一心 さん プロフィール

  •  
一心さん: 静岡・浜松・磐田で雛人形・五月人形は人形の秀月
ハンドル名一心 さん
ブログタイトル静岡・浜松・磐田で雛人形・五月人形は人形の秀月
ブログURLhttp://shugetsu01.blog46.fc2.com/
サイト紹介文浜松・磐田・森町・掛川でお正月飾り・雛人形・五月人形・鯉のぼり・市松人形は人形の秀月/人形工房一心
自由文羽子板・破魔弓・雛人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・市松人形等を製造・販売。人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/04/10 00:51

一心 さんのブログ記事

  • 母の創る秀月オリジナルの市松人形
  • 工房は連日フル稼働状態。既に各優良専門店様等から来期のご注文をただいており嫁ぎ先の決まった子達から製作が始まっていきます。これから埼玉・東京・大阪・京都・名古屋等各地の展示会も控えておりますのでその展示会に向けご依頼されている子たちも。そうした展示会でも展示され全国の優良専門店様が仕入れそれぞれの店頭に並ぶ訳ですが。。。全て手仕事で製作できる数も限られてきますのでどこにでもという訳ではありません [続きを読む]
  • 木彫り金箔押し龍頭 飛龍 水晶玉付き
  • 兜や鎧・甲冑子供大将などの鍬形の間に据えられる龍頭と呼ばれる龍の彫り物。写真はその龍をより飛躍する様にと翼を付け飛龍にしたもの。そして金箔押しとし手には水晶玉を持たせて。木彫りの龍の彫りものですのでそれだけでも高価なものになりますので最近のお飾りではなかか見かけなくなってきていますね。お飾り全体からするとあまり目立たないものですので気にされる事も少ないのかもしれませんが。。。特に最近では龍頭は付 [続きを読む]
  • 女の子の衣裳着人形 秀月オリジナル 八重垣姫あらため八重垣姫子
  • 展示会ではお陰様で多くの子たちが優良小売店様に嫁いでゆく事が決まっております。写真はその中から母の創る女の子の衣裳着人形。もちろん秀月オリジナル。こちらは一般のお客様にもご好評いただきました小さくて可愛らしい八重垣姫。通常ですと八重垣姫と呼びますが小さく可愛らしい女の子(姫)ということで八重垣姫子としてみたり。八重垣姫子ちゃんの方が合っているかな・・・などと。その裏には2011年に当工房で生まれた伝 [続きを読む]
  • 新作の兜創り
  • 何やら製作中の工房。展示会期間中という事もありお客様がご来店されればお相手をさせていただきそうでない時は製作に没頭しながらもその他の仕事も。写真はご好評いただいている兜鉢の合わせ鉢の生地の状態。ここからベースとなる色を決め色を作り塗装していきます。もちろんオリジナルカラー。取り付ける金具等の色も考慮しながらより綺麗に映える様にと試行錯誤です。もちろん兜の定番となる黒地に金は欠かせません。今回も特 [続きを読む]
  • 磐田にある薪窯ピッツアのお店 ピッツェリア ウーノウーノ
  • 娘の用事も兼ね某所へ向かう途中二人で遅めのランチをと磐田の薪窯ピッツアのお店ピッツェリア ウーノウーノさんへ。お節句の仕事をしている為シーズン中はなかなか伺う事が出来ませんがこの時期になると時折一人でフラリと訪れてランチをする場所。食材といい薪窯といいエスプレッソマシーンといいそれぞれにこだわりを持つお店ですがそれを誇張する事無く普通にさりげなく提供するお店。そういうところもお気に入り。必要以上 [続きを読む]
  • 新作展示会へ向けて・・・
  • 端午の節句が終了としたと思いきや工房では既に来季の新作の見本作りに追われています。5月15日より静岡を皮切りに東京・名古屋・大阪・京都等各地で新作見本市が始まりますので。もう既に来年の話ですから早いですね。。。この時期製造元というのは売るだけの店とは異なりテンヤワンヤとなります。5月5日から10日程しかないので。もちろん以前から新作の構想を練りながらこの時期に仕上げてゆく訳ですが実際に創るとなるとそう簡 [続きを読む]
  • 人形供養のお知らせ
