船津洋 さん プロフィール

  •  
船津洋さん: ブログで復活!!『子どもが英語を話しだす』
ハンドル名船津洋 さん
ブログタイトルブログで復活!!『子どもが英語を話しだす』
ブログURLhttp://ameblo.jp/funatsuhiroshi/
サイト紹介文卒業生は中一で英検一級、現役で東大から東大の大学院。成果の上がる英語教育を研究・実践しています。
自由文昭和の良い時代に生まれました。

高校で留学、アイオワの高校を卒業後、カンザスの大学へ。

縁あって現在の会社へ勤め始め、先代から代表を譲ってもらい現在社長業を営んでいます。

英語教育教材を作る傍ら、幼児向け教材の作曲やボーカルも手がけています。いろいろなことに関心を持つ性格から、多趣味だが芸のない人格が形成されました( ̄□ ̄;)

http://www.palkids.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/04/17 13:32

船津洋 さんのブログ記事

  • 花見@代々木公園
  • 昨日の花見。 前日の晩には、 リーダー学生達はうちに泊まり込み。 場所取り要員兼いろいろ仕込み。 豚汁作ったり、スタッフ用のご飯作ったり・・・ で、6時に代々木公園まで送っていく。 でもって、うちに帰ったり、また別働隊を送っていったり・・・ でもって、今回は学生達がお手伝い。 頼りになります♪ 僕は高みの見物。(↑10時に重役出動、といっても小間使いだけど・・・ [続きを読む]
  • 子育ての中でも教育が難しい理由って?
  • 子育てで難しいのは教育でしょうね。 なぜ教育が難しいのか。 例えば、「我が家は母乳育児をします」 といえば、まぁ、反対するポイントが見つからない。 希に未だに10から90パーセンタイルに入らないと、、、 みたいな理由で、粉ミルク足しましょう、 とか言う人いるのかな? ちなみに我が家の長男坊、 小さくて羽根むしられた鶏みたいだった。 母乳だったので成長もゆっくりで、、 [続きを読む]
  • ハワイの本
  • 2008年に "Speak up! Hawaii!" という本を 出させて戴いた。 ネタ集めに皆で取材に行ったのを覚えています。 ところで、この本の中に、 プリペイドの携帯電話を買ったり、 国際電話用のプリペイドカードを買ったり、 と、そんなシーンがあります。 プリペイドフォン・・・ 日本では、記憶に新しい、というほどではありませんけど、 オレオレ詐欺とか、 構造的に犯罪に使われる [続きを読む]
  • 一味と七味の違い。
  • よく考える人と、 直感的に感じる人、 広く知りたがる人と、 とにかく一つことにしか興味のない人、 まぁ、世の中いろいろな人がいるわけで、 いろいろな思いを持って、 バイアスを持って、 各の思考の範囲内でせっせと考えているわけです。(バイアス無しは不可能だな・・・たぶん) で、そのちっぽけな例としての、僕の場合。 「そもそもなんで?」って考えるようにしています。&nbs [続きを読む]
  • 妙なプレッシャー、、、
  • 盛り上がらないねぇ・・・。 あの頃の賑わいは何だったんでしょう。 土日でこそ、人は出ていますけれども、 レストランでも、しかも昼に入っても、 すぐ座れるし、 一時くらいになると、人がいなくなる。 今時、ゲレンデには学生と老人ばかりが目に付きます。 もちろん、子連れもいますけどね。 偶然、お祭りやっていて、 花火とか、抽選会とか、 甘酒とか、綿菓子とか、  [続きを読む]
  • 知識と知恵で感性をば、さて、どうするか・・・
  • 知識より知恵だ。 みたいな具合に、 しばしば並列に語られることがある、 知識と知恵。 僕はまずは知識ありきだと思っています。 もちろん、その上に知恵があるに越さない。 知識偏重はダメ、 とか言って、アクティブラーニングみたいな ことをせっせとする。 まぁ、アクティブ何チャラは大いに結構なことなんですけど、 知識がなくてそれやっても意味ない。 最も望まし [続きを読む]
  • ぼちぼち半分くらい埋まってきています♪
  • まだ二ヶ月先ですけど、 すでに80組くらいのお申し込みがあるようです。 有り難いことです。 いつもは、前半で「なんで英語なんかやるの?」 という素朴な質問にお答えしています。 ここがフワフワしているから、 つまり、目標がフワッとしているから、 お遊び英語とか英会話に走っちゃう。 英語学習には、とても大きなメリットがあるんです。 みたいなことをお話しして、 後半 [続きを読む]
