エノカマ さん プロフィール

  •  
エノカマさん: エノカマの旅の途中
ハンドル名エノカマ さん
ブログタイトルエノカマの旅の途中
ブログURLhttp://enokama.exblog.jp
サイト紹介文旅と歴史と競馬についてお話します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/04/21 00:33

エノカマ さんのブログ記事

  • 韮山反射炉と世界遺産(明治日本の産業革命遺産)
  • 欧州での産業革命は高炉が発達し、鉄の大量生産が始まったことも大きい。技術の進歩で製造コストが安く、従来の青銅製の大砲と比べて強度も遜色がなくなり、大型化も可能な鉄製の大砲が広まっていった。その鉄製大砲を鋳造し、生産する目的で日本でも製鉄の近代化を図って高炉が各地に建設され、炉内で発生させた熱をその天井で反射させ高温を実現し、鉄の熔解を可能とするその方式から「反射炉」と呼ばれた。嘉永三... [続きを読む]
  • 韮山〜江川家菩提寺・本立寺
  • 江川家住宅の東に1506年、江川家によって建立された日蓮宗・本立寺(ほんりゅうじ)がある。この現在では金谷と呼ばれる集落には、清和源氏の流れを汲む江川家(当時は宇野氏と称す)六代親治が京都での戦乱を避けて、孫の親信が十三人の従者とともにこの地に移り住んだのが韮山における江川家の始まりで(のちに狩野川の支流である江川から姓を改めた)その十三人の子孫が今もお住まいだそうである。 [続きを読む]
  • 韮山〜江川家住宅
  • 伊豆地域の実力者であった江川家は戦国武将・北条早雲の伊豆進出の際に二十三代英住が臣下となって、屋敷の背後にある平山を提供し(韮山城築城)領地を安堵され以後、五代にわたって北条氏の家臣となった。豊臣秀吉の小田原征伐の際には韮山に籠城する二十七代英吉と徳川家康に仕えた二十八代英長が対立する形となったが、英長がうまく和議を進めて父子ともに徳川家に仕えることとなり、徳川幕府の成立に伴い伊豆が幕府の天... [続きを読む]
  • 加治将一の言ってることは間違いである。
  • こちらの記事のアクセスがまた増えているようですがまだまだわかってない文章も多いので、何度何度も同じようなことを書いてしまってるけど、慎太郎が龍馬を斬る必要などありません。大政奉還は端的に言えば慶喜が政権を朝廷に返すって言っただけであり、会桑勢力も幕府の組織もそのまま、大坂開市神戸開港も奉行が引き続いてやっており、外交も慶喜が握ったままです。将軍の辞職願は出したけど受理されてないし、王政復古... [続きを読む]
  • 尾張藩吉田邸と土佐藩白川邸
  • 今の京都大学吉田キャンパス(赤印)は幕末に尾張藩邸であって、その北部キャンパス(農学部など・青印)は土佐藩邸(陸援隊屯所)となっていたのは何度か触れております。(白川邸と陸援隊→こちらとこちら。住吉陣屋→こちら)今回は京都大学総合博物館の特別展「文化財発掘Ⅲ〜激動の幕末と京大キャンパス」の展示と講演に行ってきました。土佐藩白川邸は重なる部分が多いので(引用は主に「保古飛呂比」と「陸援... [続きを読む]
  • 人材を大事にしないとサービスは成り立たない
  • また旅行社がつぶれて問題になってるけど、通常の交通費や宿泊代を計算してみてあまりにも代金が低い時は疑って知るべしだと思う。ましてその代金の安さで一番手を付けるのは人件費の圧縮しかないから、裏でぎりぎりで受けている業者があってのことを認識すべし。安けりゃすぐに人材はいなくなるし、入れ替わりが激しくなるから「プロ」は育たない。利用客はまっとうな妥当な代金を払って、業者も社員に十分な報酬を払えるこ... [続きを読む]
  • 今の報道は狂ってしまってる その2
  • 一方的に安倍夫人を擁護はしません。「私や妻がこの森友の土地問題に関わっていたら議員を辞める」って安倍さんが言ってたんですから、その時点で籠池側と接触なんていらぬ憶測を呼ぶだけですから止めてたらよかったんです。まあ、これだけマスコミがグルになって叩き続けるとは思わなかったかもしれないですけど。あと脇が甘くって利用された感もあるけど「悪事に加担」ってことはないのはわかってます。すぐにこの行動ぶり... [続きを読む]
  • 今の報道は狂ってしまってる
  • ほんまに今の報道マスコミは最低最悪。最初は籠池叩いて、途中で風向き変わったら籠池擁護で、証人喚問なんて肝心かなめな土地問題なんて何もしゃべらなくって何の成果もなかったのに(なんで枝野の時は打ち合わせたようにスムーズすぎたのか)唯一出してきた疑わしい(本当でも違法ではない)寄付金を大問題にしてまた喚問とか。首相夫人が証人喚問で前代未聞ってことで叩くことでしか目的ないのはわかるやないか。全相究... [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランドを見てきた
