朔の月 さん プロフィール

  •  
朔の月さん: 朔夜にひとり
ハンドル名朔の月 さん
ブログタイトル朔夜にひとり
ブログURLhttp://sakunotuki395.blog32.fc2.com/
サイト紹介文自作小説と漫画・アニメの考察。主婦の日常日記と着物やおいしいものやイラストも。
自由文自作小説は現代小説&短編恋愛小説。
「犬夜叉」「BLEACH」「花より男子」の感想・あらすじを主に書いています。
ヘタなイラストもあったりして。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/04/17 19:20

朔の月 さんのブログ記事

  • あざっす!
  • ボク、運命の人です。 最終回好きだわ〜このドラマ。セカムズや逃げ恥より好きだったかもしれない。観ていて幸せになれる。プロットがしっかりしていて良くできてる。1話からずっと観ている人にはわかる、すべてが上手く繋がった箇所を見つけるたびに嬉しくなるよ。晴子と誠。お互いいつから好きになったのだろうと考えてみる。誠は2話の相合傘をしたときの晴子がはじめて見せてくれた笑顔で。晴子は4話の壁越しの電話で「嫌い [続きを読む]
  • 50代で干物 60代で佃煮
  • ボク、運命の人です。9話今回もめちゃくちゃ面白かった!オープニング前に突然の息子だと告白。やっぱり誠の息子だったか。ベタだね。ありきたりなドラマなら最終回のラストで正体が分かってびっくり!ってオチになりそうなものを、最終回の一つ前で……ってことは、最終回でさらに驚く展開と真実が待っていそうな気がする。神からのラストミッション「温泉に行ったらお湯を抜く」確かに「お風呂の」とは言っていない。まさか、カ [続きを読む]
  • 運命があちこちに
  • ボク、運命の人です。8話感想前半切なかったわー。ギャグ台詞も多く、声に出して笑ったけど。誠がお父さんの信頼回復のためにゴルフを真面目に練習している姿は健気だった。こっそり二人で会うこともせずに。しかし、お父さんとの間にも運命があったとは。1話でのコンサートの誠と晴子の同じシーン、ここで持ってくるとは。それにしてもお父さん、そこまで怒らなくていいのに。誠は被害者なんだから。でも、大事なひとり娘を嫁に [続きを読む]
  • 究極のサプライズ
  • 実家で法事があったので、温泉旅館でお食事でした。そこに設置されていた、ウォーターサーバーをみて「ボク運」を思い出してしまった。ボク、運命の人です。8話晴子が可愛い!恋する顔になってる。ボーリングのときの「ナイスストライク!イエイ!えへへ」の言い方が可愛すぎる。高校のときモテてたのわかるわ。今週のツボは、関原さんの紙コップのゴミ箱の叩きつけ、おしるこのコーディネート、指輪をハンバーグに例えてジュエリ [続きを読む]
  • 4文字しばりからの急展開
  • ボク、運命の人です。が面白い!回を増すごとに面白くなっていく!脚本がセカムズと同じ人だけあって、コメディ部分の台詞のセンスや心に残る名台詞が似ていて、ラブコメ好きの私には、ツボにはまりまくりの最高にハマれるドラマだわ。運命とか奇跡をテーマに話が進んでいくので、女子が好きそうなラブな展開がポイント高し。何度も録画をくり返し観ていると、偶然の一致や隠されたコネタを見つけたりして、そこが楽しかったりする [続きを読む]
  • 休みの日の過ごし方
  • 3月4月は、バイトがものすごく忙しくて労働時間40時間オーバーだったのだけど、5月になって急にシフトが減った。何かなー。いろいろ思うことはありますが、お出かけしてストレス発散だ。GWに家族で行きました。イチゴ狩り。(今頃、載せてますが…。)出雲にある、その名も、『ストロベリーランド』45分しっかり食べ放題を楽しむつもりが、暑い!ハウスの中暑い!長くは居られない。早めに終了してしまった。でも、充分食 [続きを読む]
  • 今期ドラマ
  • 今期は面白いのが多いな。続けて観ているのは 「貴族探偵」「ツバキ文具店」「リバース」「ボク、運命の人です」「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」貴族探偵は、相葉ちゃんだから観てるだけ。そうじゃなければくだらなさすぎて観ないよな。生瀬さんの存在が救いだ。相葉より、及川ミッチーとかガクトの方が貴族っぽいのに。あの、女探偵が間違えて、使用人が正しい推理をして、聞いていただけの警察が逮捕して、のパターン [続きを読む]
  • 文豪家とは大作家との意味らしい
  • ダ.ビンチの星野源総力特集、読み応えあったわ。星野源という人の、良さを引き出す描き方を丁寧にされてて、ファンには嬉しい特集だった。左側の10月号も星野源特集で、こっちは星野源の一部分を切り取った感じはあるが、両方読めば誰でもファンになってしまうのではないかと思うくらい、魅力を充分に書いてくれてた。話題の本、「いのちの車窓から」のエッセイも好きで前から読んでいた。特に好きなのは「ROOM」で、想像好きな彼 [続きを読む]
  • 休み!
