・・と過ってしまうこともあるでしょう。 1日1日を過ごすだけでもやっとです。 それこそ、「息をしているだけ」でも疲れるぐらい。 「自分だけが母親失格 [続きを読む]
  • ”不倫を止めない夫に告ぐ”
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 今日は、”不倫を止めない夫に告ぐ”という奇抜なタイトルです。 最近、悲しい事実を目の当たりにすることもあります。 不倫を止めない方が読んでくれるかわかりませんが、不倫を止めずに続けるリスクの方が大きいことを知っていますか? 一時の快楽に流されたことで、殺人犯並みの行為をしているという自覚はありますか? 妻には”不倫は止めた”と言いながら水面下で不倫を続 [続きを読む]
  • 幸せになる力に触れるということ
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です カウンセリングをしていて一番嬉しい瞬間は・・ ご相談者さまが 「本来持っている力を取り戻したとき」 夫ありきの自分から、夫は夫・自分は自分とそれぞれに人生があるんだと気づいたとき・・そこから新たに自分の人生を歩み始めます。 それは、離婚する、しないに関わらず。 もちろん、そんな気持ちになるまでは、それぞれに時間も要します。 自然とそんな気持ちになれることが [続きを読む]
  • 感情の起伏がはげしい不倫相手と別れるには
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫相手と別れたいのに、不倫相手が脅してきたり、自殺をほのめかしたりして、なかなか別れられないことがあります。 このような不倫相手は、過剰に見捨てられ不安を抱えていたり、自分に自信がないことが多いです。 既婚男性に「見捨てられるかもしれない」と不安を感じた瞬間にスイッチが入って、あの手この手で既婚者を責めて、脅して、すがりついてを繰り返してきます。 次 [続きを読む]
  • 不倫問題に対処するには、「NO!と言える日本人になれるか」がカギ
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 術後、初めての「note」更新です 夫の長引く不倫に対処をすることは、大変勇気がいることです。 「妻や家族に甘え切った夫」VS「長年夫を支えてきた優しい妻」 このような法則のようなものがあるのですが、それを打ち砕くのは大変なことだからです。 なぜ、夫の不倫がずるずると長期間長引いてしまうのか? それに対して、妻はどのように対処をしていくことがベストなのか? と [続きを読む]
  • なぜ不倫相手は反省しないのか?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫相手に反省を求めても、反省をするどころか逆切れをしたり、妻を責めてきたりする人も多いですよね。 何度も攻撃されると、だんだん「私が悪いのかしら?」なんて思い、あまり強く言えなくなってしまうこともあると思います。 でも、そんな口車に乗ってはいけませんよ。 不倫をする人は、黒を白にするための常套手段をたくさん持っています。 どんな夫婦生活であったとして [続きを読む]
  • ”自分が感じていることが一番の「正解」”
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です いつも拝見させていただいている「ようこそさん」の記事です 先日、私が書いた記事の言葉を、またまた素敵な絵手紙にしていただきました 本当にありがとうございます ようこそさんが書く絵手紙の温かさと癒される言葉に、いつも心がぽわ〜んと温かくなっています。 術後直後も今でも毎日のように読ませていただいています。 その度に、激しく首を縦に振っています。うんうん!っ [続きを読む]
  • 夫への執着を手放すには「何か楽しいこと」をした方がいいの?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です あるカウンセラーさんに言われました。 「夫への執着を手放すには、あなたが何か楽しいことを見つけなさい。そうすれば、夫への執着がなくなって、夫の不倫自体が気にならなくなりますよ。」 ご相談者さまが他のカウンセラーさんに言われたことです。 理屈としてはわかるのですが・・・本当にこれができれば誰も苦労しないかもしれません 私もカウンセラーになりたての頃は、「 [続きを読む]
  • 世にも恐ろしい"罪悪感"
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 数年前にカウンセリングを受けていただいた方がこんなことを言っていました。 「夫は罪悪感という最も苦しい感情に囚われ続けるけれど、私はそれがないだけでも良かった」と。 不倫をしておいて逆切れする人や、無言・無視を決め込む人は、一見「反省をしていない」と思われます。 「罪悪感」すら感じていないのではないかと。 自分が悪いのを棚に上げて、妻の責任にすり替えた [続きを読む]
  • カウンセリング再開(リピーターさまのみ受付)
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKOです 6月中旬からカウンセリングを再開させていただきました 7月分にまだ少し空きがありますので、「リピーターさまのみ」受付再開とさせていただきます。 お待ちいただいている方、お待たせしてしまい大変申し訳ありませんでした 新規の方は、8月以降から再開できると思います(空きがありましたら) ご不便お掛けしてしまい、大変申し訳ありません カウンセリングは情報命なので、ご了承いた [続きを読む]
