アザミ さん プロフィール

  •  
アザミさん: アザミ日記
ハンドル名アザミ さん
ブログタイトルアザミ日記
ブログURLhttp://azami-e-e.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文山とテレマークスキー、平凡な日常をたまに毒入りで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/04/20 16:49

アザミ さんのブログ記事

  • 火打超えられず
  • 4月23日快晴でした念願の火打越え憧れのアマノ平残念ながらドロップポイントが硬く、断念でございました。始めて滑った裏火打南斜面、今回はテレマークでなく山スキーだったもんだから調子乗ってスピード出せました。せっかく登ったのにもったいないけど。ここ1か月くらい、素敵な山に(あくまで自分の中で)行ってます。機会あったら忘備録として。忘れちゃうからね〜、すぐ。 [続きを読む]
  • 雪倉岳
  • 蓮華温泉経由で雪倉岳へ。毎回違う表情を見せてくれる雪倉岳、今年は真っ白でした。いざ行かん!クレバスに落ちるオプションあり。びっくりした。前日は吹雪のため天狗の庭コース行けず振り子沢で下りラッセル祭りラッセルありで時間切れ。春山のつもりだったのに。今回はここから滑りました。火打に妙高に日本海貸切の斜面このラインはいつまで持ったかな。露天風呂は残念ながらこの通り帰りは平岩駅から電車でGO!いろいろあり [続きを読む]
  • 白毛門から赤倉沢
  • 久しぶりにアイゼンで山に登りました。沢で何度か下った白毛門登山道、登るのはいやだなあと思っていましたがさすがに雪があると早いです。滑ったのは赤倉沢。デブリーランドで一気に抜けたため写真はありません。 [続きを読む]
  • 東谷山Trip
  • ちょっと前後しますが3月のはじめに東谷山へ。何年ぶりかに行って来ました。前行った時は雪庇を越えるのに苦労したり転んだりホウホウノテイでしたが人って年とっても成長する時もあるんですね(!)のんびりと息が切れることなく登り、ゆっくり斜面を滑り、バスに乗り♪久しぶりに純粋に山を楽しめた気がしました。この日同行いただいた方はまだテレマーク歴3年。昔、山スキーではかなりやんちゃなところに行ってたそうですがテレ [続きを読む]
  • 平標山からユウガイヒト沢
  • 3月5日(日)ちょっと前ですが久しぶりに平標に登りました。懐かしいパラグライダーが飛んでいたり。谷川近辺は敷居が高く、自分が入るのは勇気がいるのですがここはいつも優しく迎えてくれる気がします。のんびりと登りありカリカリありパウダーあり。お昼過ぎに下山してしまいましたがもうちょっと山にいればよかったな。 [続きを読む]
  • 唐松岳
  • おひさしぶりです。地味な山に登っては滑っています。最近200キロを超える運転がキツくなってきました。ですがこの日は一緒に上がってくれる方がいたのでもう2年前からずっと行きたかった唐松岳に天気予報見てわざわざ仕事休んで行ってきました。剱岳が見たくて。唐松谷はあわよくばだったですがやっぱり覗いただけで無名沢を滑りました。 [続きを読む]
  • 北小谷にて
  • 2月4日(土)久しぶりの更新です。限界、力不足、なんでこんなとこ来ちゃったんだろう等々相変わらずですが一応雪山行ってます。 [続きを読む]
  • 槍ヶ岳
  • 5月最後の週末久々に本当の単独槍ヶ岳へ。槍は今まで5回計画して1回道具の不備により未到達。初めて行った時は失敗の連続、書けないようなしゃれにならない事件もあり。人っていろいろ経験して育っていくものです。が、今回もさまざまな失敗。それをテーマにブログが書けそうです。書かないけどね。新緑を通り越してもう夏の虫がないています。回りは沢靴を履き始めているというのにまだ性懲りもなく板担いで…。思えば2000mの登り [続きを読む]
  • 荒船山
  • かなり前後しますが…5月8日(日)GWの山スキーから帰って、激しく登ったわけでも滑ったわけでもないのに疲れ果ててしまい、針ノ木でも滑りに行こうと思っていたのですが気持ちが乗らないので前から気になっていた荒船山へハイキングに行ってきました。山自体はかなり短時間で登れてしまう単純な山かと思うのですが毎年亡くなる方が絶えません。クレヨンしんちゃんの作者も亡くなった山であることは記憶に新しいところです。お約束 [続きを読む]
  • 祝 初富士山登頂と滑降
  • 5月22日(土)やっと登れました!富士山は何故か何度も登ってるように見られがちなのですが頂上立ったことなんてもちろんなく、偏頭痛持ちなのであきらめてたんです。でも今年は60年に1度の庚申の申年で、33回登ったのと同じ御利益があるという話をききつけ、厄年にお祓いとかも行ったことのない自分ですが頑張って登ったらいいこともあるかもと思いあ うーんカメの歩みで頑張りましたよ結果的にはSさんグループに拾っていただい [続きを読む]
  • 白馬鑓温泉上部 大出原滑走
  • 4月24日大分前後しますが…頑張って登った山は裏切りません。たぶん…、でも体力不足にスキル不足。悩み多いシーズンでした。また超えられなかった稜線来シーズンて自分にはあるのかなって毎回思います。鑓温泉の上なんとなく今シーズンはへたくそなりにテレマークが少し上達しました。さすがに最近転ばなくなりました、かね。で、また一つ年をとってしまいまいした。そのせいでしょうか、ちょっと凹んでます。でも生きているから [続きを読む]
