物理教師 さん プロフィール

  •  
物理教師さん: 考える葬儀屋さんのブログ
ハンドル名物理教師 さん
ブログタイトル考える葬儀屋さんのブログ
ブログURLhttp://funeralservice.livedoor.biz/
サイト紹介文葬儀業界の研究をしている葬儀屋さんのブログです。
自由文大学を出て都内の葬儀社に就職して10年以上が経ちます。
業務内容はお葬式の担当と葬儀・葬儀業界の研究です。
外部から取材されることの多い葬儀業界ですが、内部からの情報発信が少ないと思います。
独自の視点でリアルな情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/04/09 01:39

物理教師 さんのブログ記事

  • 良い葬儀社の見分け方
  • さてマイナビ、リクナビに葬儀社の求人広告の出る季節になりましたね。新卒を幹部候補生ということで採用する葬儀社が多くなってきたのは良いことです。さて葬儀業界就活生へのアドバイスです。10年以上新卒の採用をおこなっている葬儀社の場合マネージャー職(管理職、営業所長クラス)に新卒採用者(プロパー組)が何割いるか聞いてみてください。新卒採用者が5割を切っていて、40代以上の中途入社組の方が多いという葬儀社はや [続きを読む]
  • 「孟母三遷の教え」の解釈に異を唱えてみる
  • 「孟母三遷の教え」というものをごぞんじでしょうか?一般的な解釈は下記の引用の通りなのですが、あえて別の解釈を提唱してみます。孟母三遷の教え【読み】 もうぼさんせんのおしえ【意味】 孟母三遷の教えとは、子供の教育には、よい環境を選ぶことが大事だという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。【孟母三遷の教えの解説】【注釈】 「孟母」とは、孟子の母親のこと。「三遷」とは、住居を三度移し変えること。孟子の家族 [続きを読む]
  • T典礼はブラックなのか?
  • 経営者のための雑誌「経済界」2017年 2/21号のテーマは「人生の終い方 葬儀ビジネス・終活最前線」経済界 2017年 2/21号 [雑誌]posted with ヨメレバ 経済界 2017-02-07 AmazonKindle というわけで買ってみました。葬儀業界人にインタビューと言っても一人1ページ分の割り当てなので、ほとんどの方は凡庸な内容に終わっています。そんななかT典礼社長のA氏の発言には我が目を疑い [続きを読む]
  • 第11回「葬儀についてのアンケート調査」の結果が報道されない理由
  • マスコミの報道で「葬儀費用っていくら」という話がでると必ず引用されるのが 日本消費者協会が3〜4年に1度行っている「葬儀についてのアンケート調査」です。 そしてこの「葬儀についてのアンケート調査」はデタラメであると、このブログでは以前からずっと主張しています。 詳しくはこの記事をお読み頂きたいのですが、(参考記事:マスコミが報道する葬儀費用のウソ(日本消費者協会編)) 問題点を要約 [続きを読む]
  • 「働き方改革」改革で葬儀屋さんの働き方はどう変わるのか
  • 安倍政権の進める「働き方改革」で法改正が行われた場合、葬儀業界の働き方はどう変わるかについて考えてみましょう。 残業上限は月60時間、繁忙期100時間 政府が改革案:朝日新聞デジタル結論は・・・全て無視、以上(-_-)現状多くの葬儀社が労働基準法を無視していますからね、法律変わっても効果無いのではないかと。現在の労働基準法は、労働時間の上限を「1日8時間」「1週間40時間」と定めている。ただ、同法 [続きを読む]
  • ポップな死の本
  • 今回ご紹介するのはこの本。「死にカタログ」死にカタログ(だいわ文庫 D 339-1) 寄藤 文平 大和書房 2016-12-10 売り上げランキング : 6762Amazonで最安値を探すKindleで最安値を探す楽天ブックスで最安値を探す by ヨメレバポップな死の本です。イラストが多いので、30分くらいで読み終わります。ただし葬儀の話がほとんどありません。 [続きを読む]
  • 「ビートたけしのTVタックル超高齢化社会どうするSP」を見て