  • 人形供養につきまして多くのお問い合わせをいただいております。弊社の人形供養につきましては静岡県磐田市見付1114-2「 見付天神 矢奈比賣神社 」にて受付・ご供養をさせていただきます。見付天神 矢奈比賣神社では「人形・結納品清め祓い(にんぎょう・ゆいのうひんきよめはらい)」を行っております。節句人形を始め陶器製の人形やぬいぐるみ等も承ります。注)結納品に関しては挙式より5年以上経過しているものをお納 [続きを読む]
  • 浜松まつり
  • 昨夜は浜松まつりへ。毎年楽しみにしているお祭りでもあるのでこの時ばかりは早々に仕事を終え市街地の会場へ。その前に佐鳴台にて先ずは身体のメンテナンス。相変わらずガチガチになっているので「こうなるまで放っておくな!」叱られながらの施術です。。。そしてほど良く解れたところで会場へ。そもそも浜松まつりとは子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統。浜松まつりの特徴のひとつは「都市まつり」東京の天下祭りや京都の祇園祭 [続きを読む]
  • 磐田市のB様は金彩の輝き 光輝と極上山水龍虎之図幟と出世登竜門幟
  • 磐田市のB様は限定販売鯉のぼり金彩の輝き 光輝と節句幟 出世登竜門幟極上山水 龍虎之図幟。10年前から当店でご購入くださっております。シルクタッチの最高級ポリエステルサテン素材に日本の夜明けの色や魔除けの色とされる薄紅色の鯉のぼり全体に染め上げた開運色に絢爛豪華なアルミ金箔ぼかしをちりばめた黄金の輝きの鯉。吹流しは魔王吹流し。伝統色藍染め色に白鷹を染め上げたもの。空の王者らしく藍色の高貴さに鷹の力 [続きを読む]
  • 磐田市のC様の鯉のぼりは慶祝の鯉 吉兆
  • 磐田市のC様の鯉のぼりは最高級鯉のぼり 慶祝の鯉 吉兆。5年前にご購入されたもので今でも毎年揚げてくださっています。「もう孫も5歳になるんだけどね。鯉のぼりを揚げてると、みんな止まって見てくれるの。近所のちっちゃい子たちなんかは凄く喜んでね」と嬉しそうに話して下さいました。端午の節句というお祝いの意味もありますがご近所の方も見て喜んでいただける。こういった事も嬉しいですね。さらにお雛様の七段飾りもお [続きを読む]
  • 袋井市のA様の鯉のぼりは当店で13年前にご購入された見事な鯉のぼり
  • 見事な揚げっぷりを魅せる袋井市のA様の鯉のぼりは13年前に当店でご購入いただいた鯉のぼり。「もう孫も13歳になるんだけど毎年こうやって揚げてるだよ」とニコニコしながら話してくださいました。嬉しいですね。よく見ると駐車場にはコンクリートを敷いてあるのですがポールを立てられる様にくり抜いてあります。「鯉のために??」とお聞きすると「もちろんそうだよ!」と。こういったところも鯉のぼりへの意気込みが伺えます [続きを読む]
  • 兵庫県姫路市のN様は徳川家康公の兜飾り
  • 兵庫県姫路市のN様は徳川家康公の兜飾りをお選びいただきました。家康公の兜飾りの中でもひときわ存在感を放つお飾り。写真では見えませんが錣(しころ)は共吹といって吹き返しから錣までが繋がっているもの。ちょうど兜の背面となり飾る時や仕舞う時にご覧いただける部分。その錣は基本は3段で上から順に長さが長くなり長さに合わせ湾曲の角度も変わります。長さが長くなれば糸を通す穴の数も変わりますので。ちょっと難しい話 [続きを読む]
  • 掛川市のS様の端午の節句は鎧飾り 徳川家康公
  • 掛川市のS様より徳川家康公の鎧飾りをお選びいただきました。徳川家康公黒小札 紺糸縅矧ぎ合せ筋鉢忠保作誇り高い侍をイメージし全面的に強さを押し出す様黒小札に紺糸縅で全身を引き締めて。写真では見えづらいですが兜鉢には鉄板を矧ぎ合せた黒塗りの矧ぎ合わせ鉢を使用しております。通常ですと星と呼ばれる金や銀の鋲を植えますがそれさえも省いたこだわりの鎧。家康公の象徴となる歯朶之葉の前立ては真鍮製に黒鍍金が施さ [続きを読む]
  • 磐田市のS様は国宝 赤糸威大鎧 春日大社所蔵模写 竹虎之大鎧
  • 磐田市のS様は国宝 赤糸威大鎧 春日大社所蔵模写 竹虎之大鎧をお選びいただきました。実はS様藤枝市のW様は国宝 赤糸威大鎧 春日大社所蔵模写 竹虎之大鎧の妹さんとご姉妹でそれぞれお選びいただきました。美しく高貴な奉納鎧。奉納鎧は神社等に納める鎧となりますので面頬や佩楯・臑当てといった戦で身を守る部分はありません。本来戦で使用する鎧ではありませんので。国宝 赤糸威大鎧春日大社所蔵模写竹虎之大鎧極細 [続きを読む]
