椿 さん プロフィール

  •  
椿さん: 椿の間 〜写真つき短編詩集〜
ハンドル名椿 さん
ブログタイトル椿の間 〜写真つき短編詩集〜
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/lifesong1tsubaki
サイト紹介文カテゴリー別に写真と詩を。 今の気分でどうぞ。 見たまま感じたままを、素直に載せていきたいです。
自由文写真を撮るとき、その被写体に何かを感じるからシャッターを切る。そこに込められた感情は何だろう?
きれいな景色を見て、心に浮かぶ様々な感情。
それを、忘れたくない。
基本的に毎日ひとつ更新。
軽い気持ちで見ていただけるとうれしいです。
何かを感じていただけたのなら、とても幸せです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/04/14 15:54

椿 さんのブログ記事

  • 悲しみは・・・
  • *写真はフリーでお借りしました。ひとは悲しみを掻き集めて宝物のように扱い 蓋をする幸せはその優しさゆえに ふわふわと軽くまるで夢見たように不安定に感じるのか楽しさや喜びに 目は向けても悲しみの質量は 記憶の中でより重いらしく記憶の底で 積もりに積もりだからこそ 安らぎさえも齎(もたら)すかのように安定しているのだろうか音楽などでも昔から楽しい恋の詩よりも悲しい恋の詩のほうがなぜかより孤独な心に深く [続きを読む]
  • 戯れ
  • 心地のよい空気に包まれて規則正しい 揺れに揺られわたしは言葉と追いかけっこをする追いかけて、 つかまえて、 戯れて、そこに無粋な乱入者が…わたしと言葉との戯れに入り込んでくる 少女の会話この心地のよい戯れをまだ続けていたいのに…わたしは言葉に逃げられぬようにしっぽをつかまえたまま目を閉じ賑やかな乱入者が過ぎるのをじっと、待つ<戯れ>ランキング参加しています。にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩 (← [続きを読む]
  • 梅雨告げ花
  • 線路脇に立つ梅雨を告げる花なぜキミは こんな雨の強い季節に立っているの?なぜキミは こんな風の強い場所に立っているの?自分に厳しくするキミは誰に与えられるでもなくより過酷な試練を自分に課すんだね今よりもっと 強くなるために<梅雨告げ花>花の言葉memo『立葵ーたちあおいー(別名:ホリホリック)』    〜花言葉:大望、大志、野心、豊かな実り、平安、気高く威厳に満ちた美、                 [続きを読む]
  • お地蔵さま
  • 感謝のきもちと、祈りを捧げられた日々は大分もう、遠い昔のこと忘れ去られたお地蔵さまは遠い日と 何も変わらぬ面差しでそれでも毎日 立っている土のにおい薫る遠い山の麓まで見通せた街道が様変わりしても田んぼ広がる 静かだった町に窮屈そうに家が建ち並んでもまた今年も 変わらずに足元に芽吹いた名前もわからぬ草花にほんの少し うれしそうにも見える顔で忘れ去られるだけの人々の他愛もない営みの歴史をその肩に一身に [続きを読む]
  • 潔白であれ!
  • 潔白であれそんなことは戯言だと嘲笑う声が 四方から聞こえてきそうだ潔白でありたいそれは願い それは希望それはすでに己が潔白でないことを示しているその気になればどこまでだって 落ちてゆける泥沼のような 欲望にまみれた海に浸かることも足元から垂れる一本の糸にしがみつく必死な指を蹴りはらうことだってきっと、なんだって出来てしまうそうしていずれ真っ白さや透きとおったものを厭うほどにどこまでだって 落ちてゆ [続きを読む]
  • 真白いハンカチ
  • ハンカチ ひらひら あなたへさしあげます太陽のチカラをいっぱいに受けた真白いハンカチを汚れやすいそれはあなたが流した汗で明日にはくすんでいるかもしれないけれどいま、 ほころびましたそして 溢れだしましたわたしが貰っていた 太陽のチカラをひらひら 一枚 あなたへとお裾分け<真白いハンカチ>花の言葉memo『ハンカチの木(別名:ハンカチツリー、鳩の木)』〜花言葉:清潔〜ハンカチの木はとても珍しい木でなかな [続きを読む]
  • 愛の容れもの
  • 愛を知らない子たちもいつか誰かを、 何かを愛するでしょう恋人かもしれない 友人かもしれない家族やペットかもしれない自分以外に愛をそそぐということは自分の命に愛をそそぐことのようだそうすればもう死にたくなるくらいの虚しさなんて感じなくなる一度 愛を知れば愛の容れものであるこの身体を壊すことなど出来るはずはないのだから<愛の容れもの>花の言葉memo『松葉菊ーまつばぎくー(別名:仙人掌菊、ランプランサス) [続きを読む]
