Kmasa & Toshiki さん プロフィール

  •  
Kmasa & Toshikiさん: 模型深夜最終便
ハンドル名Kmasa & Toshiki さん
ブログタイトル模型深夜最終便
ブログURLhttp://ameblo.jp/mokei/
サイト紹介文通勤時間1時間半。出社は朝9時。就寝時間を削って模型に魂込める、孤独なへっぽこ師弟の日々の記録。
自由文車からジェッツ、ロボまで何でも作るよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/04/13 18:35

Kmasa & Toshiki さんのブログ記事

  • 今週は1/43ポルシェ917LHのデカールを
  • まずは、先週用意したデカールに、リキットデカールフィルムを塗りました。古いキットなので万が一に備えてです。一番下、大判のマルティニカラーから貼っていきます。なるべく余白を切りたいのですが、危険と思い細い部分には気をつけて余白を残しています。マークセッターとマークソフターを使ってボディーに馴染ませていきます。ここまで大きいと自分の作業時間だと一日一枚がやっとです。そして反対側。前日の作業の繰り返しな [続きを読む]
  • 917lhの続きです。
  • 今週は車オンリーです。1/43 ポルシェ917LH 1971年のルマン24を走った車です。有名なマルティニカラーのマシンです。って今更ですね。 色を塗る前にウインドウのフィッティングを確認します。切り出して確認しながら何度も切り刻みながらの作業です。上手くハマってくれました。ヘッドライトも反射部分をコンパウンドで磨きました。ちょとブレイクにルマン出場車を並べて眺めてみました。順番を待つキットたちです。ここまで [続きを読む]
  • 先週の続き917と1/8の続きです。
  • 前回の最後で気になっているところ!それが写真のリアカウルエンドです。成型時に歪んでいてここを治したくてキットをお湯で煮込んだり色々したのですが、修正できずこのまま塗装に進もうかと思ったのですが、我慢できずに修正します。いきなり進んでますが、キットのレジンランナーを薄く切り出してリアカウルの上に貼り、水平を上下から揃えていきました。そしてカウルの曲がった筋彫りを埋めて彫り治します。彫り治しました。写 [続きを読む]
  • 今週は1/43ポルシェ917LHを進めました。
  • 色々あって作業はあまり進んでいません。その色々は後ほど。 まずは車体右側にある識別用のライトを塗装やデカールの行程の邪魔になるので一旦削ります。削って面を整えます。リアウイングのステーを取り付ける穴を0.3mmのドリルで穴あけ。車体上面のナサダクトは深く削り込み縁を薄くします。刃の角度30度のカッターでカンナがけを慎重に行いました。仕上がりはこんな感じです。そしてエンジンの吸気、エアファンネルのカバー部分 [続きを読む]
  • 1/8のオプションパーツを作りながらカーモデルも進めます。
  • まずはオプションパーツの続き!ボークスの離型材落としに浸けてこの後中性洗剤で洗います。その後パーツ一つ一つ処理していきます。 そして、ここからは作りかけの1/43キットを!71ルマンのポルシェ917 LH。プロバンス製のキットです。このブログでも昔出てきてないかな?まずはリアのゼッケンナンバー灯をアルミの棒から削り出しました。そして購入済みのZmodelさんのディティールアップパーツを使っていきます。フロントタイヤ [続きを読む]
  • 静岡の終わりから!
  • 静岡ホビーショー終了後、1/8スコープドックをいつもの模型ショップ、スリーエスに引き取りに行きました。そこで、組み立て後初の降着ポーズを再現しました。自宅に持って帰ると、早速微調整のために分解です。降着時に稼働するマッスルシリンダーの可動部分の調整して可動をスムーズにしました。そして組み立て。静岡展示の時は調整まで手が回らずポーズに不満がありました。足はこのくらい開いた方が良いですね。そしてもう一つ [続きを読む]
  • ホビーショーで撮影したもの
  • 静岡ホビーショー終了後、1/8スコープドックをいつもの模型ショップ、スリーエスに引き取りに行きました。そこで、組み立て後初の降着ポーズを再現しました。自宅に持って帰ると、早速微調整のために分解です。降着時に稼働するマッスルシリンダーの可動部分の調整して可動をスムーズにしました。そして組み立て。静岡展示の時は調整まで手が回らずポーズに不満がありました。足はこのくらい開いた方が良いですね。そしてもう一つ [続きを読む]
  • 最後の追い込みを!
