物理教師 さん プロフィール

  •  
物理教師さん: 考える葬儀屋さんのブログ
ハンドル名物理教師 さん
ブログタイトル考える葬儀屋さんのブログ
ブログURLhttp://funeralservice.livedoor.biz/
サイト紹介文葬儀業界の研究をしている葬儀屋さんのブログです。
自由文大学を出て都内の葬儀社に就職して10年以上が経ちます。
業務内容はお葬式の担当と葬儀・葬儀業界の研究です。
外部から取材されることの多い葬儀業界ですが、内部からの情報発信が少ないと思います。
独自の視点でリアルな情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/04/09 01:39

物理教師 さんのブログ記事

  • 日経新聞の1面に出ました!
  • 先日の読売新聞に続き今日(2017年8月14日)の日経新聞の1面に私の著書「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」の広告が出ました。お盆で実家帰って「オヤジも年をとったなぁ。そろそろ考えなきゃ」のタイミングに合わせた戦略・・・なのか?ともあれ、絶賛発売中です。子供に迷惑をかけないお葬式の教科書 (扶桑社新書)posted with ヨメレバ赤城 啓昭 扶桑社 2017-07-02AmazonKindle楽天ブックス(参考記事:「子供に迷惑をかけな [続きを読む]
  • 執筆のために読むべき本 その3
  • 子供の頃って、読んだ本の後書きで著者が編集者に対する謝辞を述べているのって不思議じゃなかったですか?文章書いているのは筆者なのに、なんで出版社の人への御礼をわざわざ書くのだろうと。実際出版を経験してみると編集者のありがたみを実感するわけですが。そこで今回ご紹介するのはこの本。『職業としての「編集者」』職業としての「編集者」posted with ヨメレバ片山一行 エイチアンドアイ 2015-04-02 AmazonKindle楽天 [続きを読む]
  • 執筆のために読むべき本 その2
  • 自著の執筆中に参考にした本を紹介しています。今回はこの本。「論理トレーニング101題」論理トレーニング101題posted with ヨメレバ野矢 茂樹 産業図書 2001-05-15 AmazonKindle楽天ブックス 東大の論理学の教授が教科書を一般読者向けに書き直した本です。受験生時代は国立志望だったこともあり、現代文や小論文が得点源でした。余談ですが、その当時愛用していた参考書(今でも持って [続きを読む]
  • 執筆のために読むべき本 その1
  • 今回ご紹介するのはこの本。日本語の作文技術 (朝日文庫)[Kindle版]posted with ヨメレバ本多 勝一 朝日新聞出版 2016-12-13 KindleAmazon[書籍版] たしか最初に読んだのは大学生の頃だから20年以上前になります。当時感銘を受けて、思想的にちょっと本多氏の影響を受けてた時期があったのは、私の黒歴史。今回なんで改めて読み直そうかと思ったかと言いますと、話は数ヶ月 [続きを読む]
  • モト冬樹氏は葬儀屋にウソをつかれたのではないか?
  • タレントのモト冬樹氏のご尊父がお亡くなりになられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。残念なことにその訃報に言及されていた御本人のブログに事実と異なる内容がありかつ拡散されてしまったようです。一般読者に不利益が生じる可能性があるため、非礼であることをお詫び申し上げつつ言及させていただきます。時系列で追っていきます。8月3日未明にご尊父がお亡くなりになったようです。長生きしてくれた親父|モト冬樹 オフ [続きを読む]
  • 墓参りが憂鬱になる理由
  • 先日1年ぶりに実家に帰ってきました。といっても両親は他界し、兄弟も家を離れたので実家の建物は誰も住んでおらず空き家状態。人が住まなくなった家というのは、物理的な劣化以上に寂れていってしまうような気がします。何か「気」が抜けてしまったような感じというか。その後近所の墓に墓参りへ。ほぼ一年ぶりの帰省だったのですが、実家の墓は雑草もそれほど伸びておらず予想よりも荒れていません。両親を知る近所のどなたかが [続きを読む]
  • 読売新聞の1面に出ました!
  • 今日(2017年7月23日)読売新聞の1面に出ました!といっても別に何かをやらかしたわけではなく百歩譲って何かをやらかしても1面には出ないでしょうし(^^;)私の著書「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」の広告が1面下段の中央にドーンと。扶桑社さん、ありがとうございます。自分で言うのもなんですが、お葬式の実用書としては過去に出たどの本より優れていると自負しております。是非お買い求めくださいませ子供に迷惑をかけな [続きを読む]
  • 異業種から葬儀屋さんにマネージャーとして転職した人へのアドバイス
  • 異業種から葬儀屋さんにマネージャー(管理職)として転職した人へのアドバイスです。葬儀社内で一番バカな人と重要な人以前こういう記事を書きましたが今回はその続編にあたります。おそらく社内では現場組からバカ扱いされていることかと思います。いやいやそんなことはない、というあなた。そういう認識ならば(もしくはそれに気づいていないならば)以下の文章は読む必要はありません。今回は組織論ではなく個人の幸福について [続きを読む]
  • 葬儀屋さんは会計士よりも将来性がある仕事です!
