ジュマ さん プロフィール

  •  
ジュマさん: 旅するファミリー情報局2
ハンドル名ジュマ さん
ブログタイトル旅するファミリー情報局2
ブログURLhttp://tabifami.blog40.fc2.com/
サイト紹介文ちょっと遠くであったり、 すぐそばの街角だったり・・・。 一緒にブログで旅してみませんか。
自由文子育てが終わった主婦です。
し〜か〜し、
のんびりする間も”いただけず”
孫育て(別居)やってます。


海外旅行記
四季折々の国内お出かけ情報や
孫との暮らしなどを
写真満載でご紹介しています。

写真だけでも見てくださいね〜

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2009/04/15 16:05

ジュマ さんのブログ記事

  • パタンMuseum その1 ーネパールー
  • パタンミュージアムー有料ーはマッラ王朝時代に建築された旧王朝の一部を改修した3階建ての博物館で1734年に完成しました。中庭を囲むように建てられた建物は「チョーク」と呼ばれています。博物館になっているものはマニ・ケシャブ・ナラヤン・チョークです。中庭には美しい彫刻が施された方杖があります。ネパールにある1500点以上の文化的作品の内300点がここパタン博物館の永久展示物になっています。神像を中心とした金属彫刻 [続きを読む]
  • 世界遺産の町「パタン」  −ネパールー
  • マハボーダ寺院の内側にある【ブッダの母】と書かれた祠小ぶりですが、立派な造りの祠です。ご利益があるかも・・・・パタンのダルバール広場へ向かっています。この街にも細かい細工の格子窓と仏さまや神様の像で飾られた建物が見られます。石造りのお寺 倒れずにすんだようです。所々にある祠  日本的には地蔵堂が並んでいるような感覚でしょうか。ここでも ぐちゃぐちゃのケーブル!!店を出している後ろの建物は、倒壊して [続きを読む]
  • パタン マハボーダ寺院 −ネパールー
  • ナガルコットの丘をあとにして、来た時と同じデコボコ道を下り一旦はカトマンズ市内に入ります。常設か移動かわかりませんが、観覧車のある遊園地がありました。平日の午前中ゲートは開いてますが誰もいません。市内はこの日も大混雑信号が無いので、交差点では警官が誘導しているはずですが見ている限りではてきぱきと交通整理している風ではありません。それでもいないよりはましなのか・・・・・暗黙のルールの中で人々は交差点 [続きを読む]
  • ナガルコットからパタンへ移動です―ネパールー
  • ホテル入口(登り口)にある建築物   クマリ(ネパールの生き神様)の館を模しています。誰でもクマリ気分になれますよ〜ナガルコットの丘からパタンへと クネクネ道を下って行きます。ヤギ君 バイバイ!あちこちでポインセチアが赤くなっています。コーヒー・ショップって・・・・裏にあるのかな?斜面に沿って家が立ち並んでいます。 雨季だと、もうちょっと緑が濃いのかも・・・・・崖の工事も始まっていました。  頑張 [続きを読む]
  • ナガルコットのホテルから見る朝日 −ネパールー
  • ネパールで見る最後の朝日です。ホテルのテラスに出て日の出を待ちます。東は写真に向かって右側になりますが、この日生まれたての太陽はヒマラヤ全体を照らしながら昇って来ます。毎日見た里を覆う朝霧はこの丘からも立ち込める様子が見て取れます。陽が昇って来ましたどこにいても晴れてさえいれば見られる日の出ですが私の年齢ではここから見るのはこれが最初で最後・・・・・と思うと感慨深いものがあります。東の山肌が赤く染 [続きを読む]
  • クラブヒマラヤナガルコットホテル ディナー −ネパールー
  • お天気にも恵まれ、ナガルコットでも夕日を眺めることが出来ました。というわけで、夕食です。ビュッフェスタイルの夕食でした。ネパールせんべいという方もいましたが、ナチョスのようなピリ辛の薄焼きあり!緑色の唐辛子は半端なく辛かったです。辛さ控えめのカレー チキンに合います。スープ  どんな味だったか・・・・記憶が飛んでいます。野菜も色々!甘いプリン  酸っぱいザクロおしゃれな水盤!!食後に見たナガルコッ [続きを読む]
  • ナガルコットから見るヒマラヤの夕焼け −ネパールー
  • ネパール旅行でご覧いただいている写真のほとんどはヒマラヤ山脈を写したものになりそろそろ飽きて来られたかもしれませんが実際に旅して来たものにとっては懐かしい風景ですのでもう少しお付き合いくださいね。とはいえ、今日は変わったお話もなく写真ばかりなのでスルーしてくださってOKですホテルの屋上の展望台にある山の名前を記したボードそろそろ陽が沈む時間が近づいて来ました。夕日に染まる山並みを見るのは最後になりそ [続きを読む]