  • 最近は週に一度しか休みが無いので、その一日は貴重は時間だ。先週は、家族でとんかつ屋さんに行った。出雲の「かつ楽」とんかつとチキン南蛮のセット。めちゃお腹いっぱいで満足!今日のお休みは、庭の花壇や植木鉢のお花の苗を植えて庭の手入れをするぞ! と決めていたのに、強風と雨の荒れた天気。休みがあまり無いので、やると決めたのとは何としても決行しなければ!と言うわけで、雨がやんだ隙にささっと苗を植えて、草をさ [続きを読む]
  • 植物って怖い
  • ブログに書くネタが無い。年明けてから毎日、普通に仕事に行って普通に家事をするだけだ。ドラマも、これといってハマれるものは無い。仕方ないので、ていうか無理してブログを更新しなければならない理由もないのだが、一応何か書いておくことにする。年末から年始にかけて、我が家のトイレが流れにくくなった。いきなり何だ。書くことが無いにもほどがある。まあいい、話を進めるとして。一階と二階に二箇所トイレがあるのだけど [続きを読む]
  • 塩顔のロールキャベツ男子
  • 年末から今まで、星野源のツイッターや動画を毎日検索してばっかり。逃げ恥ロスだ!星野源は何年か前にLIFEで初めて知って、「芸人かと思ったけど歌手だったんだ、俳優もやってるんだね」という程度の認識だったのだけど、ここ最近は、書籍やラジオでの発言から、人間性が好きになってしまった。ひと言で言えば、正直な人なんだと思う。私も世間の多くの人が熱望するのと同じく、ガッキーと本当に付き合って結婚までいけばいいのに [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • もう正月気分でもないですが、今更新年のご挨拶。去年はどんな年だっただろうと、ブログを見返して見たら、後半ほとんどドラマのことしか書いてなかった( /ω)セカムズと逃げ恥にハマった年でした。仕事は浮き沈みの多い一年だったけど、とりあえず現状維持です。わかんないけどね。ドラマのことしか書くことない平凡な日常です。今年もハマれるドラマがあればいいなあ。逃げ恥2期はあるのでしょうか。それにしても最近の星野源さ [続きを読む]
  • 夫婦を越えたらどうなった
  • 逃げ恥 11話 ラスト2話は、猛スピードで駆け抜けて行ったなぁ。ネットの感想サイトではみくりの嫌な部分をさらけ出して共感できない、との批判が多いようですが、そういう人たちは未婚なのかなぁと思う。「時給2000円なら耐えられる仕事でも、最低賃金では耐えられない」でおおーっと唸った。「雇用主(夫)の評価(愛情)」でおおーっ みくり良いこと言うなあ〜って、声に出して言ったよ。すると、さらにヒラマサの「共同 [続きを読む]
  • 主婦の対価とは
  • 逃げ恥最終回前にして、言いたいことが溢れそうだったので、逃げ恥ロスの前に書いておこう。前回の放送で、ネット感想サイトでは、ヒラマサ擁護派とみくり派に分かれてるようだけど、私としては「二人らしい」かなと思った。何でも調べてから行動しデータをしっかり取ってから説明するヒラマサ。心理学を専攻しただけあって「搾取」という小賢しい言葉でプロポーズを拒否したみくり。みくりは契約結婚を解除して本物の夫婦になれば [続きを読む]
  • 二人が可愛い件についてー!
