クマー さん プロフィール

  •  
クマーさん: クマー日記
ハンドル名クマー さん
ブログタイトルクマー日記
ブログURLhttp://ruandkuma.blog46.fc2.com/
サイト紹介文我が家ののんびり子育て日記です。
自由文登場人物はポニョちゃん(小3長男)ガガちゃん(4歳次男)ルーちゃん(ママ)クマー(わたし)の4人です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/04/09 13:16

クマー さんのブログ記事

  • 不倫とか虐待とかセックスレスとかのノート
  • うちはよく家族で図書館に行って本をたくさん借りるのですが、わたしが読む本って小説とか子どもに読む絵本を除くと、たいてい不倫とかセックスレスとかの性的なものか、虐待を含むうまくいかない育児ものばっかりだなと気づいたわけです。ネットで読む記事もそんなんが多いや。クリップしといた記事を忘れないように記しておきます。「公認不倫」は結婚生活を守るのか? 渡辺ペコさんが漫画『1122(いいふうふ)』で問いかける幸 [続きを読む]
  • 10年ぶりくらいに酒を飲んだら
  • ビールを飲みました。中瓶を二人で1本頼んで。たぶん上の子が生まれてから飲んでないと思います。というか、その前から。だから軽く10年くらい。家にあるアルコールといえば、料理用の酒とキッチン掃除用の洗浄剤だけ。若い頃はそれでも頑張って飲んだりしたんだけど。それでも最大で日本酒3合だった。体質的に弱いんだ。で、小さいコップに2杯くらい飲んだんです。すると。ガガちゃん(4歳次男)「パパ、まっかっかだよ!」 [続きを読む]
  • 我が家の性教育について
  • 小中学生向けの性教育ってのは、人間だってそりゃ動物や虫と同じで個体差が大きいから、なかなか一般的にああすればいいこうすればいいって正解はないと思います。早熟な子には具体的で実践的なのが必要だろうし、奥手な子にはまた別のアプローチがあるでしょう。去年の夏にカブトムシのオスとメスを同居させたら、卵がいっぱい生まれました。そこから育っていま20匹くらいがサナギになろうとしてるとこです。わたし「今年はちゃ [続きを読む]
  • 4歳児の一輪挿し
  • 保育園の帰り道、ガガちゃん(4歳次男)が言いました。「ちょっとさ、そこまがって、こうえんにいこう」突然なんだろう。今にも雨がまた降ってきそうだし、お友達は誰もいないと思うぞ。するとポニョちゃんは公園の入口で「パパは、ここで、まっててね」と言って、トコトコと公園の一番奥に行きました。草むらにしゃがみこんで何やってんだ? と思ったら、何か持って走ってきた。「ねこじゃらし、とってきた」家に帰ると洗面所で [続きを読む]
  • カブトの幼虫たちがまだサナギになってない
  • うちのカブトムシの幼虫(24匹)がなかなかサナギになりません。育てるのは初めてです。これまで読んだものではだいたい5月下旬から6月上旬くらいになるって書いてあったのに。ずっと静かに動かなかったんだけど、昨日見てみたら底でビチビチと動き回ってて、ああこれが蛹室(ようしつ・サナギの部屋)を作ろうとしてるのかなと。予想よりも半月〜1ヶ月くらい遅いみたいです。ペットボトルの飼育ケース(が24本)をひとつひ [続きを読む]
  • 子どもたちからのうれしい手紙
  • 日曜日、ホームセンターで買い物をして帰ってきてからママと子どもたちがなんかゴソゴソやってるんです。ポニョちゃん(小3長男)「はいパパ、これあげる」ガガちゃん(4歳次男)「おてがみも、かいたからね」これがそれ。兄(右)「いつもパパアリガトウ。きょうは父の日だからプレゼントをあげます。プリゼントは、ねむくならないようのからいあめです。」(原文ママ)弟(左)「いつもありがとう」(鏡文字あり)ホームセンタ [続きを読む]
  • ママが若返ったのは/どこからが浮気か
  • ママが美容院から帰ってきました。ママ「ただいまー」わたし「お、短くしましたねぇ」久しぶりだ。ママはショートがいいってずっと言ってるのに、面倒くさがってなかなかしてくれません。ところが、です。今回はおまけがありました。ママ「いやー、担当の人が辞めちゃって新しい人になったんだけどさ」わたし「ええ」ママ「若い男の子なのよ」わたし「ほぉ」ママ「ニセモノのカメナシ」わたし「は?」ママ「なんかニセモノのカメナ [続きを読む]
  • ママの誤解を解きたい
  • ※ 今日の日記は非常に性的な内容を含みます。苦手な方は読まないでください。土曜日の朝、わたしのスマートフォンが震えたんです。朝食時です。食卓に置いてました。みんなの目が集まります。画面を見ると、こんな短いメッセージが。(^-^)にこすると、です。ママ「あらいいわね」わたし「?」ママ「そんなかわいらしいメッセージをくれる人がいるなんて、いいわね」わたし「ちっ、ちっ、違いますって!」なんという勘違いでしょ [続きを読む]