  • 浜松市茶室 松韻亭 本日の呈茶 宗偏流
  • 浜松市中区佐鳴台へ身体のメンテナンス。とは言うものの移動中もお客様と連絡を取りご要望にお応えしながら様ご注文を承ります。必要とされてる以上出来る限りお役に立ちたいので。さて身体のメンテナンスはもう10年近く通い続けるところ。今回はいつもと違う箇所に少し異変が起きていたのでそれを説明し叱られながらゴッドハンドにおまかせ。楽になったところで浜松市茶室 松韻亭へ。本日の呈茶は宗偏流。御茶菓子は浜松市中区 [続きを読む]
  • 浜松市浜北区のK様は秀月オリジナル 着用兜 伊達政宗 収納箱飾り 
  • 浜松市浜北区のK様は秀月オリジナル 着用兜伊達政宗 収納箱飾りをお選びいただきました。ご好評いただいております当工房で作られている秀月オリジナルの着用兜。一部その様子はコチラをご覧ください。全てがプラスチック製のものとは異なり十八間の鉄片を一枚一枚丁寧に矧ぎ合せ覆輪で巻いたより本格的な兜へと仕上げられたもの。金小札に紺糸と耳糸に黄色を用いて威す事で伊達政宗公の配色に。そして伊達政宗公の象徴ともい [続きを読む]
  • 袋井市のK様は豪華な室内飾り鯉のぼり 京錦セット
  • 袋井市のK様より室内飾り鯉のぼり 京錦セットをお選びいただきました。全長:1860mm(矢車含む)京錦とは錦鯉独特の色合いを七色ぼかしで染め上げた上にうろこ全体にアルミ金箔を扇状に配し実際の錦鯉の姿に近づけるために黒鯉赤鯉・青鯉を一匹ずつ異なった模様を染め上げていきます。吹流しは水と空をテーマに日本古来の色の藍染ぼかしに縁起の良い千羽鶴をあしらいました。新素材ポリエステル生地は立体交差織りにつき太陽 [続きを読む]
  • 藤枝市のW様は国宝 赤糸威大鎧 春日大社所蔵模写 竹虎之大鎧
  • 藤枝市のW様より奉納鎧 国宝 赤糸威大鎧 春日大社所蔵模写 竹虎之大鎧をお選びいただきました。シンプルですがとても美い鎧飾り。国宝 赤糸威大鎧春日大社所蔵 模写竹虎之大鎧極細黒小札赤糸威し純金鍍金総金物聖徳太子玩具鎧飾台付忠保作こちらは奉納鎧となり神社等に納めれるもので面頬や手甲・佩楯・臑当て等といった戦にて体を守る為の部分は付いておりません。もともと戦で使用する鎧ではありませんので。もちろん弓太 [続きを読む]
  • 埼玉県さいたま市のS様は鎧飾り 秀月オリジナル 伊達政宗公 
  • 埼玉県さいたま市のS様にと秀月オリジナル 伊達政宗 鎧飾りをお選びいただきました。紺糸威 桃山時代 仙台博物館蔵 模写伊達政宗公矧ぎ合わせ鉢弦月形前立胴丁番造り忠保作黒小札に紺糸威に耳糸を黄色とし佩楯にも同じ黄色を用いた秀月オリジナルの仕様として特別に仕立てる伊達政宗公の鎧。背景には金屏風を・・・と思いがちですがこちらのお飾りにはあえて塗りではなくサテン地の黒を用いて鶴の群れが羽ばたく光景を。強 [続きを読む]
  • 浜松市南区のM様は秀月オリジナル 着用兜 伊達政宗 収納箱飾り
  • 浜松市中区のM様より秀月オリジナル 着用兜伊達政宗 収納箱飾りをお選びいただきました。お陰様でご好評いただいております当工房で創られている着用兜。一般的に多い全てがプラスチック製のものとは異なり十八間の鉄片を一枚一枚丁寧に矧ぎ合せ金の覆輪で巻かれたより本格的な兜へと仕上げられております。政宗公の象徴となる弦月形の前立てには艶を抑えた梨地加工を施したもの。シャープで鋭い印象が強くなる弦月形の前立て [続きを読む]
  • 掛川市のA様は秀月オリジナル 着用兜 徳川家康 収納箱飾り
  • 掛川市のA様より秀月オリジナル 着用兜徳川家康 収納箱飾りをお選びいただきました。ご好評いただいております当工房で創られている着用兜。一般的に多い全てがプラスチック製のものとは異なり十八間の鉄片を一枚一枚丁寧に矧ぎ合せ金の覆輪で巻かれより本格的な兜となっております。その質感や重量感は見比べていただくと一目瞭然。さらにそうした兜よりもひとまわり大きくなっており見応えのある兜へと仕上げられておりま [続きを読む]