  • 逃げ恥 10話 感想おやおや、原作とは違う展開になってきたぞ。原作では、沼田さんがヒラマサを誘って食品関係の会社に転職し、風見さんも他社に移り会社に残ったのは日野さんだけだったのに。みくりは商店街の青空市をきっかけにヒラマサの転職先と同じ会社に正社員として就職するかも…?という流れなので、漫画は結末が予想できる。ドラマの方は最終回前あるあるの、天国から地獄へフリーフォールのような落下ぶり。先が読め [続きを読む]
  • これぞラブコメ
  • 逃げ恥 9話 感想今回は最初から最後までむずキュンし通しだった。「ハグの貯金」とか「システムの再構築」とか言い出す真面目なヒラマサ。テレビ観ながら口に出して「面倒くさい男だなー」と言った直後にやっさんが「めんどくさ!」と言った。ヒラマサとみくりの他にもうひと組のカップルができそうな流れに。泣いている百合ちゃんを通行人に見られないように両手壁ドンする風見さんはやっぱりいいイケメン。ヒラマサに「僕は性格 [続きを読む]
  • 離れて気付く大切さ
  • 逃げ恥 8話 感想このドラマは予告で肩すかしの想像をさせてハラハラさせるのが上手い。今回もやられた!離婚危機はみくりの両親だったとは!みくりが実家に帰ったのは母の看病のためだったとは!「母の骨折のため」とメモを残しているものの、自分のせいでみくりが家を出てしまったと思っているヒラマサが切ない。みくりの家の明るさとヒラマサの落ち込みが対称的だ。みくりと温かい時間を過ごした公園で弱気になるヒラマサを奮 [続きを読む]
  • 癒しの君は
  • 我が家に子猫がやって来た。2週間前のこと。庭から猫の鳴き声がするな〜 と思ってはいたものの、そのうちどっかに行くでしょと気にしてなかったのだけど、夜になってもにゃんにゃん近くで聞こえる。リビングの窓を開けると、家に入れてもらえると思ったのか、猫ちゃんが部屋に入って来ようとするのだ。ものすごく人に 慣れてて全然逃げない。野良猫なのに汚れてないし顔も可愛い。その夜は、そのまま部屋に入れず放っておいたのだ [続きを読む]
  • ああ、切ない
  • 逃げ恥7話。昨日のラストは衝撃だった。前半との落差がすごい。ハグするのも戸惑っていた男が自然にできるようになって、キスのタイミングをググっていた男が、緊張しながらセカンドキスをして、少しずつ大人の階段登っているというのに、みくりからのお誘いはハードル高すぎるよ。今のヒラマサには早すぎです。大好きが止まらないみくりさん、焦りすぎです。まだ互いに好きの一言も言ってないからね。「そういう事がしたいんじゃ [続きを読む]
  • セカムズDVDきた
  • 世界一難しい恋のDVDBOX届きました。15日火曜日に届いてたのだけど、逃げ恥放送の日なので、こっちの記事は後回し。メイキングが観られて得した気分。一気に全部は見られないので1話ずつ観ようっと。なんせ、逃げ恥の繰り返し視聴に忙しくて…。セカムズと逃げ恥は、恋人いない歴=年齢の男の初恋成就を、視聴者にハラハラキュンキュンさせながら最終回まで引っ張るドラマで、似てるのかな〜と、思ってました。え? 似てる…?…。 [続きを読む]
  • 思いもよらぬことが起こるのが人生
  • 逃げ恥6話ヒラマサさんのへタレー!って心で叫びながら観ていましたよ。ラスト1分まではね。旅館でのマムシドリンクのバカバカしいくだりは、志村けんのコントを観ているようだったわ。ヒラマサの2度のスライディングとダイビング。2度の「まったくもう」のプンすか。相変わらず笑える、笑える。ヒラマサの普段の穏やかで大人な言動と、慌てうろたえるへタレっぷりとの対比が面白い。挙動不審のときの棒読み演技も上手いわ、星 [続きを読む]
  • 瓦そば食べたい
  • 今週のリライフ(漫画)で、『触れたい、触れられたい等の欲求が発生し、そうすることで心が満たされてときめくのが、恋』とあった。リライフでも、27歳の男女が恋心に気づかず、気持ちを抑えようとしていて、読者がモヤモヤする展開なのだが、『逃げ恋』のみくりもこんな心境なのかな。逃げ恋が大反響で、ネットでも話題になってますね。「現実ばなれしてる」とか「どうせ本当の結婚して終わりだろう」とアンチ派が書き込みしてるの [続きを読む]
  • ハグ の日
  • 逃げるは恥だが役に立つ5話ハマり過ぎて原作マンガをちょい読みしてしまいました。時々入るパロディや絶妙に笑える台詞もほぼ原作通り。脚本家はラクしてるな〜、と思ったけど、瓦そばのエピソードはドラマオリジナル。離婚しそうでしない夫婦と離婚した夫婦を対比して描くことで、夫婦について考え、二人の距離がぐっと近づきました。今後は、原作だと、みくりの方か大好きがとまらなーい!になるのだけど、ドラマではどうなるの [続きを読む]