  • 笑えないし、先がとても心配になる話
  • 昨日ポニョちゃん(小3長男)が学校から帰ってくるなり言いました。ポニョちゃん「ねぇパパ、大ニュース!」わたし「どうしたの?」ポニョちゃん「オレさぁ、Yくんに『オレが好きなのはRちゃんです』って言ったんだ」わたし「はぁ!?」なぜか彼は嬉しそう。間違えて石ころくわえて戻ってきたくせに尻尾ぶんぶん振って「誉めて!誉めて!」って迫ってくるバカ犬とそっくりの顔してる。わたし「ええっとさ、どういう状況でそうい [続きを読む]
  • 放っておいても大丈夫そうじゃん
  • 一昨日の早朝に老父が入院してから子どもたちを放置気味なのです。わたしが精神の平衡を保つのが困難なようで、手の甲と足首に酷いじんましんが出て痒いし。子どもたちが帰ってきてもベッドに伏せたままで、そこに4歳次男がコロコロコミック持ってきて寝たまま一緒に読まされて、重たいのを持ち上げて読むからかえって疲れたりして。「ああもうつまんない、パパおきていっしょにあそぼうよ」とか言われても「ごめーん、今日はムリ [続きを読む]
  • ゆく年くる年、みたいな
  • やんなきゃならないことはたくさんあるのに、昨日の早朝に老父が入院と聞いて行って帰ってなんか疲れて。要介護5で意思の疎通もできなくて老いた父の消えゆく命(※)と、家に帰ったらうちの子たちの元気ぱんぱんな姿の対比がね。※ まあね、むかし倒れて頭部損傷で入院したとき医師に「余命は平均で2〜3年です」って言われてからもう13年経ちましたけどね。でも今回はどうだろうな。頭と肺以外はすこぶる健康なんだけど。兄 [続きを読む]
  • 老父が入院しました
  • 朝4時半に老母から電話→「ショートステイ中の老父が真夜中に嘔吐して救急車で運ばれた。病院に行きたいけどタクシー会社に何度電話しても業務時間外ですとアナウンスが流れてつながらない。連れて行ってくれないか」→高速道路で実家へ→高速道路で病院着、5時半くらい→救急処置室の前で待つ、施設から付き添ってきた職員もいる→肺の動きが弱くなって誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、そのまま入院→手続きなどいろいろ終わ [続きを読む]
  • 本が好きなのはいいんだけどさ……
  • ポニョちゃん(小3長男)はよく本を読みます。いま一番好きなのは『デルトラクエスト』かな。小説でもマンガでもなんでもござれです。それを見て育ってるので、ガガちゃん(4歳次男)も絵本を出してきて自分でページをめくってひらがな読んだりしています。いいことだ。いいことなんだけど。でもさ、パパこれはちょっとイヤだな。↓こんな栞はいやだ分かりますかね? ティッシュを丸めて読みかけのページに挟むんです。いつもで [続きを読む]
  • 『透明なゆりかご』を読みました
  • 『透明なゆりかご』(沖田×華、講談社)の1〜3巻を読みました。主人公は看護師見習いとして産婦人科で働く女性です。作者さんの若い頃の経験が色濃くベースになってるようです。出産、中絶、死産、棄児、高齢出産医療事故不倫児童虐待性的虐待レイプほか、いろんなケースが出てきます。マンガなのに、読むのにすごく時間がかかりました。読み終えてすぐに二度読みした。人によって違うだろうけど、私は2巻の最後(縁をつなぐ子 [続きを読む]
  • 何もかもわずらわしいなあと思う日の
  • 今朝、布団をたたもうとしたときに、ママの枕元でみつけちゃいました。『何もかもわずらわしいなあと思う日のスープ』(小林カツ代)ママは小林カツ代の料理本が好きで、本棚にたくさんあります。でもここ数年はほとんど読んでなかったはずなのに。なぜに昨夜はこれを読んでいたのか。あれか、このところ仕事が忙しくてわーっとなっちゃってるのが原因か。それともわたしとケンカになったとき、売り言葉に買い言葉で「じゃあこれか [続きを読む]
  • 初めてひらがな書きました〜4歳
  • このところガガちゃん(4歳次男)がひらがな大好きになって、町の看板やら家の絵本やらを片っ端から読むようになってるのですが。昨夜のことです。わたしは台所で洗い物をしてました。ポニョちゃん(小3長男)は居間のソファで『デルトラクエスト』を読み、ママは食卓で『透明なゆりかご』を読んでました。ガガちゃんは食卓のママの向かいに座って何かゴソゴソやってます。食卓は流しの目の前です。ちょっと陰になってるから見え [続きを読む]
  • 物欲大魔王出現中