  • 先日放映された「ビートたけしのTVタックル」はビートたけしのTVタックル|テレビ朝日賛否の嵐!?ニッポン全国“巷の大問題”認知症に火葬場不足…超高齢化社会どうするSPでした。 以下思ったことをつらつらと。この番組っておっさん思想(至上主義?)に偏向気味でリテラシー低いおっさんが見るというイメージが私の中にはあります。そんなわけで見る前は心配してましたが、まぁ許容範囲でしたね。毒にも薬にもならな [続きを読む]
  • 喪服を性的対象とする人達について考えてみた
  • 先日あえてタブーに触れる文章を書いた。(葬儀屋は部落民なのか?)今回は↓この記事が掲載されたことをきっかけとして【魚拓】エロスの正体 「喪服の女性は、なぜセクシーなのか」 | FORZA STYLE|ファッション&ライフスタイル[フォルツァスタイル]あんまり気が進まないが、葬儀全般を網羅するブログとしては避けて通るのもどうかと思い今回限り「喪服を性的対象とする人達」について考えてみた。ここでは喪服を黒い和服と限定 [続きを読む]
  • 「月刊住職」がおもしろすぎる
  • これは紹介せずにはいられない。寺院住職実務情報誌と銘打たれていますがこの雑誌を寺院関係者だけに読ませておくのはもったいない。月刊住職 2017年1月号 興山舎 2017-01 売り上げランキング : 135688Amazonで最安値を探すKindleで最安値を探す楽天ブックスで最安値を探す by ヨメレバおもしろさの理由は・企画の発想が秀逸なことそして [続きを読む]
  • 葬儀で音楽を流すためにはJASRACに使用料を払わなければいけない件
  • これは葬儀屋がバカだと思う。最近のJASRAC騒動(音楽教室からも徴収するという話)の関連して下記のツィートが話題になっています。佐藤龍一@RyuichiSato葬儀に父が好きだった「江差追分」を流したいと言ったら、葬儀屋に著作権の問題が、と言われました。JASRACの存在が、その著作権解釈が、人々から音楽を遠ざけているように思える。2017/02/02 12:32:52佐藤龍一@RyuichiSato江差追分の件、葬儀場に詳しい事情を訊いてみた。あ [続きを読む]
  • アメリカのスーパーで棺と骨壺を買う
  • アメリカ発のウェブメディア「ライフハッカー」の翻訳記事から Eコマースに大きく影響される4つの意外な業界 | ライフハッカー[日本版]2. 葬儀業界米国の葬式市場は、年平均240万件の葬儀を行い、年間200億ドル以上を売り上げています。米国の平均的な葬儀費用は、8000ドル〜1万ドルと言われています(1960年には706ドルでした)。葬儀費用で最も費用がかさむのが棺桶で、平均2300ドルかかります。葬儀屋にとって何よりも [続きを読む]
  • 攻めてる棺を集めてみた
  • 棺って意外とアバンギャルドな「攻めている」デザインが多いんですよ。火葬炉に入るサイズの直方体で強度があって燃えるものなら基本OKなので挑戦しやすいのでしょうね。それゆえ「やっちゃった」系も多くて・・さてまずはジャブから。籐(ラタン)で作られたエコ棺、籐棺〜億能工芸品. - Eco-Friendly Wicker Willow Coffins-Lunen Handicraft Limited.假屋崎省吾プロデュース『花筺(はながたみ)』│日本コフィン│広島県府中市↑ [続きを読む]
  • ダメな葬儀屋さんはタバコを吸う
  • はい、ご想像の通り、炎上上等の釣りタイトルです。 JTの調査によると 2016年における国内の喫煙者率は男性29.7% 女性9.7% この数値を聞いて葬儀業界の中の人はどう感じましたか? 葬儀業界って男女とも喫煙率が高い、と感じたのではないでしょうか。 私は喫煙率の高さとかつてのいわゆる葬儀屋的なものとの間に相関性を感じます。 具体的には不摂生、粗野、規律の [続きを読む]
  • 葬儀の新商品開発が難しい理由  2/2
  • 前回(葬儀の新商品開発が難しい理由  1/2)より葬儀の新商品について考えています。葬儀というのは数十年のスパンで見ると結構変化しているのですが 急進的な変化というのはなかなか起こりません。 そのため新商品というのは消費者より1歩先に進んでしまうと受入れられません。いわゆる全く新しいジャンルを提示してキャズムを越える、ということが難しいのです。 キャズム[Kindle版] Geoffrey A. Moor [続きを読む]
  • 葬儀の新商品開発が難しい理由  1/2