  • 無題
  • ずっとこの景色を見ていたいと思いました。でもそんなことしていたら夜になっちゃうわね(!)今日という日は二度と来ない今ここでこうしていられることに感謝しよう [続きを読む]
  • GW 太郎平小屋より愛をこめて
  • 5月2日〜4日みなさまGWはいかがお過ごしでしたでしょうか。世の中9連休なんて方もいらしたり。私はといえばフリーターの身の上なのでイソガシイ時は忙しく前半は5月1日までずっとお仕事をしておりました。で、どこ行ったの?って聞かれたらどこどこ山とかなるのでしょうが今回は胸を張って申し上げます。太郎平小屋へ行ってきました。薬師?登らない登らない。黒部五郎?三俣蓮華?見るだけで十分よ。そんな前置きはともかくなんと [続きを読む]
  • 春の立山
  • 4月16日アルペンルート開通と同時に立山へ。初の富山からの立山入り、縁あって今回ご一緒下さった方々に乗せて行っていただきました。運転でくじけることが多く最近は遠出を諦めてたのでありがたい限りですまずは龍王方面へ。後ろにちょこんと剱岳女性登山家素敵なMさま今回も山スキーの私まずは龍王直下(あー、頂上からではない)から快適斜面!一の越に登り返しますシートラの意味を初めて知る。シールトラバースかと思ってい [続きを読む]
  • 月山再訪
  • 4月9、10日2週続けて月山行っちゃうなんてどうしちゃんたんでしょういえ、前回は下見…ということにしておきましょうこんな素敵な月山、皆さんをご案内したかったんですどういうわけかスキー場オープンは10日日曜。この日は土曜だったためまだ静寂に覆われる月山。ほんとに素敵な場所です小顔ですね先週はガスで諦めた山頂から東斜面を滑走。遠くに念仏小屋。今回も山スキー滑っても滑っても雪の斜面は続く時にはカメラマン(!) [続きを読む]
  • 立山の昭和
  • 現在昭和の写真集作成の仕事をしています。業務委託なのでこの先仕事をもらえるかわかりません。もう今回の仕事で終わりかもしれない、先の見えない不安な毎日、収入は20年前の新入社員時代の三分の二、お化粧品の質も最低まで下げ女性誌を買うのもやめ、おしゃれもあきらめ、飲み会もほとんど断りここまで生活レベルを下げても高齢者への取材が面白くてやめられません。先週の月山とかブログに上げたいのですがなんだか取り込ん [続きを読む]
  • 白い月山
  • 4月3日(日)残雪の月山は大好きな山の一つですが、いつも雪面は少し黒くて混んでて斜面はコブコブで山頂付近はいつも強風。それでも新緑の頃の月山は生命力に溢れでっかい水芭蕉や鳥の声に春を感じるトキメキの山なのですが、今回はオープン前ということもあり出会った人も10名足らず、雪面は真っ白という今までに見たことのない静かで美しい月山でした。来週から営業開始だそうカメラ練習中湯殿神社山頂付近はお約束の暴風により [続きを読む]
  • 金山沢と蓮華温泉
  • 同じ日に行ったわけではありません。一応忘備録で。混浴露天は着替えが核心ですねこれは上がったところ。いつも混浴用の湯あみ着のようなもの(フラダンスの練習スカート)を巻いて入ってますが一緒だった女性が小さいタオル一枚で入ってきたのにはびっくりでした。まあこれは意見が分かれることなので何も申しませんが、私が男だったら目のやり場に困るかもしれませんね。3月21日(日)辛い思い出しかない金山沢不安でしたがまた [続きを読む]
  • 柄沢山
  • 3月13日3年越し、2回目のチャレンジで柄沢山。高低差1300、われながらよく頑張りました。しかしながら今年の少ない雪で下部の沢はもうぱっくりです。二つ目の堰堤を越えたとこで沢をつめて敗退してきた男性に会いました。私たちは左の尾根からとりつきますこの手前が結構カリカリでドキドキもの。後ろに大源太高度上げると雪庇に山頂はアレ山頂はガスのため写真なし。この日山頂で唯一会った若手の男子は朝5時に登りはじめ今登頂っ [続きを読む]
  • 檜枝岐 三岩岳
  • やっと大好きな檜枝岐に行けましたアンモナイトと競争ちょっとした躊躇と勇気とやる気…、それら次第で山はどんどん私から逃げていきます。大好きな檜枝岐に行けたのは2年ぶり、それまで毎年のように行っていたわけでもないのですがなぜか心トキメク不思議な場所。澄み切ったブルー、期間限定の白い山、あの頂まで行けることを祈っていろんな場所で障害物競争が繰り広げられもうすぐ頂上頂上より越後駒 等々ちょこんと白根 レン [続きを読む]
  • 親沢と若栗と八方と
  • 2月最後の土日またしても天気予報は残念な予報…でしたが、行けばなんとかなるもんです。27日(土)実は先週も行ったのだけど大好きな里山は低位置のヤブが面倒そうでついついリフトを使ったツアーに。栂池からいつもの親沢から若栗へいろんなハプニングがありましたが…思ったことを口に出すのはいけない場合もありますが口に出して言わなければわからないこともある、意思の疎通は難しいですね。 28日(日)はまたしてもリフトを [続きを読む]
  • 山に眠る先輩たちへ
  • これは忘備録気持ちの整理ができたら書いておこうと思いましたが。気持ちの整理なんていつになってもできるものではありません。これからの自分が思い出すために書き留めておこうと思います。狭いアパートにところ狭しと転がる山道具。この道具たちを見て家族を途方に暮れさせることだけはあってはいけないと出かける前によく思います。追悼登山の朝、こんな虹に歓迎され。あまりスピチュアルなものは信じない私ですが故人の意志を [続きを読む]