  • このところガガちゃん(4歳次男)の物欲攻撃が止まりません。「あれかってよ」「これほしい」昨日もそうでした。保育園の帰りに、壁に貼るカタカナ表ないかなと駅前の店を覗いたときです。わたし「残念、ひらがな表しかないねぇ」ガガちゃん「じゃあこれかって」めざとくシールをみつけたガガちゃんが言いました。電車と線路のやつか。面白そうだけど、でもなぁ。わたし「シールなんて棚にいっぱいあるじゃん」ガガちゃん「でも、 [続きを読む]
  • カブトムシの幼虫がサナギになりはじめた
  • 夜となく昼となくカサコソカサコソと動き回ってたカブトムシの幼虫たちが、先週後半から急に静かになりました。死んじゃったかな。ということで週末に様子を見ました。参考にしたのはこちらです。カブトムシのサナギの飼育!これだけ知っておけばとっても簡単!カブトムシが蛹(さなぎ)になる時期や注意点をご紹介!そしたら、ペットボトルに分けて入れた24匹中21匹は「まだ幼虫の段階〜色がほぼサナギの状態」にありました。 [続きを読む]
  • ママがキャンプに恋してる
  • 夏の旅行、今年はキャンプ場のコテージを予約しました。初キャンプです。これまで旅行といったらホテルにしか泊まったことないんだなうちは。ママ「でさ、炭なんだけど」わたし「……」で、一番キャンプに燃えてるのがママです。何を用意して向こうで何をやろうかとか、いろいろ調べたり子どもたちと相談したりしてます。まぁうちのママはどっちかというと本能と野生の人なので(見た目は決してそうではないのですが)焚き木の炎と [続きを読む]
  • 4歳児のひらがな覚え事情
  • ガガちゃん(4歳次男)「ねぇパパ」わたし「はいなんでしょう」ガガちゃん「この『は』は『ha』ってよむのか『wa』ってよむのかを、おしえてください」わたし「それはですね、」ガガちゃんはこのところひらがなを読むのが楽しくなってきて、片っ端からいろいろ読んでみます。濁音(が)や半濁音(ぱ)に促音(っ)拗音(ゃゅょ)まで、なんでも興味を持って聞いてきます。そのぶん覚えるのも早いかも。その積極性がね、ポニョちゃ [続きを読む]
  • 珍しい本の読書記録
  • ふだんは日本の小説、特に女性作家の現代物を読むことが多いのですが、最近珍しい本を続けて読んだので記録しておきます。『ポリアモリー 複数の愛を生きる』(深海菊絵)ノンセクシャルやアセクシャル(※1)を調べるうちにたどりつきました。ポリアモリーというのは複数の相手と同時にしかも隠れずに恋愛/性愛関係を持つみたいなそんなのです。※1非性愛とか無性愛とかもともとLGBT(※2)などにまったく興味がないせい [続きを読む]
  • キャンプってどうすんだ
  • キャンプ場のコテージを予約したんです。大人2人子ども2人で、小さな6畳くらいのとこ。玄関先のポーチに小さなバーベキューグリルがあるみたい。家族でキャンプは初めてです。どうしよう。若い頃はテントとか寝袋とかコールマンのバーナーとかをバイクに積んで走ったものですが、いつの間にやら道具は散逸して何も残ってないです。キャンプってどんなだっけ。記憶すら曖昧だ。夏に泊まるキャンプ場はとても設備が整ったところで [続きを読む]
  • 昔の友人が映画監督になってて驚いた
  • 学生時代は週2回くらい、大学に勝手に泊り込んで徹夜で麻雀してました。たいていいつもいるのが4人で、他にときどき来るのが何人かいて。楽しかったなぁ。いい思い出だ。もう20年以上会ってないけど、みんなどうしてんだろ。人名で検索したら出てくるかな。そう思ってやってみたらなんと、その4人のうちのひとりA君がですね、いま映画監督になってるんだって。いや驚いた。ちゃんとした劇場公開の娯楽映画だよ。学生時代はそ [続きを読む]
  • こんな夫婦はイヤだ
  • ママの実家から電話がありました。なかなかチケットが取れなくて有名なイベントの切符が運良く取れたんだそうです。おばあちゃん「5枚あるからちょうどいいでしょ?」わたし「いいですねぇ」平日の夜公演です。おじいちゃんにおばあちゃんに、ママとわたしと、ポニョちゃん(小3長男)とガガちゃん(4歳次男)の6人。未就学児は無料だから、ぴったりだ。ところがです。ママ「わたし行けない」わたし「はい?」ママ「仕事が忙し [続きを読む]
  • スマイルゼミの教材はとてもいいと思いました
  • スマイルゼミのタブレットを触ってきました。週末に体験会に行ったのです。いやこれいいねぇ。すごくいい。ちょっとおじさん感動しちゃったぞ。分かりやすいし、ゲーム感覚で楽しい。学校の授業で使ったらいいのに。そしたら勉強苦手だけど得意になるって子、けっこう多いだろ。もちろん通信教育だと限界があるから、個別指導の塾とかでこれ使ったらおもしろいよなと思ったら、もうやってるとこありました。広島の進学塾ですね。ポ [続きを読む]