  • クラブナガルコットヒマラヤ敷地散歩 −ネパールー
  • ホテルの中をウロウロします。所々に椅子が置かれています。 風に吹かれながらボーっとできます。庭 広いです。  鉢植えの花 きれいに咲いていました。 頭上の旗 チベット仏教っぽい雰囲気です。ブランコなのですが・・・・遊んでもいいのかなぁ????花びらを浮かべて飾るというのも ありですね!室内プールもありました。 もう少し暖かかったら、利用したのでありますが・・・・残念!!どこからでも見えるヒマラヤの [続きを読む]
  • クラブヒマラヤナガルコットホテル −ネパールー
  • ペルーの旅から無事に帰ってまいりました。今書いていますネパールの旅は自分でも予想以上に気に入っていて楽しみながら書いていますがペルーもなかなかのものでした。なので早く書きたくてウズウズしていますが、やはりネパールを終えてからの方が分かりやすいと思いますのでちょっとお預けです。二つの国は素晴らしい自然を擁し、いずれ劣らぬ魅力がありますが私にとって何が一番違ったかというと「距離」の一語でしょうか・・・ [続きを読む]
  • ペルーにいます
  • 成田からダラス乗り継ぎで1日以上かけてペルーのリマに到着です。その後ナスカの地上絵を見に行き、クスコに飛行機で移動、バスでインカレールの駅に行きマチュピチュ村へ、と覚悟はしていたものの強行スケジュールですが、お陰さまで高山病にはかかっていません。アプリで何度か投稿してみましたが、上手くいかないのでメールで投稿してます。ではまたです [続きを読む]
  • ナガルコットへの道 −ネパールー
  • バクタプルの商店街をバスが待つところまで歩いています。道端で揚げ物を売っています。残飯をついばむ鶏リンゴやバナナは丸ごと食べるのですね。たくましい〜こちらでは水牛の肉を売っています。お菓子屋さんの品ぞろえの多さにびっくり。そして我々は再びツアーバスに乗り込み今度はナガルコットに移動です。バス走行距離65キロ、2時間半くらいかかりました。相変わらず山道は舗装もなくガードレールもなしで気を許せません。 [続きを読む]
  • 世界遺産バクタプル観光 「孔雀の窓」 −ネパールー
  • お土産物屋さんでもあり、レストランでもあり・・・・お面が目を引きます!!露店で量り売りしていましたが、懐かしい天秤秤りです。人気のスイーツだったらしいのですが・・・・魚屋のおねえさん  スマホで何かしています。  魚は川魚??八百屋さん  馴染みのある野菜が並んでいます。インドからはるばる行商に来る人もいるそうです。立派な入口  こちらもヒンズー教の寺院のようです。小さな祠    斜めの柱は隣の建 [続きを読む]
  • 世界遺産バクタプル観光 その3 −ネパールー
  • ダルバール広場の東側 塔の上に仏さまのような像が! その下には修行者のような老人が座っています。ここにはヒンズー教のVastala Durga寺院が建っていました。向かい側、国立美術館の隣に建っているのが55 Window Palace(55の窓の宮殿)と呼ばれている宮殿宮殿の入口は金色!?ヒンズーの神々の像  いずれ修復された寺院のしかるべき場所に戻されるのでしょう。お参りする時、赤い粉と橙色の花で飾ります。こちらは、宮殿 [続きを読む]
  • 世界遺産バクタプル観光 修復工事道半ば −ネパールー
  • バクタプルはカトマンズ盆地の東端にある古代ネワール人の都市です。こちらのアイスキャンディ(Kulfi)はこんな形をしているらしい。我々の記憶に新しいですが直近では(現地時間)2015年4月25日11時56分首都カトマンズ北西77km付近のサウラパニの深さ15kmを震源として発生した推定マグニチュード7,8の大地震ではこの辺りも大きな被害を受けたようです。それでも人々はたくましく生きているように思えます。背に腹は代えられない [続きを読む]
  • 世界遺産バクタプル観光 地震の爪痕も −ネパールー
  • カトマンズから東12kmのバクタプル群の中心地バクタプルへ向かいます。車窓から見えるカトマンズあちこちで道路工事が行われているのと乾季なので、どうしても土埃があちこちを覆っています。ここはトラックターミナル 旅行者はこのトラックをチャーターしてトレッキングや登山に行くものと思われます。ネパールと日本の共同事業で出来たカトマンズとバクタプルを結ぶ道  どなたかは記憶に残っておりませんが名のある方の像 [続きを読む]