  • 夫の不倫の証拠探しが止められない
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 夫の不倫が発覚したときから、「夫の不倫の証拠探し」が止められないときがあります。 夫の鞄の中やスーツのポケットの中を探したり、夫の手帳や携帯の記録などひたすら証拠を探してしまいます。 探しているときの「自分」は「無心」です。 何かの衝動に突き動かされるかのように、無心でひたすら探す。 そして、証拠を一つ見つけては、「やっぱり・・」とパズルのピースが埋ま [続きを読む]
  • 不倫の償いをせずに「逃げ切ろう」と思っても無駄
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫をしておきながら妻にバレたら・・ 「謝罪をしない」 「認めない」 「被害者ぶる」 「逆切れ」 「逃げる」 「自分を正当化して、妻を悪者にする」 このような行動を取られる不倫相手は多いです。 私はこのような不倫相手が一番嫌いです。 百歩譲って、人間なのだから過ちを犯してしまうこともあるでしょう。 でも、悪いことをしてしまったら「謝罪をする」「責任を取る」と [続きを読む]
  • 不倫者はなぜ自分の子供を不倫相手に会わせたがる?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 実は、不倫をしている多くの人が、「自分の子供を不倫相手に会わせる」という行動を取っています。 既婚者である男女共に。 妻からすれば、自分の子供を勝手に不倫相手に会わせられているわけですから、たまったものじゃないですよね。 しかも、そのことが妻にバレないように、お父さんが子供に「お母さんには内緒だよ」と秘密にさせる。 子供はどんな気持ちなのでしょう。 お父 [続きを読む]
  • リハビリ経過報告〜(^o^)/
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKOです。今日も左手でスマホから投稿します(*^^*)術後から3週間と少し経過しました!今は、過酷なリハビリ中でございます(^^;2ヶ月は寝ても覚めても右手を心臓より上に上げていないといけないのですが、これがまた疲れます。起きている間は、手術した中指をゴムで後ろにひっぱり続ける装具をつけていないといけず…。これがまた誰かに見られたらやばいほどの怪しい装具(笑)病院の中でも注目を浴び [続きを読む]
  • 不倫をした夫と「離婚したい・・」と過るのは「逃げ」ではない
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫をした夫(不倫が終わっている)と「再構築をしよう」と決めたものの・・・やっぱり「離婚しかないかも・・」と正反対の気持ちが出てくることがあります。 頭では「再構築するしかない」「再構築をしよう」と決めても、心(感情)がついていけないですからね。。 頭で考えることは10%、心で感じていることは90%の割合が占めているので、無理もありませんよね・・。 い [続きを読む]
  • カウンセリング状況
  •   大変申し訳ありませんが、現在カウンセリングが立て込んでいるため、新規の方(サポートブック未購読者さま)のお申し込み受付を休止させていただいています。 ※サポートブック購読者さまの優先枠につては、「サイト 」にてカウンセリング可能日時を記載しています。 サービス・料金・ご予約状況はこちらへ 読むだけでカウンセリング「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」 (夫の不倫が終わった方向け)「 [続きを読む]
  • 妻は不倫をしている夫に執着しているから離婚ができない?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 不倫相手は言う・・ 「奥さん、あなたに執着しているだけじゃない?離婚されたら経済的に困るから離婚してくれないのよ」 「あなたに愛情なんてないのにね。お金を運んできてくれる人とだけしか思われていないあなたは可哀想だわ。私だったらそんな思いさせないのに」 これを聞いてどう思いますか? 確かに、夫に離婚をされたら妻は経済的に困ることもあります。 しかも、不倫を [続きを読む]
  • 夫が不倫をしても再構築はできるの?
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です 手術前に、1年前のご相談者さんから、直筆のお手紙が届きました 心温まるメッセージが沢山綴られていて、お気持ちが本当に嬉しかったです この方から直筆のお手紙を頂いたのは2回目です 2年ほど、夫の不倫が渦中のとき〜夫の不倫後の心のケアのカウンセリングをさせていただきました。 夫の不倫が渦中のとき、客観的に見れば(一般の方から見れば)絶望的な状況だったと思い [続きを読む]
  • 手術終わりました!
  • こんにちは。カウンセラーのNAOKOです(*^^*)めったにスマホから投稿することないのですが、左手でスマホが打てるので、こちらから投稿します!10日に無事に手術が終わりました(*^^*)心温かいお手紙やメール、メッセージを送っていただいて、各地からパワーを送ってくださった方々、本当にありがとうございます!おかげで無事に成功しました。手術前の右手の中指は90度近く中に曲がっていたのですが、ほぼ真っ直ぐ伸びていてびっく [続きを読む]