  • 今年のアカデミー賞は、トランプ批判やらでなんか変な方向の報道も多くって?だったけど先週末あたりのFMラジオでお勧めが何件も(別々の局で)あったので見てきました。仕事明けの平日なのに、ほぼ満席で(客層は老若男女まんべんなくって感じ)びっくりしました。カテゴリ的には「ミュージカル仕立ての映画」って言うよりも「ミュージカル映画」ってものになるらしい。その手の映画って見たことないから比較でき... [続きを読む]
  • 沼津藩と沼津兵学校
  • こちらも昨年3月に訪れた場所なんだけど、SNSでお勧めいただいたのが沼津でありました。三島から沼津方面への旧東海道沿いのバスが多数あった(昔は路面電車が走っていたらしい)のでそちらで移動。人口10万の三島に対して、20万の沼津はかなり大きな印象を持ちました。なんで新幹線が止まらなかったんだろう。日枝神社近くでバスを降り、天城峠や修善寺の方から流れてくる狩野川(沼津が河口になる)を渡って、... [続きを読む]
  • 静岡(駿府)の幕末史跡
  • 清水から静岡までは静岡鉄道で移動します。JRの方が早いんだけども、港橋から新清水〜新静岡から駿府城跡と移動が近いこともあります。元々はお茶を清水港に運ぶために作られたそうですが、現在は二両の電車がかなり頻繁な本数で両都市間をつないでおります。 [続きを読む]
  • マネージャーの鉄ちゃんのタレントプロデュース
  • 先月になりますが「アメトーク」で鉄道芸人と言う企画を木曜深夜と日曜ゴールデンの連動でやっていた。先に深夜でやってたんだけど(正直、深夜バージョンの方が面白かった)その中で「ホリプロマネージャー」南田裕介って人が無茶苦茶、面白くってね。ゴールデンなんて宮迫が「この素人が」(タレントではないからね)って言いながら、いじりまくっていて(笑)なんなんやろ、この人物・・・動画探ってたらいっぱい出て... [続きを読む]
  • 清水富美加のラジオと今後
  • 最近はyoutubeと言う便利なものがあるんで、無料で懐かしい画像や見逃した画像が見られるのでいい時代になったなと思ってるんだけど、最近はまっていたのが清水富美加とホリプロマネージャーの南田。清水富美加は芝居もうまいし、トークも行ける。なかでもラジオっていうツールは一昔前のアイドルなら誰でもやっていたんもんだけど、ネットもある今の時代にやっているのは珍しいなと思っていたら、本人が元からラジ... [続きを読む]
  • 新徴組のドラマ
  • BSで新徴組の時代劇とそれに先立った紹介する番組をやってました。ビビる大木と堀口栞純が出てて、わかりやすい内容だったかと思います。ドラマではあまり出てこなかった庄内での取材もあったようで、新徴組の子孫の方がまだ松ヶ岡におられるんだなと感慨深いものがありました。よく庄内に対する西郷の寛大なる取り扱いも言われることですが、庄内藩が新徴組を国元に引き取ったころは(恭順しようとする)勤王派とも言... [続きを読む]
  • (仮題)中岡慎太郎の幕末史
  • 以前からブログ等で書いていた中岡慎太郎関連の文章をまとめているとお伝えしてきましたが、年表や引用文献・後書き等もできてほぼ完成形となりました。ネットで公開するのかとも問い合わせがありましたが、これだけ足運んで時間使って調べたことをただで見せるのは、自分自身でいうのもなんですが「もったいない」のでどうにか出版物にならないかと目論んでおります。(文字数は98446となります)京都にもいくつか歴... [続きを読む]
  • 靖国の参拝は譲れない
  • 今日はラジオ聞きながら、年賀状やってたんだけど繰り返し、靖国参拝のこと伝えていた。「A級戦犯が合祀され、中韓が非難している」・・・15年、20年ほど定型通りなコメントでひとっつも変わらない報道のように思う。ひどいのは遠まわしにアメリカも批判しているような解釈をしてるし・・・ [続きを読む]
  • 中山神社
  • ずっと行きたかった中山神社に行ってきました。下関駅からバスでいくつもりだったけど小倉から電車に乗って下関に着いたら、ちょうと1時間に1〜2本しかない山陰線のディーぜルカー(1両か2両みたい) が出るところで飛び乗りました。それはよかったんだけど、ICカードで入ったんで(下関以東では使えない)精算しなくてはいけなかったんだけど、綾羅木駅はちょうど駅員のいる時間帯だったんでよかったです。これが原... [続きを読む]
  • ぼちぼちブログ再開します
  • 以前から言ってましたが、今までブログ等に書いてきたことをまとめた「中岡慎太郎の幕末史」が鳥羽伏見の開戦のところまで書き終わりました。今年いっぱい推敲を進めて、完成したいと思います。どうやって発表するのかは自分でもわからないのですが、ようやくブログも再開できるかと思います。 [続きを読む]