  • 上場している神奈川の互助会さんが超高級骨壺の販売を始めました。 新着情報一覧|プレミアム骨壷【公式】 金額は350,000円〜1,200,000円(税別)までオーダーメイドもあるようです。制作はあの大倉陶園 。陶器に疎(うと)い私でも知っているということは恐らく有名。昔MEN'S EXの日本の名品特集記事で知りました。 なるほど・・・ これはすごい・・・ でも・・・ ね [続きを読む]
  • 葬儀関係のチャットサービスは化けるかも、と思う理由
  • 考える葬儀屋さん@kangaerusougiya電話が苦手な人向け!「葬儀の疑問をチャットで聞ける」サービスを開始! https://t.co/7I4twmFotY←まぁ何事もやってみることは大切。恐らく導入コストもそれほどではないだろうし。2017/01/18 00:20:37葬儀社や葬儀社ブローカー(ネットで集客して葬儀社に送客して手数料を得る会社)がチャット(キー入力によるネット上の対話サービス)の事前相談を始めたようです。顧客の側のメリットととして [続きを読む]
  • NAVERまとめに削除依頼を出した件
  • 先日 NAVERまとめに削除依頼をいたしました。 葬儀業界は特に著作権侵害が多いという話という記事で述べたように私のこのブログはいろいろ盗作をされています。 最近はそういった著作権侵害に対して厳しい目が向けられるようになってきました。 NAVERまとめと言うのは他人の記事を引用して、組み合わせて文字通りまとめたものです。 引用先のリンクを貼っているのですが、過去の著作権に関する判例では主従の [続きを読む]
  • 葬儀屋の必要性や重要性は実際に誰かを失ってみないと分からない
  • 私は経済評論家の山崎元氏の著作をよく読みます。彼の投資哲学は明快で、私の投資手法(いわゆるインデックス投資)は彼のアドバイスに強く影響されています。そんな山崎氏は6年前のブログ記事で葬儀屋と僧侶について以下のように言及しています。葬式とお墓についてどちらの葬式についても、主催者に不満があるわけではないのだが、出席していて、違和感を覚えた。二つとも、仏教形式の葬式なのだが(宗派は異なる)、端的にいって [続きを読む]
  • 葬儀の「先祖返り」は成功するのか?
  • 高知で住民による住民のための葬儀が行われ始めたようです。「見送り」地域の手で=高齢化山間部で自主葬儀−遠方斎場、参列困難・高知:時事ドットコムかつて葬儀はその土地の共同体によって行われていました。それが社会環境の変化によって葬儀の施行がプロ≒葬儀屋さんによって行われるようになったわけです。それをもう一度共同体の手によって行おうという試みです。いわゆる葬儀の「先祖返り」とでもいいましょうか。とはいえ [続きを読む]
  • シニアは終活に前向きになっている、は間違い
  • 最近ネットアンケートの結果を受けて「シニアの7割強が終活に前向き」という論調が盛り上がっていますが間違いです。ネタ元はこちら。シニアの7割強が終活に前向き | ロイター 前向きと判断する根拠は「近いうちに始める予定」が8・5%、「時期が来ればしたい」が56・2%で計73・6%だった。というもの。断言しましょう。「時期が来ればしたい」という56・2%の人は結局何の終活もせずに亡くなっていきます。「 [続きを読む]
  • 葬儀業界の資格、真打ち登場!
  • 葬儀業界は最近資格が乱立していて私も全て把握できていないのですが(参考記事:葬儀屋さんの資格一覧)真打ちが登場してきたようです。 (cache) フューネラル グランコンシュルジュ認定制度のご案内|一般社団法人 日本儀礼文化調査協会−JECIA立ちあげたのは一般社団法人日本儀礼文化調査協会、またの名をJECIA。・そもそもC社の社長が立ちあげた葬儀社格付け機関でC社が最高評価・C社が所得隠しで摘発されてもずっと最高 [続きを読む]
  • 葬儀屋さんの中で頭一つ抜け出すための一番簡単な方法
  • 葬儀屋さんの中で頭一つ抜け出すための一番簡単な方法 をお教えします。 それは、本を読め?! なぜなら社会人として必要なことなのに、ほとんどの葬儀屋さんがやっていないから?。 もしあなたが本を読み始めると、? 祭壇の設営がやたら早い、たばこ臭い先輩が寄ってきてこういうでしょう。? 「そんな頭でっかちじゃだめだ。臨機応変にやんなきゃ 。ところで昨日万馬券当てちゃってさ。」 間違っ [続きを読む]