まゆげ塾長 さん プロフィール

  •  
まゆげ塾長さん: 隠れ舎「伸楽舎」の日々
ハンドル名まゆげ塾長 さん
ブログタイトル隠れ舎「伸楽舎」の日々
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/singakusya/
サイト紹介文2009年4月に第ニの故郷、福島県で開校「努力することのかっこよさ」を日々伝える塾長ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/04/12 19:41

まゆげ塾長 さんのブログ記事

  • 本番の強さ
  • 目先の定期テストに向けて短期的にがっつり勉強するのは簡単。まぁ誰でもできる。しかし、それと同じ熱量で普段から継続して勉強できる子はほぼいない。だからこそ、それが出来る子は勉強において一つ二つ抜きん... [続きを読む]
  • 良きライバル
  • いま塾に通っている中1の2人。2人とも小学5年生から算数と国語、両方で通ってくれているのだが、同じ中学校に通うこの2人、1学期最後に行われた最初の実力テストで1位と2位だった。新教研テストでも2人とも... [続きを読む]
  • 身になる自学
  • 勉強したことを自分の力とするのは授業中ではなく、授業で学習したことを演習や自学の中でである。この習慣が身につき、その中で「覚えるコツ」を1度掴めば、今後社会人になって以降も役に立つ。塾生の自学して... [続きを読む]
  • 二学期開始
  • 8月30日から伸楽舎の二学期が始まり、気づけば既に9月突入。今月から大学受験が徐々に始動する。まずは来月頭に控える看護専門の推薦入試と私立のAO入試。それに向けて対象生徒と今後の勉強の進め方について話を... [続きを読む]
  • 現実を受け止める
  • ここ数日、実家の宇都宮に帰省し、両親とゆっくりと過ごさせてもらった。お盆期間中、溜まりに溜まった仕事を処理するために、実家に戻れなかった親不孝者、少しでも親孝行をと、食事に誘い、ゆっくりとご飯を食... [続きを読む]
  • 二学期準備
  • 夏期講習会が終わり、昨日からお休みをいただいているわけですが、二学期に向けてやることは盛りだくさんなわけで、今も塾で粛々と仕事をしています。とはいえ、午前中はなかなか治らない喉の痛みの咳を抑えるべ... [続きを読む]
  • 夏期講習15日目
  • 今日から後半戦がスタート。とはいえ、授業があるのは受験生の中3と高3のみ。残りの学年は自学主体の復習日。何よりも自分の底上げができるのが、この復習をいかに真剣に取り組めるかどうか。しっかりと各自の... [続きを読む]
  • 夏期講習13日目
  • 毎日授業三昧の日々を送っていて、なかなかブログを更新できず、あっという間に13日目。明日から中学生はこの夏の成果を試す新教研テストが1年生から行われる。そのテストに先駆けて、講習会中に過去問練習を行い... [続きを読む]
  • 夏期講習会7日目
  • 夏期講習のお盆前までを勝手に前半戦と呼んでいるが今日が前半戦の中日。こんな小さな塾であっても毎日様々な学年の塾生が授業や自習で30人ほど出入りしていると、それなりにいろんな思いが交錯するわけで、こち... [続きを読む]
  • 夏期講習会4日目
  • 今年の中3、ほぼ全員が開塾してから閉塾するまで、毎日勉強してるね。「この夏自分を追い込んで、やれるだけのことを精一杯やるぞ!」っていう熱意が伝わってくる。現時点で勉強が出来る出来ないは二の次、三の... [続きを読む]
  • 夏期講習会初日
  • 今日から夏期講習会が始まりました。まずは今年の主役たる中学3年生。毎年恒例の新教研7月号の結果を1人1人面談しながら返すところから。まずは塾生の7月号の結果。5教科の県平均116.5点に対して、塾生平均165... [続きを読む]
  • 1学期最終日
  • 今日で1学期の通常授業が終了です。明日からの3日間、塾は講習会準備のためお休みとなります。自習もできませんので、間違って塾に来ないようにしてください。特に中3生は、この3日間でしっかり講習会の予習... [続きを読む]
  • 何度言っても
  • 変われん奴は変われんね。中3は夏期講習会を受けるにあたって、終わらせておかなければならない課題がいくつかあるわけだが、「もう少し残って終わらせていったほうがいいぞ」ってあれほど声をかけたのに、自分... [続きを読む]
  • 見えない蓄積
  • 勉強を本気で、そして継続して頑張っていると、必ずと言っていいほどぶち当たる壁がある。それは、どんなに時間をかけ、自分が考える中でもっとも効率的に勉強しているにも拘らず、成績が伸びないという苦しみ。... [続きを読む]
  • 勉強ができない子
  • 多くの生徒を指導してわかること。「勉強が出来ない子」この大半は、学習能力がないわけではなく、「勉強ができないようになる習慣」を身につけている。例えば「遅刻を平気でする」「約束を守らない」「話を聞く... [続きを読む]
  • 形になった
  • 数年後の大学入試改革に先駆け、昨年から中学1、2年生の授業形態を今までの教科ごとから文系・理系クラスにわけ、文系クラスは英語と国語、理系クラスは数学と理科、そして週に1日必ず行う「必修自学」の中で社... [続きを読む]
  • 動き出すこと
  • 定期テストの順位も出始め、予想通り良かった子、悪かった子もいれば、思っていたより良かった子、悪かった子もいる。まぁ終わったことは仕方がない。重要なのはテストが終わったあと、どう行動するかだ。定期テ... [続きを読む]
  • 悪口
  • 人間だから、嫌いな人間や苦手な人間もいるのはわかる。いくらでも心の中で罵詈雑言を叫ぶのは自由だ。俺もそんなときは今まで数え切れないほどある。むしろそれが自然だと思う。ただ、今までの経験上、1つだけ... [続きを読む]
  • テストの捉え方
  • 定期テストや実力テストだけでなく、日頃から行われる確認テストや単元テストをどう捉えるか。その捉え方で、その生徒が今後伸びていくかどうかが大きく変わる。1つ目はテストを「ゴール」と捉える人。つまり、... [続きを読む]
  • 今日くらいはね
  • 各中学校が定期テスト直前だったため、教室には溢れんばかりの自習生。まぁね、テスト前くらいはこうでないと。テスト結果は、ここまでの努力が反映されるリトマス紙。努力した子が報われるテスト結果であること... [続きを読む]
  • いろいろと
  • なかなかブログ更新ができずにいます。何とも考えること、やらなきゃ行かんことがわんさかあり、少々テンパリ気味の私です…そんな中、ここ最近の出来事をランダムに。先日、父の日が近いこともあり、実家に戻り、... [続きを読む]
  • 一手間
  • テストで高得点を取り続ける子は「一手間」を惜しまない。例えば英語。日本語を英文に直す際に「走った」「考えた」「思った」など「〜した」の「た」に○をつけ、この文が「過去形」で表さなければならないと明確... [続きを読む]