  • 今回取り上げるのはこの論文。THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(週刊現代) より引用人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる―そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・ [続きを読む]
  • 最新 墓参り中継サービス
  • おそらく定着しないとは思いますが、一応まじめにツッコんでおきます。お墓参り代行 | 【人の幸せと縁結びをする】えんむすびの寺 金剛宝寺お坊さんが墓前でお経をあげている様子をYouTubeで生中継するサービス、だそうです。「どこでもお墓参(どこでもおぼーさん)」ネーミングはいいのだけど、単にこれを言いたかっただけとか。そもそもリアルタイムの必要はあるのでしょうか? 墓の手入れを含む供養が気になるなら、それを代 [続きを読む]
  • 仙台市長選に葬儀屋さんが立候補している件
  • 7月23日投票開示予定の仙台市長選に地元の葬儀社清月記の社長 菅原 裕典氏が出馬しているということで個人的に大変注目しています。仙台市長選 菅原氏・郡氏・林氏が激しい戦い (KHB東日本放送) - Yahoo!ニュース氏は葬儀業界内では有名人ですが出馬表明されたときははたして勝算はあるのだろうかと正直半信半疑でした。しかし善戦しているようです。 葬儀屋さんが政令都市の首長に立候補して、選挙戦を繰り広げるなんて葬儀 [続きを読む]
  • まずは書け!
  • たまたま休みの都合がついたのでWEB系の文章の書き方セミナーに参加してみました。たまには生活に変化をつけないとね。30席ほどの室内は満席で、皆さんMac持ってて「意識高い系」に見えます。しかしおそらくまだWEBを含め執筆で稼いではいないのでしょう。なぜなら入口でセミナーの参加費用を支払うのですが領収書をもらっていた人は2人ほどしか居なかったから。もし執筆で収入を得ていれば、このようなセミナーの参加費用は必要経 [続きを読む]
  • 一職業人が本を書く動機
  • この度私の著作「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」発売記念として出版にまつわるあれこれを書いています。子供に迷惑をかけないお葬式の教科書 (扶桑社新書)posted with ヨメレバ赤城 啓昭 扶桑社 2017-07-02AmazonKindle楽天ブックス先日本を出した理由を3つ挙げましたがそれ以外に、モノ書きでは無い職業人が本を書く一般的な動機に対して、自分はどう考えているのか述べてみます。一職業人が本を書く動機はこんな感じでし [続きを読む]
  • 「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」の広告が載りました!
  • 7月11日読売新聞の朝刊に「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」の広告が載りました!しかしよりによって島田裕巳先生といっしょってなぁ・・・拙書をお読みになった方はお分かりかと思いますが書籍広告の同じ並びで隣の著者を批判している事例なんて過去にあるのだろうか。向こうもイヤでしょうが、こっちもイヤです。島田裕巳≒「葬式は、要らない」を消費者はどうしても想像しますからね。昨日からAmazonの生活情報一般関連書 [続きを読む]
  • カトリック信者は自宅に仏壇と神棚を飾ってもよい理由
  • 日本の宗教は神道でも仏教でも儒教でもなく先祖供養教であると言われることがあります。確かに私もそう思います。先祖供養を軸にしているから上記の3つの宗教がケンカすることなくまざりあう特殊な進化を遂げてきたのだと。(参考記事:日本の仏教は正しいのか 2/2)この考えを補強するエピソードが先日紹介した渡部昇一氏の本の中に書かれていました。実践・快老生活 知的で幸福な生活へのレポート 実践・快老生活 知的で幸 [続きを読む]
  • 風見しんごさんのインタビューから
  • 以前風見しんごさんのお嬢さんが亡くなった件について記事を書いたことがあります。(参考記事:子供を亡くすということ)今回「終活読本ソナエ」での風見さんのインタビュー記事が産経のネットニュースに転載されていたのでとりあげてみます。長女、長男、実父と「喪主」3回、胸中は… 「自分の死」を伝える大切さ タレント・風見しんごさん) - 産経ニュースえみるの通夜は亡くなった2日後でしたが、頭が真っ白でどんな葬儀 [続きを読む]
  • 苦しまずに死ぬ方法
  • 先日の記事(自分の著書が売られているのをこの目で確かめるため本屋さんに潜入調査してみた 前編)で渡部昇一氏をとりあげたので今回はこの本をご紹介します。実践・快老生活 知的で幸福な生活へのレポート 実践・快老生活 知的で幸福な生活へのレポート (PHP新書)[Kindle版]posted with ヨメレバ渡部 昇一 PHP研究所 2016-10-15 KindleAmazon[書籍版] 渡部氏は今年4月に [続きを読む]
  • 「家庭でできる法事法要」はおもしろい
  • ずっと私の出版記念キャンペーンが続きましたのでたまには他の方の本もご紹介ということで。今回ご紹介するのはこの本。家庭でできる法事法要家庭でできる法事法要posted with ヨメレバ橋爪 大三郎 径書房 2008-02-26 お坊さん無しで家族だけで法事をしよう!という本。そのやり方を、冗談なのかというくらい微に入り細に入り解説してくれてます。法事のコースも10分 [続きを読む]