創造 さん プロフィール

  •  
創造さん: 創造の加子母っ子タイム
ハンドル名創造 さん
ブログタイトル創造の加子母っ子タイム
ブログURLhttp://sozo3131.exblog.jp/
サイト紹介文ひのきの故郷,岐阜県中津川市加子母。生まれも育ちも「かしも」の「加子母っ子」創造が日常を綴ります。
自由文国産材をふんだんに使用した木造住宅・木造建築や、田舎での生活、故郷の特産物も紹介します。
「加子母(かしも)」・・・岐阜県の東濃地方に位置し、地区の95%が山林で囲まれる里山。林業が主産業の一つで「東濃ひのき」や式年遷宮に使用される「神宮美林」の産地。
「加子母トマト」「朴葉(ほうば)寿司」「鶏(けい)ちゃん」「よもぎ大福」「飛騨牛」等の特産物が楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/04/19 13:20

創造 さんのブログ記事

  • ブートキャンプ@恵比寿ガーデンプレース
  • 参加メンバー自らが山に入り、伐り出した木を使って小屋を建てる村楽ブートキャンプから一年が経ちました。ブートキャンプで繋がったメンバーは、その後もSNSで各々の活動を知り刺激を受けつつ日々を過ごし、昨年末は加子母の近くに住んでいるメンバーで忘年会を開いたり、そんな関係が続いています。そんな中、参加メンバーの石渡のりおさんが恵比寿ガーデンプレースで小屋を作っていると知り、偶然にも近くで現場... [続きを読む]
  • 暮らしを共にあゆむ家具の受け取り
  • 先週末の法事に合わせた加子母(かしも)里帰り。久しぶりに私用での里帰りで、いつもより少しゆったりと過ごすことが出来ました。森林文化アカデミーでお世話になった恩師へのご挨拶など、楽しい事が沢山あった中で、心待ちにしていたオーダー家具を受け取りにACクラフトさんにお邪魔して来ました。お願いしていたよりも少し遅く工房にお邪魔すると、作り手のACクラフト:石井学さんと、サポートして下さったIWAI... [続きを読む]
  • モザイクアート × TOKYOSTYLE
  • 花粉症の症状が少しやわらぎヤレヤレ...と思い、ふと気づくと4月も中旬。驚くようなスピードで一日一日が過ぎて行く中、スケジュール帳と睨めっこする回数をいつもより少し多めに確保して、抜けのないように過ごしています。3月の木のおもちゃ展から2017年の展示会がスタートしたTOKYOSTYLE。毎月なんらかの展示会・ワークショップが続きます。4月は15日(土)からモザイクアート展を開催してい... [続きを読む]
  • 商店街の設計事務所
  • 少し前になりますが、打合せで飯能のオープンサイト建築設計事務所にお邪魔して来ました。飯能駅ちかくの商店街の中に事務所を構える双木さん。オープンした当時の数年前にお邪魔して以来でしたが、すっかりと商店街に溶け込んで地域の事務所になっていました。打合せ中には、地域の方が「〇〇さんが取りに来るから」と荷物を置いて行かれました。お祭りの際にはこの事務所が休憩スペースとしても解放されているとのこと。... [続きを読む]
  • 広葉樹基金2017
  • 2006年頃から続けている趣味の500円貯金 。建築巡りを含めた旅行や、冠婚葬祭・お祝いなどが重なる時など、その時に必要なことや自分へのご褒美に使ってきました。2014年からは広葉樹の丸太を購入する広葉樹基金として使用が主になりました。毎年2〜3本の丸太を購入を続け、これまでにクリ・ヤマザクラ・オニグルミ・セン・トチ・シュリザクラが揃いました。今年もお世話になっている南会津オグラ製材さ... [続きを読む]
  • 木の造付け家具
  • 祖父母の法事で加子母(かしも)へ帰った先週末。何年振りかに親戚衆と会って、話し沢山笑った一日。別日にはお待ちかねのオーダー家具の受け取りに恩師へのご挨拶など、久しぶりに仕事以外での帰省をして、充実した週末を過ごすことが出来ました。故郷を堪能した週末を迎える前日の木曜日は、造り付け家具の納品で千葉の住まい手さん宅にお邪魔して来ました。TOKYKOSTYLEにご来場頂いたご家族からご縁を頂... [続きを読む]
  • 現場のMakita
  • 職人さんそれぞれに道具への拘りがあるのですが、電動工具もそのひとつ。国内外の数あるメーカーの中で最も人気の高いマキタ・シリーズ。電動丸ノコ・インパクトドライバーなどからサンダーに集塵機(掃除機)など、現場で使用する多くの電動工具が揃っています。他のメーカーと比べると価格は少しお高めなのですが、物が良く丈夫で長持ちします。私もマイ丸ノコもマキタ。一般の方には馴染みが薄かったのですが、最... [続きを読む]
  • 現場のMakita
