金城孝祐 さん プロフィール

  •  
金城孝祐さん: 限界人生(金城孝祐のブログ)
ハンドル名金城孝祐 さん
ブログタイトル限界人生(金城孝祐のブログ)
ブログURLhttp://kane46.blog35.fc2.com/
サイト紹介文演劇と美術。あと日記とか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/04/08 18:04

金城孝祐 さんのブログ記事

  • ハイク詠もう
  • https://web.archive.org/web/20120118000038/http://shaka.web.infoseek.co.jp/haiku/自動で俳句を詠むツール。なかなか面白い。以下みたいなのがボタン一つで出てくる。「女湯で 逆ギレ全開 ボブ・サップ」「容赦なし ママにはナイショで クーデター」「初デート 初回限定 クーデター」「出来心 注射器しのばせ 猛ダッシュ」「ここはどこ? スクール水着で 和尚さん」「今度こそ 震え止まらぬ 生まれそう」でも季語 [続きを読む]
  • 絵の具の血統主義
  •  絵の具は、同じ量のチューブでも色によって、顔料によって値段がぜんぜん違う。 極端な例では、人工ウルトラマリンは、オランダのメーカー「ターレンス」のものでも数百円。天然ウルトラマリンだと、同じ量だと数十万になる(天然ウルトラマリンがチューブで売ってるとこなんて見たことないけど)。 そんなかんじで、絵の具は値段が細かくグレードに別れている。国内メーカーは安いものからA、だんだんFへとランクアップし、値 [続きを読む]
  • 「花のズボラ飯」三巻が出てた 或は 耳たぶ縁起白い粉
  •  終わったと思ってた「花のズボラ飯」の続刊が出た。 まあ物語的には二巻で終わってるので、三巻は花さんが飯食うだけの話なんだけど、影響されてしばらく一人鍋して、湯豆腐にはまりました。 で、読んでると花ちゃんはお燗を作り出して、いつものように独り言いいながら「人肌のぬる燗」とかいう日本の味の表現に感嘆しだし、「耳たぶくらいの柔らかさ」というのにも言及する。が…… 私が「耳たぶくらいの柔らかさ」で真っ先 [続きを読む]
  • 暗黒巨大出版資本主義集英社
  •  集英社の贈賞式に顔を出す。担当の美少女(31歳男性)とお話ししたいこともあったからだ。 が。行ってみたら美少女はじめ編集長や単行本のときにお世話になった編集さんやライターさんや正体不明の人やなんやかやに集団でボコボコになじられて瀕死になり、そのあと角田光代さんといっしょに悪ノリしてたら俺だけめちゃくちゃ怒られて(角田さんも怒られたかどうか知らないが、角田さんは偉い人なんで俺ほど怒られはしめえ)、 [続きを読む]
  • 抽象画の価値
  •  サイ・トゥオンブリーの絵「黒板」がオークションで約86億円で競り落とされた件について。 美術に無関心な人にとっては、こんな落書きみたいな絵にこれほど高値がつくことは信じがたく、またばからしいことだと思えるようだが、まあ……値段に関しては、高名な美術家の作品は投機の対象になるのでいたずらに値が上がることがあるとは言える。だから実際の芸術的な価値と金銭的価格としての評価が釣り合ってるとは限らない(と [続きを読む]
  • おそまつとか
  • 「おそ松くん」のリメイク「おそ松さん」が始まってだいぶ経つ。私はしばらく、見る気になれなかった。 ぎりぎり、「おそ松くん」はリアルタイムで見ていたのである。私は昭和生まれだ。 それで、思い入れもあったし、「おそ松さん」は、あまりにファンにいいように解釈されすぎているように感じたし、そういう素地があるということは、その程度の作品なのだろう、と勝手に思っていた。 が、第一話が発禁になるというので、その [続きを読む]
  • 釣り記
  • 館山で釣り。釣果 キス1 メゴチ2不漁である!別グループは鯖など青物がたくさん釣れてたようだが、我々はキス狙いだったので、総じてふるわなかった。まあ、こんな回もあろう。 [続きを読む]
