京男 さん プロフィール

  •  
京男さん: 京男雑記帳
ハンドル名京男 さん
ブログタイトル京男雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kyo-otoko/
サイト紹介文洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載
自由文ご注意!空腹時に来ると辛い記事もあります。上生菓子の写真がおすすめ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/04/15 11:02

京男 さんのブログ記事

  • 桜は今週末だろうな
  • ↑昨日の東寺京都市内は、だんだん桜の開花が近づいてきています。もうすでに観光客がやたら多くなってきている。大きな荷物を持って市内を移動したはります。私なら、あんな大きな荷物を持って移動するのはいややなぁ・・・。市バスに乗るなんて無茶ですよ。... [続きを読む]
  • 最近、京都市内で気になること
  • ↑新大阪ベジュータ マス「スパイシーチキン」私好みの味でした。先週末は、終日大阪だった。京都駅で用事があったので、京都駅から新快速で大阪に行く。週末だったのもあるのかな、観光客で満員状態。春休みに入ったというのもあるのかな?外国人の観光客も多... [続きを読む]
  • 「ケ」の中華
  • ↑これは、父親のリクエストで行った「柳園」の餃子。先々週と先週に食べた食事の写真が残っていた。いるもこのようなモノを食べている訳ではないのですが、安心感があるというか長年食べて来た感じのモノを黙っていると食べている。「ハレ」と「ケ」という言葉... [続きを読む]
  • 来週はいよいよ桜だろうな
  • これは、京都四条木屋町下がった所にある「村上重本店」の店頭にある植木鉢。すごい枝振りです。このお店は1832年(天保3年)創業のお漬物屋さん。最近、あまり買いに行っていないかも。季節に応じていろいろな植木鉢がおいたはります。素晴らしい枝振り... [続きを読む]
  • 病院外来後のランチ
  • ↑本日の写真は、すべて「鳳泉」。これは焼売。昨日は、父親の糖尿外来に行った。高齢者の場合は、できるだけいっしょに行く必要があると思う。本人とドクターが何を喋っているのか知らないといけません。ドクターは、よかれと思って新薬とか勧めてくれる。そ... [続きを読む]
  • 桜は月末かな?
  • 本日の写真は、京都御所の写真の残り物です。よく見ると桜が開花の準備をしている。桃の花は、そろそろ開花かな?↑なんとなく木全体がピンク色になっています。↑中からみるとこんな風に枝が広がっている。京都御苑の枝垂れ系の桜は、開花が早いでしょう... [続きを読む]
  • 雨、そうだ弘法市
  • 昨日は朝から雨模様。やっと休み明けです。日、月と作業していた作業を外部で作業をしてもらえる。ということで朝9時台に家を出た。市バスを待っている時「今日は弘法さんや、雨が降っているから人が少ないかも。ということはお餅が買える」と閃いた。弘... [続きを読む]
  • 春ですね
  • 昨日は、京都市内の気温が18度だったとか。夜になっても室内の気温は18度。窓を開けたくなった。でも開けられない。風が入ると困ったことになるからだ。ナノサイズの粉末を扱うので、絶対にできない。ここ2日間ずっと作業机のところに釘付け状態。今... [続きを読む]
  • なに、もってんの?
  • これは、呍行の狛犬さんが踏んづけている玉。ゴムボールみたい。こういうのを見ると足のリハビリを思い出す。いろいろな大きさのゴムボールでコロコロしておりました。この狛犬もリハビリ中かな?アップにするとパーマが面白い。最近は、見いひんけど、昔... [続きを読む]
  • もう少しで桃笑う
  • あれよあれよという間に春が進んでいきますね。もうちょっとゆっくり、穏やかに進んでくれたらいいのに・・・。そう思います。この時期は、知っている人が入院したり、亡くなったりが結構多い。まあ、そういう年台やからしょうがないのやけど・・・。連絡の... [続きを読む]
  • 途中下車
  • 昨日は、年に一度の整形外科外来だった。レントゲンを撮影し、主治医の話を聞く。レントゲンのどういう箇所を見るのかコツを聞いた。「よく歩いている」と言われた。人工股関節と自分の骨の繋ぎ目がチャンと厚みがあるのでわかるそうです。私の場合は、それなり... [続きを読む]
