nicenature さん プロフィール

  •  
nicenatureさん: 軌匡堂
ハンドル名nicenature さん
ブログタイトル軌匡堂
ブログURLhttp://kikyoudo.blogspot.com/
サイト紹介文フォーサーズで鉄道写真 江ノ電や箱根登山鉄道、ローカル線の写真を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/04/20 13:57

nicenature さんのブログ記事

  • 江ノ島電鉄305 藤沢駅7時58分
  • 江ノ電沿線には高校が3校ありまして、平日の朝夕は学生輸送で賑わいます。すでに3年生は自由登校、2年生と1年生は学年末試験ということで、並んでいる学生の皆さんの手には参考書や単語帳が。ここでホームに滑り込んできたのは305。今日も元気に学生の送り迎えです。 [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 惜別、110号
  • 箱根登山鉄道のモハ2型110号電車が本日引退しました。最後は箱根湯本の町を見下ろす下り坂と決めて現地へ。110号は、箱根登山鉄道の将来を背負う若い運転士さんの運転で、最後の山下り。あいにくの曇天でしたが、列車は60年におよんだ役目を果たして無事に箱根湯本へ。シャッターを切り、通り過ぎていく電車を見送るうちに目から汗が。残る旧型電車も大事に撮っていこうと改めて思った半年間の撮影でした。 [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 冬枯れの大平台
  • 箱根登山鉄道の110号も引退まであとわずか。平日午前中に会えるのも最後、ということで早起きして大平台へ。山肌を縫うようにして走る箱根登山鉄道で、朝の斜光線を活かして撮るならばということを考えてたどり着いたのは大平台出口踏切。すっかり落葉して冬枯れが朝の光線に輝きます。やがて降りてきた110号。金色の大地に降りてきたように見えました。 [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 110号貸切列車
  • 本年も宜しくお願い致します。体調を崩して今ひとつ写欲が湧いてこない日々が続いていましたが、ぼちぼち回復しはじめ箱根登山のイベントもありましたので、箱根へ行って110号を撮ってきました。108と組んで前パンで走るということで、下り列車は荏原踏切で。上り列車は思案した挙句、原田踏切で。スポットライトのように日差しがあったので、それを活かしてパチリ。不慣れな方が他所の敷地へ無断で入っていくのを目にしました。声 [続きを読む]
  • 小湊鉄道 飯給駅のイルミネーション
  • 年末恒例の小湊鉄道イルミネーション。撮って楽しいのは飯給駅ではないかと思います。来年春はアートミクスいちはらが催行され、沿線は一段と賑やかになることでしょう。今年最後の更新となります。遠征では福井と富山、地元では箱根をがんばったかなと思いますが、箱根は一部消化不良でした。来年はどこでどんな鉄道風景に出会えるのでしょうか。春までは箱根、通年では185系を頑張りたいと思いますがハテサテ。本年も拙作をご覧 [続きを読む]
  • 沼津駅の駅そばスタンド
  • 沼津駅のホームに残る2つのアイテム。ひとつは木造のホーム上屋。特急つばめが走っていた頃の遺構かと思いきや、それは大火で焼失し再建後の屋根は空襲で焼失したとのことで、いま残っているのは3代目とのこと。もうひとつが駅そばスタンド。朝8時営業開始と、都会と比べて少し営業時間が短いのですが、分葱に出汁が効いた甘くて黒いつゆが特徴の蕎麦を食べさせてくれます。スタンドの変わらぬ佇まいは、国鉄時代の旅行をを思い [続きを読む]
  • 江ノ電305 七里ヶ浜の直線
  • 2016年の江ノ電撮影は今日を入れてあと2、3回。七里ヶ浜の併用軌道区間の枕木がPC枕木に変わってから面ドカンをやっていなかったので、冬至+三日の陽を使って撮影。サンゴーは運良く藤沢側。一通り撮り終えて、夕日を使って何をどう撮るかなと、しばし思考。日没直前でサンゴー首カックンが撮れそうだったのでそれを撮ることに。レンズは50-200をチョイス。伸びる影との戦いに無事勝利してのワンカット。 [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 紅葉とサンナナ
  • 24日の雪の前、18日にも箱根に行っていたのですが、お目当の110号は日中待機の運用で日没後に出てくる残念な日でした。天気はすごくよかったのに orzそんななか、入生田の中の人が気を利かせてくれたのでしょうか、この日はハチサンナナという珍しい組成で走っていました。太陽が南へ回るのを待って大向踏切へ。3両ということがわかるようにパチリと一枚。最近では貴重な、小田原運用があったころを彷彿とさせるナナ頭を紅葉と切 [続きを読む]
  • 江ノ電305 秋色回廊
  • 夏が終わり、曇天ばかりの初秋が過ぎ、木々がなんとなく秋の色になったころ太陽がグッと南を回り始めます。斜光線と江ノ電で戯れることができる季節がようやく帰ってきました。この日はサンゴーが鎌倉側なので、ホテル坂下の直線と半逆光を活かしての一枚。次の検査が通れば2回目の東京オリンピックを迎えることになります。 [続きを読む]
  • 国鉄12系14系客車 東武鉄道譲渡回送
  • 東武鉄道から、来年夏のSL列車復活に向けて、四国から客車が到着した旨の発表がありました。9月28日〜29日にかけて、四国からはるばる客車が輸送されました。牽引機は今年4月に特急色に復元の上で全検出場を果たした、EF65 2139号機。往年の寝台特急瀬戸風のヘッドマークを掲げ、白昼堂々と東海道線を東上してくる様がSNSで続々と報告されました。「これは見たい」当日は運良く明け番の日でしたので、これの迎撃を決意。「せっかく [続きを読む]
  • 大雄山線 赤電復活
  • 大雄山線開業90周年記念イベントのひとつとして、赤電塗装が復活。10月1日から走り始めるということで、たまたま非番が合ったので行ってまいりました。あいにくの雨模様でしたが、出発式を前に検修の人がコデを並べ、式典では前サボを付けてもらうサプライズが。赤電も一段と引き締まった表情になりました。箱根登山鉄道110号も引退までリバイバル塗装になりまして、185系電車の3本ストライプ、原色に戻ったLSEとあわせて西湘地区 [続きを読む]
  • 万葉線 吉久を行く加越能色 デ7073
  • 先月の富山撮影。万葉線の猫電車こと、デ7073が映画撮影のために加越能色になったと聞き、地鉄沿線から急遽撮影に向かったのでした。駅前で七夕飾りと絡めて狙うもクルクモルで撃沈。ついカッとなって追跡を開始。吉久の街並みで迎撃をすることに決め、炎天下の下で待つことしばし。装いを改めたデ7073を無事に仕留めることができたのでした。 [続きを読む]
  • 富山地鉄本線 電鉄黒部にて
  • 私の場合ですが、地方ロケのとき、クルマで廻ることもありますが、地方都市の都市間輸送を担う地方私鉄は、徒歩鉄で廻ることが多いかなと思います。撮影地への移動の前後で立ち寄る駅で素敵な光景に出会えることもあります。今回、なにか弁当が欲しかったので降りた電鉄黒部駅。構内踏切と乗務員さん、雷鳥色の14760型を入れてのカットを収めることができました。 [続きを読む]