  • 分かった
  •  元航空自衛隊の人に忠告されて、「その髪型だとそりゃ自衛官に間違われる」と言われたので、髪を伸ばすことにする。 そうよ、ユーリズミックスを見習うべきだ。人は髪で変われるのだ。  髪の短い(自衛官時代の)ゆーちゃん。  天使になったゆーちゃん。 [続きを読む]
  • 人類の夜明け
  •  奥多摩を登る。周遊道路にある休憩所「都民の森」に自衛隊さんたちがいた。何人も迷彩服着てでかい背嚢しょって歩いてたので、最初変態コスプレ集団かと思ったが、軍用車も駐車してたから本物だった。近くで演習でもしてたのかな。ここらへんでもやるのか? 今回、あまり体を鍛えてない状態で行ったので、たいへんにきつかった。  そんで帰ってきて、なんの脈絡もないが、この動画を見て感動したのだった。  [続きを読む]
  • 生きてると増える、どうでもいい豆知識
  • 二次大戦当時のドイツ戦車のエンジンって、マイバッハ製なんだってさ。びっくり。いいもん使ってんな。こんな知識ばかり得てるから自衛隊に間違えられるのかな。以前、ゆーちゅーぶをだらだら見てて、交通事故映像のドライブレコーダー集とかだったか、運転してる車が交差点に差し掛かって、事故ってる車を見つけていた。一台が、もう一台の側面に突っ込んでた。そのとき、どうやら運転手と助手席にだれか乗ってたようだが、会話が [続きを読む]
  • なんなんだよおおおおおおお!
  •  小料理屋で飲みながら小説読んでて、これ読み終わるまで居座るか、ってやってたら、閉店間際まで残ってしまった。 そんで会計時、一人だけ残った客の私と、大将の会話。大将「私の年になるとねー、もう本読むのも辛くてねー」私「ああ、目とかがですか?」大将「そう、疲れるし、それに老眼が始まっちゃって、うまく焦点も合わなくってね……」私「はあ……」大将「……自衛隊さんですか?」 私「違います!!」 なんでだよ!  [続きを読む]
  • 致死った
  •  多摩湖自転車道をサイクリングしていて、前を走っていたロードバイクをママチャリでぶち抜いた。 まあ、ママチャリで抜かれる程度の奴だから大した事ないのだろうけど、こんなの初めてだった。おれジーパンに下駄だったのに。 そのあとこの世の楽園、温泉に行き、整体した。 整体師さんに、肩、背中、腰、腕、わき、ふくらはぎがこってますね、と言われた。 なにこの体。俺死ぬの? [続きを読む]
  • バグ調理場
  •  一仕事終わって冷静に身の回りを振り返ってみるに、部屋が散らかりすぎている。 特にキッチンが危険なレベルで乱雑。 これは比喩ではなく、本当に危険。 テーブルの上に、出しっ放しの醤油やめんつゆのボトルにまぎれて、溶解剤や還元剤のパックが置かれたまま放置されているのである。 自分でキッチン使うぶんには分かってるから問題ないんだけど、知らないでここに立つ人がいたらやばい。まあ、想定として、お客が招かれた [続きを読む]
  • ふう
  • 脱腸した!これで釣りに行ける! 先日、一軒家住まいとなったポエム宅に遊びにいったのだが、そこでトロピコ5というゲームをやった。どういうゲームかというと、未開拓の島で領主や大統領になって、町を作っていく、いってみれば村ゲーである。 しかしこれがすごく面白い。畑や牧場を作ったり、道路を敷いたり鉱山を掘ったり、そうやってインフラを整えたり資源を蓄えたりしながら貿易もして、財政をやりくりしつつ、治安の問題 [続きを読む]
  • できごと(おこってない)
  •  風邪を引いたので治した。 基本的にやったことは、食事をよくとること、それくらいだった。普段私は晩飯しか食わないが、なるべくこまめに栄養補給するようにつとめた。滋養強壮。 あと市販の風邪薬は、やはり全く効果を感じない。容量の二倍を飲んでいたが、治りが早まったとは思えなかった。風邪を早く治したいなら、多少面倒でも医者に処方箋を早めに書いてもらうがいい。 まだ若干、喉や鼻から虹が飛び出るけれど、生活に [続きを読む]