Ai さん プロフィール

  •  
Aiさん: Bombay Dog
ハンドル名Ai さん
ブログタイトルBombay Dog
ブログURLhttps://bombaydog.wordpress.com/
サイト紹介文インド、ムンバイ(ボンベイ)で暮らすAiのブログ
自由文インドで働き、遊び、ぼんやりしながら考えた日々のさまざまを記録しています。インド就職、旅行など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/04/18 20:11

Ai さんのブログ記事

  • カクタス勤務10周年 〜セルフ・アンラーニング(自分忘れ)の旅〜
  • カクタスに勤めて4月9日で10年が経ちました。お祝いに会社から欲しかったテレビ台をいただいた。いつもありがとうございます。ちなみに去年は炊飯器をいただきました。おかげさまで年々生活の質が向上しています。今やご飯が簡単に炊けるし、テレビの高さが調度いい。 お祝いの言葉をいただいて10年目の2分ほどの軽いスピーチで話したのは、会社に自分の能力をある程度認めてもらえたと感じた5年目ぐらいから、常日頃心がけていた [続きを読む]
  • 尽きない心
  • 自分の情操のコンディションは最近どうなっているのだろうな、と考えた。「情操=美しいものやすぐれたものに接して素直に感動する、情緒豊かな心。様々な物事に対して知的で感情豊かでいられる心」。 このところ身近でとても困難な状況に立たされている人と関わる機会が立て続けに起きた。自分自身が困難を乗り越えようとがむしゃらに戦っている時と違って、誰かの助けになりたいと思う時ほど、人は自分の世界観や心のしなやかさ [続きを読む]
  • 共感の溝(2) 反トランプデモと日本人
  • トランプ政権になってから日本のアメリカの政治に対する興味関心が高まっていて、日常的に誰と話してもほぼ毎日のように語られるようになった。 私自身は、トランプさんの政治家としての手腕がどうかということよりも、たとえ優れていたとしても、普遍的人権意識が極めて低い(または、そう取れるような扇動的な発言をする)人物が一国のリーダーであること自体を不快に思う。 けれど一方で、日本に住んでいるトランプ反対派の日本人 [続きを読む]
  • 上り坂
  • 最近会社への通勤を徒歩に変えた。片道40分ほどの距離をてくてく歩く。 自宅は長い長い坂の上にあり、家から会社に行く朝は下り坂、会社から帰る夜はきつい上り坂。以前は自転車で通っていたのだけれど、不動産屋さんに事前に注意されたように、帰り道はとてもじゃないが、ペダルがこげない。時間はかかるけれど歩いた方が楽だったりする。健康にもいい。 40分ほど歩いていると、色々なことを考える。ある時は全然うまくいかない仕 [続きを読む]
  • ドラマ「不機嫌なジーン」のブレークスルー
  • お正月に引いた風邪が無理とひとあたりをしてぶり返し、一日また寝て過ごした。深夜に頭痛と吐き気で家中をひっくり返して鎮痛剤を探したのだけれど一包も見つからず、翌日予定のあった友人に泣き言をメッセージしたら翌日薬を届けにきてくれて冷蔵庫に非常食を詰めてくれた。ありがたいことです。床とソファを往復しながら10時間ぐらいじーっと横になっていて随分よくなりました。 横になりながら10年前ぐらいに見た竹内結子さん [続きを読む]
  • ドラマ「不機嫌なジーン」のブレークスルー
  • お正月に引いた風邪が無理とひとあたりをしてぶり返し、一日また寝て過ごした。深夜に頭痛と吐き気で家中をひっくり返して鎮痛剤を探したのだけれど一包も見つからず、翌日予定のあった友人に泣き言をメッセージしたら翌日薬を届けにきてくれて冷蔵庫に非常食を詰めてくれた。ありがたいことです。床とソファを往復しながら10時間ぐらいじーっと横になっていて随分よくなりました。 横になりながら10年前ぐらいに見た竹内結子さん [続きを読む]
  • オプティマル・ポイント
  • インドで年末の仕事をバタバタと終えて実家に戻ってお正月を迎えた。毎年恒例、元日早々風邪を引き、ゲホゲホしながら寝たり起きたり休みを過ごした。 年末にパートナーを組んでいたインド人ディベロッパーの女の子(かわいい)が、クリスマス納品前の最後の動作テストの間に「ちょっと外すね」と言って10分ほど席を外し、エレガントなリトルブラックドレスにお化粧をして髪をアップにして戻ってきてデスクに座った。驚いていたら [続きを読む]