  • 100円ショップについて。…コラム…?的に書いてみる。その2
  • さて、先ほどはミニほうきについて書きましたが、もう一つ、100円ショップで大昔に購入して、これは当たりだったなぁ。という商品があります。この鉄のフライパンです。これももう、15年以上前に買ったものだと思います。かなり年季が入ってますが、こんな立派なフライパン、今100円ショップでは見かけることないですよね?金物屋さんで1500〜2000円くらいだすなら、手にいれることができるでしょうが。しかし、これ!何度もしつこ [続きを読む]
  • 100円ショップについて。…コラム…?的に書いてみる。その1
  • こんにちは。世の中はGWですが、カレンダー通りの休日でさらに5日は仕事をするので、実質今日と明日しか休みではないのですが、今日は普段なかなか掃除ができないので、プチ大掃除的な感じで午前中にお掃除を行いました。階段の掃除をしていた時のこと、あまりのほこりに、ほうきで隅っこを掃き出そうと100円ショップで購入したミニほうきを手にとりました。かなり古いほうきです、買ったのはかれこれ……とにかく、わからないくら [続きを読む]
  • 緊張
  • 震える自分にしては 大それたことをしているとわかっているから平静をよそおって組んだ足格好つけて少し上げた踵がガクガクと震えた伝染ったかのようにのどを潤そうとペットボトルのキャップを捻る指先が、少量の水がこぼれて慌てて口もとを拭うそんな自分を嘲笑ってキャップを閉め大きく吸った息をゆっくり吐いた<緊張>花の言葉memo『長実雛罌粟ーながみひなげしー』・・・心の平静、慰め、感謝、癒しランキング参加しています [続きを読む]
  • 世界と”わたし”
  • もうとうに 理解しているはずだった、もうとうに 理解しているはずなのに…ひと所に長くいるとつい、そこに ” わたし”は必要なのだと思い違いをしてしまう人は砂浜の手からこぼれ落ちる一砂にまで関心をよせたりなど しないのにねいくど己の無力さに泣いただろう”わたし”という人間は 何という者でもなく力を持たなければたった二つのこの手にさえ何もつかめてやしないこの世界で取るに足らない存在なのだそれをとうに 理 [続きを読む]
  • きのうの料理
  • きのうのごはん、なんですけれどね。生クリームが大量にあって、微妙に期限もやばくて、クリームパスタはつい最近、スパゲッティを食べたばかりだから、じゃがいものポタージュにしよう!と、思い立ち、とりあえずじゃがいもを蒸し蒸し…。気がついたらきっちりと裏ごしまでしている自分がいて、なんでこんなにたかだか夕御飯で、こんな裏ごしまでしちゃってるの〜? わたし〜??と、ふと我に帰ってもあとの祭り。。。ここまでき [続きを読む]
  • 失われてゆく想い
  • 今のわたしのなかにまだ、あの日のわたしはありますか?失われてゆく想いがあってジグソーパズルのようにぴっちりとはめて煉瓦のようにコツコツと積んで固めて 固めて 自分を保ってきたからほんの些細なものだって喪失を恐れている変わり続ける自分のなかにあの日のわたしを探してみるの<失われてゆく想い>花の言葉memo『スカビオサ(別名:西洋松虫草ーせいようまつむしそうー)』  ・・・喪失、わたしはすべてを失った、不 [続きを読む]
  • ホタルイカ
  • 春ですね〜。やってきましたこの季節が。このホタルイカの季節が〜!!大好きなんです〜。刺身なんてサイコーだけど、さすがにスーパーでは見かけないので、ボイルですが。酢味噌につけてサイッコーです^^ホタルイカは脂肪肝に良いと言われていて、タウリンが豊富で高血圧やコレステロール、肝臓が疲れていたりという人にうってつけの食材です。そう!まさに酒飲みで肝臓を普段痛めつけているわたくしにうってつけなのです!(そ [続きを読む]
  • 少女の憧れ
  • 偉くなりたいんじゃないエリートになりたかったんじゃなくてはじめてその姿を見て思わずぽかん、と口を開けて見上げた胸をどうしようもなくわくわくさせた社会を生きるそんな素敵な大人になりたかったのです<少女の憧れ>西新宿の高層ビル群が好きです。おかしいほど妙にわくわくしてしまいます。今は東京モード学園などの、とても個性的なビルが目立っていますが、一番好きなビルは、昔からあるこの安田ビルです。…なんて、なぜ [続きを読む]