  • 職人さんそれぞれに道具への拘りがあるのですが、電動工具もそのひとつ。国内外の数あるメーカーの中で最も人気の高いのがマキタ・シリーズ。電動丸ノコ・インパクトドライバーなどからサンダーに集塵機(掃除機)など、現場で使用する多くの電動工具が揃っています。他のメーカーと比べると価格は少しお高めなのですが、物が良く丈夫で長持ちします。最近では通販業界でマキタ掃除機が話題となり、一般の方にも広く... [続きを読む]
  • 住宅医セミナーで設計演習
  • 暖かくなり東京の桜が見頃を迎えた4月5日(水)。おやすみを頂いたこの日は、いつもより少しだけゆっくりと起き、野菜・キノコ類が沢山の朝食をしっかりと食べて一日のはじまりを迎えた朝。午前中は住所変更の手続で区役所・市役所を廻りました。新年度になったばかりで混雑が予想できたので、届いたばかりの津端夫妻の書籍「ふたりからひとり」を持参。今後のスケジュールを確認したりブログを認めたり本を読んだりし... [続きを読む]
  • 庭の果実で春を味わう
  • 春の訪れを感じる花々の中にあって、今年も沢山の実をつけてくれたTOKYOSTYLE庭の夏みかん。来場いただいた方々とも一緒に、実る果実を観て楽しんできました。収穫期の3月上旬を少しまわった所で収穫。スタッフの方がゼリーを作ってくれました。実をそのまま活かした器の蓋をあけると、水々しいゼリーがお目見え。甘夏の爽やかな酸味に何処かで上品な甘み。東京でも庭に果実のなる木を植えることで四季を通じて、... [続きを読む]
  • 津端夫妻の物語
  • 2月の休日に「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を観ました。80代後半のご夫妻の日々の暮らしを撮影した作品に、深い感動・感銘を受けました。「この映画で感じたことをブログに書き留めておこう」と強く想ったものの、作品:ご夫妻が素敵なあまり、私の知り得る限りのどんな言葉で感じたままを記しても、作品の素晴らしさを伝えることが出来ない気がして、認めれずにいました。映画に感動してから、ご夫妻の書... [続きを読む]
  • 暮らしを共にあゆむ家具
  • 新年度がはじまりました。曳舟のいえ構造見学会を開催した3月26日に入籍しました。当日は1日中見学会に参加していた私。婚約届は離れて暮らすお相手が提出。婚約・結婚を指輪を作らない私達夫婦は、人生の節目となる新たなスタートに伴い、指輪の代わりに「暮らしを共にあゆんでいく家具」をAC CRAFTさんにお願い。年始に美濃の工房で打合せして発注していたテーブル。加工を終え仕上げのオイル塗装... [続きを読む]
  • 整列する道具たち
  • 現場打合せで曳舟の家へ。ユニットバスの設置が完了したので、住まい手さんと一緒に現場へ行くと、使っている途中の道具がお利口さんに整列していました。それを見付けて感心される住まい手さん。住まい手さんの言葉を聞いて嬉しくなる私。家造りの中で住まい手さんを一番感動させられるのは、やっぱり大工さんをはじめとする現場の職人衆・監督さんだよな〜と改めて再確認。現場第一のものづくりに携われることを幸せに感じ... [続きを読む]
  • 食べることから年度末の養生 
  • あいにくの天気となった曳舟のいえ構造見学会。予約制ながらも沢山の方々にご来場いただきました。夕方いっぱいまでご案内をして、寒さと草臥れのなか現場片付け。クタクタになって設営機材を降ろすのは当日朝にして帰宅。翌日以降の体力が心配だったので、空腹のなか我慢してアパートに帰宅。野菜をちぎってサラダをつくり・厚揚げ焼いてチャチャッとごはん。少しビールも飲んで心もリフレッシュさせたら締めは、野菜・キ... [続きを読む]
  • 曳舟のいえ構造見学会を開催しました
  • 3月26日(日)に曳舟のいえ構造見学会を開催しました。寒の戻りで3月下旬では珍しく、冷え込み厳しく雨が降る、あいにくのお天気でしたが、ご予約頂いた皆さんに一日を通して途切れることなくご来場頂き、お天気に負けることなく賑やかな見学会になりました。電気シートが貼られた現場に、私共の取り組む「加子母(かしも)地域発信のものづくり」が掲載された記事・新聞・雑誌や、TOKYOSTYLEの取り組... [続きを読む]
  • TOKYOSTYLE春のおとずれ
  • 3月の木のおもちゃ展からスタートした2017年TOKYOSTYLE展示会。私自身も3月はじめに曳舟の家上棟式からスタートし、新規の設計プレゼンにキッチン家具設計と合わせて色々な打合せに、私生活では引っ越しも重なり本当に賑やかな1ヵ月。東京支店の仲間と姉のサポートがあり、電池切れを起こすことなく何とか乗り切ることが出来そうです。そんな中でもどんどんと花咲く庭木を少しだけカメラに納め... [続きを読む]
  • 曳舟の家で構造見学会
