Lunapiena by Taka さん プロフィール

  •  
Lunapiena by Takaさん: フィレンツェノッポの職人修行
ハンドル名Lunapiena by Taka さん
ブログタイトルフィレンツェノッポの職人修行
ブログURLhttp://lpbytaka.exblog.jp/
サイト紹介文家具修復職人になるためイタリアFirenzeで修行中のノッポのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/04/14 08:01

Lunapiena by Taka さんのブログ記事

  • オススメの展示会のご案内
  • いつもフィレンツェでお世話になっている靴職人/深谷秀隆さんの展示会が表参道で開催中。「靴の彫刻」と題されたこの展示会会期:7月4日〜7月30日 11:00-20:00会場:EYE OF GYLE/表参道東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYLE 3F2015年にフィレンツェのマリーノ・マリーニ美術館で行われた展示の巡回なのですがこの時の作品と展示が強... [続きを読む]
  • 日本人経営の和食レストラン「il cuore」
  • 今年の夏はなかなか暑さが厳しく夕方になると冷たいビールが恋しくなります。ドイツやイタリアビールも良いけれど日本のビールが懐かしい。。。ということで4月にオープンした和食レストラン「il cuore」に行ってきました。場所はアルノ川の南側、ボーボリ庭園の奥の方にあるporta romanaのすぐ近くにあります。住所:via romana 123r,Firenze... [続きを読む]
  • Bevagnaで中世ヨーロッパにタイムトラベル
  • Gubbioに行った翌日、Bevagnaという町で中世のお祭りがあるとのことでマエストロに同行。小さな町ですがルネッサンス以前、中世ヨーロッパの時代にはローマとフィレンツェを繋ぐ貿易の町として栄え、当時はパリやフィレンツェよりも人口が多かったそうです。今では日本のガイドには載っていないほど縮小してしまったようですが当時の雰囲気が町全体に残っていてこの時期はさらに様々な演出... [続きを読む]
  • 小旅行でリフレッシュ!
  • Gubbioの近くにマエストロの家族の家があり週末に一緒にどうかとお誘いをいただき小旅行をしてきました。山間にあるとても静かな小さな町。大自然の中でのBBQは至福の時日が沈めば街灯も少なく辺りは真っ暗闇。無数の星と無数のホタルの光で夢のような時間でした。車で15分ほどのGubbioの町も満喫中世の姿が色濃く残るGubbio二人乗りのかなり怖... [続きを読む]
  • 大きなプロジェクトがひと段落。。。
  • 先週、2年ほど前から家具制作のお話をいただいていたお店がついにオープンしました。イタリアンクラシコスタイルでは最高峰である"TIE YOUR TIE"古い家具をリメイクしつつ商品に合わせたサイズの什器を新規で制作。それぞれをつなぎ合わせて巨大な一つの什器に見せるというのが今回のプロジェクトリメイクする中で引き出しにオートリバースのレールを採用したりと什器として機能... [続きを読む]
  • Artigianato e Palazzo/コルシーニ庭園職人展開催中
  • 昨日からスタートした職人展。今回は野外なので天気を心配していたのですが大きく崩れることもなく気持ちの良い気候。ブースの位値は正面一番奥の建物の左側土日も天気は悪くなさそうなのでフィレンツェにいらっしゃる方は庭園散歩も兼ねてぜひお越しください。お待ちしております!!Giardino Corsini/via della scala 115 Firenze... [続きを読む]
  • コルシーニ庭園職人展に参加します
  • 来週18日(木)からはじまるArtigianato e Palazzo/コルシーニ庭園職人展に参加します。2014年に参加した時は35歳未満の招待枠に選んでもらったのですが今回は一般参加フィレンツェで定期的に行われる職人展としては一番レベルも高く出展者も来場者も面白い方がたくさん。参加費は高めですが前回も新聞雑誌に掲載いただくなど宣伝効果は高いので何かが起こる... [続きを読む]
  • 仕事があるということ