  • 果て
  • 叩いたら舞い上がる 埃のように空気に散りばめられた 粒子のように風はそれを運んで光はそれを反射して空はそれを受けとめて果てのない時と果てのない空と果てのない宙と果てのある命を生きるわたし達は何よりも小さく何よりも夜空に散らばる星屑のように光を発することができるのだろう<果て>ランキング参加しています。にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩 (←こちらを )ポチリしていただけたら嬉しいです。 [続きを読む]
  • 追憶
  • 瞳を閉じると 愛しいものの顔が浮かんだそれだけではない瞼の裏に棲みつく君は今ここにいなくとも 声を聴かせてくれる聴覚を用いらず脳に直に届いた変わらぬ声が…ある日 唐突に心の底から感謝したわたし達に与えられた 記憶というものにわたし達は その姿形にとどまらずその人にまつわるあらゆるものを憶えておくことが 出来るんだねたとえば常に その存在が頭をしめていなくてもたとえば時に その輪郭がぼやけてもたとえ [続きを読む]
  • 恒例の味噌仕込みと水槽の水換え
  • 昨日は毎年恒例の味噌仕込み(飲み)会!玄米こうじたっぷりの甘めのお味噌を仕込みました! 仕事で先週、菌をこよなく愛する”菌美女”会のはつこさんご指導のもと、仕込んだお味噌と並べて、数ヶ月後に味比べをするのが今から楽しみです〜♪ メスの琉金金露ちゃんが卵詰まりでお??さまになってしまいリビング水槽がメスの蝶尾でめきんびわちゃん一匹にないました。びわちゃんも抱卵していて、ある程度オスに刺激を与 [続きを読む]
  • 美しい眺め
  • こころの余裕をなくすとね天気だとか、花だとか子供たちの笑顔とかすべてがカメラの絞りを閉じたように狭く暗く この世界を映しだすわたし達の身体のどこにこころのタンクが存在するのだろう確かな形はないはずなのにどうして溜まってゆく感情には限界があるのだろうたとえばおじいさんの落とした一つのコインを拾って優しいキモチになれたならこんなにもこの世界は輝いて見えるのに<美しい眺め>花の言葉memo『蝦蛄葉サボテンー [続きを読む]
  • 眩耀
  • 宝石というものはその名のとおり鉱石でそのご自慢の色を主張する術もなく硬く冷たい闇の中ずっとずっと眠ってたどれだけ良い血統に生まれようともどれだけ人にもて囃されようとも誰だって 一人きりでは輝けない                       ダイヤモンド金剛石だって、光があるから輝けたんだ<眩耀>ランキング参加しています。にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩 (←こちらを )ポチリしていただけ [続きを読む]
  • 雨粒
  • 雨はいつも 僕らを憂鬱にさせるねけれど太陽の光を浴びた雨粒はまるで大きく実った果実のように美しく輝きを放っている生きていくことは良い時ばかりじゃないけれど雲が晴れたら僕らに光が射し込んで涙の跡も きっと輝いて見えるから・・・<雨粒>ランキング参加しています。にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩 (←こちらを )ポチリしていただけたら嬉しいです。 [続きを読む]
  • 100均でいい買い物♪
  • 100均でこんな可愛いのを見つけたよ!100均って、ときどき掘り出し物があるなぁ〜。ちなみにこれ、何だと思います?なべ敷きなのですよ〜。使わないときはブロック重ねて、使うときは鍋の大きさに合わせて置けばOK!久しぶりのいい買い物した〜^^(←安い女。。。) [続きを読む]
  • ゆっくりと
  • ねえ、もっとゆっくり歩いてゆきましょうよ花散らしの雨のように過ぎ去る季節はなんだか哀しくなってしまうからねえ、どうしてもわたし達あたたかな季節ばかりを追いかけてしまうからせめて この一瞬だけはもっとゆっくり 歩いてゆきましょうよ<ゆっくりと>花の言葉memo『菜の花ーなのはなー(別名:花菜、菜花、菜種、油菜)』   ???花言葉:豊かさ、財産、快活な愛、競争、小さな幸せ、活発、快活、         [続きを読む]
  • 雪と花
  • 昨日のミモザといい、すでに菜の花も咲き、昨日の雪はすこし積もった。2月ってどんなんだったっけ?春は確実にちかく、冬の名残もつよく。 [続きを読む]
  • ミモザ
  • こんにちは。一昨日と昨日の暖かさでもう咲いちゃった。。。そんなに生き急がなくてもいいのにね。 [続きを読む]