  • 言わないと返ってこない仕組み♪
  • もうかれこれ 確定申告を始めてから 四半世紀です。 20年くらい前には、 青色申告の事業所の設立して、 でもって、面倒だから廃業したりとか、 いろいろありますが、 まぁ、随分長い間、 自分で税金の申告しています。 これやると、税金とか、 所得とか、経費とか、控除とか、 まぁ、いろいろとお金のことが分かります。 青色の時には、それこそ、 自分でせっ [続きを読む]
  • 合格するとうれしいよね♪
  • 僕も今までやっていなかったんですけど、 一昨年だったかな? 50になって、 思い立って英検の一級を初受験。 そしたら、受かりました。 良かった良かった。 落ちたらメンツ丸つぶれだもんね。 で、僕のことなんぞはどうでも良いんですけど、 子どもたち、続々と合格のお知らせが届いています。 今回も小学校の中学年で準二級合格。 余裕で合格。数人いたようです。 また、 [続きを読む]
  • 生徒思いの先生達♪
  • 平成27年度英語力調査結果(中学三年生)の速報 が出されて、ニュースになっていましたね。 設定している目標が中三だと、 CEFRのA1で、 そこに50%の生徒が達成すれば良いなぁ、 ということでした。 で、結果は、というと、 「読むこと(26.1%)」「聞く こと(20.2%)」 「書くこと(43.2%)」 「話すこと(32.6%)」(↑括弧の中が達成した生徒の割合。) 特に、書くことに関して、文科 [続きを読む]
  • 書くことが苦手な人・・・
  • 今では、半ば書くことが商売のようになっていますけど、 書くことって、はっきり言って苦手でした。 ただ、昔から弁は立ったようで、 妙に大人びたことを言う子だったようです。 しかし、いろいろな人を見ていると、 いろいろなロジックがある。 もっとも、ロジックがある人は良い方で、 大抵は習慣や気分で判断する。 これは、大学へ行ったか否かとか、 理系とか文系の問題ではあ [続きを読む]
  • 英検のライティング対策@パル通
  • ということで、 なんだか、最近お問い合わせが多いらしく、 うちの連中から「書け」と言われたので、 書きました。 英検のライティング対策。 2級以上はライティングがありますが、 春から三級と準二級でも ライティングが追加されるそうです。 といっても、ライティングというか、 なんちゅうか・・・ まぁ、対策すらいらないんじゃないか、 という程度の設問なんです [続きを読む]
  • 差なんてないも同然?
  • 親が子より優れていること。 基本的に、僕は人間の能力の個体差とか、 個性の差なんてのは、 アリや働きバチの個体差ほどだと信じています。 出来る人と出来ない人の差など、 遺伝的には、ほとんどない。 まぁ、我々ヒトが他の個体を見るときには、 随分差があるようには見えてしまいますけどね。 でも、差があるとしても、 何かチョットしたことが違うだけ。 何かチョットし [続きを読む]
  • おいしい空港?県?
  • 言語学に触れていると、 非文とか適格とか良く耳にするんですけど、、、 非文とは読んで字の如くで、 「これは文(句)じゃないだろう、少なくともネイティブの書いた、、、」 ということです。 ちなみに、 美味しいという形容詞は普通食べ物につきます。 美味しいイチゴとかね。 でも食べ物以外にも付きます。 美味しいレストラン♪ とか、ね。これもまぁ、良いでしょう。  [続きを読む]
  • 小祝い♪
  • 昨日は、うちの連中が誕生日を祝ってくれました。ありがたや♪ 一粒いくらだか分からない,ケースに入った苺♪ とか、電子レンジでも使える一人用のお鍋♪ とか、ロイヤルな感じの手袋♪ コンバーチブルに乗らなくてはいけなくなるかな・・・。 とか、ワイハ帰りの倅たちから アイランド・オリーブオイル・カンパニーの、 オリーブとバルサミコ酢いろいろ、 とか、 [続きを読む]
  • 小学生の英語ってどうなの?
  • 小学生の英語・・・ 最近、お問い合わせが多い、 というか、アクセスも多い。 いろいろ気になるところなのでしょう。 で、うちのサイトに来る人たちの傾向として、 「小学生の我が子に英会話を!」的な人とか、 「小学校でも英語が教化になるから,心配」 的な気持ちの方は少なくて、 英検三級とか、準二級とか、 目標の高い方が多い。 有り難い話です。 なぜなら、そんな [続きを読む]