  • やりたいことだけを、やりたい時にやるのだ。
  • 1ヶ月ほど前に、1週間ほどの間仕事の量と睡眠不足とプレッシャーに耐えきれず思いっきり盛大にコワれた。Outlookにメールが来るだけで心臓がどきどきして胃が痛み、睡眠不足でいつもぼんやりして、こんなに人に迷惑をかけるぐらいなら、誰とも口を聞かず引きこもっていたほうが世界平和のためだと考えたり。 上司に「とにかく休め、明日休め」と説得されても、仕事が遅れることの恐怖が勝って素直に助言が耳に入らない。休めない理 [続きを読む]
  • だいじな飯屋
  • 東京に住み始めて3年半で、3回の引越しをした。葛西から中野、中野から日本橋、そして今。引っ越して新しい場所に移ったあとで、家の徒歩圏内に見つけるべき必要不可欠なものがある、と私は思っている。それは以下の3つだ。 (1)安くて汚くて気楽な、「いつもの飯屋&屋台」 (2)まともに生きている自分を確かめる「整え昼飯屋」 (3)ご褒美に行くちょっと「高いけど美味い夜飯屋」 (1)の安くて汚くて気楽な飯屋か屋台は [続きを読む]
  • ドラマと非ドラマ:東京女とドナルド・トランプ
  • 自転車でころんでしまい、一張羅のパンツスーツの膝がびりびりになった。膝も血まみれ。先週は反対の膝をやって傷があざになった。この膝も血が止まるとかさぶたができて、かさぶたがとれるころあざで紫になる。痛い。 寒くて血だらけで悲しいので、夜中でも明かりがうすぼんやりついてた近所の学生の溜まり場になっている汚い定食屋に入る。そこでカウンターでビールを飲んでマスターに延々昔話をしている「昔お店やってたのよ」 [続きを読む]
  • 身体という環境
  • 2016年度上半期の折り返し地点。今年の半分「も」、いろいろなことがあった。個人的には8月なかば、会社の内部的な配置換えにともなって中国マーケットから手を引き、日本に戻ってきた。先の見えない半年間のチャイナ・カオスは真っ暗な倉庫の中を走り回ったかのように、気づかないうちに自分にたくさんのアザを作った。帰ってきて自分の家を持った。引越しが落ち着いて、新しい街で、少し長い息ができるようになった。 自分の家を [続きを読む]
  • 東京に家を持とう(2)昭和の夢とふだんプレミアム
  • 東京に家(マンション)を持とうと決めて、小さな1LDKの新築マンションを購入することにした。買ってみると、頭金支払い、ローン審査、口座開設、保証会社への支払い、火災保険加入に備えつけ家電保証にファイナンシャルプランに・・・と、私が極めて苦手とする事務手続き書類周りの膨大な仕事がある。人に相談したりしながら細かいことを決めて決めて決めまくって印鑑を押しまくる日々である。その辺りの話はまた後日記録したいと思 [続きを読む]
  • 東京に家を持とう(1)人骨と土器
  • 大きな買い物をした。 思い起こしてみるとそれ以前にした一番大きな買い物はインドで購入したマルチ・スズキの中古のアルトだった。日本円で60万円ぐらい。働き者遊び下手の私はインドの薄給をしこたま貯めていて、インド運転免許を取得して購入。しかしインドの中古車市場はとにかく割高ですね。 東京に部屋を買おうと決めたのは2015年の12月。きっかけははっきり覚えていないけれど、都心の六畳一間が狭く感じはじめて1LDKの賃貸 [続きを読む]
  • Up or Out
  • うちの上司は厳しい。優しそうな「なり」をしているけれど、とにかく厳しい。社会に出てからこれまで8人ぐらいの上司の下についたけれど、その誰よりも本質的な意味で厳しいと思う。 [続きを読む]
  • ホテル自炊飯レシピ その1
  • 今週の月曜にインド・ボンベイ出張から帰国し、日本で1週間。来週火曜から中国・大連出張が始まる。3月から6 月の今日までの出張日数を全部数えてみたら、4ヶ月で54日になっていた。だいたい半分弱ぐらいの日数を自宅から離れて暮らしたことになる。 こうなると東京の六畳ワンルームのマンションは本当にただの仮住まい。だいたい出張中のホテルのほうが部屋が広いし掃除もしてくれるので、ダメ人間の私には快適だったりもする。 [続きを読む]