  • あっという間に四月ももう終わり。この四月はミラノで抜けた3日間以外は毎日工房で仕事をしていました。日本にいた頃は仕事が忙しいのが当たり前でまったく感じた事がなかったのですが、フィレンツェに来て工房をオープンしてとにかく一番怖いのは「仕事が無い」という事。無ければアルバイトでもしてと日本にいれば考える事ができますが海外ではなかなか簡単にはいきません。こうやっ... [続きを読む]
  • ミラノサローネ2017
  • 今年もミラノサローネ、行ってきました。今回の会場全体の雰囲気を象徴するペールグレイッシュトーンのWittmannブース真鍮や銅、古い木型などをコーディネートしてヴィンテージ感を演出そんな中Vitraは少し先に進んでいるかなぁ。。。人気デザイナーは各メーカーを掛け持ちしていて仕事量が多すぎるのかちょっと飽和状態な印象の残った会場でした。そして今年もLou... [続きを読む]
  • 木製ヴァイオリンケース
  • いつも通り週末のアンティーク市を覗いていると何と無く気になるモノを発見。ヴァイオリンのケースが開いた状態で置いてあったのですが外側を見てみるとオーク製。とてもきれいな杢目が入っているのですが塗装の具合があまり良くなく自分が磨きなおしをしたら宝石のように輝くのに、、、と考え出したら止まらなくなって結局手に入れてしまいました!ちょうど年末に予定している京都での展示... [続きを読む]
  • 工房3周年
  • 早いものでこの工房も今日で3周年となりました!2014年のオープン前何もなかった工房に作業台や道具、材料などが少しずつ増えてきて、、、今ではこんな状態に。決して順調とは言えない3年間でしたがいろいろな方に助けていただきなんとか今日までやってくることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!来ていただいた方にはいい気分で帰ってもらえる... [続きを読む]
  • 塗装の剥離
  • 図面での調整やジョイント方法の検討などより具体的にプロジェクトを進めつつ現在は剥離作業中。今回は既存の家具と新規の什器を合わせるため既存の家具の塗装を全部きれいにはがして他の新規の家具と同様に再塗装をしていきます。大変手間はかかりますが合わせた時により一体感を出すためには必須の作業。家具が大きいのもありますが彫刻部分が結構多く彫りも深いので大変。。。剥離剤... [続きを読む]
  • 新プロジェクト始動!
  • フィレンツェはすっかり暖かくなってきて、いろいろな花が咲き始めました。そうすると始まるのが花粉症、、、今年もしんどい季節が来てしまいました。さて、少し前から新しいプロジェクトが始まり工房はそのための家具でいっぱいになり身動きも取れない状態に。。。店舗用で既存の家具のリメイクとそれに合わせて新規で什器を制作していきます。素材や色を選んだり金物をどう取り付けるか、... [続きを読む]
  • とある土曜の午後。。。
  • 普段あまり来客のない工房ですが土曜日は結構いろいろな方が訪ねてくれます。今日は天気が良かったこともあり友人や近所の方が散歩ついでに寄ってくれたりと少し賑やかな1日でした。夕方になりそろそろ電気をつけようかと思っていると外からじっと中の様子を覗いている年配のご婦人。しばらくして目が合うと中に入ってきて修復もやっているのかと尋ねてきました。お話を聞くとその方のおじ... [続きを読む]
  • 職人の未来
  • 先日ある調印式にご招待いただいたので参加してきました。内容はフィレンツェの職人組合と国際的な文化交流団体との提携を記念したもの。危機的状況にある様々な業界の職人たち、そしてこれからの若者の未来をお偉いさんたちがいろいろと話をしているのですが残念ながら視点がずれているような気がする。もちろん職人とも直接話はしているのですがこういう方たちと話をできる職人さんたちは危機的状... [続きを読む]
  • 満月の夜に思うこと。。。
  • ここ最近、イタリアの方からの仕事が少しずつ増えてきました。修復、小物、額ものなどなど。工房オープンからもうすぐ3年でようやくといった感じですがこの最悪の不景気の中、フィレンツェに数多くいる職人の中でわざわざ外国人である自分のところに来るということはよほど特殊な仕事か本当に良いものを求めています。景気のいい時期であれば冷やかし半分ということもあるかと思いますが今はそ... [続きを読む]