  • 念ずれば・・・
  • 「念ずれば花開く」これは、詩人、坂村真民さんの詩の一句。どんな綺麗な花でも、「念ずる」という種を蒔かないと芽が出ない。芽が出なければ花も開かない。また、こんな一句もある。「花開けば必ず真実を結ぶ」道元禅師お釈迦さんの最後の説法『遺教経』と... [続きを読む]
  • 「はなくそ」を喰らう?
  • ↑東福寺本堂昨日、東福寺に行きました。3月14〜16日「涅槃会」が行われていたからです。3月14日は、ホワイトデー・・・・じゃなく旧暦2月14日にあたるのだそうです。この日にお釈迦さんがなくなったらしい。日本風にいうと祥月命日ということになる... [続きを読む]
  • 春眠で暁を楽しむ
  • ↑京都御所。空が広い。最近、寝床でゴロゴロしているのが嬉しい。程よい寒さがいいのでしょうねぇ・・・。だんだん夜明けも早くなって来るのも実に嬉しい。もちろん、夜明け前の光と闇が混沌と混じり合っている時間もいいけど。↑梅は、満開状態。布団に包... [続きを読む]
  • 秘境景色
  • 道を歩いていてフト足が止まる。なんだろう?最初は気付かない。よくよく見るとこれが面白い風景なんです。石と苔、その他が絶妙のバランスで配置されている。洞窟から恐竜が出て来そう。『失われた世界』の景色みたいだ。小学校の図書館で夢中になって... [続きを読む]
  • 妙法院
  • ↑門から庫裏(国宝)を望むここは、妙法院(みょうほういん)、以外と知られていないお寺。京都国立博物間の東にある。このお寺の付近は、後白河法皇の居所であった法住寺殿の旧地。妙法院が日本史に登場するのは後白河法皇の時代です。後白河天皇は... [続きを読む]
  • 稲荷
  • ここは、新日吉神宮のところにある「山口稲荷大明神」稲荷という存在は、不思議ですね。お寺の境内にも、神社の境内にもある。↑山口稲荷大明神、大明神/神号の一。神名の下につけ、明神をさらに尊んでいう称平安時代の始め、天台宗の開祖・伝教大師最澄は... [続きを読む]
  • 「まん」と「かぞえ」
  • ↑新日吉神宮(いまひえじんぐう)境内の飛梅天満宮タイトルは、なんのことかわからないでしょ。「満年齢」と「数え年」のこと。小さい時は、これに悩まされた。「数え年」は、最近使ってはいません。◆満年齢現在の年齢の数え方は「満年齢」です。例え... [続きを読む]
  • 吹よせ
  • ↑これは、東本願寺の残り写真昨日やっと申告書類を提出した。昨年からやりはじめた方法でやると綺麗に仕上がった。数字の中身より見栄えがする。↑木の芽和えの季節になってきたいま、来年の今頃の自分に手紙を書いている。今年の改良すべて点をメモしてお... [続きを読む]
  • 三寒四温やね
  • 「三寒四温」という感じの天気ですね。服装が難しい。下手に厚着をすると建物の中に入った時、大汗になります。でも、薄着をたくさんというのもうっとうしい。↑塩芳軒「都桜」日本海側の友人から雪景色の写真が送ってきた。もちろん、京都市内は雪なんか降... [続きを読む]
  • 大きいなぁ・・・
  • 本日の写真は、東本願寺。正式な名称は「真宗本廟」といいます。こうやって見るとすごい大きさですね。↑御影堂門この建物は、江戸時代に4度の火災に遭っている。火災の多さから「火出し本願寺」と揶揄されたそうです。その都度、この建物を建て直した。... [続きを読む]
  • 行列トランプ
  • ここ数日、書類を相手に悪戦苦闘。恒例のことだけど、苦手は苦手。去年の今頃に書いた自分宛のマニュアルを見ながらの作業。電子的にやる方法もあるけど、正しく作る自信がない。どこかアナログの部分を残さないと怖い。脳出血の前は、こんなんじゃなかったの... [続きを読む]
  • 3億の代表
  • ↑本日の写真は、先月の東寺境内久しぶりにNHKの『驚異の小宇宙 人体 Vol.1 生命誕生』を観た。最近、レンタルでDVDが借りられるから楽に観られる。最近、映画で借りるモノがない状態が続いているので、こういうモノを選択している。↑今年は「酉年」ですね。... [続きを読む]
  • 油で凹む
  • ↑これが件の天丼。天つゆと大根おろしならよかったと思う。先週は身体の調子が悪かったのかな・・カレーを食べようとしなかったしね。先週末の話、毎月の集まりで大阪に行った。会場に行く前に、ランチを食べて置かないと・・・と思い梅田をウロウロ。最近の大... [続きを読む]