  • ホビーショーの前のドタバタを。まずは細かい塗装をカートリッジの先端を赤に塗装。足首のマッスルシリンダーへのチューブを付けて行きます。頭部の中のパーツを接着。エンジンはシートの基部を入れると見えないです。ターンピックはメタルシルバーを。キリコはマスキングテープを貼って塗り分けに!うまく塗り分けできました。このあと細かい部分の塗装を!肘のパイキングは6本です。片腕完成!コクピットシート部分にもパイピン [続きを読む]
  • 静岡まで2週間を切りました。1/8スコープドックを進めます。
  • まず、フレーム色を塗って行きます。マッスルシリンダーをマスクして塗装しました。腕もマッスルシリンダー、アームパンチのカートリッジをマスキングテープを貼って塗装です。腕と足のフレームを塗装しました。しかし、色が濃いようです。そこで、もう一度調色して塗装し直し!今度は良い感じです。ターンピックは金属色に塗装をするためにツヤツヤのブラックにします。腕のカートリッジはこんな感じになりました。この後墨入れ、 [続きを読む]
  • 1/8は、やっと塗装に!
  • 1/8の作業を進めていきます。ボディーの気になる凹みを瞬着で修正。胸のダクトは隙間が大きかったのでプラ板を貼って調整しました。サフ塗装してやすりがけ。反対側はピッタリハマるのに。未装着だったパーツも接着。昔ホビージャパンに載った見本を見ながら塗装の準備。フレームはボークスの説明書のレシピを参考に調色していきます。今更ですが、1瓶でこの量なんですね。オートクリアの瓶に入れて見て初めて実感しました。とりあ [続きを読む]
  • 1/8ボトムズですが?
  • 今週も代わり映えのしない写真が続きますがご了承ください。腰、頭のパーツにサフェーサーを塗っていきます。持ち手を付け替えながら塗装していきました。足のパーツも進めます。マッスルシリンダーも。作業を続けていたら、事件発生!離型材がちゃんと落ちていませんでした。ちょっとマスキングテープを強く剥がしたら剥がれてしまいました。そこで、登場してもらったのがボークスのキャストクリン。離型材の洗浄液です。自分は基 [続きを読む]
  • 今週も1/8ボトムズを!
  • 今週は、まず腕の作業を。一度サフを塗ってやすりがけして処理した部分をもう一度サフ塗装します。腕は塗装前の段階まで進めます。その過程でまた新しい気泡を発見して処理うまくいきませんね。処理は終わって腕は塗装待ちに!そして次の足と胴体へサフ塗装するとパーツの見栄えが変わりますね。そしてまた発見する小さな気泡。今回は焦って机の上がごちゃごちゃ。静岡まで時間が迫ってきたのでこんな醜態を晒してます。座りキリコ [続きを読む]
  • スコープドックはやっと塗装に向けての作業へ。
  • 前回は写真だけで申し訳ありませんでした。今回は通常営業です。 まずは、コクピットのキリコの作業の続きを。ベルトやアーマーの境目をけがき針やカッターで彫り込んで行きました。マシンガンも最終調整をして行きます。自分はライフルはショートバレルが好きなのでマシンガンの銃身、ストックは取り外せるようにネオジウム磁石を使って外せるようにしました。そして最後の右足の作業を進めます。太もも部分には左右ともに複製時 [続きを読む]
  • 今日は車を中心に!