  • 木象嵌による立体表現と透明感の表現
  • しばらく技術的なことを書いていなかったので少しまとめてみます。木象嵌の表現方法は地方や時代によっていろいろありますが今回は立体表現と透明感の表現方法について。まずは立体表現。この一枚の柾目のウォールナットを使って球体を作ります。丸くカットをしてぐるっと回して少し角度を付けるだけで木目の方向の違いで円が浮き出ます。それに焼いた砂による焦がしでグラ... [続きを読む]
  • 試行錯誤
  • ここ最近動き出したひとつのプロジェクト。このプロジェクトは将来的にこういった方向に少しずつシフトしていきたいなと思っていたことが一気にきた感じで自分の今の環境ではなかなか難しく試行錯誤しています。思えばこの10年、試行錯誤の連続。人生の回転速度を急速に早くしたためその遠心力で飛ばされそうになることもしばしば。。。ただ、そのたびにいろいろな方と出会い大きな縁が出来ました... [続きを読む]
  • 黒の魔力
  • 氷点下の日が続くフィレンツェ、今年の冬はなかなか厳しい。。。先週はpitti uomoがあったりとバタバタとしていますがオーダー仕事も着実に進めています。イタリアのファッション関係の方からいただいたシガレットケースのオーダー。普段から身の回りのモノは黒と決めているということでもちろんこのケースも真っ黒が希望。こういった黒のみという方はけっこう多く、小物をつくっていても... [続きを読む]
  • 2017年は芽生えの年?
  • 普段からあまり正月休みという習慣の無いイタリア。周りの職人さんも今年はカレンダー通りに2日から仕事という方がほとんど。ということで正月気分をほとんど味わうことなく私も2日からスタートしました。フィレンツェは昨日から一気に気温が下がって青空ですがとても空気が冷たいです。。。年末年始で2017年のスケジュールを少しまとめようと思っていたのですがあまり進まず、、、と... [続きを読む]
  • 2017年スタート!!
  • 大晦日は外に出ることが多かったのですが昨夜はこの家に来てはじめて家でのんびり年越し。まさに四方八方で花火が上がってびっくり!こんなにいろいろなところで花火をやっていたんですね。。。おかげさまで賑やかな年越しを味わえました。本年度もどうぞよろしくお願い致しますお問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori... [続きを読む]
  • 良いお年を!!
  • 今年も残すところ数時間。本年度もいろいろな方にお世話になりました。毎年のことですが世界には時差というものがあるというのを改めて感じる大晦日。いつになっても不思議です。。。2017年、皆様にとって良い年になりますように。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (z... [続きを読む]
  • 久々の修復
  • 12月に入って今年もあとわずか。フィレンツェの町もなんとなく慌ただしくなってきました。さて、久しぶりにちょっといい修復の仕事が入ってきました。木象嵌の入った小さなサイドテーブルで1700年代のモノとのこと。ただいろいろと見てみると古くても1800年代半ばかな、、、といった感じですがフィレンツェのアンティーク家具あるあるで年代表記などがない場合、お客様は大抵100年くら... [続きを読む]
  • 久々のオペラ
  • 昨晩は久しぶりにオペラを見に行ってきました。実は新しくなったTeatro Comunaleははじめて。新しい劇場なのでこれから少しずつ雰囲気が出てくるのかと思いますが照明装置が露出し過ぎかな今回の演目はLa Boheme。仕事の関係でグローバルダイニングのレストランが頭に浮かんでしまいますが、、、オペラとして通しで見るのは初めてでした。毎回オペ... [続きを読む]
  • 木製スタイラスペン
  • 先週あたりから寒さが厳しくなってきたFirenze。。。クリスマスも近くなってきたのでちょっとしたギフトにも出来るアイテムを開発中。まずは木製のスタイラスペン。タッチスクリーン用でスマートフォンやタブレットなどに多く使われている静電容量方式に対応私は便利すぎるものがあまり好みではなくスマートフォンは使っていないのですが、、、今はほとんどの方がスマートフォン... [続きを読む]