めがねのしっぽ さん プロフィール

  •  
めがねのしっぽさん: 週末写真館
ハンドル名めがねのしっぽ さん
ブログタイトル週末写真館
ブログURLhttp://syuumatu61.blog40.fc2.com/
サイト紹介文<<季節の写真や旅行の写真を気ままに>> 横浜や富士山を中心に景色の移り変わを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/04/18 13:20

めがねのしっぽ さんのブログ記事

  • 彦根城・・・・・・・滋賀県彦根市金亀町
  • 姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている彦根城。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が勝利に大きく貢献した井伊直政に敵将石田三成の居城の佐和山城と近江国北東部の領地を与え直政は彦根藩の初代藩主となります。家康は合戦後も強い勢力を持つ、豊臣家と西国の大名を監視するため、直政に新しい城の築城を命じますが、直政は関ヶ原の戦いで負った鉄砲傷を悪化させて1602年(慶長7)に死去します [続きを読む]
  • 武田神社・・・・・・山梨県甲府市古府中町(その2)
  • 武田神社は、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)の跡地(武田氏館跡)に建てられた国戦国時代きっての名将武田信玄を祭神とする神社。この館は戦国時代の永正16年(1519年)に甲斐守護・武田信虎によって居館が築かれ、信虎・晴信(信玄)・勝頼三代が60年余りにわたって居住。館跡には当時からの堀、石垣、古井戸等が残り、信玄公を始め一族の遺香を現在まで伝えている。境内水琴窟姫の井戸のお水さざれ石絵馬 [続きを読む]
  • 武田神社・・・・・・山梨県甲府市古府中町
  • 武田神社は、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)の跡地(武田氏館跡)に建てられた国戦国時代きっての名将武田信玄を祭神とする神社。この館は戦国時代の永正16年(1519年)に甲斐守護・武田信虎によって居館が築かれ、信虎・晴信(信玄)・勝頼三代が60年余りにわたって居住。館跡には当時からの堀、石垣、古井戸等が残り、信玄公を始め一族の遺香を現在まで伝えている。 [続きを読む]
  • 林泉寺(上越市)・・・・・・・新潟市上越市中門前 (続編)
  • 林泉寺(りんせんじ)は、越後国守護代・長尾氏およびその後裔である上杉氏の菩提寺として知られる曹洞宗の寺院。虎千代(のちの上杉謙信)が7歳で林泉寺に預けられ、14歳で呼び戻され元服して景虎と称するまでの7年間六世住職・天室光育から学問を学んだゆかりの寺。林泉寺本堂境内山門に掲げられた「第一義」の扁額は謙信の直筆である。(実物は宝物館に保管され、山門には複製が掲げられている)山門に描かれた龍の天井絵上杉 [続きを読む]
  • 越後五智国分寺・・・・・・新潟県上越市五智
  • 今から1200年程前の天平13年に聖武天皇が日本の平和と繁栄を祈願して、その国ごとに建立された越後の国の国分寺。また、承元元年、専修念仏禁止の弾圧により、親鸞聖人が越後の国に流罪となった時にこの国分寺に住まわれていたそうです。境内には親鸞聖人の旧跡の竹之内草庵があり、等身大の自刻像が安置されています。国分寺本堂山門仁王像(吽形像・阿形像)寺を保護するために発給された朱印状三重の塔親鸞聖人像竹之内草庵 [続きを読む]
  • 道の駅・マリンドリーム能生・・・・・・新潟県糸魚川市大字能生小泊
  • マリンドリーム能生は国道8号沿いにある日本海沿岸ならではの鮮魚、魚介類加工品などのお土産が充実した道の駅。能生特産「ベニズワイガニ」の直売所が軒を連ねる「かにや横丁」や地元能生漁港で水揚された鮮魚を豊富に取り揃えた鮮魚センターなど新鮮な海の幸が楽しめる。 屋外にはキャンプ場やかつての実習船を利用した海の資料館などの施設や能生海洋公園などが併設されている。また、日本海夕日ラインの鑑賞スポット「日本海 [続きを読む]