  • 今日は1/24フェラーリの続きです。GTOは取れていたピラーが作業中に外れるので裏からタガネで彫り込み金属線を埋め込みました。燃料タンクはキットの物を少し長さを調節して使います。トランクにはスペアタイヤを収納します。サイドウインドウの枠は錆びないようにヤスリで磨きました。そして、今週は以前から少しづつ進めているタミヤのスロットボディのP2の作業も。フロント部分を切り取ります。フロントノーズは以前1mmプラ板を [続きを読む]
  • 今日は1/8です。
  • 3連休なので、更新は分割して!まずは、VOLKS 1/8スコープドックから!腰のアームパンチのマガジン。パーツ全体の表面処理を進めます。つづいて、上半身の作業を進めます!またもや気泡を発見。頭部のアンテナ部分の段差は結構大変。ここは、処理を考え中。とにかく、少しでもパーツの処理を進めます。コクピット中身には着座したキリコ、このキリコも処理をしなくては。コクピット内部は色々配管があるので、処理を考えると憂 [続きを読む]
  • 1/8の続きから。
  • 今週はサフ塗装した脚の続きから。サフ塗ったパーツの表面処理を続けました。ターンピックに気泡がありました。まだまだこんな所がありそうです。ひとつずつ潰していこうと思います。パーツは大きくて良いです!気分は盛り上がるのですが、作業が大変。すね部分まで組立てました!フレーム部分はどう色分けしますかね。外装を付ける時に留める3mm棒が付け根部分から良く折れます。折れるたびにプラ棒3mmプラ棒に置き換えてます。太 [続きを読む]
  • 今週はいつものボトムズ、GTOの他に久しぶりにムスタングも!
  • まず、スコープドックは脚のサフ塗装から。平日の帰宅後に塗装をしました。マッスルシリンダーの機部にある凹みは購入時よりの悩み事だった部分。今回ゴッドハンドのスピンブレードでキッチリカッチリ仕上がりました。腕は先週サフを塗って表面処理を続けました。この状態になっても気泡が見つかりました。自分の甘さが招いた事ですがダメですね。回り道をしながら両腕の作業を進めました。径の小さい物はスピンブレードを持ってい [続きを読む]
  • 1/8はサフ塗装に、GTOも作業を少し進めました!
  • ボトムズはサフ塗装を始めました。パーツが大きいので持ち手を付けるのも大変です。塗装したので作業をした部分の確認です。肩の関節の合わせ目処理は上手く消えていました。サフ塗装はこんな状態で進めました。いつものパーツ立てがパーツの重みで倒れるのでバランスとるのが大変です。塗装後組み立てるとこんな感じです。やっぱり色が統一すると良いですね!そして塗装によって見つかる新たな問題。消したつもりでもどんどん見つ [続きを読む]
  • 1/8の作業を進めました。
  • 両手はサフ塗装の準備を始めます。そして、脚の作業も進めます。脚のパーツを接着していき、接着面の処理を進めます。他の部分もバラしながら処理を進めました。ここで、一息。1/12のスコープドックと1/8の脚を比べてみました。やっぱり大きいですね。股関節のパーツには大きな段差がありました。盛大に瞬着を盛って処理しました。少し色が違う部分が瞬着ですね。バラしたパーツを一つずつチェックしていきます。脚のパーツもサフ [続きを読む]
  • GTO64を進めました!
  • 今週は、フェラーリ250GTO64を進めました。まずはホイルの選択から、手に入れたキットはボディーとシャシー、シートのみの状態でした。ボンネット、トランク、ドアは作り直しましたが、一つ目の問題はホイルにタイヤです。今回のキットに使用する為に用意したのがフジミとグンゼのキットからタイヤとホイルを出してきました。フジミのホイルはワンパーツで立体感はありますが、繊細なワイヤーが今一です。グンゼはエッチングの組み [続きを読む]
  • 今日も画像だけですm(_ _)m
  • 申し訳ありませんが、この週末体調を崩しましてまた画像だけです。今週どこかで解説上げられればって思います。1/8は細かい部分を進めました。ポリキャップのカバーパーツを付けていき、整形途中で見つけた気泡を爪楊枝で塞ぎます。つぎは、ちょこちょこ進めている1/43 プロバンス デイトナコブラ。ホイルインナーがエッチングの一枚で立体感に欠けるので3Dデータで作成して出力してありましたが、キットのタイヤも油が抜けてコチ [続きを読む]
  • 1/8スコープドックの細かい作業を!
  • 今週も1/8の作業を。胴体の作業からいったん離れてやり残した細かい作業を進めます。これは、装甲を止める為のポリキャップを押さえる部品です。今までの作業で気がつかなかった気泡を埋めながら、パーツも接着していきます。一旦組み立てたものをバラして作業を。そして、こちらも。1/8のキリコ立像。真鍮線を軸に入れて組み立てました。1/8は今後も作業を進めます。 ここからは、もう一つの5月用。MPCのこの二つ。Xウイングは主 [続きを読む]