CLG2009 さん プロフィール

  •  
CLG2009さん: 言語学の嘘
ハンドル名CLG2009 さん
ブログタイトル言語学の嘘
ブログURLhttp://plaza.rakuten.co.jp/clg2009/
サイト紹介文自分が日頃思う現代言語学の納得いかない部分を1つ1つ紹介しようと言うサイトです。
自由文言語の謎に興味をもっていろいろ考えていたら、どうしても、今の言語学に疑問がいっぱい出てきてしまいました。自分は、まじめに考えているつもりなのですが、周りは自分とは違う論理で動いているようです。このギャップを解消したいと常々思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/04/12 09:37

CLG2009 さんのブログ記事

  • 私は教祖にはならない。。。
  • 私が提唱する記憶科学の「離散融合更新循環」というのは、一種の「悟り」が無いと理解できないのでは、本気で思うようになった。仏教とかで、激しい修行を積んで悟りを開くというのとは少し違うと思うが、この離... [続きを読む]
  • 記憶と言語の感覚を詰める。。。
  • 我々の意識というのは、我々自身が常に記憶喚起をしている状態で維持されている。というのも、思い出すことによって「離散融合更新循環」が維持されているのである。ここには、2種類の記憶喚起がある。1つは、... [続きを読む]
  • 記憶の自律性。。。
  • 一般的に日本語環境で考えると、「記憶」という単語には、「記憶されるもの」と「記憶喚起する主体」というコンテクストが伴う。確かに言語レベルだと、どうしても記憶というのは操作するものになるし、それ自体... [続きを読む]
  • 記憶こそ奇跡である。。。
  • いかなる存在を与えうるもの、それが記憶である。この宇宙も、この記憶という奇跡によって生まれ、記憶は連鎖反応的に進化を遂げ、現在に至っている。人間は、自ら記憶を作成し、それを操作し、伝承し、進化させ... [続きを読む]
  • 記憶は「自己喚起的記憶」。。。
  • 動物にも、あるしゅの「意識」があるが、それはあくまでも刺激に対して反応する認知のレベルにとどまっている。動物には、自分の思い通りの記憶を喚起することができない。動物の記憶は認知的記憶であり、「刺激... [続きを読む]