  • マーシャル的冷静と情熱のあいだ
  • 前回たいへん薄ら暗いポストを書いたため一部の関係各所からご心配をいただき、ありがとうございました。すっかり悩みは昇華されて、ばりばりのばりです。 問題というものは言語化した時点でほぼ9割は解決に至っているもので、あと1割に必要なのは覚悟だけ。ブログで記録を取る意味もほとんどそこにある。考えるために書き、同じことを二度迷わないために残し、覚悟と願いと博愛をもって共有する。それがブロガー道、ではないで [続きを読む]
  • ジェームズ・ランゲ的人生探求法
  • 上海から日本に帰ってから1ヶ月ほど、謎の抑うつ状態に悩まされて困っていた。 抑うつというのは症状が先に出て、原因は簡単にわからないものだ。まず気づくと朝つらくて起きられない。人と話すのが苦痛。何を見ても笑えないので嘘笑いをする。夜不安に苛まれて眠れず、深夜に起きて仕事をする。全ての瞬間に悲しくてたまらない。息切れがする。生きている理由がわからなくなる。道路に飛び出して轢かれたいと妄想をする。離脱が [続きを読む]
  • 遠くに飛ぼうとするとき
  • 今年の2月後半から股旅生活を送っている。2ヶ月半の間に中国に3回、韓国に1回、国内では福岡、東北、京都。東京にいた日数は数えるほどしかない。また、旅。股旅。 こうして股旅サラリーマン生活を送っていて思うのは、自分には本当に暮らしへのこだわりがないことだ。どこに国だろうと、ホテル暮らしだろうと海外暮らしだろうと、汚いホテルだろうと豪華なホテルだろうと、特に多くは気にならない。食事が辛かろうが甘かろう [続きを読む]
  • Shanghai Crow
  • From March 2016, China suddenly became another place of mine. It’s for my marketing job. I am writing from Shanghai, and this is
    the third, the first longish stay in this town in the last two months. Getting better. Absolutely. Magical. “China is too big
    ”, is what my Chinese colleagues keep saying to me. Literally, […] [続きを読む]
  • 肉と骨、経験の深化
  • ここにはいられない、といつも感じている。 2015年度という1年を自分なりに思い悩んで過ごした。この1年というもの、仕事は予想外に好調で、いくつかの新しい境地に至った。ビジネスチャンスを掴んで、チームとして結果も出した。今までやったことないこと、ずっとやりたかった仕事をいくつか実現できた。しかし、なぜか毎日が焦りに駆られ、苦しかった。 こんなに乾きを感じた年はなかった。一つの仕事が終わるごとに、それが [続きを読む]
  • 新しく買ったもの
  • 1月に入ってから結構、こまごましたものを新調しました。 まずはジーンズ。無印のジーンズをこの3年ほど履いていたんだけれど、体型が伸びたり縮んだりしている間にかなりくたびれてしまった。セールで別のブランドのストレートジーンズを買った。70年代の子どもの頃に履いてたような昔風の型のやつ。 それから白いコットンパンツ。お正月明けに股のところに醤油のシミをつけてしまって、ごまかしきれなくなった。これがないと仕 [続きを読む]
  • 婚活ブームと新年の野望
  • 明けましておめでとうございます。 会社で今年、社長のアイディアで社員全員が「1年の目標」を掲げてみようということになった。仕事じゃなくて、あくまで個人の目標。抱負は人それぞれ個性があってリアルで面白い。フィットネス、フルマラソン、楽器をマスター、家庭円満、恋愛、結婚、などなど。 お年頃の社員が多いうちの会社では、複数の同僚が「結婚、出産、子育て(とそれに先立つ恋愛と婚活)」を目標に掲げており、日々の [続きを読む]