  • 日光市の名物といえば、、、
  • まあ、ウィンタースポーツのシーズンの真っ只中ですよね。でも、身体を労らずに無茶して骨なんかおるから、こうなる。湯治ですよ。鬼怒川で。でも、本当の目的は、湯治でもなんでもない。コレです♪(^_^)「洋専用」by 足立勝晃先生。前のが欠けてしまったので、新調です。市街地から離れて、小ぢんまりと削っていらっしゃる。隠居しているんですけど、まだ、遠くから来てくれる人がいるから削っているそうです。削りながらの雑談 [続きを読む]
  • 判断力か・・・
  • もうこの歳になると、 いろいろな人と会ったり、 偶然出会うような人間関係って、 少しずつ面倒になってきます。 仕事では少なからず新しい人と会うわけだし、 大学に戻ってからは、 まぁ、たくさんの人たちと知り合うわけです、 必然的にね。 だから、もう、偶然の出会いとか、 新しい出会いがかなり面倒。 で、だんだん出不精になる。 世の中便利になったモノで、  [続きを読む]
  • 何が面白いんだか・・・
  • 何が面白いのかなかなか分かって貰えません。 でも、面白いんです。 比較言語の課題で、 「than以下が文になっている比較文の特徴」 をレポートするってのがありまして、 ま、折角なのでラテン語の比較文を検証してみたんです。 すると、面白いことが分かった。 いやはや、面白いんですよ。 例えば、英語では 'Bob loves Mary more than Chris.' という文は二通りに解釈出来ま [続きを読む]
  • 甲斐性がなければ・・・
  • 「子どもを二人大学まで進学させる場合、 (念のため生物系へ進むことも念頭におくと) 一体いくらお給料が必要だと思う?」 とか、 「数年に一回家族でハワイ旅行して、 塾に行って、私立の中学とかにいくと、 いくらお給料が必要だと思う?」 などなど、 いろいろ手を変え品を変えながら、 若者達に質問しています。 まぁ、いろいろな答えが返ってきますよ。 トンチンカン [続きを読む]
  • 空港で『話せる・わかる』♪
  • 倅が成田空港の書店で見つけたようで、 『話せる・わかる』の本の画を 送ってくれました♪ 「いちばん売れてる英語の本」のとなりです。 ま、地味〜に、、、あっちこっちにあります。 三省堂さんでも何カ所かに展開してくれています。 とりあえず平で二面。 まぁ、爆発的に売れるタイプの本ではありませんが、 定番になると良いなぁ♪ ちゅうか・・・、僕は子どもの英語の人なんで [続きを読む]
  • 関東半周。
  • 湯治を兼ねて温泉へ。 お陰様だかどうだか、手術から一ヶ月たって、 切ったところの感覚がチリチリとようやく戻ってきた。 プレートが四本のネジで鎖骨に留めてあるんですけど、 触ると、確かに皮膚のすぐ下に堅いモノが入っています。 ははは。少し気味が悪いな・・・。 富士山が隠れてます。 いやはや、ふらっと温泉にでも出かけてみるモノで、 昨年見逃した若冲にお目にかかれました [続きを読む]
  • ずる?かな?
  • プロンプター。 って言っても、そんなモン使う人は少数。 演説で使う人はいますけど、 撮影となると、限られてきますね。 いや、カメラ目線で話すような撮影だとこれ使わないと大変だな。 で、とても便利。 光っちゃってよく分からないけど、 ここに原稿がスクロールされます。 で、その裏にカメラがある。 ので、下を向かずにカメラ目線で 喋っているように見える。 原 [続きを読む]
  • もうすぐ春ですね♪
  • ということで、 お教室の生徒さんが中学合格の報告と、 今後の進路や 勉強の仕方の相談に来ました。 もちろん、親御さんと一緒にね。 で、ついでだから、新著差し上げて写真撮影。 そして、その後は僕の出版をプロデュースしてくれている 竹下さんと、 老師の池絵さんが飲みに来た。 ま、打ち上げですわ。 皆同い年なんですよ。 で、スキー仲間で、 飲み仲間。  [続きを読む]
  • 素潜り。
  • ル・グランブル って映画があったんですけど、 素潜りの話で、ジャン・レノが印象的だったな。 で、なんでそんな話かというと、 秋学期の期末レポートで 「ラテン語の比較マーカー(英語のthan)以降が文になっているものの特性を述べよ」 って課題が出で・・・。 ラテン語比較文と英語の比較文、 それに加えて日本語の比較文について、 比較文の形(文型)や比較される格(主格とか対格 [続きを読む]