  • 3月26日(日)に曳舟の家で構造見学会を開催します。墨田区の準防火地域(新たな防火規制の区域)に建つ木造2階建ての曳舟の家では、もえしろ設計を採用することで、準耐火構造とし梁桁(はりけた)・柱が表わしとなる「木のある空間」を提案しています。屋根面にはJパネルを採用。2階床にも構造用合板を使用し水平構面と壁面に構造耐力を確保しながら耐震等級2としています。屋根・壁・床面は断熱性能を確保... [続きを読む]
  • 電気打合せ@曳舟の家
  • 3月17日に曳舟の家の電気設備の現場打合せがありました。照明器具・スイッチ・コンセントを主として、給排気(換気設備)などの場所を、実際の現場を廻りながら確認していきます。写真下部の梁にある、照明タイプなどの情報が記された用紙を、監督さんと一緒に現場にペタペタと貼り付け。建物内の殆ど全ての間仕切り下地が入った現場で、実際のコンセント・スイッチの高さ・ほぼ同じ位置にシートを貼ることで、住まい手... [続きを読む]
  • TOKYOSTYLE × 東濃ひのきの家サインボード
  • TOKYOSTYLEに新たなシンボル(看板)がお目見えしました。私共の家造りをイメージさせる切妻屋根を形どったフレームの真ん中にオニグルミ板がアクセントになっています。そこに以前ブログで紹介 したTOKOSTYLE&東濃ひのきの家ロゴを配置。オニグルミは昨年秋の終わりに南会津のオグラ製材さんで木配りしてきたもの。オスモのクリア塗装でしっとり落ち着いた色合いになりました。同じ丸太から挽いた板材... [続きを読む]
  • 上棟式@曳舟の家
  • 3月1日に曳舟の家の上棟式を執り行いました。建て方工事のお手伝いで小屋組み・屋根を歩き廻って以来の現場。外壁部分の間柱(まばしら)や一部の外壁下地も貼られ順調な工事進捗。2階床部分の構造用合板が貼られていたので、式の前に住まい手さんと一緒に2階に上がってみました(写真撮影:小此木恒・中島創造)準防火地域(新たな防火規制の区域)に建つ曳舟の家。燃えしろ設計+Jパネルで準耐火構造の屋根を採用。... [続きを読む]
  • 木のおもちゃ展〜木育ひろば〜
  • 3月になりました。TOKYOSTYLEでは庭木に花が咲きはじめ、少しづつ春の訪れを感じています。2017年も「ものづくりに触れ・楽しみ・学ぶ」スペースとして歩んでいくTOKYOSTYLEでは、今年最初の展示会「木のおもちゃ展〜木育ひろば〜」を開催しています。国内外の「木のおもちゃ」がTOKYOSTYLEに大集合。実際に手に取って、触って遊べる木のおもちゃ・ゲームを楽しむことが出来る展... [続きを読む]
  • 木のおもちゃ展 木育ひろば
  • 3月になりました。TOKYOSTYLEでは庭木に花が咲きはじめ、少しづつ春の訪れを感じています。2017年も「ものづくりに触れ・楽しみ・学ぶ」スペースとして歩んでいくTOKYOSTYLEでは、今年最初の展示会「木のおもちゃ展〜木育ひろば〜」が本日から開催しています。内外の「木のおもちゃ」がTOKYOSTYLEに集合。実際に手に取って触って遊べる木のおもちゃ・ゲームを楽しむことが出来... [続きを読む]
  • キックオフミーティング@新木場座
  • 20日(月)にTOKYOSTYLEにて新木場座ミーティングが開催されました。新木場座とは、文字通り新木場の地で木材に関わるメンバーが中心となって運営する集団。色々なイベント・WS・セミナーを通じて「木のまち新木場」の魅力を発信して行きます。木に関するイベントは勿論のこと、真摯にものづくりに取り組む方々との協働や、アッと驚くようなオモロイ企画も考えています。色々な立場のメンバーが各々の経験を... [続きを読む]
  • 木のおもちゃ展@TOKYOSTYLE
  • 東京で木のある暮らしを提案すると共に、ものづくりを観て・聴いて・触れ・学べる場になっているTOKYOSTYLE。イベント・セミナーを通して沢山のご縁が繋がりました。これまでの取り組みが基となって、更に新たなご縁が繋がり「木のおもちゃ展」を開催することになりました。3月4日からTOKYOSTYLEで「からだと心にやさしい」木のおもちゃ展を開催します。展示されている木のおもちゃは、実際に手にとっ... [続きを読む]
  • 食べながら暮らしながら
  • 曳舟の家:建て方お手伝いでクタクタになった先週の金曜日。晩はご飯を抜いたメニューでチャチャッと料理。お世話になっている方々から差し入れの手作りの餃子と漬物に、サラダと冷奴でエネルギーチャージ。いつもご馳走様です。普段から自炊する事が多いのですが、頂きものがあると食卓が華やかになり、料理をはじめるまでの気持ちがグッと軽くなります笑。手が込んだものを作る機会は減りましたが、料理を続けることが造付... [続きを読む]