  • カトマンズのランチはヒマラヤそば −ネパールー
  • 3日前にバラトプールへと飛び立ったカトマンズのトリブバン国際空港に戻って来ました。帰りも揺れることなく安定飛行でした。バスでターミナルに移動中に見える軍の飛行機ここからはまた違ったヒマラヤの山々が見えます。これがいわゆるターンテーブルでも転がしてくれるのではなく受け取るのは端っこから各自自分の荷物が見えたら取りに行きます。たった4日でこののんびり感に慣れるのもネパールの魅力の一つかもしれません。バス [続きを読む]
  • イエティ航空 ポカラ〜カトマンズ機内  −ネパールー
  • カトマンズからチトワンへの移動に使ったのと同じ機種です。こじんまり・・・・この飛行コースでは左側に座るとヒマラヤが見えます。あのサインは【行ってもいいよ】??お天気も良く ヒマラヤ遊覧飛行状態です。雲が滝のように見えますが、窓の端っこが歪んで見えているせいです。 ギザギザ サメの歯みたいな稜線そろそろ降下開始!カトマンズの街並みが見えて来ました。さすが首都  高層の建物ばかり!  建物の色が多様で [続きを読む]
  • ポカラ空港の興味深い写真あれこれ ーネパール―
  • ポカラからは飛行機でカトマンズに移動です。バスであのガタガタ山越えをしなくてよいのは嬉しいのですが、飛行機と言っても遊覧飛行クラスの小型機ですから変な意味でのワクワク感もあります。空港ビルの入口首都のカトマンズ国際空港よりも清潔だし立派に思えます。搭乗予定のイエティ航空のチェックインカウンターにはまだ誰もいません。出発便空白時間なのか、どの会社のカウンターにも人がいないこれは長く待つことを覚悟せね [続きを読む]
  • 夜明け前の日本山妙法寺(World Peace Pagoda) ーネパールー
  • 日の出前に起きて、【日本山妙法寺から朝日を見よう】というツアーに参加です!!日本山妙法寺は藤井日達氏が創設した日蓮宗系の宗教団体が、あちこちに建立しているお寺です。ホテル前の駐車場から小さめのバスに乗り、真っ暗な道を走り、妙法寺下の駐車場へ!!夜明け前なので、ここはまだ暗い・・・・階段を上って行きます。何段登ったかは覚えていませんが、山門下に到着境内のお堂では 二人の僧侶が朝のお勤め中!! 仏さま [続きを読む]
  • ビンドウバシニ寺院 −ネパールー
  • ビンドウバシニ寺院はオールドバザールの丘の上にあるヒンズー教の寺院です。本尊はドゥルガですが、ヴィシュヌやクリシュナも祀られている複合寺院らしいです。敷地内には様々な寺院が建っています。こちらはヒマラヤの峰々の山頂(シカラ=sikhara)を模した尖塔型の「シカラ様式」の寺院毎朝この寺院の前で鶏などの首をはねて生贄として捧げているそうです。熱心な信者が次々と中に入って行きますが、神聖なお祈りのお邪魔にな [続きを読む]
  • ペワ湖でボートに乗ります −ネパールー
  • ネパールのヒマラヤ地域にもカシミアヤギがおり、この辺りでもカシミアヤギの毛で出来た製品があります。というわけで、カシミア製品の直売場へ!!店頭では この方がずーっと手織りしていました。その後、ペワ湖へ! 手漕ぎボートで 湖に浮かぶ島へ向かいます。定員は4名アンナプルナ連峰をを見ながらのクルーズです。島にあるのは二槽式のパゴダがあるヒンドゥー教のバラヒ寺院結婚の報告でしょうか。 みんなで記念撮影!!内 [続きを読む]
  • 手作り感いっぱいのデヴィット・フォール −ネパールー
  • ランチの中華レストランからバスで10分くらい走ったところにデヴィット・フォールという滝があります。−有料ー中は公園のようになっていますが、なんとも手作り感がある素朴な施設です。これなんかも石膏で出来たヒマラヤのアンナプルナ山系。でもよくできています。ここより先に100mくらい南西に行くと洞窟(鍾乳洞)があるらしいですが、時間の関係上行けていません。あちらの山の上に見えている白いストゥーパは日本山妙法寺( [続きを読む]
  • ポカラ市内で中華ランチ -ネパールー
  • ポカラの町でも渦を巻く電線があちこちに!これぐらいでは大したことないらしいですけど・・・取り換えや故障の時が大変そうです。今日の昼食は中華系!お茶のポットの中には・・・・・なんだか分からないのですが・・・・・味はお茶でした。ワンタンスープ餃子をはじめ 中華料理各種!!  どれも美味しかったです!!!レストラン前の通り  土産物屋やレストランが並んでいます。バスが・・・・停まっていない!!!タイヤの [続きを読む]